リン・パオ単語

リンパオ

リン・パオ(Lin Pao)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.鳥海浩輔オーディオブック版)。

概要

ダゴン域会戦時の自由惑星同盟艦隊総司令官中将。旗艦は<サンタイサベル>。当時36歳。
でかい身体をして、は濃コバルトブルー、鼻と口が一つずつある悪くない顔をした男だったという。

参謀長を務めたユースフ・トパロウル中将とともに同盟と帝国の最初の戦いとなったダゴン域会戦で同盟軍艦隊を総揮、戦史に残る完全勝利へと導いたことで、同盟史上の英雄として名を残した。

経歴

迎撃司令官任命

彼を迎撃総司令官に任じたのは統合作本部長ビロライネン大将の進言を受けた評議会議マヌエル・ジョアン・パトリシオであったが、この人事は軍の内外を問わず極めて不評であった。

それはなぜか?はともかくとして人格がどうしようもないだったからである。
から100年程度という生な時代、それも帝国軍大挙侵攻という危急存亡のに、営々と築き上げられてきた宇宙艦隊を背負って立つ身だというに感動も使命感もろくに示さない。あまつさえ「民主主義は食えませんが、デザートは食えますね。それもおいしく」などと言い放ち、ついでにいえばトラブルメーカー類の女好きでで大食なんていう不道徳いっぱいなを、清く正しい道徳人だ、国家の存亡を託すに相応しい人格者だ、なんて思って信頼するがいるかって言えばそりゃ当然居ない。の仲の参謀長ユースフはもちろん、任じたパトリシオ議長だってそんなこと思っちゃいない。

では、なぜ任せたのか?人格はともかくとしては十分にあるだったからである。
パトリシオく「わが同盟軍は、とりえのない人物を三〇代で提督の地位につけるほど、いいかげんな組織ではない」のはもちろんのこと、リン・パオは人事に反対した委員長コーネルヤングブラッドも「無能にはほどとおい」「これまでの武勲は数しれません」と認めざるを得ないを持っていた。トラブルメーカーを置くなら中間より最上位のほうが良い、というパトリシオの(はともかく人格を一切評価していないのが明な)経験則もあって、委員長洗脳された納得したのであった。

ダゴン星域会戦

さて、こうして、リン・パオは参謀長ユースフから知ってるだろうがお前の存在が気に入らない」と言わんばかりの態度と「このさい言っておくが、おれはあんたのそういうところが気にいらないんだ!」という直截な罵倒(理由は「冗談に品がなさすぎる」から)を受けつつ、迎撃体勢を整えていった。

宇宙640年7月14日、同盟軍と帝国軍は最初の火を交え、ダゴン域会戦が始まる。緒戦は帝国軍の優勢というあたりで推移したが、このとき彼は「戦闘をなるべく避けて負けないことにする」という方針を取り、覇気のさを部下から批判された。中盤18日、帝国軍が総司令官ヘルベルト大公謀な命により分散出撃を始めたときには、朝食ラム酒入りのマーマレードをたっぷり塗ったメルバトーストを6枚らげつつも困惑の色を見せている。

この帝国軍の行動の意をつかめなかったリン・パオはその日じゅう、戦術的には的確だったが戦略的な決断に踏みきれず、ユースフともども総部をド陰気に叩き込んだ。しかし翌、ついに彼は帝国軍が単に「あほう」であることに気づき、麾下の全艦隊に敵本隊のいる宙域への集結を命じる。

7月19日16時リン・パオはついに自軍の優勢を確信すると、「爆発的攻勢」に出た。この攻勢は名称の文学センスはともかく作戦としては成功し、帝国軍を一挙に押し返したが、最終的には帝国軍予備隊の動きに牽制され半端に終わった。しかしこれを受けた帝国軍は全軍を本隊のもとに集結させる。そして20、彼は帝国軍をほぼ包囲下に置きつつあった全同盟軍艦隊に対し、敵の集結を待って総攻撃をかけるよう命を下した。

帝国軍の壊滅は、7月22日であった。

戦後

戦闘終了後、リン・パオ事後処理終了次第の帰還とシャンペン20ダースの要を伝えると、その事後処理を全てユースフに任せて消えた。大功を成した英雄がそのまま姿を消したと書くとロマンチックな気がしないでもないが、単にブルネット看護婦の部屋にふたりでこもっていただけであった。ユースフはキレた。

会戦後、英雄となった彼はユースフとともに大将を経て40代で元帥へと昇進したが、功績の大きさから居場所をなくし、元帥昇進後一年程度で退役。政治を選ぶつもりもなかったため、彼はその後さいごまで教育・福関連の名誉職を務めるだけで過ごした。

人望

前述のように、リン・パオはともかくとして人格がどうしようもない男であり、それは彼が迎撃を総揮すると知った同階級同年輩の各部隊指揮官の反応に如実に表れている。

いわく、「ウォードはうなりをあげ、オレウィンスキーは低く舌打ちし、アンドラーシュは肩をすくめ、エルステッドをあおぎ、ムンガイため息をついた。彼らの自制心にとって、これは小さからざる試練であった」。つまり、この男は僚友からの人望というものをこれっぽっちも持ち合わせていなかった。いくら不道徳者といっても、まわりからここまで嫌われるのはある意味である。

ちなみに、この反応は「リン・パオユースフ・トパロウルコンビが彼らを揮すると告げられたとき」の反応であるので、要は二人って人望なんざまったくかったということであった。

