リング☆ドリーム単語

リングドリーム
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

『リング☆ドリーム』とは、女子プロレスを題材にしたアナログおよびデジタルゲームシリーズである。略称は『リンドリ』。

概要

原作者はでいしろう泥士朗)。初出は1993年に「コンプRPG」Vol.7の付録として収録されたカードゲーム

翌年に汎用TRPGシステムガープス日本語版のサプリメントの1つとして『女子プロレス最強伝説 ガープス・リング★ドリーム』が発売された。これは『GURPS Martial Arts』等を参考にしつつもプロレスらしいメリハリのあるスピーディな展開を可とすべく大胆にアレンジされており、当時の女子プロレスブームも相まってかなりの人気となった。

なおメインイラストレーター安西真(現: 西安)は、泥士朗とは共にウルフチームを離脱しすたじお実験室を立ち上げた同僚であり、ピンのプロ絵師としてはこれが初仕事であった旨を「えろまんがけんきゅう(仮)」のインタヴューで発言している。また、同じく同僚の森山大輔プロレス技の解説イラストを担当している。

それから10年以上の時を経た2007年携帯アプリゲームレッスルエンジェルス』にて、ソニックキャットらリンドリのキャラメイン使用も可キャラとしてまさかの登場。これが好評を博した。

そして2012年ニコニコアプリでも遊べるブラウザゲームリング☆ドリーム 女子プロレス大戦』として復活を果たしている。

カードゲーム「女子プロレス列伝リングドリーム」

概要にある1993年の「コンプRPG」Vol.7に付録として登場した最古のリングドリーム。対人数は2~4人。プレイヤーが場に出したレスラーカードの各値と、山から引いた「技カード」に、サイコロの数値を足して勝負し、5ダメージを受けたレスラーカードは退場。レスラーカードくなったプレイヤー敗北。というルールだった。

キャラの音速ヒロインソニックキャットやいちおう主人公の火の玉田中えり子のほか、炎の絶対王者神崎子、静かなるドラゴン日高レディゾンビー・ブラッディ井上、えり子の親友にしてライバル友野なるみ、といったのちのGURPS版に登場するキャラクターは、すでにこの時誕生している。もっとも初期ということもあって、キャラクターの設定性格がのちのバージョンと異なり、特にソニッククールキャラクターだった。

リプレイでは脱衣ハプニングカードが二度も出現し、えり子とソニックが胸丸出しで戦うという嬉しい状況に陥っていた。これが好評であったことと、GURPSの万性を示したいという編集側の意図もあって、リングドリームはGURPSサプリメントとして製作されることになる。

GURPSリング☆ドリーム

カードゲームの好評を受け、泥士朗とすたじお実験室が製作した汎用TRPGシステムGURPS」のサプリメント。当時勢いのあった女子プロレスRPGとして再現するため、部位ダメージや加減抜き攻撃など、通常のRPGとは違う多くのシステムが導入されていた。

プレイにもっともを与えるのが「観客ポイント」と呼ばれるシステムで、これは試合に参加しないプレイヤーが観客役になり、試合内容に応じて判定ロールに有利な修正を与えるポイント援代わりにPCへ与えるというものである。これによってプロレスらしいプロレスをする者には多くのポイントが与えられ有利となり、器攻撃や味方乱入といった反則をする者にはポイントが与えられず不利になる、というバランスを取っていた。とはいえこういった反則もプロレスの一部であるため、よほどのことがい限り制限するものではない。

また一般のTRPGは「事件の発生~捜探索~敵との戦いに勝利してクリア」という流れだが、プロレスRPGということから捜探索もなく、日常的なやりとりと試合がメインプレイスタイルとなる。試合に勝利することはもちろん大切だが「それよりもいかにいいプロレスをしたか」が重要視されるという、ある意味上級者向けRPGであった。

