リーガル・ハイ単語

リーガルハイ
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

も、法も、がすき❤―

に抱かれ、法に濡れる❤―

リーガル・ハイとは、フジテレビ系列放映のテレビドラマである。
2012年ドラマの一つで、火曜21時にて4月6月の間放映された。全11話。

また、2013年4月13日土曜プレミアムスペシャルドラマが放映され、
2013年10月12月の間水曜22時にてセカンドシーズンが放映された。全10話。

2014年11月22日、新作スペシャルドラマ第二弾放送決定!

概要

第1期

人間性が最悪だが腕は確かな敏腕弁護士と、それに仕える正義感の強い熱血弁護士が衝突しながらも協し、あらゆる訴訟を勝利に導いていく法律ドラマで、弁護士ドラマ史上、最も笑える”の謳い文句が示すように、随所に散りばめられたギャグが特徴のコメディドラマである。ちなみに原作なしのオリジナル作品。

また、本作品の内容には現代社会に対する強な皮メッセージがこれでもかと言うほどに込められている。作中で主人公たちが絡む人物・組織には、天才音楽ヒットメーカーテレビにひっぱりだこの天才子役利益の為に中身の無い訴訟を起こす市民が含まれていたり、あげくはどこかで見た事がある超大物政治家どこかで聞いた事がある超巨大企業までもが隠す気ゼロ堂々と登場したりと、ギャグパートにおいても遊び心というにはおふざけが過ぎるような、ヤバい内容である。

実のところ、コメディドラマの皮を被って方々にケンカを売るようなドラマであり、制作手の込んだ自殺である。

あの場で言えてたらなぁ~~~!!そんな痛快な内容を支えるのが演・堺雅人の怪演である。台本の4~10ページに及ぶほどの長台詞早口でまくし立てるマシンガントークや、要所要所を無駄に洗練された無駄のない無駄な動きトリッキーに立ち回ることで主人公キャラクター性を強く引き立てている。これまで較的温和でシリアスな役柄を多く演じて来たが、飛び跳ね変顔を繰り出し、敵に向かっててへぺろ☆キメるは衝撃的であろう。一方、第9話終盤においての、「」を理由に訴訟を笑顔で降りようとするお年寄りたちを弾劾しつつも鼓舞した5分間に及ぶ大演説シーンは圧巻で、放送直後からネット上に大反を巻き起こした。

その他の役者大御所・新鋭共に実い、一人一人のキャラクターが実に濃く、個性をしまくっている。

また、テンポの良さ、先の見えないり口、そしてやりたい放題の内容にも関わらず話の本筋が破綻していないなど脚本の完成度も高い。「準備稿を受け取ったとき、演じ方を考えることも忘れ夢中で読み耽ってしまった」とは氏の弁。

これらの要素が人気を呼び、雑誌「オリスタ」読者による満足ランキング1位を獲得。6月11日までの視聴率ランキング3位く、ソネットの調による「録画率」はドラマぶっちぎりトップいているなど、高い支持を受けた。第1期の視聴率は均12.5%

第2期

第2期は第1期の高い評価に加え、記録的ヒット作となった前クールTBSドラマ半沢直樹』からたまたま連続演となった堺雅人にも大きな注が集まったことが追いとなり、第1話から視聴率20%越えロケットスタートを決める。しかもその第1話では半沢直樹』をおちょくるようなパロディ(→sm22009920exit_nicovideo リンク先は音差し替え版)を連発し、視聴者の度肝を抜いた。第2話以降もネジ工場出身の原告が登場したり机バンバンするなど『半沢ネタがいくつか見られただけでなく、某生きる扉の会社モデルにした時代の寵児が登場したりとパロディ要素はさらにやりたい放題(繰り返すが、フジテレビドラマである)。挙句、後期には自社の代表作すらもネタにしてみせた。

また、シリーズを通じての均視聴率も18.4%と第1期を6%近く上回る高準をキープしただけでなく、「トルネ」の録画率ランキング(トルネ番付)では第1話から右肩上がりでの高い予約率を記録し、特に某世界的アニメ監督パロディにした第7話では約1万400トルを記録。これは、半沢直樹」が記録した約1万200トルを抜き去る数字であり、年間でもドラマ部門2位という好成績だった[1]

登場人物

古美門法律事務所

古美門研介(38→39歳) 演:堺雅人
このドラマ主人公で、敏腕弁護士。詳しくは古美門研介の記事で。
知子(25→27歳) 演:新垣結衣
若手の熱血弁護士。ひたすらで「六法全書を丸暗記した」と言われるほどの勤勉
他者をいたわり、思い遣る心を持ち、弁護士になった理由も“弱者を救いたい”という自らの正義に燃えてのことであるが、正義感が強すぎるあまりに融通が利かない一面もある。しかも、それを周囲に対して必要以上に押しつけようとする傾向が強く、自分の信念と違えば相手も構わず、理由も考えずにケンカを売るなど、暴走することも多い。
この危なっかしい正義感を古美門に「朝ドラヒロイン」と揶揄され、事ある毎に対立をしては論破され、ついでに大馬鹿にされている。しかしどんなに罵倒されようと、へこたれずに立ち上がるなど強い精も持ち合わせる。また非常に怪力の持ちであり、古美門を腕だけで持ち上げたり、大の大人二人を投げ飛ばしたりもしている。
黛なりの思いがあって古美門法律事務所の門を叩き、不の敵と言えるほど仲の悪い古美門と衝突を繰り返しながらも共に法廷で戦い、やがて「自分の手で古美門を倒す」という標を打ち立てる。
ちなみに当人に自覚はないようだが、かなりの音痴あと、ぺったんこーらしい。
服部(不詳)[2]演:里見浩太朗
古美門法律事務所事務員兼古美門のパパお世話係。とてもおおらかな性格で、衝突しがちな古美門と黛の仲介に回ることが多い。
法に関しては素人であるが、それ以外のことに関してはやたらと万で、特技が多い。その過去には何かとが多いが、「昔、~していたもので」が口癖で海外の色んなに滞在した経験があるらしい。旅をしていたのは国内だけじゃないんですね。古美門が一心を許す人物で、服部もまた古美門を慕い、尽くしている。でも時々さらっと辛いことを言う。
弁護士としての使命に燃える黛のことも応援しており、「古美門先生には、深いお考えがある」という言葉とともに励を送り、何度か黛を窮地から救い出している。
余談だが特定の人物と並び立つシーンなどでは何故か本作とは関係ない曲が流れる。
加賀蘭丸(23歳) 演:田口之介(KAT-TUN)
で雇われている、古美門の密偵。相手の弱点を探るなどして裁判に有利となる情報を得たり、相手側を攪乱するなどの裏仕事を引き受ける。服部料理が好きだが、食いっぱぐれることも。
本職は俳優だが、あまり売れていないらしい。まあ影が薄いし。

三木法律事務所

第1期およびスペシャルドラマにおけるライバル事務所。かつて古美門と黛、それと磯が所属していた。

三木長一郎(50歳) 演:生瀬勝久
三木法律事務所所長。元検事で黛の元上。かつては古美門も彼の下で働いていた時期があったが、次第に手のつけようがないほどの実を身につけ、遂には自らにとって重大な危険因子と化した。そしてあるきっかけにより全に袂を分つこととなり、解雇。それ以来古美門を敵視し、彼を法曹界から追放すべく、あらゆる手段を講じているが、悉く失敗している。
三木事務所超高層ビルに構えられた大きな施設であるが、その所長室の床には「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権‎」のような落とし穴が設けられ、その下にはどう猛な人食いザメを放したプールがあるらしい。趣味ロシアンルーレットごっこ。
沢地君江(35歳) 演:小池栄子
三木秘書。妖艶な雰囲気を漂わせる美女で、古美門く“フェロモンが違う”。また知性にも長け、蘭丸返り討ちに出来るほどに格闘も高い。三木の右腕として、陰から様々な手段で妨工作を行う。
井出孝雄(26歳) 演:矢野
所属弁護士。若手でありながら三木アシスタントを担っているように高い実を持つが、それ以上にプライドも高い。三木を師と仰ぎ尊敬するが、井出自身に何かしらの信念があるわけではなく、彼の三木に対する忠は半ば盲信に近い。
空気を読めない、熱すぎる、気合が回りする点が立ち、そのせいか物語中盤からは三木や沢地にとっての格好のいじられ役に。やがては(石を持ったまま)足だけ出して露天風呂に沈められるシーンも何だか似合ってしまうヘタレキャラになっていった。ただ、汚れ仕事を押しつけられては失敗し、その度に背筋が凍るようなお仕置きを受けてもなお、負けずに2人について行く精は黛に通じる部分があるかもしれない。それかただのマゾ

入場料無料のゆとりの国NEXUS Law Firm

第2期におけるライバル事務所。勝訴にはこだわらず双方ともに丸く収めることを重視している。古美門研介をして「入場料は無料で遊び場のようなゆとり」だが、パパドラに言わせると職場環境は最高。

