ルールオブローズ単語

ルールオブローズ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

ルールオブローズ(RULE of ROSE)とは、2006年1月19日ソニー・コンピュータエンタテインメントからプレイステーション2アドベンチャーゲームとして発売されたゲームである。15歳以上推奨。

概要

舞台1930年のイギリス、大飛行船時代の幕開けを感じられる年である。ある町の子どもたちには不思議な噂話が広まっていた。

夕暮れ公園は危ないよ。ノライヌに食べられてしまうんだ!
食べられた人たちは飛ぶ飛行船に閉じ込められて一生出られないんだ!」

ある日、ジェニファーはバスに同乗していた少年から「絵本を読んで」とせがまれるが、その絵本には“何も”描かれていなかった。困惑するジェニファーに不気味な笑みを返し、少年は古びた孤児院のある停留所で降りていく。後を追いかけると、そこは「赤いクレヨン貴族」に支配されている狂気に満ちた世界だった。

姿の見えない少年の笑いや、子供たち(貴族)によって決められた独自の階級制度と「掟」に振り回されながら、下層階級のジェニファーは、貴族が一堂に会する《社交界》に貢物を贈呈しなくては殺されてしまうため、閉じ込められた飛行船内を探索する。
中で出会ったブラウンとともに、残酷で陰湿で悪意、醜くも切ない貴族ごっこは始められた。

お話の、はじまりはじまり。

企画は、制作会社パンチライングラフィックは、白組(『鬼武者』『GENJI』など)が担当。独特の世界観や音楽は、内外を問わず人気がある。現在は、正規の価格での入手が非常に困難である。

基本的には「アイテムや人物を探してアイテムを入手し、依頼に渡す」お使いゲームで、その中で探索パート戦闘パートに分かれている。戦闘では探索中に見つけた武器で応戦することができ、2週以降にはオマケのアイテムが入手できる。
冒頭から後半への伏線が多くはられているため、1週で断片的にストーリーを見て、2週で複雑に入り混じったストーリーを解読することができる。1週ですべてを理解するには難しいのも特徴である。
また、シナリオには子供による暴力グロテスクシーン同性愛や近親姦をめかす表現があるため、プレイヤーは不快な思いをする可性がある。海外ではシナリオ戦闘時の暴力表現について批判が相次いだ。

登場人物

ジェニファー(Jennifer)
本作の主人公。19歳。不幸非力で気弱な女性で、階級は「さみいびりっけつ(beggar)」。少年を追ってしまったがために「ごっこ遊び」に巻き込まれてしまう。貴族の要むうちに、ある「約束」をした過去思い出してゆく。
ダイアナ(Diana)
肩書きは「こうしゃくふじん(Duchess)」。“赤いクレヨン貴族”の代表格で、勝気で自分勝手で傲慢なスケバン少女。右足に包帯をしている。
メグMeg
常にノートを手にしている優等生タイプ眼鏡っ娘。肩書きは「だんしゃくふじん(Baroness)」で、ダイアナに付き従い、異常なまでに慕っている。
アマンダ(Amanda
シンが好きな太った少女で、肩書きは「ひんみん(Poor)」。冒頭ムービーで口を塗りたくる姿が印的である。同じ下層階級扱いだが自分の方が優位と思っており、執拗にジェニファーに絡んでくる。
ブラウンBrown
ジェニファーが迷い込んだ世界での一の味方であり、友人ジェニファーが別の場所で拾った首輪の持ちで、名前が“BROWNブラウン)”と記されていた。嗅覚で探し物を追跡し、ジェニファーのピンチには体をって応戦してくれる頼もしい相棒である。
レノア(Elenor)
ショートカット無口少女で、肩書きは「はくしゃくふじん(Countess)」。無口で何を考えているか分からない、冷めた印を与える少女空っぽかごを大事そうに持っている。
ウェンディー(Wendy
病弱少女。他の子供たちと違い、ジェニファーに友好的に接してくる。

関連動画

実況プレイ動画

その他

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルールオブローズ

59 ななしのよっしん
2016/01/12(火) 01:12:10 ID: OaP8yQKInR
DEMENTOと似た感じかと思ってたら全然違うな
トゥルーエンドも「過去や因縁を振り切り、二人で自由になった」フィオナヒューイ、「過去に縛られ、束縛する・されるの関係になった」ジェニファーとブラウンでは正反対だし
60 ななしのよっしん
2016/05/22(日) 21:44:59 ID: 76FSiNDwAK
日本語ルールオブローズウィキ(http://rorwkjp.seesaa.net/exit)ができたみたい。
どうでもいいことだが本作が1954年小説の王』と類似性があるとか
名前だけ出ていた駐在所の警官アントニー・ドゥリトルが孤児院での虐殺事件の後、ジェニファーを発見して保護したとかあげくにはその保護した子供飛行船事故でも一の生存者だと大きく報じられため、孤児院での虐殺事件は注されずに忘れられるとか本編ではられない裏設定があったな・・・
61 ななしのよっしん
2016/12/30(金) 14:58:56 ID: QfcxDWT8uB
発売10周年サントラ発売おめでとう
ブックレット欲しかったから、CDじゃないのは残念だけど
攻略本とか設定資料集も欲しい
62 ななしのよっしん
2017/07/30(日) 22:40:21 ID: BBjS/Ff2lT
発売から9年経って再生産され、
10年サントラが配信され…
あの独特の世界観は未だに根強いファンを離さないね。
63 ななしのよっしん
2018/10/14(日) 01:59:28 ID: BBjS/Ff2lT
ニンテンドースイッチの新作「black bird」の
プロモーションたまたま見たところ…
むかしむかし あるところに可哀想な女の子がおりました」
「しあわせのとりさんがうまれたよ」
「みんなのいのちをたべにくるよ…」
ルールオブローズ!?
と思ったら案の定、木村氏の制作だった。
ダークファンタジーゾーンみたいなSTGだけど、お布施と思って買います。
64 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 17:47:58 ID: iKKjvdd0Gq
>>63
うお、同じディレクターさんによるものだったのか。スタッフとか全然調べてなかったから知らんかった。Thx.

このゲーム、ほんとにいい曲いだが、聴いていると本編思い出して心が重くなってしまうんだよね。
65 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 10:53:01 ID: mjaXOpkLsA
biimシステム動画見て懐かしいタイトルだなぁと思ってたら
今じゃ入手困難になってるのか、まー何と言うか放っとけない作品ではある
66 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 01:43:07 ID: cAlikY5PsT
再販のおかげで価格はそこまででもくなったけど
そもそもPS2で遊ぶのが敷居が高い
67 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 17:11:43 ID: +hwmYvPHx1
これほど「戦闘いる?」なゲームしい
68 ななしのよっしん
2020/11/05(木) 23:37:26 ID: eUp43oG0EL
>>66
今じゃまた高騰して中古ですら15,000円~20,000円だ
海外でも最低200ドルから取引されてるし敷居は以前より高くなったな
再生産分もそこまで数を出していなかったのかもね

おすすめトレンド