コンプRPG1994年10号から始まったリプレイは、特に上位キャラを扱った第二部が好評で、メイン作品である「ルナルサーガ」「妖魔夜行」に追随する人気を博した

GURPS時代の主なキャラクター

リングネームの前の記号が「」になっているものはカードゲーム時代に作られたキャラクター、「■」になっているものはTRPG化後に作られたキャラクターである。

正規軍

“音速ヒロインソニックキャット(正規軍:ソニックファミリー
 リプレイ舞台となる新日本女子プロレスの看レスラー。本名は結城みか。アニメ漫画特撮の大ファン入門当初、見たかわいいが小柄で実もなかったことからキャラクターレスラーとして売り出されたが、どんな相手にも全で立ち向かい、何度倒れても立ち上がる不屈の姿は多くのファンを獲得し。やがて実もともなって上位に名を連ねる存在となった。
 カードゲーム時代はクールな性格だったが、リプレイ第一部が始まるまでに「好奇心マンボウゆとりを併せ持つ性格」へと変更され、「うきゃ」「うきゅ」という鳴きもこの時追加された。「来るものは拒まず、去る者は追う」義であり、下に優しいことから新女内最大閥を誇るが、不動の女王神崎子を心から尊敬しているので二心を持ったりしない。リプレイ第二部ではPCとしてリング内外で活躍したが、日高菊池山口神崎のベルト奪取に動いた際も覇権争いに参加せず、「明るく楽しい音速ヒロイン」を貫いた。
 モデル獣神サンダーライガーレッスルエンジェルスシリーズゲスト出演するなど「リング☆ドリーム」でもっとも成功したキャラクターである。

サバンナディアナ・ライアル(正規軍:ソニックファミリー
 ブラジル出身の褐色少女アニメふしぎの海のナディア」をモデルとしているが、性格は180度違い、両親を亡くしたことから8人のを養うため12歳プロレス界に入ったという健気な少女ブラジル遠征に来ていたソニックがひどい仕打ちを受けている彼女を見かねて事務所に交渉し、彼女を新女へ迎え入れた。
 こういったいきさつからソニックに対する憧れは絶対的なものであり、ソニックファミリーナンバー2にして、ソニック二のタッグパートナーである。おかげでソニック同様にレッスルエンジェルスへのゲスト出演を果たした。山村なみきなどの同期ながら実は一歩抜きんでており、中堅どころに食い込んでいる。

“火の玉田中えり子(正規軍:ソニックファミリー
 GURPSリング☆ドリームの主人公プレイヤーガイド)。本名は田中恵理子。幼い頃から女王神崎子に憧れ、彼女を倒すために新日本女子プロレスの門をいた。ソニック同様の小柄なキャラクターだが、間湯沸かし器に例えられるほどの熱血であり、その向こう見ずな行動がよく墓につながる。
 主人公らしく成長の余地があるやや庸なキャラだが、がむしゃらプロレスは時に大きな爆発を生み、リプレイ第一部ではNPCでありながらイベントヤングドラゴン杯」でこずえを破って優勝。さらにその後の防衛線でもこずえを破ってタイトルを保持した。この防衛戦は終了後にGMプレイヤー全員がぶっ倒れてしまうほどの熱戦となり、コンプRPGで別個にページを設けられて取り上げられるなど、GURPSリプレイ名勝負であった。
 カードゲーム時代からソニックの門下。ちかの入団後、えり子自身もデビュー3年の若手にも関わらずちかを付き人として付けられ、リプレイ第二部終盤には天気先輩と右も左も分からない後輩に挟まれ苦労していた。
 モデル大谷二郎の新人時代。

