ルック車単語

ルックシャ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ルック車とは、自転車ジャンルの一つで、見たマウンテンバイクロードバイククロスバイクに酷似していて、価格が安い代わりにママチャリ程度の走行性しかもたない自転車のことである。

まかり間違っても、フランスの高級自転車メーカーの「ルック」の自転車のことをルック車と呼んではいけない。ルックオーナーから袋叩きにされます。

概要

一見するとマウンテンバイクロードバイクのような見たをしており、多段ギア種によってはディスクブレーキも備えている等、装備も高級そうにも見える。それでいて、ロードバイク入門なら10万円ぐらいはかかるところ、その半額以下で買えるとあって願ったりかなったりと思いきや、価格が安いには安いなりの裏がある訳で、まずフレームなどの素材が軽いが高いアルミニウムカーボン製ではなく、安いが重い製(クロモリですらない)なのでスポーツバイクよりも重量が重い(ロードバイクなら10kg前後が重さの相場であるが、ルック車では15kg以上)、ギアなどの部品がスポーツバイク用ではなくママチャリ用の部品、更には組み立て工程がいい加減などといったことから、ママチャリ程度の走行性しか持てない、「安かろう悪かろう」の代表商品となっている。

い話が「見かけ倒し」を自転車的に表現したようなもので、ルック車として然と売るメーカーもなく、いくらかは主観による。ただし、ある程度の共通する特徴がある。

よく、ホームセンターなどに行くと「ハマー」や「ジープ」といった自動車名の書かれた自転車が売られているが、あれは自動車メーカーが自社で製作しているのではなく、単に名前を自転車メーカーに名義貸ししているだけである。その品質は推して知るべしといったところだろう。(ただし、自動車メーカーを関したブランドが全てダメではないところが難しいところ。たとえば、プジョー自転車ブランドとしても有名であり、BMWは自社で自転車製作している。あと、フェラーリとコルゴナのコンビは高い評価を受けているが、100万以上はするといわれている)

ルック車の問題点

自転車に対する向き合い方も人それぞれであり、レースツーリングならいざしらず、乗りに使うなら充分だと思える。が、コスト削減のために低質でなおかつ規格が違う部品を使っているため、壊れやすく、直しにいっても適当パーツが見あたらない事態に陥ってしまう。
それ以上に増して深刻なのは、組み立て精度が雑になる傾向があるということで乗り心地がスポーツバイクに劣るのもここに起因している。それどころか、最悪のケースでは普通に走行しているだけで自重に耐えかねてぶっ壊れるという事態もあるので、ルック車を買わないほうが理由はここにある。その意味ではルック車の折りみ機構も危険だといえる。

通販サイトにおけるメーカーの素性

ア○ゾンなどの通販サイト自転車検索してみれば、多種多様なブランドを見ることになる。どのようなメーカーなのか分かりにくいので、適当に上げてみた。

中国製

販売は日本だが、開発製造は中国

電動自転車の注意点

通販サイトで電動自転車検索してみれば、様々な商品がヒットするが、よく調べもしないうちに通販サイトで電動自転車は買わないほうがいい。電という動を併用しているので、様々な規制が加えられているからである。
日本法律では電動自転車にこのような規制が加えられている。

  • 自動は不可。あくまで自分のが漕がなくてはいけない。
  • 電気が借りられるのは時速24kmまで(ただし、人力で24km以上を出してはいけないという意味ではないという事に留意。例えばロードバイク均的な時速は30kmになる)
  • 人力につき、アシスト出来るのは2倍まで。

この条件を守った自転車は「駆動補助機付き自転車」とされ、自転車として乗れるが、その約束事から破った自転車、ペダルを漕がなくも自走する、電動アシスト25km以上出せる自転車は「ぺダル付電動自転車」となり「原動機付自転車」としての扱いになる。法的には自転車ではなく、スクーターとしての扱いになり、従って免許を取り、自転車ナンバーやウィンカーなどの装備をして、バイクの法規を守らなければを走ることができない。さもなくば、私有地しか走れないことになる。なお、これらのを有した自転車の電を封印して、人力だけで動かしたとしても法的には「ぺダル自転車」に変わらない。
つまり、通販で売られている電動自転車にはこれらの問題がある。

  • 電動機のがへぼい。
  • 実は法律以上の性が出る。
  • 免許がないと乗れない代物が、はっきりと分からない形で売りに出されている。

モーターとしての性がだめだめなのはともかく、下二つはダメダメだといってもいい。
バイクとは違って、見た普通自転車と変わらないので、普通に買って乗っても問題はないという見方もあるが、トラブルが起きた時に厄介なことなる。たとえば、故障が起きても自転車屋から修理を拒否され、万が一、人身事故を起こせば大変なことになるのは言うまでもない。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E8%BB%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルック車

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ルック車についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!