ルーラーシップ単語

ルーラーシップ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ルーラーシップとは、2007年産の日本の元競走馬・種である。
名は「統治者の支配権」などの意味を持つ、若干偉そうな感じ。 

オセロお坊ちゃま

最強大王の異名を取るキングカメハメハ90年代最強の女傑エアグルーヴトニービンという超絶良血
としてはこれ以上を用意するならディープインパクトアグネスタキオンあたりに差し替えるしかない…と思う。
一口クラブサンデーレーシングに卸されたのだが、一口450万×40口の総額1億8000万で募集された。パネェ

2009年12月有馬記念の裏開催の阪神デビュー。3身半差を付け圧勝。次走は年明けの若駒ステークスへ。
このレースディープインパクトの圧勝以来、なんかクラシック登竜門的性質をさらに強めていたため彼も人気になったのだが
モタモタした隙にヒルダムールが全に抜け出し、追い込みも及ばず2着に敗退。この、一歩の飛びが大きく直線で何の妨もなく走ると驚くほど伸びるのだが
そのかわりコーナーワークなど細かい事がやや不得手という弱点があった。この弱点はこの後も彼を苛むことになる。
その後、条件戦を圧勝し毎日杯に挑むがまたもたついて伸び切れず5着。ダービー出走をかけたプリンパルステークスでは一転しスカッと伸び4ぶっちぎり圧勝。
しかし本番のダービーではクソスローからの究極の上がり勝負となってしまい、一のキレより長く確実に伸びる性質が強い彼の末脚では分が悪かったか5着。
その後、体調を立て直すのに時間がかかり、なかなか復帰できずにいたが鳴尾記念でようやく復帰。一番人気ヒルダムールを完封し重賞初勝利を遂げ
意気揚々と有馬記念へ向かったが6着に敗れてしまう。…ここまでで気づいたかもしれないが、彼の戦績は勝って負けて勝って負けてが綺麗に繰り返されているのである。
馬券買う立場からすると、なかなかにありがたいなのかもしれない。 

強いんだか弱いんだか

さて、有馬記念後は日経杯に向かうとローズキングダム牙にもかけない快な走りで重賞2勝マーク
めてドバイ遠征を敢行、シーマクラシックへ出走したが6着敗。不器用
後、宝塚記念を大標に据え金鯱賞へ出走。ここではまさかのスタート出遅れをぶちかまし、さらに不良馬場で逃げがまんまとマイペースで逃げ切る態勢だったところに
大外から凄まじい末脚で強襲し、見事差し切り勝ち。不良馬場でこの追い込み驚愕以外の何物でもなかった。
そのため宝塚記念では打倒ブエナビスタ一番手として二番人気となったが、今回は負ける番であり5着。
天皇賞(秋)ぶっつけからスタートする予定だったが、の不安で結局有馬記念まで自重。その有馬記念では最速の上がりで突っ込むが4着に敗れ、これで綺麗な勝ち負けのリズムが崩れた…と皆が思った。

2012年アメリカジョッキークラブカップから始動。不良馬場も物ともしない、飛びの大きさとパワーを両立させた脚で圧勝。
日経賞でも一番人気に推されたが、勝ち負けのリズム全に崩れていなかったかネコパンチにゃー!と逃げ切られ3着。
ここで天皇賞(春)から香港クイーンエリザベスカップ標をスイッチ香港遠征。このレースではスローペースを巧みに先行し直線に入ると後続をグングン突き放し4身差圧勝。
2003年エイシンプレストンが連覇を決めて以来の日本による戴冠を成し遂げたのであった。
勝ち負けのリズムから考えれば当然の帰結であったが、常識的に考えればなかなかやれない海外でのGⅠ初制覇をしれっとやってのけた。
やっぱり、このは大器である…と思う。そして、宝塚記念オルフェーヴル打倒をし出走。僅差の二番人気に推されるが痛恨の出遅れ。 
しかし立て直し前々に付け、馬場の良い外から末脚を伸ばすが…荒れた最内から尋常ならざる末脚で突き抜けたオルフェーヴルの前に敗した。
ただ、出遅れたにも関わらず3着ショウナンマイティ以下は切り捨てており、一流は示した。 
相手が腐っても三冠を取った金髪に相応しい怪物だっただけである。相手が悪いよ相手が!