ちか(正規軍:ソニックファミリー
 えり子の2年後輩にして付き人。えり子と共にルールブックで解説役(プレイヤーガイド)を務める。に連れられてプロレス観戦した際、ソニック場外乱闘に巻き込まれ、試合後にお詫びとしてアイスクリームを大量に奢ってもらったことでプロレスラーしたという妙な経歴の持ち中学で長距離走の県記録を出しており持久はあるが、それ以外はからきしであり、同期入門の中ではっ先に脱落するだろうと思われていたところを覆してデビューにこぎ着けた。尊敬するソニックに匹敵する大ボケ・大飯喰らいであり、えり子を悩ませた。読者から「ダブルスピン・ムーンサルトレス」というオリジナル技を贈られている。

“炎の女神崎子(正規軍 → 正規軍:ナウ・リーダーズ
 堅実なサブミッションと鋭い蹴りを使いこなす新日本女子プロレスの絶対的女王。数年間シングル敗という、所属レスラーすべてが憧れ、標とするカリスマベビーフェイスいわゆる正規軍のトップでもある。
 リプレイ第二部終盤では、彼女ブラッディ井上が率いる旧勢から日高菊池の新反逆軍がいかにしてベルトを奪うかという話が焦点になる。最終回ではアントラ山口スパイダー菊池日高と一日でタイトルマッチ三連戦という謀を行うが、それでもゆるがない強さを見せつける。
 欠点のなさそうな人物に見えて、酒乱の気がある宴会の危険人物。
 モデル全盛期を過ぎた頃のアントニオ猪木

“静かなるドラゴン日高(正規軍:日高 → 新・反逆軍)
 ベビーフェイスナンバー2。本名は日高陽子。麗なスープレックスを持ち味とする実レスラーだが、軽い冗談でも鉄拳が飛んでくるという怖い性格。「静かなるドラゴン」というキャッチフレーズに反してお祭り好きであり、千葉出身でありながら祭っぽいという理由でインチ関西弁を喋る。
 リプレイ第二部の主人公格で、当初は因縁浅からぬスパイダー菊池率いる反逆軍との抗争に明け暮れていたが、キャンペーン焦点が打倒神崎に移る際、シングル戦において全でぶつかりあったことをきっかけに和解。新反逆軍を結成して神崎に挑み、最終回ではブラッディ井上のハッパに応えた法攻撃で神崎から理やりベルトを奪い取った。
 門下生にはプリティ西田こずえとなぜかアイドル系がついている。
 モデルは「BI(馬場猪木)に対する次世代リーダー」という意味でジャンボ鶴田藤波辰爾長州力天龍源一郎)。

爆弾アイドルリティ西田(正規軍:日高 → 新・反逆軍)
 日高の一番子。本名は西田幸恵。入門テストは不合格だったにも関わらず、アイドル顔を買われてスポンサー推薦で特別合格したため、新人時代は陰惨ないじめに遭っていた。連日のように暴行されていたところを日高に救われて以来、命知らずと言われながらも日高子入りし、いじめにも勝るしごきに耐えて実者の仲間入りした。日高に心酔しているため、命には条件で従い、日高の悪口を聞くと自分のこと以上に激怒する。

“関節マジシャン滝沢(正規軍:滝沢組)
 本名は石沢光子。頑固な職人だった父親譲りの性格で、中途半端なことを許さない関節技の名手。リプレイ第二部のPCで、暴走しがちな日高ソニックらの抑え役であったが、無口ゆえにまったくその役をはたしていなかったお約束リプレイ外の試合で大怪を負い長期欠場し、NPCとして復帰した後には友野と対戦して完封し、かつての自分(中の人が同じ)に説教するという面白い場面もあった。
 モデル木戸修・藤原喜明。モデルに準じたな容姿になるだったが、修羅場の手違いで々しいキャラクターになった。

