ルイス・ネリ単語

ルイスネリ

ルイス・ネリとは、メキシコプロボクサーである。

概要

1994年生まれ・メキシコ・バハ・カリフォルニア州出身。
身長165cmリーチ169cm・一応バンタム級・26勝(20KO敗。

2017年8月に”の左”を持つWBC世界バンタム級王者山中慎介を4回TKOで下したが、
試合後のドーピングで陽性反応が出て山中激怒させた。

2018年3月に行われた山中慎介との再戦では、
前日の計量でバンタム級リミット53.524kgを2.3kgも過するという大失態を犯し、
またも山中激怒させた。
ボクサーは計量をパスするために過酷なトレーニングと減量を行うので、
前回の辱に燃える山中が涙まで流して怒るのも理はない。
減量の苦しみを味わうことなく山中との試合に臨んだネリにアドバンテージがあるのは当然だが、
パンチには威があり、山中から計4度のダウンを奪って2回1分3々とTKO勝ちを収めた。

ルールにより王座位のままとなったが、
引退を表明した山中に対しネリはファイトマネーを満額受け取って
『私は敗を守った。失った王座は勝って取り戻せばいい。またバンタム級で、また日本で戦いたい』
などど言ってのけた。
確信犯とも思える体重オーバーでアウェイの戦いに圧勝する図太さこそルイス・ネリの持ち味である。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%83%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルイス・ネリ

1 ななしのよっしん
2018/03/03(土) 12:11:38 ID: 9Kkcn0RcAW
なんか悔しさに満ち溢れた記事だなw
2 ななしのよっしん
2018/03/03(土) 21:01:20 ID: G7hFN/FQrP
さすがに客観性なさすぎじゃね?この記事は
3 ななしのよっしん
2018/03/10(土) 05:22:27 ID: qXLGFt3Ca6
55.8kってバンダムより二階級上の体重だし二度のズルだから
かなり悪質だよなぁ
4 ななしのよっしん
2018/03/12(月) 03:11:44 ID: SC/z3Yjg+m
ネリ側のやり方も問題だけど、何より問題なのはこれだけ傍若人な真似をした選手を速かつ毅然と処分できないコミッション側の弱ぶりだろ。
5 ななしのよっしん
2018/05/07(月) 00:30:50 ID: HFixJYbthJ
もちろん体重過を擁護するわけではないが
減量の苦しみがないのがアドバンテージって書き方が引っ掛かる
減量はハンデを背負う行為ではなく体格差で有利に立つための戦略
コンディション落ちるほど理な減量してるなら本末転倒だし
そいつの自己責任だぞ
6 ななしのよっしん
2018/05/07(月) 01:02:00 ID: VTjGhk0iUY
階級制の性をぶん投げている時点で紛れもなく不当なアドバンテージなんだよなあ
バンタム級付近は2kg未満という純な代謝で変動しうる狭い範囲でリミットが区切られており、筋肉脂肪や諸々の最適化が競技性の一部にある
適正階級であっても気を抜けば逸脱しかねない狭い範囲に収めるには相応の努められる
リミット内の理論値をして苦心しても、その域外から殴られては競技にならん
7 ななしのよっしん
2018/05/10(木) 19:10:49 ID: 7AOvFo/kqb
>>5
このケースだとその戦略とやらで普段はコンディション落とすほどの理な減量してるが階級制というルールガン視して減量なしでリングに上がって来たんだから紛れもなくアドバンテージだろ

比嘉もそうだけど、ちゃんとリミットに収めてるから減量みたいな反則スレスレの盤外戦術が許されてるのであって
収められないなら最初から上の階級でやれやハゲって話
8 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 08:07:24 ID: zKw9fT8odO
WBCタイトルマッチでの出来事なんだから制裁もWBCに一任すれば良かったものを
JBC感情論で先走って独自制裁を表しちゃったもんだから
同じくWBCタイトルマッチやらかした比嘉大吾営に対してもJBCは同等の制裁を科さざるを得なくなった

そしてWBCによるネリへの制裁期間は期限から半年に短縮された(試合スパン較すれば実質的に制裁)
論これはWBCの対応であり、JBCが科した制裁には何ら関係ない
だが体裁上、JBCはネリへの制裁を緩めない限り比嘉への制裁も緩められないだろう
ネリは日本以外で試合すれば良いだけだから何も困らないけどね

感情に振り回されるとロクなことにならないという良い例
9 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 11:36:14 ID: vLb9CEnPzt
山中戦後はモヤモヤしていたけど、ネリはWBSSに出たいとアピールしたのに出してもらえず、催者GJだと思った。しかもスパーリングで上の階級の選手をも圧倒している井上尚弥が確実に強いだろうし、モヤモヤも晴れた。あんなことをした後じゃ、ソレを理由に試合を回避されても文句言えないし、反則など必要なかった、ということを明するチャンスを自分で握り潰したんだから、どうしようもない。
ていうか、井上尚弥と対戦したマクドネルは、減量についてしきりに尋ねられて迷惑そうだったな。ネリなんかと一緒にするな、と思ってただろうね。体調最悪そうだったけど。
10 ななしのよっしん
2018/11/15(木) 19:50:10 ID: WaYpPM6QJA
若くパワフルで、タレント性ある選手ではある。クリーンにやっても強かっただろうし、実際ウェートを合わせてドーピングをしなくても山中に勝てる可性も低くはなかったはずなのに、ほんとに何がしたかったんだろうなぁ…山中には勝てたが、世界から冷たい線を向けられる勝利で、かつその後のキャリアJBC永久追放、WBSS門前払いと足踏みを強いられている。
Sバンタムに行くわけでもなかったし、ほんとに何がしたかったんだ…?

急上昇ワード

2019/08/22(木)04時更新