リンゴォ・ロードアゲイン単語

リンゴォロードアゲイン
1.7千文字の記事
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

リンゴォ・ロードアゲインとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」の第7部「スティール・ボール・ラン」の登場人物である。

CV:安元洋貴ジョジョASB

遅れましたが自己紹介させていただく……… 名は……『リンゴォ・ロードアゲイン』

ファニー・ヴァレンタイン大統領が送り込んだ刺客の一人で、スタンド使い。ドクロのようなアゴが特徴。スティール・ボール・ランレース4thステージ中盤の果園でジョニィ達を待ち構えた。

「男の世界」(後述)という独自の美学を持っており、正なる果し合いこそが自分を成長させてくれるものと信じている。

時間を巻き戻せるスタンドマンダム」のジャイロ・ツェペリジョニィ・ジョースター、及びホット・パンツに迷わせ、自分を殺さなければここからは出られないと告げた上で3人と戦闘に入る。その結果ジョニィホット・パンツ戦闘不能に陥れるが、残ったジャイロとの一対一による決闘ジャイロ敗北勝利者であるジャイロに進むべきを説き、自ら望む形でジャイロ鉄球を受け死亡した。

名前の由来は、イギリスロックバンドThe Beatles(ザ・ビートルズ)」のドラムス担当メンバーRingo Starr(リンゴ・スター)」とアメリカシンガーソングライターWillie Nelson(ウィリーネルソン)」の楽曲「On the road again(オン・ザ・ロード・アゲイン)」より。

ほんの「6秒」 それ以上長くもなく短くもなく キッカリ「6秒」だけ「時」を戻す事が出来る それが「能力」

マンダム
【破壊:なし / スピード:A / 射程距離:なし / 持続:E / 精密動作性:なし / 成長性:C】
リンゴォが3年程前に砂漠で身に付けたスタンドタコのような形をしている。
「6時間を戻すことができる」を持っており、リンゴォの右腕にある腕時計針を戻すことで発動する(針がスタンド発動のための精的なスイッチとなっている)。時間が戻っても記憶は残るため、スタンドの影を知らない人間は、の前のを通っていないのにを通過したと思い込む等といった現に見舞われる。また、時間を戻した後は6の間隔をけなければ再び時間を戻すことができない。
SBRにおいて初の時間操作系スタンドであったため、読者の間では話題となった。
スタンド名の由来は、日本化粧品会社とアメリカ歌手Jerry Wallace(ジェリー・ウォレス)」の先述の化粧品会社のCM楽曲「マンダム~男の世界」(原題:「LOVERS OF THE WORLD」)より。
もっと詳細な内容は、マンダムを参照。

「男の世界」

卑劣さの漆黒の意思による殺人は人をなる領域に高めてくれるものであり、また正な闘いは人を人間的に成長させるものであるという美学。

リンゴォがこの考えに至ったのには、自身が幼少の頃、家族を殺した男を対等な条件で殺した事で、持病であった皮膚の異常くなったことに起因している。

また、リンゴォとの決闘を経験したジャイロもこの考えに共感しており、彼の中の「闘いの在り方」に強く影を与えている。

主な台詞

「よろしくお願い申し上げます」

感謝いたします」

「受け身の『対応者』はここでは必要なし」

正なる『果し合い』は自分自身を人間的に成長させてくれる」

「汚らわしいぞッ!

ようこそ… 『男の世界』へ…」

これが「関連動画の世界」………… 反社会的と言いたいか?

目的はあくまで『静画』であり 人としてこの世の糧となるため…………

少しいい「商品」になったッ!! だが所詮 まだ おまえは「購入者」に過ぎない!

ニコニコに入ってそれを確認しろ…… 「光輝くコミュニティ」を…

ようこそ……… 『関連項目の世界』へ…………

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リンゴォ・ロードアゲイン

144 ななしのよっしん
2021/05/24(月) 18:14:56 ID: lsFApeXKUF
>>137
同意

根本的な意味で正じゃないんだよな
145 ななしのよっしん
2021/06/02(水) 22:14:09 ID: VhR9UCJx0E
リンゴォ決闘を最後まで強いるのは、自分を殺そうとする「漆黒の意志」のある人間だけだぞ。実際、対応者にすぎないジャイロは見逃そうとしてた。覚悟を決めた相手とだけ闘うなら、確かに奇妙ではあれど「合意の上での決闘」と言えなくもないんじゃないか。
正さ」についても意見は分かれると思うけど、「スタンドを含めた全ての持てる表し、それらを遺憾なく駆使して戦う」ことが礼儀であり正、て考えなんじゃないかと。

