ルーク・スカイウォーカー単語

ルークスカイウォーカー
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

ルーク・スカイウォーカーとは、ハリウッド映画スター・ウォーズシリーズの登場人物である。EP4~EP6の主人公。EP7,8にも登場する。
演:マーク・ハミル

概要

アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラの息子であり、レイア・オーガナ双子にあたる。アナキン同様高いフォースのを秘めており、短期間の修行爆発的にを高め、ジェダイとして成長していった。性格はアナキンと同じく気が短く短慮な部分もあるが、父親よりもやわらかいで、仲間思いで温厚である。

活躍

エピソードⅣ 新たなる希望

砂漠惑星タトゥイーン」で農業を営むオーウェン・ラーズとベル・ホワイトスン夫妻の義理の甥。機械いじりとスピーダーの操縦が得意であり、宇宙に飛び出して戦闘機パイロットになることを夢見ていたが不本意ながらもタトゥイーンに留まっていた。

そんな人生は2体のドロイドを購入したことから変わる。

ある日、ルークC-3POR2-D2の2体のドロイドを購入した。R2にはレイアからのオビ=ワン・ケノービへのメッセージが挿入されていた。そのR2メッセージを届けるため単身ラーズを脱走し、翌、追いかけたルークと3POがR2を発見するがサンドピープルの襲撃に遭う。この危機を救ったのがオビ=ワンだった。オビ=ワンルークがジェダイだったことをり、ルークにともに帝国を倒そうと持ちかける。当初は拒否したルークだったが、ラーズ帝国軍に殺されたことを切っ掛けに反乱軍に加わることを決意する。

ハン・ソロチューバッカを雇ってレイアを助けるため惑星「オルデラン」へと向かうルーク達。しかし、オルデランはデス・スターによって木っ端微に破壊されており、ミレニアム・ファルコン号もデス・スター内に捕らえられてしまう。ファルコン号の隠し倉庫で敵部隊をやり過ごし、デス・スター内に潜入することになったルークソロなんとかレイアを救出。しかし、中でオビ=ワンダース・ベイダーに殺される場面を撃してしまう。それを見たルークショックを受けるが、霊体となったオビ=ワンルークに走れと告げ、ルークファルコン号に乗り込み、デス・スターから脱出、反乱同盟軍に加わった。

デス・スター攻防戦「ヤヴィンの戦い」ではXウィングに搭乗、長年の夢をえる。友軍が次々と撃墜される中、ソロの助けとフォースの導きによってプロトン魚雷を直径わずか2mの排熱口に命中させ、デス・スターを破壊することに成功した。

エピソードⅤ 帝国の逆襲

ルークフォースの導きによって忘れられた惑星「ホス」を見つけ出し、反乱同盟軍の基地とする。しかし、この基地もベイダーに見つけられてしまい、帝国軍の大軍が差し向けられてしまう。強シールドで守られたホスに対して、帝国軍は地上軍を送り込み、ホスの戦いが勃発する。ルークはスノースピーダーで帝国軍のAT-ATウォーカー部隊を翻弄し、味方の脱出の時間稼ぎをした後に自らも脱出、オビ=ワン師匠であるというジェダイマスターヨーダが待つという惑星「ダゴバ」へと向かう。

ジャングルに覆われた惑星ダゴバではXウィングを誤って沼の上に着陸させてしまい、発進できなくなってしまう。ヨーダを探すルーク身長1メートルに満たないエイリアンに出会い、翻弄されてしまうが、彼こそが探しめていたジェダイマスターヨーダだった。説教臭く、過酷な修行を課すヨーダに幾度とく反発するが、幻覚で見たダークサイドに堕ちた者の末路やXウィングすら持ち上げるフォースのなどヨーダの実の当たりにしたルークは、ヨーダを偉大なるジェダイマスターと認め、修行に打ち込むようになる。

ソロレイア達の危機を感じたルークヨーダオビ=ワンの制止を振り切り惑星ベスピン」へと急行する。ベスピンの「クラウド・シティ」に着いたルークを待ち受けていたのは仲間ではなくベイダーだった。ベイダーとの一騎打ちとなり、ルークは善戦するものの格の違いを見せ付けられ敗北右手首を切り落とされて、排気シャフトの連絡に追い詰められてしまう。そこでベイダーから、自分こそがルークの実の父親だという衝撃の事実を告げられてしまう。

必死にベイダーの言葉を否定するルークだったが、フォースは情にもそれを事実と告げていた。絶望から絶叫するルークをベイダーはダークサイドに誘惑するが、ルークは死を選び飛び降りてしまう。間一のところで仲間達が駆けつけ救出、事に脱出することに成功する。