また、こちらも今まで何度も記述したように、そのユースフとも「仲よくしたって負けるときは負ける。意味だね」と言い放つレベルに仲が悪かった。この二人の関係について、リン・パオ人のひとりフロリンダ・ウェアハウザーは「けっこういいコンビ」と評し、その実情を的確に摘している。

好色

彼が相当の好色であったことは前述のとおりである。
伝記によれば、彼の関係した女性は姓名がわかるだけで94名、実際の数はその10倍。子供には読ませられない伝記だ。

中でも特に有名な5名のうちには、ダゴン域会戦当時同棲していたフロリンダ・ウェアハウザーも含まれ、最終的には彼女がリン・パオの死を看取って埋葬と葬儀を行っている。そしてむろん、同棲中で女を買ったりブルネット看護婦と関係を持ったりしていた。

委員長ヤングブラッドがリン・パオ総司令官の不安をパトリシオ議長に伝えた時も、彼の過去の逸話が持ちだされている。それによれば、惑星ミルルカスの通信基地にいたとき、リン・パオはその基地に所属する全女性軍人14名のうち12名(うち既婚3名)と(合意の上で)ベッドをともにしたという。

補遺

「立場のことなるふたつの真剣さのあいだには、滑稽という私生児が生まれる」という格言を残している。この言葉は、のちにヴァンフリート域会戦において衛星ヴァンフリート4=2で対戦することとなった同盟軍の補給基地と帝国軍のグリンメルスハウゼン艦隊を形容するために引用されている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リン・パオ

7 ななしのよっしん
2016/08/01(月) 20:29:11 ID: pbM11BG0U5
今日ふとダゴン会戦時の同盟軍の気持ちを想像してみたんだけど、「帝国軍の技術はほとんど不明」な状態だったんだよね。下手すりゃ帝国軍の方が、ヤマト冥王星戦での沖田艦隊に対するガミラス艦隊くらい技術が上だったかもしれなかったんだよね。(まあ実際はそんなことなかったわけだけど)

そんな相手との戦いの官に任命されて、良く減らず口叩きながら飯が食えるな、この人。
ストレスが即拒食に直結する身としちゃ、その胃腸とメンタルが羨ましいよ、皮でなしに。
8 ななしのよっしん
2016/09/15(木) 11:41:28 ID: WyZ5uZ5eB8
ダゴン域会戦はアニメになって欲しかったなって今でも思う。
外伝小説として出たのがもう少しかったら実現できてたかもしれないのに。
9 ななしのよっしん
2016/09/15(木) 12:02:23 ID: UppuIUbps2
>>7
銀英伝世界は人類の文明が停滞しているから
技術格差がありすぎるという想像はされなかったんだろう
10 ななしのよっしん
2016/09/25(日) 23:05:46 ID: hG/KKLdd3b
軍事英雄が敬して遠ざけられたってとこはリン・パオとユースフにとっては不遇だったけど
国家の方向性としては正しいしまだ当時の同盟が健全だったって左なのかもね
11 ななしのよっしん
2016/11/19(土) 21:17:34 ID: fF7tTcHMHq
リン・パオってVHS版とBD版(正確にはDVD?)で画像差し替えられてるんだよね
劇中の歴史資料の場面で一だけユースフと映るんだけど
BD版は縮れ毛の優男で、VHS版は細面のカチッとした軍人だった

天才で、大食で、好色でって感じだとVHS版の方が英雄っぽかったんだけどなぁ
なんかBD版は好色ってところの特徴だけ出ちゃってて英雄っぽくない
12 ななしのよっしん
2017/01/21(土) 20:07:06 ID: pbM11BG0U5
CSワンナウツやってるので見てて思ったんだけど、アッシュビーCV風間夫だったように、リン・パオCV萩原聖人でも良かったような。
切れ者なんだけど口を開けば諸提督をキレさせるような態度とか、似合いそうなんだよね。

>>10
同盟社会の健全さのあらわれでもあるんだろうけど、ダゴンの武勲を持ってしても帳消しにしきれないくらい2人の人格が悪かったってことでもあったんじゃないかな。
13 ななしのよっしん
2017/11/11(土) 15:30:07 ID: xYRUwqTCkc
「立場のことなるふたつの真剣さのあいだには、滑稽という私生児が生まれる」
これは名言だわ
シリアスな笑いと同種の意味だろうけど、ここまで的な表現が出きるとはねぇ
14 ななしのよっしん
2018/03/02(金) 20:52:29 ID: gmbV07vDAY
でもヤンとラインハルト営以外をド無能にする事に定評のあるアニメ化だからなあ
この時代の会戦を映像化しても、やっぱりリン・パオ以外を無能にしてTUEEさせそう
15 ななしのよっしん
2018/04/27(金) 12:05:29 ID: pbM11BG0U5
パトリシオがリン・パオとユースフを起用した際に「わが同盟軍は、とりえのない人物を三〇代で提督の地位につけるほど、いいかげんな組織ではない」と言ってたけど、
三〇代の人を提督の地位につけてるって考えると、当時の同盟軍って「伝統と昇進システム確立された正規の軍」というより「各域や惑星の民兵団の連合軍」が実態に近かったのかもしれない。
16 ななしのよっしん
2018/06/17(日) 10:45:32 ID: TUEEjtIJtA
伝統や年功を考慮しても前線指揮官として図抜けた才を発揮したから昇進したんでしょ?
時の後方勤務体なら人望的に抜はなかっただろうけど当時はいつ帝国軍が来ても良いように準戦時体制を採っていたんだし、的にほぼ間違いなく劣勢ってな危機的状態だと年功より才に賭けるべき。
他の提督達も嫌な顔はすれども反対せずに従ったくらいだしな。