レーティング単語

270件
レーティング
3.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

レーティング(rating)とは、評価・格付けを表す英単である。

概要

評価・格付けの意味を表す英単。転じて以下のような意味合いも表す。

  • 評価・格付け
  • テレビ映画ゲームブラウザー等において、年齢制限の意味。
    R-18,R-15,R-12 の表記における、Rはこの意味
  • 競走馬ヨットレースに付属する評定
    競走馬であれば、際統一基準のポンドに併せて設定がされる。このレーティングは同じであってもレースごとに異なった値になるのが普通である。重賞リステッド競走においては、(少なくとも日本オーストラリアヨーロッパなどにおいては)4着までののレーティングの均が条件に応じて定まった一定値以上であることが要される。
    ヨットレースであれば、帆の大きさやの大きさなどで決まる。
  • 投資信託等における評価機関が、リスクリターンに応じて効率性をしめしたもの
  • チェスなどで用いるイロレーティングなどのように、特定プレイヤーの実を数値化したもの
    わかりやすく言えば、その人の強さを数値で表現したもの。勝てば上がるし、負ければ下がる。自分よりも強い(レーティングが高い)相手には勝ちづらいが、勝てばその分レーティングの上昇量も大きく、負けてもレーティングの下降量は小さい。逆に自分よりも弱い(レーティングが低い)相手であれば勝っても上昇量は小さく、負けると下降量が大きくなる。

年齢制限の例

競走馬のレーティング

競走馬のレーティングは、基本となる考え方は、ハンデキャップ競走に根付いている。例えば、

  1. AとB(齢・性別どちらも同じ)が定量戦(負担重量齢・性別だけで決まるレースのこと)の同じ芝1600mのレースに出走し、AがBに1身先着した
  2. その後、再びAとBが芝1600mの同じハンデキャップ戦に出走することになった。この時、AとBをおおむね同じくらいでゴールさせるには、Aの負担重量をおおむね2ポンド重くすれば釣り合いが取れるだろうと推論する

これがレーティングの基本となる考え方である。これをすべてのに広げて考えると、すべてのの相対的な数値がまる。これを過去の基準などに照らし合わせ、絶対的な数値に落とし込んだものが、レーティングである。

一般には、ロンジン社が作っているロンジンワールドベストホースランキングを用いることが多いが、タイムフォーム社が作るレーティングも非公式には用いられることも多い。

チェスのレーティング

チェスの場合、イロレーティングを用いることが多いのは前述の通りであるが、これは均的なプレイヤーのレーティングをR0、そのプレイヤー均的なプレイヤーと対戦したときの勝利確率をW、敗北確率をLとしたとき、以下の式であらわされる。

R=400log10(W/L)+R0

一般に、R0には1500という数値を用いる。この式において、プレイヤーAがプレイヤーBに勝つ勝率WABは、プレイヤーAのレーティングWAプレイヤーBのレーティングをWBとする。詳細は省くexitが、最終的にはWAB=1/(10(RB-RA)/400+1)となる。つまり、レーティングの差が同じであれば、勝率は同じ程度であると期待できる。

自分と相手のレーティング差による勝率
レーティング差(自分-相手) 勝率
-300 15.1%
-200 24.0%
-100 36.0%
0 50%
+100 64.0%
+200 76.0%
+300 84.9%

このレーティングは、FIDEにおけるマスター称号を得るためにも用いられる。

インターナショナルマスターおよびグランドマスターは、レーティングに加え、ノルムと呼ばれる実績を積む必要がある。

あまりにも複雑なので、詳細はFIDEのハンドブックexitを参照せよ。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レーティング

1 ななしのよっしん
2022/04/08(金) 18:25:10 ID: kKgQyMPKNE
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス