レギオン(怪獣)単語

レギオン
5.0千文字の記事
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

レギオン(Legion)とは、1996年開した大映製作怪獣映画ガメラ2 レギオン襲来』に登場する怪獣である。

概要

レギオン

レギオン体となる「マザーレギオン」とマザーの胴体内に格納された「ソルジャーレギオン」の2種類が存在し、姿かたちはどちらも甲殻類、もしくは昆虫類に酷似している。
隕石に乗って地球に飛来し「」と呼ばれる巨大な植物を育て、札幌仙台に甚大な被害を与える(仙台は消滅)。
劇中では、これらの3つの共生関係そのものがレギオンという生物であるという表現もなされた。

名前の由来はマルコ福音書第5章に出てくる悪霊。

が、「名は何か」とお尋ねになると、それは答えた。「わが名はレギオン々は、大勢であるがゆえに」

ソルジャーレギオン」の大群を見た自衛隊員によって名づけられた。

群れのコミュニケーション電磁波によって行っており、電子機器を身につけていた場合は敵対する存在として認識され攻撃されることがある。
これはレギオンが非常に攻撃的な性質を持っているためであり、札幌仙台東京が狙われたのはより電磁波に満ちた環境を優先して侵略する性質に従ったことによる。
また、宇宙生物であるためか体組織は地球上の生命体とは違い、珪素(Si)によって構成されている。
電磁波による交信を可にしているのはこの体組織構造であり、これを維持するためにシリコンを摂取する。

その強さからガメラシリーズ最強との呼びも高い。

マザーレギオン

身体

カブトガニ部を見せて起き上がったような姿の生物で、や脚を多く持つ。
青色部のエッグチャンバーと呼ばれる器官は赤色だが、それ以外は白色シリコン甲殻で形成される。

脚(サイズレッグ)と呼ばれる後脚と、大槌脚(スレッジアーム)と呼ばれる前脚が異常に発達している。
前者は名前の通りのような形をしており、体全体を持ち上げたり、飛行状態のガメラを押さえつけて叩き落すほどの怪力を持つ。体の前方ヘ向けて突くことも可で、ガメラを貫き甲羅をぼろぼろにした。
後者ザリガニの鋏のように前に突き出ており、地上での移動には用いられないものの、前方の敵に対して殴打や刺突などの攻撃を加えるほか、この脚で土を掘ることで地中を自在に移動できる。

電磁波で交信するため、電磁波を扱うに長けており、敵に対してはマイクロ波を収束照射して対物を発火・燃焼させる「マイクロシェル」などの攻撃手段を持ち、これは劇中では栃木県足利で防衛線をっていた戦車大隊の半数を一撃で消し飛ばすほどの威を誇っていた。
さらに、頭部の干渉波クローと呼ばれる8本のから放つ電磁波は、ガメラの火球すら分解して効化する上、ミサイルの誘導を狂わせて回避することも可である。
また、マイクロシェルは頭部の大が開いて照射されるが、この大を折られた際には怒り狂い、「レギオンビュート」と呼ばれる触手数に出して攻撃する。
マイクロ波ののようなものであるが、さながら強レーザーであり、いたものが異常な高温で焼け爛れる上、ガメラの体をもやすやすと貫いて重傷を負わせる。
ちなみに、怒っているときはくなる。

シリコンであるためか干渉波クローなどの細い部分は決して耐久性は高くなく、自衛隊ミサイルによって破砕された他、大ガメラの腕の前にへし折られてしまった。

幼体時は脚がほとんど発達していない代わりに羽が生えており、猛スピードで飛行が可
このときには既に部のエッグチャンバーは発達しており、数のソルジャーレギオンを生み出して自在に操る。

劇中での活躍

いずこかので発射された体の種子にが植えつけられていた。これが北海道札幌市近郊にある恵庭岳に隕石として落下した後、ソルジャーレギオンを生み出して種子を移動させ、強電磁波を放つ札幌を繁殖地に定める。札幌ソルジャーレギオン達を活動させ、体を開させることに成功するが、飛来したガメラによって駆逐されたため、幼体のまま飛翔して津軽海峡へと逃走。中で航空自衛隊戦闘機に捕捉され、ミサイルの直撃を受けて失踪する。のちにレギオンから抜け落ちた羽が発見された。

次に、より温暖な宮城県仙台市を新たな繁殖地に選び、ソルジャーレギオンを同様に操って体を開させる。このとき既に、全な姿に覚醒していた。ここで、体を追って再び飛来したガメラ飛行場で突、戦闘に突入する。避難するヘリをかばうガメラを圧倒的なでぼろぼろに痛めつけ、マイクロシェルで甲羅の一部を破砕した。ガメラが倒れしたのと、体の種子発射に伴う爆発が近い事からを掘って退却する。しかし、ガメラは最後のを振り絞って立ち上がり、発射直前で体を破壊。爆発によってガメラを再起不能に陥らせるには成功したが、その命がけの行動によってまたも種子発射は失敗に終わったため、徐々にあせって新たな繁殖地を探し出す。

