レオナルド(サガスカ)単語

レオナルド

「この人はアイ・ハヌムへ行こうとしてた。それをに託した。だから、が代わりに探す。」

レオナルドとは、ゲームサガ スカーレット グレイス』に登場するキャラクターである。今作の主人公の一人。

CV:内田雄馬

概要

巡礼地として有名なヤクサルト辺州に住む青年

昔は周りの大人でさえ手に負えない有名なヤンキーであり、口よりも先に手が出るタイプ。が、農家だった祖の死期を予見し、数年前に突然跡を継いで農作業に勤しむようになった。周りはこの変わり様に戸惑いを隠せなかったとか。昔の仲間こき使って農作業の手伝いをさせているが、本質は非常に仲間思いの青年であり、仲間を決して裏切ったりはせず、周りからの信頼も厚い。

「いい加減大人にならないとな」が口癖。基本的には淡々とした口調で話すが、突拍子もないことを言い出したり、で独自な理論も多く、周囲の人間レオナルドに終始振り回されている。

見た論、戦闘中勝利ポーズストーリー中の言動も明らかヤンキーなのだが、変に仕事をするようになったせいか、行く先々で土地環境をやたらと気にする農業バカである。(下記参照)

生まれたときに「緋の欠片」を握りしめていたという出生秘話があるが、本人は全く信じていなかった。これが運命の引き金になったのか、それともの導きなのか、ある転機によってレオナルド物語は始まることとなる…。

パートナーは、幼馴染であり、ヤクサルト辺州で商業を営むアダムエリザベート(通称『リサ』)。柄の関係上、結婚へのプレッシャーをかけられていた傍ら、突然レオナルドに出ると知り、いてもたってもいられなくなったエリザベートはレオナルドと一緒に外の世界に飛び出すことになる。しかし、レオナルドは今まで一度もヤクサルト辺州から出たことがなく、(ヤンキーは地元を出たがらない)そんなレオナルドエリザベートは呆れている。ちなみに女性メンバーが新たに加入すると、エリザベートは露に不満な態度を取る。

ストーリー

仕事を終え、帰路につこうとするレオナルド。すると突然の前に妙な格好をした女が現れ、「アイ・ハヌムへ…『緋の欠片』を…沈めて…」と言い残して倒れてしまう。急いでドクの診療所に運ぶも、意識は回復しなかった。するとレオナルドは祖から受け継いだ農園をアダムスに貸しての資を確保し、この女の代わりにアイ・ハヌムに緋の欠片を沈めに行くとドクに言い放つ。そこに大きな理由はく、ただ単に「この人に石を託された。だからが代わりにやるだけだ。」とレオナルドアイ・ハヌムなどおとぎ話のような場所が本当に存在するのかと周りに言われるも、意志の硬いレオナルド立とうとする…。

レオナルド編は、他の主人公と違ってシナリオ間の区切りが一切い。緋の欠片編がメインシナリオだが、レオナルド編のサーシャは他の主人公で緋の欠片編を進行する時と立ち位置が大幅に異なり、に同行することもない。また、他主人公時は緋の欠片を収集して破壊することが的だが、レオナルド編の場合はサーシャから託された緋の欠片アイ・ハヌムへ沈めることが的であるため、極端な話、各州で緋の欠片を一つも収集しなくともクリアできる。

進行上必須のイベントは極わずかであり、それさえクリアすれば全世界を歩いて回ることができる。(ただし期間限定イベントが一部存在する。)その自由度はサガフロンティアリュート編を彷彿とさせ、その気になれば即ラスボスに挑むことも可となっている。この自由度の高さのおかげで続々とキャラクターパーティに加入させることができるため、そこまで初期メンバーに拘る必要もない。ちなみにレオナルド編の特色の一つとして、他主人公であるウルピナタリアバルマンテの三人をパーティに加入させることができる。逆にレオナルドは他主人公時であってもパーティに加えることが可

イベント地点に進入するだけで、大地の編、不死鳥編、シグフレイ編も発生するため、州によっては大地のが暴れる中、不死鳥が舞い降りたり、緋の欠片による争いが発生したりする。しかし、他主人公時と違って、イベントは全体的に簡略化されており、各シナリオ終了間際のアスワカンでの決戦も基本的に発生しない。特にシグフレイ編に至っては、イベントは二つしか存在せず、企みも一切明かされないどころか、特に理由を話すわけでもなくレオナルドの前に立ちはだかる。

自由度の高さと一地点でいくつもイベントが発生するため、何をすればいいのかわからなくなりがち。しかし他の主人公の場合、序盤はある程度の移動制限が設けられているため、サガシリーズ特有のフリーシナリオに慣れているのであれば一周に選んでみるのも悪くないだろう。とは言え、他主人公で各シナリオの大筋を理解しておいた方がレオナルド編を楽しめるのは間違いない。

迷言集

ステータス

五行 LP 技術 運動 集中
10 13 7 9 13 5 12
固有ロール

鉄砲玉:初期行動順+6、狙われやすさ+20

初期習得技術

スイングダウンヒートビート、でたらめ矢、重力

と体に優れる重戦士ステータスで、初期装備の大剣との相性は良好。LPも10と高めであり、パーティ役としての活躍が期待できる。運動性は均程度しかないが、固有ロールの効果で行動順がくなりやすいため、長での運用もオススメ。反面、技術均以下なため、小剣は不向き。知に至っては全キャラ中最下位という酷さなので、術士としては最も向かない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%28%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%AB%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レオナルド(サガスカ)

1 ななしのよっしん
2018/08/23(木) 18:25:25 ID: 9oFxN7Okah
ピナは器用万二刀流解禁が優遇されてるけど技習得で二刀流まで持って行くなら上位互換も居るし、如何せん打たれ弱い
タリア火力は凄いけど術自体の仕様継続性が論外
マンテは少なくとも初期装備だからと役に育てるなら一発一発がピーキー気味

その点、単純に打たれ強い強み、規格外のLP、大剣の汎用性のお陰で最強格と言っても差し支えないと思う、4人の中では恐らく最強なんじゃないかと
特にLPは周りが帝国軽装歩兵程度の中に一人格闘が居るレベルで安心できる