リルドラケン単語

リルドラケン

リルドラケンとは、TRPGソード・ワールド2.0』に登場する一種族である。

概要

ルールブックIIより、グラスランナーと共に追加された種族。
第一のの連なる『人族』でありながら、生態や容姿はドラゴンのそれに近い『人間』である。
一見すると蛮族のようではあるが、現代では全に人族の一員と認知されている。

詳細設定

有史か以前、《始まりの》のに憧れた一部のドラゴンたちが加護を受けて生まれた種族と言われている。その来歴を表すかのように、種族の特徴として[加護]を持っている。

は2mをえ、全身を[鱗の皮膚]が覆い、大きな尻尾を有し、基本的な飛行は失われているものの大きなも持っている。また、男女で外見の差はほとんどないとされている。
人族でありながらドラゴンと同じく生である。集落ひとつが大きな家族のようなコミュニティを築いており、産みの親とは親としての繋がりは薄い。同時期に産まれた子供たち共々兄弟のように育てられる。

孤高かつ厳格さをを漂わせる外見に反し、極めて温厚且つ陽気。体を活かし戦士になる者が多い中、行商を生業にする者も少なくない。
他種族の文化の吸収にも積極的でリルドラケンのには他の人族の文化がまるで日本の如く入り乱れていると言う。

なお、成人と認められるのは他の人族よりも遅く、生後約30年で迎える3度の脱皮が節となっている。
も、これは冒険者や商人としての活動を制限するものではないと付け足しておく。

種族の特性

器用度 敏捷度 生命
D B- A- S C B

(全「生まれ」の均+ダイスの期待値が基準。生まれによって±1ランク程度の誤差が発生)

生命の値が極端に高く、反面器用度と知が低いというバランスとなっている。
また種族特徴[鱗の皮膚]で防護点が常時+1されるため、元々高い耐久に拍をかける。

加護]は1日に1分(10単位で分散可)だけ飛行(但し、中での移動速度の最大は通常移動と同じ)を得ることができる戦闘時には命中と回避に+1のボーナス修正が得られるため、1日で多くのイベントが密集するシナリオでは使いどころが重要となる。
「種族特徴の強化」を導入している場合、レベル6で飛行速度が全移動と同じ(3倍)にまで伸びるレベル11になると、飛行可時間が1日2分となる。

尻尾が武器]はグラップラーとして育成する際、尻尾を第三の1H武器として運用することができるというもの。戦闘特技《テイルスイング》を習得すれば自分が属する乱戦エリア内の敵5体までに同時攻撃を仕掛けることも可

ビルド例

前衛タンク型

桁外れに高い耐久で攻撃を受け続ける「パーティ」としての運用法。リルドラケンの高い生命と[鱗の皮膚]で増える防護点を最大活用し、他の前衛アタッカーを支え、後衛に敵を通さないという重要なポジションである。
基本的にファイターでの運用となるが、序盤はプリースト優先の戦士などでも案外何とかなる。ただし、その場合[加護]での回避の上昇の恩恵が薄くなり(《かばう》場合は関係ないが、自分が標的となった時に有利になる)、また、後半は《頑強》や《タフネス》が必須になる為、たとえ他の技を中心にあげていたとしてもファイター7は必須となる。

注意したいのは、防具の関係で筋は高めが望ましいが、成長を器用度に割り振りづらいため攻撃を当て難い。また、役としての機を優先するので特技の関係で《武器習熟》はとりづらく、《かばう》との関係上攻撃系の宣言特技もまず使えない為、攻撃性の確保は(役としての機をある程度あきらめない限り)難しい。
ライダーなどでの火力の底上げを行わない限り、中盤以降は物理火力はあまり期待できない。
サブ魔法や(資繰りに難があるが)アルケミストを修得し、補助に回る方が安定するだろう。

基本的に常に「高性≒高い」防具への買い換えが活躍に必要なので、資調達やPTメンバーの資が重要となるビルドでもある。

前衛コンジャラー型

一部界で話題となっているネタ染みたビルド法。だが、意外とリルドラケンは適性が高い。
前衛コンジャラーネックになりがちな筋条件をほぼ最初から満たしており、初期知較的高い商人生まれならば知最低限の準を確保しやすい。基礎的な耐久が高く、安定性も他種族より高い。
但し、あくまで本来は後衛での援護を体とするコンジャラーを前に出すというイレギュラースタイルかつ晩成のビルドなので、実際には他のプレイヤーの同意と協必要不可欠である。