とうとう繁殖地を都心部に定め、地中から南下を開始する。一方、度重なるレギオンの活動に自衛隊も動き始める。上からのヘリの探知で地中を移動中のレギオンを捕捉し、その移動ルート上に戦車大隊を配備。空自戦闘機も出撃準備を開始した。日没後、栃木県足利にてレギオンが地表に出現。待ち構えていた戦車大隊から一斉に撃を受けるが、全く寄せ付けずマイクロシェルで反撃。たった一撃で50%を損耗させ、後退させた。続いて出撃した戦闘機から爆撃を受けるが、効果なし。エッグチェンバーからソルジャーレギオン産卵し、兵として先行させる。自衛隊の攻撃がまるでが立たない中、復活したガメラ三度飛来し、またも戦闘に突入する。

一進一退の攻防を繰り広げるが、プラズマ火球を効化できるうえ格闘戦でも上手なレギオンが優位に立つ。ガメラの迎撃を物ともせず、レギオンの巨は徐々に首都へと迫る。しかし人類側の援護によってソルジャーレギオンは送電線に引き付けられ、また自衛隊の攻撃で干渉波クローを破損。プラスマ火球を全に効化できなくなる。ついにはガメラに頭部の大をへし折られて沈黙する。

ここでとうとう怒り狂い、レギオンビュートを振り回してガメラを追い込む。この攻撃はガメラの高い防御ですら防げず、一方的になぶられる。そして自衛隊の最終防衛ラインを突破し、埼玉県との県にまで達する。最後の最後でガメラは禁断の必殺技を使う事を決意。地球上のマナを集めて「究極烈火球(ウルティメイトプラズマ)」を発射、これをまともに受けたレギオンは粉微に消し飛ばされてしまった。送電線に群がっていたソルジャーレギオン自衛隊の攻撃で殲滅され、レギオン地球での繁殖に失敗した。(このウルティメイトプラズマ地球上の「マナ」と呼ばれる生体エネルギーを大量に使用するガメラの究極の必殺義であり、マナの大量消費による副作用ガメラ3でのギャオスの大量発生やイリス覚醒の間接的な要因になっている)

ソルジャーレギオン

全長2mほどの小レギオン
体色がマザーレギオンに対して、な甲殻で全身が形成されている。
ぎょろりとした大きなが1つ付いているのが特徴。羽を持った『羽レギオン』と呼ばれる個体もおり、これは飛行も可である。
シリコンが含まれるガラスなどの物質を、原理は不明だが分解して吸収するを持つ。

また、大きな敵に対しては集団で群がり、マイクロ波を発して巨大な電子レンジのように相手を蒸し殺そうとする。個々の戦闘はさほど高くないが脅威なのはその数であり、を覆うほどの集団で飛翔する羽レギオンに対し自衛隊に「飛行を有する群れにガメラは敵わない」と評していた。

マザーレギオン部にある『エッグチャンバー』と呼ばれる部位から生み出される、文字通りの「兵隊」。
一時間に100単位で生み出され、マザーレギオンの意のままに行動する。
が、強電磁波に反応しているときなどはこの限りではないようだ。

筋肉組織を一切持たず、体内に充満したガスの圧を操作して関節を動かしている。
電磁波を認識し、自らが発する周波数と違う電磁波を放つ物(人類の通信機器など)を判別できる。
知性はさほど見られない(自衛隊高射砲弾幕すり抜けるために編隊を広げるなどある程度の知性は見られる)が非常に攻撃的であり、これらのように自分たちのコミュニケーションを阻する存在やそれを持つ生物には容赦なく襲い掛かり、排除する習性がある。

地下鉄構内で車両に遭遇した際も、積極的に内に侵入し、通信機器を持つ乗客や運転手を惨殺していた。
一方で、通信機器を持っていない人間はほとんど襲わなかったため、生存者も少なくなかった。
この攻撃習性はにもなっており、パチンコ屋のネオンにつられて群がったために片っ端から感電死したり、
最終決戦では人間側にこの習性を利用され、殲滅されてしまった。

劇中での活躍

札幌近郊の千歳市・支笏畔に隕石として落下した後、体の育成とマザーレギオン覚醒のために行動していたと思われる。
札幌中心部の強電磁波につられ、千歳から札幌へと移動し始める。

最初は、札幌近郊のビール工場に1個体が出現した。
ビール瓶に含まれるシリコン当てであり、瓶を分解して吸収しているところを警備員に撃されている。
この警備員は、ギャオスの第一発見者である大迫であり、彼を再び怪獣への恐怖へ陥れることとなった。

札幌に移動した後はここを繁殖地と定め、体の種子を植えるために地下鉄構内へ侵入。
ここで遭遇した地下鉄車両中の人間を、通信機器の電磁波から敵と認識し、惨殺する。
また、突入してきた機動隊も圧倒し、人類側が苦戦しているうちに、体の発芽・開に成功する。