フライングピーチこずえ(正規軍:ソニックファミリー → 正規軍:日高 → 新・反逆軍)
 リプレイ第一部の主人公格である新人。訥であるがゆえにトラブルを巻き起こすタイプで、ことあるごとに一年先輩サディスト山村なみきにいびられがられていた。
 キャラクターというよりプレイヤーダイス運が異様によく、はるかに格上のスパイダー菊池をおびやかしてのTKO負け、ヤングドラゴン杯では友野・山村に追い詰められながらも逆転するという活躍を見せる(プレイヤーは第二部で読者投稿ゲストキャラクターを演じた際も、横綱相撲山口を最後は本気にさせている)。しかしえり子とは相性がよくないのか、ヤングドラゴン杯決勝、NJWPジュニア防衛戦ともにあと一歩のところまで追い詰めながら逆転負けを喫した。
 リプレイ第一部最終回日高門下に入る。日高が新・反逆軍を結成するとヒール転向し、火炎放射などのラフファイトもこなすようになった。

いじめっこ”山村なみき(正規軍:滝沢組 →
 リプレイ第一部のPCで、こずえの一年先輩美人だが関節技を得意とするサディスト嫉妬深く、ことあるごとにこずえを可がっていた(意味深)。実がないわけではないものの成績がふるわず、特にこずえには辛をなめさせられる場面が多かった。入門当初に付き人を務めたスパイダー菊池の助言を受けてなりふり構わぬラフプレーに及ぶようになり、ヒールの戦い方が自分に合っていると自覚するが、それでもこずえ(のプレイヤー)の恐るべきクリティカル運には敵わず逆転負けを喫した。最終回こずえとお互いヒートアップした挙げ句のクリティカル事故で頸椎に重症を負い、そのまま引退というを選んだ。
 引退後はパチプロになるなどといていたが、ほどなく結婚して主婦になっている。

カウガール藤井朱音(正規軍:ソニックファミリー
 リプレイ第一部のPCで、なみきの同期PCとして一、プレイヤーイラストレイターの館尾冽であることが明かされている。リプレイ第3回で、海外遠征から戻ったという設定で登場。空港で出迎えを待つ間ウェスタンルックにテンガロンハットを被りギターを背負った立つ格好をする、が決まるまでなみきの部屋に荷物を押しつけ自分はディアナ部屋に泊まる、など少々傍迷惑な行動が多い。試合ではあまりぱっとしなかったが、なみきが苦手とするこずえを蹴りで圧倒して勝利するなど、要所で好試合を繰り広げた。
 モデルスタン・ハンセン、および快傑ズバット

凶獣

レディゾンビー”ブラッディ井上 → 正規軍:ナウ・リーダーズ
 堂々とした体格を誇る(新女で一の体重100kg)、ヒール軍団「」の党首。本名は井上百合子レスリングスタイル正統派だが、試合後に暴れることに定評がある。ベルトを持ってない点や怪の欠場などでリプレイではなかなか活躍しなかったが、最終回において三連戦で疲労する神崎とは戦えないと弱音を吐く日高に「ベルトとっただけで神崎えられると思ってるのか。不条理と法で初めてお前神崎ライバルになれるんだよ!」とハッパをかけた。

“猛蜘蛛スパイダー菊池 → 反逆軍 → 新・反逆軍)
 ナンバー2。本名は菊池良子。世界空手選手権を制したという新女きってのキックの使い手であり、相手が失神しても蹴り続けるサディスト。そのため新女内部どころかプレイヤーからも恐れられる存在となっている。性格通り根っからのヒールであり、第二部では正規軍とのれ合いが増えたに見切りを付けて、ラスカルと共に佐久間加納が率いる反逆軍入りし、日高山口らと抗争した。佐久間加納ラスカルが他団体へ移籍し反逆軍が解散すると、日高と壮絶な流血試合(セメントマッチ)の末に手を組み、新・反逆軍を結成した。
 メイクを落とせば美人で、団体の外では物が柔らかい。趣味は募コンプRPG休刊後にWeb掲載された後日譚によると、日高結婚し、報道発表の場で日高姉妹をやらかしている。

