ルイ16世単語

ルイジュウロクセイ
2.2千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ルイ16世とは、18世紀後半のフランス国王である。

概要

フランス革命ギロチンによって処刑されたことで有名。その評価は長らく「無能」「世間知らず」「なよなよしている」とされてきたものの、近年では「善人」「有能、せめて革命期の国王でなければ」「やるだけのことはやっている」と肯定的な見方も増えつつある。

実際、当時のルイ16世は、ヴァレンヌ逃亡事件までは民衆から絶大な支持を得ていたといわれる。テニスコートの誓いではフランス民・国王を讃える万歳三唱が、ヴェルサイユ行進のときには「国王万歳!」という歓が上がっている。初期のフランス革命では、君主制の支持勢が多かった。

妻にマリー・アントワネットがいる。文献によってはこれが「ルイ16世自身が行った」などとしているものもある。このような記述のズレが、ルイ16世の評価の違いを作り出しているのではないかと思われる。なお、従来は悪女とされてきたマリー・アントワネット側にも、近年は「悲劇の王妃」など同情的な評価も増えてきている。

フランス革命以前

フランスは先代のルイ14世・15世のときから何度も戦争に参加していたため出費が多く、財政危機に陥っていた。1774年にルイ16世が就任すると、まず財政の立て直しのためにテュルゴーを宰相に就かせる。テュルゴーは王室支出の削減に加え、ギルド止、内の関税止などの経済自由化をした。しかし、既得権益を失うことを恐れた民衆たちから反対に遭い、高等法院に告発され1776年に罷免された。

さらにルイ16世は、イギリスへの七年戦争の報復と、アメリカにあるフランス植民地の回復を狙い、アメリカ独立戦争に参戦する。テュルゴーの後任となった財務長官のネッケルはこれを増税ではなく借入によって賄い、民衆の支持を得た。しかし、戦争が予想以上に長期化してしまい、かえってフランスの財政を悪化させてしまう結果となった。その後、ネッケルはフランスの財政状況を開したが、宮廷からしい攻撃に遭い罷免された。

このように、ルイ16世の人材登用とアメリカ独立戦争への参戦決定は、結果的には失敗に終わった。しかし、「もうすでにルイ14世・15世のころからの債務大すぎて、ルイ16世が何をやっても解消させるのは難しかったのではないか」という意見もある。

三部会から退位まで

財政難を乗り切るため特権身分への課税を検討したルイ16世は、ネッケルを復帰させる。そして、ネッケルや貴族の要請を受け、1789年に三部会(当時のフランス議会)を招集する。しかし、その議決方法をめぐって論争となり、納得のいかない民たちは、テニスコートに集まり、三部会とは別の民議会を作る誓いを立てた(テニスコートの誓い)。このとき、ネッケルは三部会の身分ごとの議員配分数を民に有利になるよう変更することを提案しており、民から支持を得た。

しかし、国王政府からネッケルが罷免されてしまう。この原因はルイ16世の妻であるマリー・アントワネットらによる謀略とされる。ネッケルの罷免に怒った民衆らはバスティーユを襲撃し、官やパリ市長などを殺する(フランス革命の開始)。

バスティーユ襲撃の知らせを聞いたルイ16世は「暴動か?」と側近に問い、「いいえ、革命でございます」と返される。事態を飲み込んだルイ16世は直ちにネッケルの復職を決定し、自らパリに行って、新しく民衆が発足した新パリ政府と民兵隊を認した。

なお、バスティーユ襲撃当日の日記には「何もなし」と書かれていた。しかし、これは日記というより、当日の狩りの成果を単に記したものであるともされる

続いてヴェルサイユ行進が起こる。このときルイ16世は郊外ヴェルサイユ宮殿からパリのテュイルリー宮殿に連行されている。この的は「腐敗した宮廷から国王を引き離すため」というものだったとされる。ルイ16世が民衆に姿を見せると「国王万歳」の掛けが上がった。

しばらくはルイ16世はテュイルリー宮殿に暮らしていたが、それから2年が経ったある日、国王一家が宮殿から姿を消してしまう(ヴァレンヌ逃亡事件)。マリー・アントワネット導した逃亡事件であり、すぐに発見されて宮殿に戻された。しかし、これが「国王なのにを離れようとした」という裏切り行為とみなされ、王政を止する意見が強まっていく。