146 ななしのよっしん
2021/06/06(日) 06:15:47 ID: zg/I7nF15j
嫌がる相手に強いるのは結局自分を襲ったホモ野郎といっしょなんだよね
結局はその恐怖が消えずに男らしさばっかめてるんじゃないの
本当に男らしいと自分に満足できたら決闘で鍛える必要なんてないし
147 ななしのよっしん
2021/06/12(土) 18:38:30 ID: lCSIzKOIfd
男が「体」で女は「客体」(受身の対応者)ってのは、タテマエとかはともかくこの時代のアメリカ男性の心理を強く規定してる常識だったろうからな

を殺され、自身も犯されそうになった時、リンゴォは心理的にムリヤリ「女」にされる事で人間としての尊厳を奪われた
が、「正な決闘」という当時の価値観ではメチャクチャ男らしい(現代よりはるかに切実な価値のある)手続きで、それを取り戻し生き延びた事によって、リンゴォにとってそれは「生きる」事そのものになった


148 ななしのよっしん
2021/06/12(土) 19:13:31 ID: lCSIzKOIfd
がこのキャラがホントに素晴らしいと思うのは、そういうところに変なリアリティが宿ってたり、人間の崇高さの多面性を描けてるように感じるとこだな

彼は冷静に見れば幼少期のトラウマから反復強迫に囚われた狂人でしかない
その哲学は本人も自覚しているように、女的存在を徴的にせよ否定する事で自らを保つ、前時代的な限界に強く縛られていて、自分の前にあるレスの言うように、むしろそこが女々しいとさえ言える

でもその生きざまがカッコよく見えたり、相容れない部分が有るはずのひとりの「男」ジャイロに強い感銘を与えるのも
彼がこの世界をそうやって生き延びてきた事の切実さには、けして否定出来ない真実が含まれているからだ、つーようなメンドくさい話を、少年漫画フォーマットで描写するというスゴイ事に成功してるキャラだと思うんすよ

え?長すぎるし連投やめろスイマせんもうしません
149 ななしのよっしん
2021/07/18(日) 12:10:54 ID: /DtqaeNFdY
強制的に決闘を強いることのどこが正なんだってのはごもっともなんだが
強いられてやむを得ず「正当なる防衛」をする受け身の「対応者」は相手にしておらず
問題解決のために先手で殺す選択肢をとれる「漆黒の意志」を持つ者だけを相手に選んでおり
結果的にお互い望んだ上での決闘になっているので、正さは十分あるんじゃぁないかと個人的には思ってる
150 ななしのよっしん
2021/08/30(月) 10:59:24 ID: VhR9UCJx0E
リンゴォの洞察と精ならディアボロにはワンチャン勝てるかも、と妄想してる。
時を吹っ飛ばされるタイミングを予測して、その直前にマンダム発動の動作に入っていれば、キンクリ適用中にもその動作が継続して腕時計のツマミを回すに至り、時を戻せる可性はある。その直後にディアボロの隙をつけば撃ち殺せる。
エピタフの予知も「時が逆行する現」は観測できないだろうし、マンダムの詳細を知られてなければワンチャンある。
151 ななしのよっしん
2021/09/24(金) 16:34:09 ID: 18tP1oIk/Y
>>146
それって弱者が自分を強いと思い込むのと同じだから、それこそ意味がない
実際に挑戦もせず行動もしない人間が、自分は強いだの自分は男らしいだの自己肯定することに何の価値がある?
152 ななしのよっしん
2021/10/09(土) 00:33:54 ID: PAtu/BjUb7
ここ数年、女が“男女平等”に乗っかって女尊男卑を推進してたり、一方男側も欲なしが増えてる「現代」とやらを見てるとこれでいいのかと疑問に思う。
ネット社会は貧富も性別も籍も文化も飛び越えるから「相互理解」に迫られすぎて正直気持ち悪い
価値観が保てない。

あとリンゴォに対して「理やり閉じ込めた」だの「過去に襲ってきたホモと一緒だ」だの、そもそもは敵として現れてるところに行為の正当性を説いてんじゃねえよw
その先だろうが、重要なのは。
彼が望むのは純な対峙、決闘。そして強い者が勝って生き残る世界。その為なら何度だってやり直す。

「男らしさ」の価値観はいずれ現代社会にも、反動としてやってくる気がする。
153 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 22:34:54 ID: H8a8vrIDlY
さんざん足止めしておいて自分の戦術に引き込んでおきながら正々堂々とかいってるのがすごく矛盾してるように感じた

主人公サイドにもっと大きな戦う動機があって仕方なく戦ってる感がなければぺきだった