しかし、体がガメラによって駆逐されてしまったため、地下から夥しい数で現れてガメラに群がり、負傷させた。

次に、電磁波と温暖な気につられて仙台を次の繁殖地に定める。
ここでは活動している様子は描写されていないが、このとき、ネオンに群がって感電死している個体が複数見つかっており、同様に体の育成のために活動していたと思われる。
体の種子発射に合わせて姿を消した。

その後、栃木群馬県近辺での最終決戦において、航空自衛隊を倒すために翅の生えた個体がマザーレギオンから生産されるが、直後にマザーレギオンを追って飛来したガメラによってエッグチャンバーが破壊されたため、これ以上の生産が不可能となった。
さらに、ガメラ駆逐のためにマザーレギオンに呼び戻されるが、人類側の作戦で名崎送信所の電磁波に反応し、命視して送電線に群がってしまう。ここをミサイルで一挙に駆逐され、全滅した。

草体

時:全高100m、全径60m、重さ3000t。

レギオンと共生関係にある植物
レギオンフラワー」「レギオンプラント」とも。

土中の二珪素を吸収して、レギオンの食物となる珪素を大量に生産するほか、繁殖のために周囲の酸素濃度を大幅に上げる。
この酸素濃度の上昇によって周囲の生物たちに大打撃を与え、一方でレギオンが繁栄しやすい環境を作り上げる。

繁殖システム

体の種子と、それに植えつけられたマザーがあるに落下する。
孵化したマザーソルジャーレギオンを生み、体の種子を適当な繁殖地へと運ぶ。

体が発芽・開することで餌となる珪素を確保し、酸素濃度が上がることで周囲の生態系の破壊と、種子発射への準備が進む。

体が開し、種子発射の用意が整うと、マザーは種子にを産みつける。
これが大爆発と共に宇宙へと飛ばされ、新たなが繁殖地となる。

 

この流れを繰り返して、レギオンは複数ので繁殖してきたと思われる。
結果的に地球では、他のへの種子発射もこの場での繁殖も、ガメラと人類によって阻まれることとなった。 

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AC%E3%82%AE%E3%82%AA%E3%83%B3%28%E6%80%AA%E7%8D%A3%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レギオン(怪獣)

252 ななしのよっしん
2021/01/06(水) 22:25:18 ID: REDlOXIzyb
東宝怪獣相手だと体重がね・・・
253 ななしのよっしん
2021/01/17(日) 12:18:22 ID: yumPuEWGkk
>>251
スペゴジはフィールド先に作られるとレギオンの方がかなり不利だと思う。
モゲラ戦闘不能にしたレベル電磁波も使えるから、レギオンの命系統も下手したら壊滅する。
デストロイアはわからん。
254 ななしのよっしん
2021/03/20(土) 01:18:10 ID: zCE719UhRk
スペゴジは水晶体部分がまんまケイ素だったらエサにされて危ない
ただのゴジラにされちゃう
255 ななしのよっしん
2021/03/28(日) 00:32:32 ID: h18BPiMsWE
一見するとデカいから鈍重そうなのに動きがやたら速いんだよね。ガメラエルボー破壊しようした時に回避するための後退と地中に潜行する時の動きがかなりのスピードだった。
256 ななしのよっしん
2021/03/28(日) 21:21:56 ID: qFnaj6cToM
先日発売されたムービーモンスターシリーズソフビレギオン買った。
高いけど価格に見合ったボリュームがあって満足度は高い。
257 ななしのよっしん
2021/03/30(火) 23:27:31 ID: 5AbNdmBZqe
惑星単位で種子飛ばしてる=それくらい遠くで繁殖しないと生き残れないレベルの外敵がいる可性?
258 ななしのよっしん
2021/03/31(水) 22:28:15 ID: 8BetX2s3xF
>>257
ハチアリは巣が大きくなりすぎると巣を維持できなくから巣分かれを行うが
ケイ素さえあれば際限なく増えてしまうレギオンにとっては1つが巣の限界
だからの地殻を食い尽くす前に宇宙規模で別れるしかない
259 ななしのよっしん
2021/07/10(土) 19:52:19 ID: OL3eyZx+eI
「人類」という括りに対する殺意はそれほどでもいが文明絶対ブッ殺す怪獣ではある気がする
260 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 13:39:07 ID: 5EA/ehBcAK
>>259
体がレギオンの餌となるシリコンを精製する過程で大量の酸素放出するという
地球環境に壊滅的な打撃を与えるというオマケつきやぞ。
261 ななしのよっしん
2021/09/22(水) 12:30:01 ID: zcpJIsGdg4
実は地球に来たのが最後の生き残りという可性は・・・
ゴジラ2000オルガの元となった種族みたいに

急上昇ワード改