エピソードⅥ ジェダイの帰還

クラウドティでの敗北の後、ルークは1年間独自の修行を続け、心身ともにジェダイとして成長していた。ソロを捕らえていたジャバ・ザ・ハットとその一味をジェダイ流の降伏勧告の後に壊滅させ、ソロを救出したルークはダゴバへと向かう。

ダゴバでヨーダの死を看取った後、オビ=ワンからアナキン真実レイアが自分のだということを知らされる。ルーククラウドティでの対決に敗れたルークを殺さず、手を差し伸べて自分の下に来いと言ったベイダーの事を思い返し、にはまだ善の心が残っているのではないかという希望を持ち、運命と戦い暗黒面から救う決意をする。

森林衛星エンドア」の軌上では、帝国軍の新兵器第2デス・スターが建造中で、皇帝がそれを視察するという情報反乱軍にもたらされた。皇帝を倒す絶好の機会と見た反乱軍は第2デス・スター攻撃作戦を実行に移し、反乱軍に帰還したルークを救う決意を胸に秘め、シールド破壊を的とした地上部隊へレイアソロと共に参加する。

ベイダーがすぐ近くにいると感じ取ったルークレイア達にシールド破壊任務を任せ、ベイダーの元へ赴き、第2デス・スターに鎮座する皇帝パルパティーン(ダース・シディアス)と対面する。シスの誘惑を拒絶するルーク皇帝デス・スター破壊・皇帝作戦エンドアの戦い」の真実る。全ては皇帝が仕掛けた周到なであり、反乱軍に勝ちかったのである。苦戦し追い詰められていく仲間達を感じたルーク皇帝の挑発に負け、ついにライトセーバーを手に取り皇帝に襲いかかってしまう。すかさずベイダーもを抜き、再び子の運命の決闘が始まった。

ベイダーを圧倒するルークだったが、希望を捨てずへの説得を繰り返すが、ベイダーは拒絶し戦うよう攻撃を繰り返す。その中でベイダーは自分にが居ること、そのレイアだということをフォースで感じ取る。ベイダーのレイアを人質に取った挑発にブチ切れたルークは怒りにまかせた、ベイダー以上の凄まじい攻撃を見せ、ついにベイダーの右手首を切り落とし戦いに勝利する。ルークが怒りに飲まれたと見た皇帝ルークにベイダーを殺すように言う。かつてアナキンドゥークー伯爵を殺させ、ダークサイドへと近づけさせた手口である。しかし、ルークは切り落としたの腕が自分と同じ機械の義手であったのを撃する。そのルークと自分がいかに似た存在であるのか、そしてもまた悲しい運命の犠牲者であった事に気付く。ルークは自らの精暗黒面に入りかけている事を認知し、しだいに落ち着きを取り戻していく。

ルークライトセーバーを投げ捨て、「自分はジェダイだ、かつてがそうだったように」と宣言。ついにダークサイドした。ルークダークサイドに取り込めないと知った皇帝フォース・ライトニングルークを殺そうとする。自らの息子にジェダイとしての強い意志を見、その息子に助けをめるにベイダーの心は動いた。ライトサイドに帰還したベイダーは皇帝を葬り、シスを滅ぼしフォースのバランスを取り戻した。「クローン戦争」以来続いた銀河の戦乱はこれによって終止符が打たれ、ベイダーはフォースの暗黒面に囚われた「シスの暗卿」から、「偉大なるジェダイ騎士アナキン・スカイウォーカーへと帰還する。

ルークは最期を悟ったアナキンの願いでマスクを取り、最初で最後となる素顔での親子の対面を果たした(霊体を除く)。自らの息子の顔を見れたアナキン満足そうに息を引き取った。ルークの亡骸と共にデス・スターを脱出、直後にデス・スターは大爆発し、反乱同盟軍は大勝利を収めた。

エンドアに到着したルークは悲しみに打ちひしがれながらもの亡骸を火葬した。戦勝会に加わったルークを待っていたのは仲間達の歓迎と霊体となったオビ=ワンヨーダアナキンの姿だった。ようやく勝利を実感したルーク仲間と共に銀河平和が訪れたことに喜ぶのだった。

何故ダークサイドに堕ちなかったのか

ルーク衣装の色はシリーズが進むごとに(EP4)→灰色(EP5)→(EP6)と変わっていく。これはルークが徐々にフォースの暗黒面に近づいていることを暗示しており、アナキンも同様に変わっていっている。また、ルークはEP5右手が義手になり、EP6で右手手袋をはめている。これもアナキンと同じである。しかし、結末は正反対であり、シスに堕ちたアナキンとは違い、ルークは最後までダークサイドに屈せずを救い出すことにも成功した。