羽生(25歳) 演:岡田将生
サウジアラビアにこういうがあります・・・パチッ!
NEXUS Law Firm代表弁護士。元検事で帰国子女。検事時代に職務経験制度で古美門法律事務所弁護士実習を経験している。非常に柔らかい物天然の人たらし。「裁判に勝者も敗者もいない」という信条を持ち、「両者Win-Win」な結末を常にめているため、必ずどこかで和解に持ち込もうとする。黛にやたらとアプローチをかけているが……。
(第2期最終話ネタバレ)最後の最後でまさかのゲイ返し展開。半沢直樹黒崎とは対照的であった。その際、実況やここの掲示板が「アッー!」や「リーガゲイ」といった単で埋め尽くされたのは言うまでもい。
古美門く「ペーペー」「ゆとり王子様」。ちなみに引用される適当なのでググっても出てきません。
本田ジェーン(33歳) 演:黒木華
所属弁護士で元検事&元鳥取県民。検事時代は眼鏡を掛け装でが小さい地味女性だったが、羽生についていく決意をした途端メガネを外しヒッピー姿に変身する。ただし法廷などでは正装。古美門のことを「古美門っち」と呼ぶ。古美門く「ニセヒッピー」。
(45歳) 演:古寛治
所属弁護士。元々は三木法律事務所の所属弁護士だったが、後述の安藤和と関わった男性が不審死する事件をきっかけに退所し、同事務所に入所する。三木法律事務所所属時代には刑事部門のエースと称されていたが、実際は勝ち敗戦処理ばかり担当させられていた。弁論中に噛みまくる癖がある。第1期で言う井出ポジションであり、すべての手がことごとく裏に出る「ポンコツ弁護士」。自ら考えたキャッチコピーは『磯・タフガイナイスガイ』。
スペシャル版第二弾では多少ポンコツが治り有能になったのか黛が相手の「インチ手話裁判」で見事勝訴を勝ち取っている。

その他

傍聴マニア(清掃員) 演:大槻一人(SU (RIP SLYME))
第1期から登場。第1期では古美門の裁判に度々訪れ、絵を描きながら傍聴していたが、第2期ではNEXUS Law Firmの清掃員として働いていた。
安藤和(35歳) 演:小雪
第2期に登場。結婚歴のある男性がことごとく不審死を遂げており、遂に夫の殺人容疑で死刑判決を受けた「世紀の悪女」。本人は無罪しており、古美門と黛の共同弁護を受け入れているが、何か隠している様子。古美門をはじめありとあらゆる男を手篭にしており、死刑囚にも関わらず拘置所生活がどんどんになってゆくのがお決まりのギャグ。揺れる古美門や黛の相談相手でもあり、互いに的確なアドバイスをしてゆく。
別府敏子(35歳) 演:広末
テレビスペシャル、第2期4話・8話に出演した裁判官であり、事実上の準レギュラー。性格は「ドS」であり、裁判中の秩序を保つためならば監置(投)も辞さない。常に氷のような無表情を貫いているが、その存在は裁判所の中でも問題児扱いされているらしい。バカンス先のフランスで古美門と最悪の初対面をしており、古美門を度々の敵にしている。他方、第2期では「現場検証」と称して事件現場に皆と出向き、中で古美門としりとりをする、眼鏡片手に拠を探して無表情ではしゃぎ回るなどのギャップ萌え披露しており、視聴者からは劇中セリフよりらが別府ちゃんと呼ばれることも。
古美門清蔵 演:木枯らし紋次郎中村
ネット民の通称はパパカド。古美門の本当の父親で、現在鹿児島在住の元検事。
素振り等で心身の鍛錬を欠かさない厳格な人間。検事たるその素性からか、「疑うならば、明確な根拠を示せ」と幼き古美門に教育したもんだから、すっかり古美門のトラウマになってしまった。
古美門にとっては紛うことない敵の一人であり、素振りに代表されるように、正面からの正論を以て相手をする人。その接し方は威圧的ではなく、実は温和だったりする。詭弁や奇策などで勝利を得ようとする古美門も彼に対しては、「演技は必要ない、小細工なしでぶつかるしかい」と、ある意味黛の方法論でぶつかっていった。
息子の事はかなり気にかけていて、旧知の仲の服部事務所に送り込み、常に連絡を取り合っている。検事の繋がりから羽生に対して何らかの糸を引いている模様。
中の人繋がりからか、服部携帯着メロや、パパカド登場時は、木枯らし紋次郎の主題歌である「だれかがの中で」が流れるが、多分気のせいである。
黛素夫 演:ヤクザイカ
酔っ払っちゃった、何処かで休みたい、だからな!
朝ドラの親なのでパパドラ。この作品におけるもう一人の親バカ。古美門の事は…多分本当に嫌いっぽい。