天皇賞(秋)に直行。ローテが嫌われたのか、フェノーメノがやたら人気していたせいか、上が前週右肩脱臼し、余計買えない騎手になったことが影したか二番人気となった。
そしてレースではいっきり出遅れ。 最速の末脚で追い上げるが、最内を最速タイの末脚で断ち割ったエイシンフラッシュ、前でしぶとく立ち回ったフェノーメノに遅れた三着に敗れた。
しかし、下の不コース府中2000で出遅れ、大外を回って直線ゴボウ抜きした様は実の高さを伺わせるものであった。
次走はジャパンカップ。例によって出遅れる。いい加減スタート練習したほうがいいんじゃないかな
直線猛に追い上げたものの、はるか前で色のアイツとうら若き乙女によるどつきあいを傍観するしかなかった。またも三着。ミホシンザン先輩がそっち見てるぞ。
ジャパンカップ後は有馬記念へ。極限の仕上げ、念入りにスタート練習をして迎えた一戦は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うん、もうなんかるに落ちるレベルスタートだったので言及しません。動画を見てください。笑っちゃいます。
それでも直線脚を全開にしたが、彼以上のな末脚を二回仕掛けで引き出したゴールドシップが突き抜けるのを傍観する3着に終わった。ミホシンザン先輩が肩をいているぞ。
こうして、ミホシンザン以来のGⅠオール3着という記録は達成されたのだった。しかも3戦連続大出遅れのおまけ付きであった…
なにはともあれ、出遅れても3着には突っ込んでくる辺りの高さは見せつけた、と言える。出遅れ芸を見せてスリリングなレースを演出する?あたりエンターティナーとしても一流である。単勝や三連単馬単の軸にした方からしたらたまったもんじゃないが。

2012年シーズンをもって引退。結局、日本ではその余りある才気を十全に発揮することはわなかった。
しかし、サンデーサイレンスを持たない中では間違いなく最高レベルの良血といえる存在であり、種としての引き合いは生まれた間から約束されていたような存在である。
ましてこうも素晴らしい実績を残したとなれば、種としても成功の可性は高いと言えよう。こういう時に悪癖ばっかり引き継がれて看倒れになるのが産なのだが。
強いていうならば、偉大なキングカメハメハと思いっきりバッティングすることが大きな不安と言えなくもない…と思われたが、キンカメは高齢やこれまでの酷使が祟ったか種付け数を絞る事になったため人気ルーラーに集中。
通常なら一番むと言われる種生活三年2016年にはなんと280に種付けを行った。体調持つのかなこれ…
産駒の出来は一年からずっと評判もよく、2016年デビューした産駒も次々と勝ち上がり、見事新種リーディングを獲得。しかし重賞は一向に現れずファンが不思議がってたところ、不良馬場菊花賞キセキが快勝。産駒初重賞制覇をクラシックで達成した。2年の産駒からも阪神JF2着のリリーノーブルなどが出ており、順調に足場を築いている。まあ、後ろから同ロードカナロアとかがすごい勢いで追いかけてるし油断はできないが。2019年にはキングカメハメハ死亡したので、後継種の1頭としてますます期待がかかっている。

産駒は総じて成長があり、種リーディングでは2017年に12位2018年に8位、2019年に(2019年11月12日現在)5位と順調に成績を伸ばしている。2019年には産駒のメールドグラースオーストラリアG1のコーフィールドカップを制した。

血統表

キングカメハメハ
2001 鹿
Kingmambo
1990 鹿
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファ
1991 鹿
*ラストタイクー *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
エアグルーヴ
1993 鹿
FNo.8-f
*トニービン
1983 鹿
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ダイナカール
1989 鹿
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
シャダイフェザー *ガーサント
*パロクサイド

この血統の特徴はなによりサンデーサイレンスの血が入っていないことである。つまりはサンデー系のと近親交配になりにくいという強みがある。それを言ったらロードカナロアもそうなのだが

主な産駒

2014年産
2015年産
2016年産

関連動画

最近のなので、他にも色々動画あるんで新戦などはタグで辿ってください。

関連商品

ルーラーシップに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルーラーシップ

42 削除しました
削除しました ID: QrQc+rmJy+
削除しました
43 削除しました
削除しました ID: vkm9fnTnrJ
削除しました
44 削除しました
削除しました ID: 6RxszTdrRk
削除しました
45 ななしのよっしん
2018/07/18(水) 17:49:03 ID: atTTu/50D3
場はよく勝つが
重賞レベルレースとなると通用しない産駒が多い
46 ななしのよっしん
2018/10/21(日) 17:22:09 ID: GPAjAy06h8
産駒はアベレージなのかな
親のキングカメハメハの産駒もそういう傾向あるからね
47 ななしのよっしん
2018/10/30(火) 18:10:34 ID: GPAjAy06h8
ダンビュライト覚醒したっぽいな
48 ななしのよっしん
2018/11/26(月) 00:06:06 ID: rIoCCon61s
>>後ろからすごい勢いでロードカナロアが追いかけているし油断できないが

産駒のキセキがまさにアーモンドアイに後ろから差されましたね。
49 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 10:05:04 ID: 3e7ii1zh9+
ルーラーシップが立ち上がって大きく出遅れた2012年有馬記念の勝ちゴールドシップ2015年宝塚記念で立ち上がるの何か運命を感じる
50 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 00:39:07 ID: W9kcFg6yKM
気づけば初年度がのように重賞を勝ちまくっている
今年は重賞を9勝して、リーディングは5位
来年も種付け料が上がるだろう
51 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 22:25:02 ID: 3e7ii1zh9+
メールドグラースコーフィールドカップG1)を勝ってキセキ(競走馬)以来の産駒のG1勝ちをもたらしてくれたな