ルベン・ディアス単語

ルベンディアス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ルベン・ディアス(Rúben Dias, 1997年5月14日 - )とは、ポルトガル出身のサッカー選手である。イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFC所属。

ポジションはDF(センターバック)。183cm87kg。利き足は右足。

メディア媒体によっては、ルーベンディアスベン・ジアスとも表記されている。

概要

ポルトガルリスボン県北に位置するアマドーラ出身。環境は中流庭で、サッカーが盛んな土地柄ということもあり、幼い頃からサッカー興味を持つ。9歳の頃、エストレラアマというクラブでキャリアスタートさせ、加入した当初のポジションはFWだったが、その後攻撃的なセンターバックCB)として頭を現すようになる。

ベンフィカ

2008年ポルトガルの名門SLベンフィカの下部組織に加入。ここでメキメキと実を付けていき、各年代のアンダー代表に呼ばれるなど、将来有望な選手として注を集める。

2015年には、セカンドチームであるベンフィカBの一員としてポルトガルの2部リーグであるリーガプロに初出場。2016-2017シーズンには28試合出場している。

2017年にはトップチームに昇格し、プリメイラ・リーガでのデビューを果たす。初のトップレベルでのプレーながらもチームとして定着するようになり、2017-2018シーズンは24試合に出場し3得点という成績を残している。UEFAチャンピオンズリーグでも2試合に出場。この年のプリメイラ・リーガ最優秀若手選手賞を受賞している。

2018-2019シーズンになると、ベンフィカのディフェンスリーダーとしてすっかり定着。32試合3ゴールという成績を記録し、ベンフィカ37リーグ優勝に大きく貢献。2019-2020シーズンチーム冠に終わったものの、プリメイラ・リーガベストイレブンに選出されている。

マンチェスター・シティ

2020年9月28日イングランドプレミアリーグの強マンチェスター・シティFCへ移籍することが発表される。移籍6800万ユーロだが、同時に1500万ユーロニコラス・オタメンディがベンフィカへ移籍しており、実質的にはトレードという形になった。
10月3日プレミアリーグ第4節リーズユナテッド戦で新地でのデビューを果たすと、プレミアリーグリズムにすぐにフィットし、ジョゼップ・グアルディオラ監督の戦術にも適用し、加入1年の23歳とは思えない堂々とした振る舞いで、シティのディフェンスリーダーとなる。ヴァンサン・コンパニが退団して以降のシティは守備に不安を抱えていたが、ルベン・ディアスの加入によって20のクリーンシートを達成するなど、ソリッドな守備のチームへと変貌する。2021年に入ってから公式戦13連勝と破の勢いを見せるようになったあたりから世界最高レベルCBという評価を受けるようになり、グアルディオラからの信頼も揺るぎないものとなる。もはやシティに欠かせない選手となり、公式46試合に出場し、独走でのプレミアリーグ優勝、EFLカップ優勝CL優勝に大きく貢献。この大車輪の活躍が認められ、FWA年間最優秀選手賞、プレミアリーグ最優秀選手賞を受賞。

ポルトガル代表

2013年ポルトガルU-16代表に選出されて以降、各年代のポルトガル代表として軸を担っており、2016年には飛び級としてU-23代表の一員に選ばれトゥーロン国際大会に出場するなど育成年代からエリートとして育ってきたことがうかがえる。2017年には2017 U-20ワールドカップに出場。ここでも守備の要となり、準々決勝までの5試合のうち4試合に出場している。

フル代表には、2018年3月チュニジア戦でデビュー。しかし、当時はペペジョゼ・フォンテというベテラン勢のバックアップという位置づけで、2018 FIFAワールドカップメンバーに選出されたものの、出場機会は訪れなかった。

ロシアW杯後にレギュラーの地位を掴むようになると、UEFAネーションズリーグ 2018-2019ではとしてポルトガル代表の優勝に貢献する。2020年11月17日のネーションズリーグ クロアチア戦において代表初ゴールを記録している。

2021年6月に開催したEURO2020に出場し、全試合にフル出場したものの、グループステージドイツ戦では4失点を許し、ラウンド16のベルギー戦ではロメル・ルカクとのフィジカルバトルで当たり負けするなどマンチェスター・シティで見せるような絶対的なDFリーダーとしての姿が見られなかった。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2016-17 ベンフィカB リーガプロ 28 0
2017-18 ベンフィカ プリメーラ 24 3
2018-19 ベンフィカ プリメーラ 32 3
2019-20 ベンフィカ プリメーラ 33 2
2020-21 ベンフィカ プリメーラ 2 1
マンチェスター・シティ プレミアリーグ 32 1

プレースタイル

現代のCBめられる全ての要素をハイレベルで持ち合わせているCBである。

恵まれた体格によるフィジカルの強さと抜群の読みによる対人守備の強さは、フィジカルコタクトが特にしいプレミアリーグの中でも飛び抜けている。クリーンボールを奪えるためファウルが少なく、エレガントな守備技術と同時に体をったシュートブロックなど泥臭いプレーも見せる。

スピード準以上のものを持ち合わせており、カバーできるエリアも広い。かといって闇に持ち場を離れることもなく、出るときと残るときの判断も的確。中戦にも滅法強く、ハイボールを使うチームが多いプレミアリーグの中でもリーグトップクラス勝率を残している。

足下の技術の高さも魅であり、CBからのビルドアップにこだわるグアルディオラ監督の厳しい要かにえるパスサイドへの蹴り分けをおこなえる。プレミア移籍1年となった2020-2021シーズンではリーグ1位93.3%というパス成功率を記録しており、正確なパスでシティのビルドアップに安定感をもたらしている。

何事にも物おじしないパーソナリティも大きな魅であり、シティ加入1年では23歳という若さながら周りに対して大きなコーチングをおこなっており、チームリーダーとしての資質の高さを見せている。普段からのプロ意識の高さにも定評があり、グアルディオラ監督は会見で「彼はあらゆる面でプロフェッショナルだ」と評している。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルベン・ディアス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ルベン・ディアスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

過去のオススメ記事