主要スタッフ

役職 スタッフ
脚本 古沢良太
監督 石川淳一(チーフ)、宝秀則、西坂瑞
キャラクターデザイン 古沢良太
音楽 林ゆうき大野雄二(第1期第7話)
プロデュース 稲田秀樹(チーフ)、成河広明、山崎
制作 共同テレビ
制作 共同テレビフジテレビ

主題歌

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *1位が「ガリレオ(第2期)」、3位が「半沢直樹」。
  2. *番組公式サイトでは50歳と表記されていたり、公式BOOKでは65歳と表記されていたりしていたが、後に出版されている脚本および現在公式サイト表記では「不詳」となっている。

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リーガル・ハイ

1177 ななしのよっしん
2020/07/29(水) 16:04:29 ID: uwZ/pQ+7dh
>>1174
幸い蘭丸サブキャラで、いなくても話は回せるからな
1178 ななしのよっしん
2020/09/02(水) 13:57:56 ID: 4Xuk/GLl9F
記事ないからここに書くけどコンフィデンスマンJPの美のカリスマの話ってプラスサイズモデルファッション誌「la farfa」(数年前マシュマロ女子って造炎上したやつ)や少女漫画ぽちゃまに辺りをいてたのかな
特に「優しい心だからぽっちゃりでも良しなんてありえない」の下りがまさに後者みたいな漫画へのdisのように感じたんだが
両方ともそんなに有名じゃないと思うんだけどこの脚本家は知ってて何か思う所があったのかな
リーガルハイ然り外見叩きやたら強いドラマだったね
1179 ななしのよっしん
2020/09/13(日) 14:02:14 ID: PeivdG8rZE
もし万が一3期やるとしたら1期5話の検事とやりあってほしいわ
小美門と同類だし
1180 ななしのよっしん
2020/09/27(日) 22:39:47 ID: T4/g5aGmZ0
半沢終わったし3期やってくれませんかね?
1181 ななしのよっしん
2020/09/29(火) 22:52:28 ID: tyRLvv/dNJ
正月特番とかでいいから新作見たい。半沢どころか逃げ恥プロメアすらパロディ化する勢いで。
1182 ななしのよっしん
2020/09/30(水) 13:09:01 ID: T4/g5aGmZ0
どうせならSUITSパロディにしてみればいいんやね?
同じ局だし
1183 ななしのよっしん
2020/10/12(月) 10:56:30 ID: u00tmBZ/XX
時代劇ネタ満載のドラマだし、真田丸パロディは絶対やりそうw
1184 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 15:47:55 ID: fxV2D+SJjy
面白い、そして造詣が深い。勝つ為に底していて弁護側の不利な情報は捨て
原告や被告人の有利な情報を拾っては、勝訴にする為の相手方の不利な情報底的に捨てさせる。

そして勝つ為には政治や民事、刑法裁判官の抜け矛盾点、コインの表と裏にある法の関係や民の感情まで利用してしまう、狡猾さと賢明さ。更にそれを活用して日本人に対する命題を挙げて裁判に正論として叩き伏せる理解と説得、これらが上手く噛み合っている。しかもギャグシリアスの差がしいけれど、
古美門先生自身は裁判以外ではの信条も否定していない。それを貫く苦しさを知っている上で答弁に掛かるのが尚良い
1185 ななしのよっしん
2020/10/22(木) 19:42:38 ID: kJKekEb6AS
古美門の「自分の依頼人の利益の為だけに全を尽くす」っていう凄まじい信念を知れば知るほど古美門がを部下としてすごい大切に育ててるのがわかる気がする
だって自分の依頼人に対して気で負けてほしい(古美門に負けてほしいって意味で間接的に言ったこともある)って言ったりしてるのにバカにして罵るだけで滅多に本気でキレないじゃん

を本気でどうでもいいと思ってるなら「嫌なら出ていけ」ってキレて追い出すよ、まだまだいから多めに見ながら少しずつ理解させようとしてる
1186 ななしのよっしん
2020/10/23(金) 00:46:20 ID: 4Xuk/GLl9F
リーガルとべると詐欺師の方は特定叩きみたいなのがやたら多くて苦手だった記憶
被害者の方がクズ!とか見た悪いやつクズみたいなレッテル張りや「心の美しさwねーよw」みたいな冷笑路線がリーガル以上に強くて

急上昇ワード改