1792年、民衆が武装起しテュイルリー宮殿を襲撃し、王権が停止された。これ以降のルイ16世は一般人として「ルイ・カペー」と呼ばれるようになる。

処刑

議会は国王支持の多いフイヤン国王処刑により共和政を望むジャコバ、共和政にすることを望むが国王の処遇は穏便にしたいジロンに分かれていた。その中でサン・ジュストが「国王、王政というその存在自体が罪」と雄弁をもって演説し、国王の処刑をめた。

その後、4回の議決を経て国王の処刑が決定され、1793年1月21日ギロチン斬首された。

余談

事実創作かどうかは不明だが、ギロチン製作者に「斜めにしたら切りやすいんじゃない?」という提案をしたとも言われる。まさかそのギロチンに首をられてしまう事態になるとは…。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%82%A416%E4%B8%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルイ16世

14 ななしのよっしん
2021/01/09(土) 19:30:29 ID: d8G8BHNZV6
革命の全責任を負わされるほどの無能じゃないが、カペー朝以来の一族の嗟の終焉を血で購うのは王としては仕方ないね
まあ一番悪いのはルイ14世だし、息子の17世は何の罪もないから哀れだと思うけど
15 ななしのよっしん
2021/03/31(水) 11:30:52 ID: RVqb4LPAyf
逃げなきゃ殺されずに済んだから半分は自業自得ではあるがね
16 ななしのよっしん
2021/04/07(水) 00:55:18 ID: I298q/I69V
結局優柔不断革命が起きても何もできなかった無能な王なのか、精いっぱい頑ったが足らず処刑されてしまった不幸な王なのかどっちなの?
17 ななしのよっしん
2021/04/07(水) 11:50:48 ID: CBQbH2btWf
平和な時代の王様に生まれていれば(フランス平和な時代なんてあるのか?というのは置いておいて)うまく行ったかもというのはどうなんだろうなあ
アメリカ独立戦争介入を見る感じ当時の財ではあれが限界だったけどフランスに余裕がある時ならもっと色々と手を出して威を高めようとしたんじゃないかと思うんだけど
その上手くいくという根拠になる史実上の啓としての素質がフランスとして当時最高級の教育を受けられたことによるものなのか本人の才覚によるものなのかでずいぶん変わる
18 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 08:38:43 ID: ECRL48X+7C
現代でも何十年と変わらず、プラカードと怒で毎年燃え続けるパリを見た限り、
穏やかでな男がフランス王になるとか理だと思う
マクロンみたいに恥知らずで心臓に毛が生えてないと
19 ななしのよっしん
2021/04/20(火) 18:31:16 ID: VfKN1OHOsN
ルイ16世は議会で一の味方だった王党派すら革命扱いして連携を拒む狭量ぶりだったからなあ
自身の閥すらまとめられない男に一を統治できるわけがないという
しかも戦争が始まるとオーストリア軍に自軍の情報流したり拒否権乱発して防法の可決を妨したりと露な利敵行為働いて国王に同情的だったカトリック教徒も敵にまわしてるし…
政治的な地雷をことごとく踏み抜いて刑死したあたり一導者としてはあまりに無能だったとしか…
20 ななしのよっしん
2021/08/22(日) 17:01:39 ID: X8QeOrLo8+
スペインフランスドイツは肝心な時の王が本当に馬鹿通り越してる
イギリスは肝心な時に賢明な女王が出る

単なる主人公補正、というやつか…
21 ななしのよっしん
2021/09/03(金) 08:57:54 ID: 92SKK2uzDG
>>19
割と>>19の意見に賛同
結局の所個人的にはマルチリンガル工学などの資質にも優れてた優秀な個人ではあるけど政治家としては優柔不断で穏健すぎだから及第点は与えられないんじゃないかな?

ぶっちゃけ革命もその後の死刑も一つボタンを掛け違いさせれば回避できたんじゃねとは思う
日本で言うなら北条高時なんかと同じ匂いがする
前代の負債が巨大すぎてつけを払わされたけど上手い事回せば何とか回避できたんじゃね?って感じで
22 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 21:54:25 ID: leeBWxDAMn
>>20
イギリスも処刑されたチャールズ1世とか追放されたジェームズ2世はまあ・・・
王政が終わらずに済んだのは、王政復古を要請してくれる貴族教会全にを失ってなかったからだけかも

ルイ16世は上手くやれば生き残れたんだろうが・・・なかなか難しいだろうな、実際その立場だったら
23 ななしのよっしん
2021/09/26(日) 04:05:53 ID: KVb73xheNf
高等法院なんか復活させなけりゃ…

急上昇ワード改

2021/10/22(金)13時00分 現在