レイピア単語

レイピア
2.4千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

レイピアとは、

  1. 16~17世紀頃のヨーロッパで護身用いは決闘用に用いられた、細身で先端の鋭くった刺突用の片手剣
  2. 英国BAC社の開発した短距離ミサイル、及びそのシステムフォークランド紛争において実戦投入された。
  3. アメリカ空軍の試作戦闘機、XF-108。B-70(XB-70)の護衛戦闘機としての性が要されていた。
  4. ガンダムシリーズモビルスーツレイピア」。(ΖレイピアⅠ、開発コードηガンダム。)
  5. ACECOMBAT04に登場する友軍機コールサインAAは(r)r

本項では1.紹介する。

概要

基本的には幅2.5cm以内、全長1.3m前後の細身の身を持ち、両である。その身は1mをえるほど長大で、大両手に迫るほど。
しばしばフェンシングで用いられるフルーレと混同されるが、フルーレはスモールソードの練習であり、を落とし軽量化されている。

これに対しレイピアは突くだけでなく、断ち切りにも使用でき、又、重量も1.0kg~1.3kg程度と見たより重い貧弱そうに見えるが根本周辺は頑丈にできており、大両手の一撃に耐えられる分の強度があったという

ただし上記は標準形であり、時代の変遷の過程で、木の葉、身幅の広いワイドレイピア、片のついていない純な刺突など、身幅、全長、重量、使用方の異なる様々なものが作られている。

歴史と背景

レイピアのは15世紀中期にフランスで誕生したエペ・ラピエルと呼ばれる刺突用のとされている。
後にスペインに渡り発展(エスパダ・ロペラ)、イタリア経由でフランスに戻り、17世紀初頭に普及。ヨーロパに広く流行した。

この時代は銃器の発達に伴い、れていった時期であり、による攻防技術が発達した時期でもある。
ただし戦場においてはブロードソードサーベル等が使われており、レイピアは中での護身、いは決闘のためのとして扱わる事が多かった(戦場で使われた例としては1565年のマルタ包囲戦など)。

17世紀中頃になると、より日常生活においてかさばらない小(全長60~70cm、重量500~700g)のスモールソードが後継となり、装身具としての意味合いが高くなり、装飾も麗なものとなっていった。

現在ではスモールソードの練習であるフルーレ、及び、18世紀後半に入り帯の習慣がくなって後、決闘に用いられたエペが、フェンシングの競技に残っている。

扱い

一般的には相手の攻撃を受け流すためのパリイングダガー(名のマンゴーシュで有名)と対で使用された。

レイピアは片手剣としては身が長大であるがゆえに鈍重であり、一度を交えた場合、相手のと絡まりやすく、、刺突双方において取り扱いの難しい武器である。
その為、が絡まることを防ぐため、相手の攻撃はなるべく受け流すことが重視されていた。また、レイピアの特徴でもある複雑な柄は、護拳以外にも相手のを絡め取るなどの的に使用されていた。

尚、しばしば類似性を摘されるエストックは戦場において、敵の甲冑の継ぎを保護するチェインメイルを刺し貫くために開発されたもので、構造も扱いも異なる。
エストックを細くしてレイピアが誕生したなどの直接的な連続性も認められていない。

派生各種の解説

┏━━━━━┓
┃ レイピア    ┃
┗━━┳━━┛
      ┃        ┏━━━━━━━┓
      ┣━━━━┫   ショートソード   ┃
      ┃        ┗━━━┳━━━┛
      ┃                ┃        ┏━━━━━┓
      ┃                ┗━━━━┫ フルーレ ┃
      ┃                    ┗━━━━━┛
  ┏━┻━┓
  ┃   エペ  ┃
  ┗━━━┛