奴隷として抑圧されて暮らしてきたアナキンべ、普通農家において善良な養に育てられるという西部劇的で不自由ない環境だった。その為、性格はする人・への執着が強い父親べると温厚で、心が情や憎悪といった負の方向へ進む要素が少なかった。

ルークレイア・オーガナハン・ソロをはじめとする多くの友人・仲間恵まれていた。アナキン閉鎖的なジェダイ騎士団で暮らしてきたため、悩みや心情を吐露出来る仲間があまり居なかった。

アナキンダークサイドに繋がる悩みを抱いていても頼りになる助言はされず、結果ジェダイへの不信感を募らせることになっていた。ルークの場合は父親の轍を踏ませまいとする師の全バックアップ(霊体になってまで)続けられ、ルークを立なジェダイへと導いてくれた。

これらの違いがルークアナキンの命運を分けたのかもしれない。

続3部作(ディズニー3部作)でのルーク

2015年12月開のエピソードフォースの覚醒』から始まる続三部作でも登場する。演者はエピソードに引き続きマーク・ハミル

予告映像ではルークスカイウォーカーの血を引くと思われる何者か(ルーク子供か、あるいはレイア子供か)にスカイウォーカーが受け継いでいるフォースの強さをっている。

エピソードⅦ フォースの覚醒

フォースの覚醒』は一人の戦闘機パイロット行方不明になったルークの捜索をしているところから始まる。

一体何故ルークが姿をくらませたのかは、劇中で他のキャラクターたちによってられる。

それによると、エンドアの戦いの数年後、反乱軍から生まれた新共和銀河帝国相手に勝利をおさめルークはジェダイ騎士団の再建に手を付けた。しかし、ジェダイ騎士団の再建は暗黒面フォースの使い手スノークに誑かされたルーク子のひとり「カイロ・レン」により頓挫する。カイロ・レンによりルーク子たちは皆殺しにされ、ルークはただ一人生き残ったが、カイロ・レンやスノークと戦うことなく、姿を消してしまった。

劇中では行方不明ルークを探して、帝国軍の後継組織「ファースト・オーダー」とそれに対抗すべくレイアが結成した私兵組織「レジスタンス」がルークの隠れ場所への地図を巡って争うのがな流れとなる。

エピソードⅧ 最後のジェダイ

素晴らしい。すべて間違っている」

ルーク・スカイウォーカー

エピソード副題最後のジェダイ』とはすなわちルークの事をすとされ、今作では彼が隠遁するに至った悲惨なエピソードルーク最後の戦いられることになる。

前作ラストで新主人公レイの前に姿を現し、かつて自分が使っていたライトセーバーを手渡されたルーク。しかし、ルークはそのライトセーバーを放り投げ、レイに全く興味を示そうとしなかった。ルークは既にジェダイと言う存在に対して失望しており、新しいジェダイを育てる気など全くなかったのである。

レイのねばりやR2-D2投影した過去レイアの立体映像などをきっかけにルークレイ導を始めるものの、その修行内容はどうにもパッとしない。

何故ならルークはかつて自分の子として育てていたベン・ソロに対して、そのにあるダークサイドの存在を感じ取り、それが発露する前に殺してしまおうとしていたのである。一時の気の迷いとはいえその行動はベンの心に大きな傷を残し、結果的にダークサイドにのめり込むきっかけとなってしまった。そしてエピソード7でられた子の皆殺しへとつながるのである。

そのような経験を経たルークにとってジェダイは、自分も含めて、もはや銀河に不要なものとしか思えなくなり、新しいジェダイを育てることなく自分が死ぬことでジェダイの教えを永遠に銀河から消し去ろうとしていたのである。これらの事情を知ったレイが失望し、仲間を助けるためにルークのもとを立ち去ったのを機にルークはジェダイの教えがかかれたテキストを焼き払おうとするが、本当にこれで良いのかとしてしまう。

その時、霊体のヨーダが現れ、惜しげもなくジェダイテキストを焼き払った。そしてルークへ師としての役割を伝えたことでルークが覚めた。

ルーク絶体絶命危機にあったレイアのもとに駆けつけ、かつての自分のせいでダークサイドに落ちることになったカイロ・レンに対峙する。ヨーダから伝えられた最後の使命を果たすために…。

