レイズタイガー単語

レイズタイガー

レイズタイガーとは、『ZOIDSシリーズに登場したトラ高速格闘戦用ゾイドである。

キットは蓄塗料と発クリアチューブにより機体そのものが発する。

機体解説

レイズタイガー
RAYSE TIGER
基本情報
RZ-075
所属 ZOITEC社
モチーフ トラ
スペック
全長 20.5 m
全高 7.56 m
全幅 不明
重量 87 t
最高速 280 km/h
武装
ゾイドテンプレート

レイズタイガー

東方大陸ゾイド兵器開発企業であるZOITEC社がZiファイターの間で噂される伝説の3大古代ゾイドコアの一つである“コア”から生み出したトラ格闘戦用ゾイド

RZ-73ワイツタイガーの最大の欠点であった制御機の自壊という問題に対し、機体全体に放熱チューブを通してそこから余剰エネルギーを循環放出してその有り余る出を抑える事によってこの最大の問題のクリアに成功したのである。

それによりレイズタイガーはその性フルに引き出して超絶的な戦闘を発揮出来るようになり、特に格闘においてはほぼこのクラスゾイドの中でトップクラスの実を有しているが、意外に火器も豊富で、レーザーショックカノンなどの射撃武器も一通えてある。

必殺技エネルギーを増幅して牙に充填、敵に噛みついてそのエネルギーを敵内部に送り込み、中から敵機の機を破壊する“エクスプロードバイト”で、その威はRZ-1ゴジュラスやEZ-15アイアンコングなどの大クラスゾイドはおろかEZ-21デスザウラーといったゾイドにも致命的ダメージを与えられるほどである。

また、全身にはかつてRZ-40凱龍輝にも搭載された“集システム”を導入し、敵のビームレーザーといった学攻撃を全に効化して自身の得意な格闘戦に持ち込む事が出来る。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2230年ロールアウト。ZOITEC社がどこからか手に入れた伝説古代ゾイドの一つ“コア”からワイツタイガーの問題点を踏まえて開発された。

ライバル企業のZi-ARMS社に攫われたZOITEC社長の救出のため、Zi-ARMS社の実験場に殴りこむが、そこには同じ古代虎のゾイドコアから生み出されたブラストルタイガーが居り、2機はしく突する事になった。

ブラストルタイガーとの戦いの中で万全だったはずのレイズタイガーの制御システムが融解してしまい、さらにレイズタイガーをも捕獲しようとZi-ARMS社はメガデスウラーを繰り出し、そこにようやく戦線復帰したワイツタイガーも加わっての大乱戦が勃発するが、すると3機のトラゾイドコアが共鳴を始めた事によりレイズタイガーもまた制御不能に陥ってメガデスウラーを攻撃、ブラストルタイガーの開けた装甲のにエクスプロードバイト叩きこんで撃破した。

最後は他の2機もろともホエールキング爆発に巻き込まれて行方不明となってしまった。

アニメ

ゾイドジェネシス』に登場。
ただし、こちらも仕様変更品であるソウルタイガーとしての登場になっている。

ジェネシス』では元凄腕のゾイド乗りだったセイジュウロウの乗機。

セイジュウロウルージの師匠的存在として一行に加わったためソウルタイガーも彼らの戦となり、ディガルド軍との戦いにおいてもその凄まじい機動性をもって活躍した。

さらに中盤では強化パーツであるソウルブースターを装備する事により、そのスピードに磨きが掛かり文字通りにも留まらぬ速度で並み居る敵の群れを殺して行った。

しかし、最終決戦では自慢のスピードバイオティラノには通用せず、あっさりと捕獲されてゾイドコアを潰され、機停止に追い込まれてしまった。

主な機体バリエーション

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レイズタイガー

1 ななしのよっしん
2012/05/04(金) 21:46:44 ID: LN8Ng3V7Jt
エクスプロードバイトって地味に大きい方のジークラグナレクファングと同じ原理だよな…
これでも死なないのが古代ゾイドか…
2 ななしのよっしん
2012/11/11(日) 17:14:42 ID: DUiknt5Odh
ゾイドVSじゃストーリーモードで最初から使えパーツを付ければ飛行可EX技で荷電粒子砲があったりと強ゾイドだった。
3 ななしのよっしん
2018/01/28(日) 09:37:33 ID: 3ZgSMf6NTU
とあるサイトにて「レーザーネストは、疑似荷電粒子砲としても使用可」と書いてあったけど公式の文献やゲームとかでそういう記述や描写ってあったっけ?