--------------------------------------------------

┏━━━━━━┓
┃  エストック    ┃
┗━━━━━━┛


┏━━━━━┓
┃   サーベル   ┃
┗━━━━━┛

レイピア
(エペ・ラピエルエスパダ・ロペラ、ストリッシャ、レイピア等)
に軽装やでの戦闘的とした片手剣
の登場による軽装化→による、や肌の露出部を狙った剣術武器という構図から日本で言う所の、江戸時代以降の打ち遇が近いと言う人もいる。
登場作品:アラトリステ?
モールソード
護身、決闘、装身具としての側面が強化されたもの
フルーレ
フェンシングで有名。レイピアと言われて大抵の人が想像する、細くて凄くしなる針みたいなやつはこっち。
モールソードの練習で、近代西洋剣術の基礎がみっちり入っている。文字通り練習に最良の
蛇足。伝統的フェンシングではフルーレではなく、木が使われる場合もある。
登場作品:シュヴァリエ
エペ
エペ・ラピエルから生した、決闘用の。位置づけは、スモールソードに近い。
には刺さらないが、フェンシングの防具くらいなら、浅くではあるが刺さる。
登場作品:ベルサイユのばら
の瞳はもう君の姿を見る事ができない。愛している…オスカル
・よく勘違いされるやつら
エストック
突きが体のという事で、戚扱いされるが全くの別物。
相手をごとでぶった切るのは、日本でもそうだった様に、かなりの無理ゲー
そこで、の隙間を埋めるチェインメイルなら、突き破ってぶっ刺せるんじゃね?という発想で出来た武器
サーベル
またはサーブル
同じ近代西洋剣術(フェンシング)によって運用され、また同時代に活躍した武器だが、レイピアとは全く別の血筋で切り裂き用の曲の系譜の武器
蛇足独立戦争ナポレオン戦争第一次世界大戦と、レイピア(の子孫)やサーベルによる騎兵突撃が行なわれたが、軍配は直(レイピアの血筋)ではなくサーベルにあがった。

関連動画

※レイピア、スモールソード、フルーレ、エペ混合、順不同。

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%94%E3%82%A2
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レイピア

32 ななしのよっしん
2020/05/22(金) 20:17:19 ID: ehW7MlR61d
片腕を伸ばして突きを出すっていうのが、を持たない素肌剣術だと一番効率的らしいね。
33 ななしのよっしん
2020/10/28(水) 23:46:22 ID: SOCeEDAIel
厨二だけど薄着だと日本刀とどっちが強いのだろ
日本刀を受け止められるんかな
34 ななしのよっしん
2020/11/01(日) 19:51:26 ID: JqCjW6Ld5F
つべで探すとカタナVSレイピアスパ動画は結構あるけど、両手持ちのの一撃をしっかり受け止めてるのはあんまりいね
どっちかというといて軌を逸してる

パワースピードで負けるから退きながら隙見て長いで突き入れる感じ
戦績は割と五分五分
35 ななしのよっしん
2021/02/27(土) 02:34:56 ID: x3pgJE6RtT
素肌ルールで間合いの維持できればレイピアは両手ロングソードとカタナに対して有利を取りやすい。有利間合いが長いから。
その間合いを維持する感覚は独特で、レイピア経験者とそうでない人の差がしい。
しかし決闘特化の設計は伊達ではなく、ユーザーレイピアと嵌めたら非常に厄介
36 ななしのよっしん
2021/10/08(金) 18:34:13 ID: 4gxqjm/g63
決闘の結果はさておき
耐久性だけなら、江戸期の較的軽量に作られた打刀相手でも、レイピアでは間合いの優位性が保てなくなる根本以外ではマトモに受け止められないだろう。(何これブロソ? てなるような明期のガッシリしてるものなら

重さが同じくらいと言うが、レイピアは持ち手部分にも金属が多く使われているからであって、身の重さだけなら普通日本刀のほうが重い
(まぁ、類の頑丈性は鍛冶屋の腕が最も大きく出る所でもあるので、見たはゴツいのに簡単にポッキリ逝くものは論、逆に見た貧相なのに並外れて頑丈という代物も良くあるが。流石にキリがない)
37 ななしのよっしん
2021/10/08(金) 19:28:38 ID: Fcqbp5ye8A
つまりレイピアチク野郎は炎の打刀でバクスタ取れってこと?
38 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 17:00:45 ID: 7FtmLHZCvo
真剣勝負なのに片手武器一本しか持たないから映画とかだと単調になるよなあ
日本刀みたいに両手で振るってないから威の有る攻撃に説得を持たせられない
左手も使えば良いのに
パリングダガーなり投げナイフなり
39 ななしのよっしん
2021/12/30(木) 16:12:07 ID: WgjZfv35kC
敵前で仁王立ちになって投影面積を増やすとかアホじゃねーのってことだよ
40 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 17:53:12 ID: ZfwUqSxogh
突き攻撃は撃よりも殺傷が高いから片手でも問題ない
41 ななしのよっしん
2022/03/26(土) 10:41:45 ID: eSpsp4Q2If
>>30
ハーロック重力サーベルみたいで格好良い

急上昇ワード改