ルキスラ帝国単語

ルキスラテイコク
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ルキスラ帝国とは、TRPGの一つ『ソード・ワールド2.0』に登場する国家の名称である。

卓ゲM@Sterにおけるルキスラ帝国については、ルキスラ帝国(卓m@s)の記事を参照のこと。

概要

ザルツの要塞”ルキスラ帝国
首都 キス
国王 ユリウス・クラウ
人口 8万人以上(首都だけで8万人)

ルキスラ帝国はラクシアテラスティア大陸北部のザルツ地方存在する国家の一つ。
ザルツ地方のほぼ中央に位置し、北にダーレスブルグ公国、北西にロシエッタ、西にフェンディル王国、南に自由都市同盟と、周囲を他に囲まれている。

元々この地方都市の一つに過ぎなかったが、大破局の折このを守った英雄達の手によって国家として再された過去を持つ。今では人材も資も豊富で、治安も整ったザルツ地方で有数の繁栄国家となっている。

蛮族に対しても万全で、ザルツ地方最強と噂される精鋭『騎士団』を保有する他、を高められそうな遺失文化の取入れにも積極的。そのため、このを訪れる冒険者達にもかなりの厚遇をしていると言われている。
現在飛空挺コア国家が買い取り、高性飛空挺の建造をしていると噂されている。

また、このザルツ地方国家間で組まれている対蛮族同盟の盟でもある。
大破局時、蛮族の攻撃によって危うく滅亡しかけた隣を貸し、人族の領地を守り切る大役を果たした事が盟となった理由だと言われている。

 

ダーレスブルグ公国やフェンディル王国との関係

かつて、ダーレスブルグ公国フェンディル王国はルキスラ帝国に併合されており、ほぼザルツ地方の全域が勢圏と言う広大な領地を持っていた。
ところが、100年前に起こった大規模な王位継承権の内乱でが衰え、その際に二独立現在ザルツ地方の状態へと遷移した。
現在は、ダーレスブルグ公国フェンディル王国とは同盟関係を結んでいる。

 

帝国歴と大陸新暦

大破局終焉と同時にテラスティア各地では復した(もしくは新たな)国家名乗りを上げた。ルキスラ帝国もその一つであり、ルキスラ帝国ではこの建を元年とする「ルキスラ帝国歴」が用いられる。
紀元が明確なため同じテラスティア大陸では広く採用されているが、特定国家名を使用することに対する抵抗感からルキスラ帝国以外では「大陸新歴」と呼称される。
公式リプレイのいくつか、公式ノベライズをつぐもの」などは帝国歴(大陸新歴)308年の出来事とされる。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%A9%E5%B8%9D%E5%9B%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルキスラ帝国

1 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 16:24:18 ID: 3k326jsjog
誤字発見。騎士団ではなく騎士団。