なお、前衛コンジャラーから魔法戦士への転向するのは少々厳しい。というのも、前衛コンジャラーとして運用していた以上、器用度は度外視して知や精を上げているはずなので、いざ魔法戦士になろうとしたところで最低限の命中も確保できていない可性が非常に高い(補う手段自体はいくらでもあるのだが)。

魔法戦士(コンジャラー)型

補助魔法当てにコンジャラーを取得したファイターである。前衛コンジャラーとの違いはあくまで戦士として運用すること。防具はむしろ金属の方が良い。

このスタイルの一番の的は『命中を上げ回避を下げる』魔法ファナティシズム】である。というよりもこれだけで十分であり、魔法戦士と言うほどコンジャラーは伸ばさない。
この魔法を自分に掛け、低い命中を大幅に引き上げることを的としている。回避は下がってしまうが、そのあたりはリルドラケンの耐久で十分にカバーできる。
相対している敵にも掛けることで更に引き上げることは可だが、リルドラケンの知では成功率がかなり低い上、重な戦闘を使うことになるのでオススメはできない。

難点はこの運用の為だけに《マルチアクション》を取得する必要があるということだろうか。

魔法戦士(マギテック)型

マギテック技を取得した戦士である。マギテック技金属のペナルティが存在しない為、基本的に金属推奨。

マギテックファイター的は、命中をあげる【ターゲットサイト】や任意の属性を武器に付与できる【エフェクトウェポン】、そしてオプションつきで魔法ダメージとなる【クリエイトウェポン】である。特に【クリエイトウェポン】は自で準備しない限り仲間の手番を二回もつぶしてしまうため、にこれを最終的としてあげることになる。
命中の底上げと防護点視の攻撃ができるようになるため、種族の特性である頑丈さを損ねることなく攻撃性を伸ばせるのが強み。

また、回避の引き上げができる【シャドウボディ】、少々消費が重いが防御を上昇できる【オートガード】など戦士にとって有用な魔法も存在する。他に魔法戦士が居て足並みをそろえる必要があるなど経験値に余裕が出る雰囲気の卓ならば、《かばう》体の前衛タンクおまけに習得するのも悪くない(上記の攻撃性おまけでついてくる)。

このビルドは重要な魔法動作で行使する魔法が多いため《マルチアクション》推奨であり、また、《足さばき》があると更に便利である。

尻尾ップラー(リルドラップラー)型

前述した種族特徴である[尻尾が武器]をフル活用できる運用法。
グラップラーを取得すると自動で習得する《追加攻撃》での運用が基本となる。
この1H(厳密には「みなし1H」)武器<尻尾>は命中プラスの補正があり、基本的に低命中で苦労するリルドラケンにとっては非常に大きな意味を持つ。また、<尻尾>jは練技【ドラゴンイル】で命中ダメージをある程度強化可であるが、生やす手間が必要ないリルドラケンはこの効果での尻尾の強化を最初から行える長所がある。
また、《テイルスイング》を宣言することによって、《追加攻撃》の尻尾の攻撃範囲を乱戦エリア内の敵5体まで拡大することができる。更にこの戦闘特技は、「フェイダン博物誌」に掲載されている流ルールを採用する場合、秘伝を使用することによって尻尾で敵を転倒させることが出来るようになる(但し、与ダメージはある程度犠牲になる)。

基本的にほとんどの防具を装備できないが故、回避に眼に置かれるグラップラーとしてはやや不足に感じる回避だが、[加護]が使えるうちはそこまで大きな差は生じない。また、非常に高い生命と[鱗の皮膚]によってグラップラーらしからぬ耐久を誇るのが特徴である。前述した流に伝わる防具を入手すれば、その堅さに磨きをかけることもできることもポイントと言えよう。
……但し、その防具でもファイターの初期装備と同等の防御なので過信は禁物である。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B1%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リルドラケン