魔王アントラ山口
 TRPG化の際に加わったキャラクターの代表格で、菊池と並ぶナンバー2。本名は山口俊子。昔は堅い性格だったが、研修生時代に結城(後のソニック)と同部屋だったことから性格が丸くなった(バカが伝染した)という逸話を持つ。パワーテクニックを備えるため上からは頼りにされ、面倒見がいいのでベビーヒール問わず下からも慕われるという新女きっての人格者のひとり。
 菊池が反逆軍入りするまではタッグパートナーであり、他をよせつけないコンビネーションタッグベルトを保持していた。菊池の離反と同時期にブラッディ井上が怪で欠場したため、なるみとのタッグを守っていたが、復帰した井上に戻らず神崎と組んだことで、山口が正式に「」党首になる。
 モデル井上京子

ライジングサン友野なるみ
 本名は友野成美。田中えり子の親友で、彼女の入団テストに付き添って受けたらそのまま採用されてしまった逸材。女子柔道2位という実者であり、いわゆるえり子のライバルキャラである。とはいえその手のキャラにありがちな高慢な性格ではなく、おっとりしていて流されやすいタイプ。「えり子の半分でも度胸があれば」と言われている。
 リプレイ第一部のヤングドラゴン杯では優勝補だったものの、こずえとの試合で怪により戦線離脱してしまう(生命の低さが一の弱点であり、受けた技の当たりどころが悪いと大怪に繋がりやすい)。しかし第二部で当初のPCだった滝沢が長期欠場になった際、代わりのPCに大抜され、山口の新タッグパートナーとして上位に食い込む活躍を見せた。
 170長身でありながら、似合わないピンクハウス衣装山口日高理やり着させられたりと、試合外でもある意味活躍した。

飛ぶ魔女サタン皆口(
 本名は皆口ひとみソニックの1年後輩で、中殺法中心のファイトスタイルでもお子様な性格でもソニックライバル。しかし上位に食い込むことはできず、中堅に留まってディアナやえり子など後輩の壁役になった。頸椎を痛めたことを隠しながら長年試合に出続けたものの、右腕も満足に動かせなくなるに至って、会社の勧告で引退することになった。最後のシリーズでは試合を組まれなかったが、引退セレモニーの時にフロントの制止を振り切って急遽えり子と引退試合を行い、半身不随が危惧されるほどの重傷を負いながらえり子の拳に思いを託し、レスラー人生を締めくくった。
 皆口引退エピソードを描いた小説が、コンプRPGで最後のリング★ドリームの記事である(1996年8月号)。

その他

ラスカル・アトミコフリーフリー(反逆軍))
 結城ソニック)の同期。本名は西川法子。アマレス世界5位の経歴があり、同期入門の中では一歩抜きん出た実を持っていたが、ソニックと同時にキャラクターレスラー『機メカシルバーパンサー』に変身したのが祟ってスランプに陥り、試合が荒れるようになりそのまま退団。後にメキシコで名を上げ、ラスカル・アトミコ名して来日外人として5年ぶりに新女に参戦。狂気じみた法攻撃で対戦相手を血のに沈める一方、シングルで対戦したディアナには技術で勝利し、ソニックライバルたり得るヒールとして復活した。
 ……というのが小説で初登場した際の記述だったが、次の号でリプレイNPCとして登場した時、小説を読んでいなかったソニックプレイヤーにまったく認識されておらず、肩透かしを食う羽になった。反逆軍では菊池と組んだが、タッグ王者決定トーナメントではうまく連携を取れず初戦敗退。そして佐久間加納と共に他団体へ移籍した。

リング☆ドリーム 女子プロレス大戦

でいしろうディレクター以外にもキャラクターデザインシナリオ、宣伝4コマ漫画オレンジゼリー名義)で活躍。

ブラウザゲーム版はいわゆる「カード集めて戦う」類のゲームイベント形式で速いテンポストーリーが展開し、一部の分岐はユーザーが介入(展開中のプラットフォームの合計結果によって総合的な結果が決定し、それに合わせてストーリーが進む)できる。これによってストーリーが思いがけない方向に進んでいく事もある。