エピソードⅧのルークの評価について

ベン・ソロを殺そうとしたことについて、賛否両論が飛び交っている。その中でも特に大きいのが、かつて「の中には正しい心が残っている」と信じてヴェイダーを殺そうとしなかったルークが、気の迷いとはいえダークサイドを内包していた甥を殺そうとしたことは矛盾していないかということである。

それ以外の点でも、最終的にレイア危機に駆けつける活躍を見せてくれたものの、それ以外のルークの行動のほとんどは旧三部作でのヒーローから大きくかけ離れた姿であり、見るものを驚愕させた。

エピソードⅨ スカイウォーカーの夜明け

前作ラストフォースと一つになったルークであるが、本作では霊体として登場する。

自らの出自に絶望し、かつてルークが隠遁していたに隠れようとしたレイを叱した。

その際、投げ捨てられたライトセイバーを掴み取り、「ジェダイ武器には敬意を払え」と前作で自分がやった事へのブーメランとなる発言もしているが、そこは前作で更生したと前向きに受け取るべきだろう。

そして、エピソード7で登場したまま放置されていた底のXウィング復活させ、レイに最終決戦場となるへの導きを与えた。また、レイレイアがかつて使っていたライトセイバーを与えている。

レジェンズ(スピンオフ作品)での活躍

エピソード開が決まり、小説に代表されるスピンオフ作品はそのほとんどがレジェンズと呼ばれるパラレルワールド扱いとなった。

しかし、このレジェンズ作品は実に長く展開されており、ルークが登場する作品に限っても全て繋げれば作中時間でエピソードから三十年以上が経過している。ルークが活躍する時代は大まかに「新共和」「ニュー・ジェダイ・オーダー」「レガシー」の三つに分けることができる。

新共和国時代

エピソード6のエンドアの戦いで銀河皇帝を倒し、銀河首都惑星コルサントを奪った反乱軍立した新共和舞台となる。

ルーク帝国の残党との戦いや銀河の各地で起こる戦争に巻き込まれながらも、フォースに恵まれ若者たちを集め新しいジェダイ騎士団を作り上げている。また、復活した銀河皇帝との対決や、古代のシス卿の亡霊と戦ったりとダークサイドとの戦いも続いている。

レイアソロエピソード後、数年で正式に結婚しているが、ルークには長くそのような話はなった。何度か女性といい雰囲気になることはあったのだが、そのたびに死別したりフォース関連で別れる運命になったりとソロレイアが三人の子供恵まれたのと対照的に40近くまで独身を通している。

最終的にルーク結婚相手として選んだのはかつて「皇帝の手」と呼ばれた元皇帝直属の女暗殺者 マラジェイドだった。

ニュー・ジェダイ・オーダー時代

新共和が残存帝国軍と和を結び、銀河平和が戻ったのもつかの間、外宇宙からの侵略ユージャン・ヴォングによって銀河の半分が征され、コルサントも陥落し新共和が崩壊するという動の時代が舞台

ルークフォースを一切感じ取れないユージャン・ヴォングという種族との戦いに巻き込まれていくが、同時にジェダイ戦争の関係について深い悩みも抱えることになる。また、マラとの間に息子ベンスカイウォーカーも生まれ、父親にもなっている。

ユージャン・ヴォングとの戦争は最終的にルークが敵の最高君ムラを倒すことによって終結した。

レガシー時代

ユージャン・ヴォングとの戦争が終結し、新共和と残存帝国軍その他を統合した新政府として銀河自由同盟が結成された時代。しかし、その平和も長くは続かず第二次銀河大戦と呼ばれる大戦争が勃発することになる。

ルークユージャン・ヴォングとの戦いで変質してしまったジェダイ騎士団を再編し"グランドマスター”を名乗るようになる。しかし、第二次銀河大戦が勃発すると甥のジェイセン・ソロダークサイドに転向し、シス卿ダースカイダスを名乗りルークの妻であるマラを殺するという事件が発生してしまう。ルークはこの新たなシス卿に対抗するためにジェダイ連合を組織する。

二次銀河戦後、ジェダイ銀河同盟の関係は悪化。ルークはジェダイの長の座を追われ、息子と共に放浪のに出る。そのの中で失われたシスの部族など新たな発見をし、のちにグランドマスターへと復帰した。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルーク・スカイウォーカー

