ルナツー単語

ルナツー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ルナツーとは、機動戦士ガンダムに登場する軍事施設である。

概要

地球の周回軌に乗っている小惑星地球連邦軍が軍事基地化し、宇宙要塞にした。

前身はスペースコロニー建造用の資にするためアステロイドベルトから持ってきた小惑星ジュノー」であった。宇宙世紀0045年、に乗ったジュノーはルナツーへと名された。0060年、連邦軍の軍備増強計画の一環でルナツーの要塞化工事が始まった。こうして連邦一の宇宙要塞が誕生した。0070年12月サイド7建造の的で移動。地球を挟んでの反対側に位置し、地球から見ての裏側に存在するサイド3から最も離れた拠点となった。

ルナツーとは文字通り「第2の」を意味する。

一年戦争では

一年戦争では、連邦一の宇宙拠点として機宇宙艦隊の本拠地として多数のサラミスマゼランが集結していた。開戦劈頭の0079年1月5日ジオン軍ブリティッシュ作戦により奪取されたコロニーを阻止するため、ティアンム艦隊がルナツーより出撃している。しかしダニガン中将率いる護衛艦隊との戦闘で、艦隊戦70%を喪失する大打撃をこうむった。この大敗により、連邦軍艦隊はルナツーに閉じこもるようになった。一方、レビル大将率いる艦隊がルナツーに入港。さらに各方面から増援が送られ、ルナツーの残存艦艇と合わせて戦は膨れ上がった。内訳はマゼラン48隻、サラミス163隻、小武装艦艇118隻、補助艦艇84隻である。この膨大な戦ジオン軍も脅威に感じていたようで、一計を案じる事になる。

ルナツーに逼塞する連邦軍艦隊を誘引するため、ジオン軍は「第二次ブリティッシュ作戦」を敢行するとの偽情報を流し、これを信じた連邦軍はルナツーからの出撃を決意した。1月14日、レビル大将率いる艦隊が出撃。サイド5・ルウム宙域に先着し待ち伏せを行う。翌15日、ルウム戦役が生起。この一大会戦で連邦宇宙艦隊の50%が壊滅(マゼラン級36隻とサラミス139隻が沈没、その他はほぼ全滅)。一気に制宙権を喪失するという壊滅的被害を受けた。戦が手薄になったルナツーはジオン軍を恐れ、事なかれ義が蔓延。要塞に引きこもり続けた。対するジオン軍も、ルナツーの戦略的価値は低いとして放置。攻略作戦が実施される事はかった。ちなみにV作戦の本拠地にサイド7が選ばれたのは、近隣にルナツーが存在しているからだったと言われている。

3月1日より、ジオン軍の大規模な地球降下作戦が始まる。損から立ち直っていないルナツーは、サラミス級3隻を妨に送り込むのが精一杯だった。やっとの思いで派遣したサラミス級3隻は、ジオン軍護衛艦隊に迎撃され、1隻を喪失。降下作戦に影を及ぼすことは全くかった。同時期、崩壊した宇宙軍を建て直すため、連邦軍はルナツーの再建に注し始める。

長らく忘れ去られた基地だったが、9月16日シーマ・ガラハウ中佐率いる海兵隊の襲撃を受ける。しかし作戦揮するアサクラ大佐ギレンであり、キシリア配下の海兵隊を嫌っていたため揮を放棄。制圧するには至らず、海兵隊は撤退している。9月20日シャア率いるジオン軍に追われたホワイトベースが逃げ込む形で寄港。基地ワッケイン少佐は、用な攻撃を招くホワイトベース厄介者扱いした。またシャアの破壊工作によってマゼラン1隻を喪失する被害を受けたが、陥落には至らなかった。戦闘後の22日、ジャブローをしてホワイトベースが出港。ワッケイン少佐は静かに見送り、護衛としてリード中尉サラミス級「マダガスカル」を付けた。

相変わらず事なかれ義により、ルナツーは過小評価され続けた。オデッサからの資を満載したパプア輸送艦が、最短ルートを通るべく護衛しでルナツーの近辺を通っていたようである。要するにめられていた訳だが、ルナツー側もボール3機編成のオハイ小隊派遣。襲撃する作戦は行っていた。艦艇によるパトロールも実施し、グラナダ基地に威偵察を行った。しかし9月下旬に黒い三連星と遭遇。マゼラン級1隻が撃沈され、サラミス級2隻も大破させられる痛手を負った。10月6日、ルナツー所属のコバイユ小隊が、アイナ・サハリンの駆る高機動型ザクと会敵。隊長を含む2機のジムが撃墜され、サンダース機のみ生還したが損傷でスクラップ同然になってしまった。10月15日、ジャブローで一次生産されたジム6機を搭載し、輸送船団がルナツーに向けて出港。ところが中でジョニー・ライデン少佐率いるMS隊に襲撃されている。

11月9日連邦軍のオデッサ作戦が成功。敗北したジオン軍の一部が、HLVで地球上に敗走してきた。これを好機と捉えたルナツーから、敗残兵狩り部隊が出撃。この時には既にモビルスーツが配備されていたらしく、サラミスボール以外にもジムが参戦している。敗残兵狩り部隊はHLVを次々に破壊し戦果を重ねていったが、救援に来た第603技術試験隊ヅダによってボールは壊滅。投入したジム6機も全滅と、これまた手痛い損を受けている。加えてジオン軍の本隊が先に到着してしまったため、敗残兵狩りも半ばで諦めなければならなかった。

戦争末期、大勢が連邦軍に傾くと大反攻作戦の拠点としてルナツーが重要視される。ジャブローで建造されたサラミスマゼラン、各部隊の集結地になった他、ルナツー工でもジムボールの大量生産が行われた。12月2日21時にはティアンム中将率いる第二連合艦隊がルナツーをして出発している。戦備を整え、再建された宇宙艦隊は12月22日にルナツーを出撃。ジオン軍を追い詰める一助となった。事ルナツーは陥落する事なく終戦を迎えた。

『逆襲のシャア』でのルナツー

二次ネオジオン抗争時、連邦との和交渉によってシャア率いるネオジオン軍の武装解除が行われる場所にルナツーが選ばれる。しかし、それはシャアの策略であり、ネオジオン軍は油断していたルナツーを奇襲、これを占領した。

ネオジオン軍はルナツー内に保管されていた核兵器を手に入れ、それを使ってアクシズ落とし作戦を発動させる。

『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』でのルナツー

宇宙戦国時代においては連邦軍のは大幅に弱体化しており、ルナツーの維持もできなくなっている。

すでに資は取りつくされたと思われていたが、その後に新たな鉱脈が発見され、微々たるものではあるが資の採掘が行われ、サイド7から居住コロニー1基が持ってこられている。

作中では狂人でありながら圧倒的なカリスマを併せ持つ「首切り王」と、彼に従う武装勢に占領されており、作品のターニングポイントとなる出来事の舞台となった。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルナツー

1 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 18:24:01 ID: wfNJzFspkz
プルツーの方が好きだからルナツーは要らない