48 ななしのよっしん
2017/07/16(日) 01:05:17 ID: Z7ZWz2c37r
>>44
10ヶ以上の遅レスだけど暫定Q&Aでは
騎乗中のは騎ごとを飛んでの移動は出来ないが
騎手の命中・回避ボーナスは適応される。(騎には適応されない)
また、によって騎乗状態が解除されることはない。
とのこと。
49 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 04:08:29 ID: 5mB86cpdHO
今更だが……

魔法戦士(コンジャラー)
コレいる?
レベル帯でも変わるが、ファナだけの為にコンジャラーやマルアク取るのは若干事故ってる気がする
味方にファナかけてもらうんじゃアカンのっていうか

ビルド例として挙げるには割と悪手じゃね?
ネタ染みたビルドと書かれてる前衛コンジャラーはともかく……

普通物理アタッカーとして書いて、「命中は低いので操霊魔法ファナティシズムなどで補うと良いだろう(自分でコンジャラー取ってやる場合は《マルチアクション》を取るまでは攻撃の機会が一度減ることに留意)」みたいな感じの方が良いんじゃねーかな
50 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 12:32:33 ID: wdI5so2apE
>>49
発想の根底にソロ思考と言うか、「だれとPTを組むか解らないフリーオンセを想定」してる気はする。
固定PTでないなら、○○から支援をもらえばいいとか回復はもらえるから多少耐久は低めでもいいとか、そういう他人を当てにする前提が置けないからね。
最悪、回復も拡大なし戦士のみ(ただしPT全員高防御点タフネス頑強もち)とかのPTもありえるし。
51 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 19:39:51 ID: 5mB86cpdHO
>>50
それは何となくわかるんだけどさ
ただ、コレ(命中確保のためのファナ以外使う気し)を魔法戦士と呼んで良いのか?っていう疑問があるんだ
コンジャラーも知も伸ばす気ないみたいだし
アースヒールでの自己回復も視野に入れてないし
厳密な定義とかはいからあれだが、コイツ魔法戦士じゃなくて打点重視の物理ファイターと言うべきな気がするのよ
だから物理アタッカーとして書いて、命中補う手段として「《牽制攻撃》」「メイス持つか、武器と尻尾使い分ける」「ファナティシズム(自分でやるなら《マルチアクション》取らなきゃ手番一回使う)」なんかを並べるのが適してるんじゃねーかなって
52
2018/01/16(火) 12:25:36 ID: wuX6frDIEG
マルチアクションでドレインタッチして、耐久を補うぞ!
有効かどうかは知らない
53 ななしのよっしん
2018/02/03(土) 12:05:20 ID: 1VMckN/QjL
越したらずっと飛んでられる
54 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 19:06:50 ID: X6fx7TJcND
官拳士?でルロウド、尻尾ップラーとか考えてたけど相性微妙かなぁ、、?
感じとしては戦士で薙ぎ払うのを、尻尾で代用する感じ
55 ななしのよっしん
2018/05/14(月) 19:01:14 ID: 5mB86cpdHO
仲間次第ではあるけど、アリではあるんじゃね?
火力も装甲も心許ないけど財布に優しいし
56 ななしのよっしん
2018/05/14(月) 22:40:57 ID: wdI5so2apE
火力がすぐに頭打ちになって、加えて装備制限の方が重く圧し掛かるから止めておいた方がいいかも? >尻尾っぷらー
宣言も食ってしまって魔法戦士である必然性も死んでしまうしねえ……

まだ正当エンハン尻尾ップラーや、テイルスイングファイターの方が有用性が高そう。
なんでテイルスイング使うのに戦士なんだよ、って言う答えには『金属着てを持ったまま尻尾で薙ぎ払える』って長所があるから、と答えよう。武器習熟を取らない戦士はどっち火力が伸び悩むけど、そこを防御を確保しつつテイルスイングでの範囲ブリンクはがし+多少の削りをやって貢献する感じ。
57 ななしのよっしん
2018/05/14(月) 23:22:41 ID: 0WuPqs9qDZ
テイルスイングファイターならガーディアン取ると後衛を守りやすくなるな。テイルスイング使うならどのかばえないんだし
に余裕があれば、エンハン尻尾フェンサーでもいいような。経験点の浮いた分をエンハンサーでバフ盛って、武器要らないから3点魔晶石に回せるしで
味方次第だとテイルスイングをC値10で打てるけど、これは全に趣味だな