また、サービス開始当初からコラボレーションに積極的で、漫画『プラレス三四郎』に登場したキャラクター」のゲスト参戦。ゲームニュースサイト電撃オンラインとの企画では女性編集者レスラー化や、新レスラーの一般募など。その次は女子プロレス団体であるスターダム。そして男子プロレス団体であるDDTともまさかのコラボ実在男子レスラー美少女化。と、精的に行っている。『プラレス三四郎』と同じタイミングで発表された『レッスルエンジェルス』とのコラボはなかった事にされている様子……

2020年3月サービスを終了。[1]

リングドリーム ストーリーズ

https://ringdream-stories.jp/exit

関連動画

関連生放送

関連商品

関連チャンネル&コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *https://ringdream.jp/thanks/exit

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E2%98%86%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リング☆ドリーム

49 ななしのよっしん
2020/03/27(金) 07:44:18 ID: FIutaoWZzk
レス?かな
このゲーム現実とある程度リンクしてるせいで
せっかくの最終試合が例によって無観客試合ってのが悲しすぎないかって割とマジで思う。
50 ななしのよっしん
2020/04/02(木) 18:42:49 ID: o2R8FwIzIZ
振り返り生やってたけど、ダイジェストアーカイブ来るのかなぁ
51 ななしのよっしん
2020/04/04(土) 22:35:26 ID: WnqWeD8OE3
女子格闘もののソシャゲなら最近CHOJOとかいうのがβ始めたし、なんだかんだどっかで続いてくジャンルなのかな
52 ななしのよっしん
2020/04/14(火) 08:04:23 ID: FIutaoWZzk
川瀬バズーカソニックさん出るけど、パッケにいねぇ・・
裏のキャラセレクト画面にいるだけましだけど

あと体験会のときにはソニックのカラバリでナイトもいたらしい
53 ななしのよっしん
2020/05/17(日) 07:05:26 ID: GQ1cU++YUJ
カードゲーム版やGURPS版の部分を最初に追加した者だけど、まさかさらにキャラを追加で書いてくれる人が現れるとは思わなかった。
あかね西田とかは書こうと思ってたんだけど、本編であまり活躍しないから手を止めたんだよね。それを足してもらったり、勢ごとに整理してくれたりとか、なんか嬉しい。
54 ななしのよっしん
2020/05/17(日) 21:30:07 ID: 4S1cp83zk3
ちゃんと描写のあるキャラクターは追加したいと思ってます。あとは子、佐久間加納バーバラくらいかな。ひまわりも書ければ書きたい。
55 ななしのよっしん
2020/07/02(木) 18:40:27 ID: BwBe+qLmjF
ゲーム微妙プレイヤーもめっちゃ少ないけど、ストーリーに介入出来ると言うオンリーワンの要素で課金を獲得しゲームを維持する、と言うのは割と革新的なビジネスモデルだったと思う
後追いがいのが不思議な位だけど、やっぱいろいろ難しいんだろうな

そしてそれだけにストーリーズどこまで続くんだろ?
まあただ話配信するだけなら泥士郎が頑りゃいいだけだからコストはあんまりかかってないんだろうけど
56 ななしのよっしん
2020/08/27(木) 23:09:10 ID: BwBe+qLmjF
案の定あっさり終わったなストーリーズ……いやリンドリ2とか企画してるらしいけど、なんか泥縄感がすごい
57 ななしのよっしん
2020/09/14(月) 22:28:42 ID: SlxMDq/0+R
https://dengekionline.com/articles/49142/exit
次回作レッスルエンジェルスなんて言う人もいるけど
58 ななしのよっしん
2020/09/17(木) 14:39:00 ID: BwBe+qLmjF
レッスルはいつも通りに版権迷子だからな……
次回作が何の事だか全く分からないのは迷走にしか見えん

おすすめトレンド