543 ななしのよっしん
2020/05/01(金) 19:05:02 ID: n9JO0vyS7U
ベンくんはめちゃくちゃ善側に揺れてはいたけど、ハンソロロアサンテッカやルーク子たちやその他多くのレジスタンスを殺してたりして、悪側の振れ幅もハンパないだろ
アナキンだってパドメのことは殺す気なかったし、母親を殺さなかったというただの一点で「全然そんなことない」なんてとても言えねえよ
544 ななしのよっしん
2020/05/06(水) 22:48:09 ID: 0bJjyGvHbT
の誘惑をビンビンに感じまくってたけどねベン
一体何に感じたのか忘れたけど、「ほんまにコイツ救いようがないほど堕ちてんのか」感はあった
545 ななしのよっしん
2020/05/06(水) 23:13:30 ID: jpbJdAqIxG
ぽんこつベン君はライトダークうんぬんより、情緒不安定かつ万事うっかり
人間性の問題でどっち向いてんのか自分でもわからなくなってるような
546 ななしのよっしん
2020/05/07(木) 22:58:41 ID: YxKGwzJNh+
>>541>>542
また「ベン子を皆殺しにするのを未来で見た」から「するものを守ろうとした」に都合よく話捻じ曲げるなぁ…
>なあ、君はマジで6でベイダーにブチ切れたシーンに対してどう思っとるの?
何度も言わせてもらうけど「の前でを交えているベイダーにの身を脅かされた」っていう大前提にべて「スノークのせいで手遅れだと思った(推測)」があんまりにもフワフワ過ぎるんだよ
「殺しかけたけどった」という一点しか一致してないのに「ホラ同じじゃないか」って言われても全然違うだろとしか言えない

>3時点のアナキンとは同列に扱えないけど、6時点のベイダーはめちゃめちゃ善よりにいる(というか最終的に戻ってきた)から同列に扱えるだろ
3のアナキンこそパドメとオビワンに裏切られた(と思い込んだショックで)ダークサイドを全然発揮できずにオビワンに負けたシスの半端もんだぞ
衝動的に暴走してるだけで闇の深さはベイダー時代の頃の方がはるかに上で、だから4以降のベイダーは生身時代
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
547 ななしのよっしん
2020/05/07(木) 23:07:54 ID: YxKGwzJNh+
>>542
いや、だから5で痛いに遭ってもう6で未来予知しなくなったのになんでまた未来予知してんの?ってだけだよ
別に「最後まで父親を信じ続けた」とはその部分は繋がってないし矛盾もしてないよ
ただ単に最後まで親を信じることもなくやってはいけない未来予知で最悪の結果を招いたっていう全く別の問題を同時に発生させただけで

>>543
時系列バラバラになってる
子やレジスタンスを殺すようになったのも、ルークのせいでダークサイドに突き落とされたからだよ
逆に言えばベンくんが抱えてる闇ってダークサイドに突き落とされてからもの誘惑でブレブレな程度のものなわけで
そのダークサイドに突き落とされる前のベンくんに対してなんで「もう手遅れだと思った(ベイダー以上に救いようがない)」だなんて思ったの?って話をしてるのよ
548 ななしのよっしん
2020/05/08(金) 09:52:13 ID: 0bJjyGvHbT
>>547
ノークに誘惑されてただの、ヴェイダーに憧れていただのと言われていたけど、具体的な様子もなくただ親の供述だけでは説得に欠けますよね。「心の中に闇を感じた」ってのも殺人未遂犯の供述だけだし
ノークの誘惑も、ベン君が突っぱねたのかそうでないのかで話は変わってくる

ベン君の闇墜ちって、への渇望とか暴力いいぞ的な危うさから来てるんじゃなくて、自分を見捨てたライトサイドルークから遠ざかろうとした結果にしか見えなくて、じゃあルークが余計な事しなければ闇墜ちしなかったんじゃないのとしか思えない。
ほっといても闇墜ちしたけど、その最後の一押しをルークがしてしまった感がない。
549 削除しました
削除しました ID: utezFJrfnf
削除しました
550 ななしのよっしん
2020/06/06(土) 18:12:15 ID: B92Qj6/iCi
結局の所なろうの最底辺作家と同レベルの「新キャラを活躍させる為に過去キャラ無能にする」の犠牲になっただけよな。ハリウッドですらなろう最底辺ゴミと同レベルの作劇が横行するとかほんともうね
551 ななしのよっしん
2020/07/11(土) 11:36:36 ID: VGDdNgks9n
正直EP8はディズニーライアンジョンソン自己満足二次創作だわ
演者もファン馬鹿にしてるとしか思えない
552 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 13:23:26 ID: K1hLYn/7mq
ライアンのやろうとしてたことは分かるし、面い試みだと思う
ただあまりにも演出やらなんやらが下手くそすぎるのでEP8はです

急上昇ワード

2020/08/13(木)09時更新

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生