レールバス単語

レールバス

レールバスとは、乗合自動車の装備・部品を流用した気動車のことである。

概要

量産されている部品を用いることで製造コストを抑えることができるため、閑散路線に導入する気動車レールバスであることが多い。

日本においては国鉄キハ01系や南部縦貫鉄道キハ10形が古くは存在し、1980年代では富士重工が開発したLE-carが有名であった。

利点

  • 部品にバス関連の部品を使用している為、コストダウンも容易である。特に富士重工鉄道車両を製造しながらもバス体を製造しており、そのノウハウをいかんなく発揮する事が出来た。
  • 軽量であるため、従来よりも動の面では上回る事が多い。

欠点

  • 機械式時代においては総括運転が出来ないので、2両以上の場合は各々の車両運転士を乗せる必要があった。但し、液体式になった時代においては問題ではなくなった。
  • バスの部品を流用していた為に、耐久性の面では劣る。鉄道バス以上に走行距離が多く、老朽化の進行は鉄道の基準でいえば、割合にかった。しかし実際は耐用年数以上に動いているケースが見受けられた。
  • 実際の運用に供された際、ラッシュ時における需要が供給を上回るケースが存在し、積み残しが出るケースがあった。とりわけ統括運転のできないキハ01系列では、輸送量の変化に柔軟に対応することができなかった。
  • 軽量ゆえに保安装置が反応しないケースが存在した。

 第三セクター路線とレールバス

国鉄末期第三セクターに転換された旧特定地方交通線の各線には、コストの低さと設備一新の的から、富士重工のLE-carIIシリーズの各が導入された。それぞれのデザインは似通った部分もあったが、各鉄道ごとの塗装ったレールバスたちは、鉄道新時代の訪れを告げた。

しかしながら、前述の耐久性の問題から、その多くは通常の鉄道車両ベースとした新々に置き換えられていった。これらの車両には、ミャンマーなど海外に譲渡された車両もある。
2013年3月末でわたらせ渓谷のわ89-100形が引退2013年10月現在、定期営業運転に用いられているのは、いすみ鉄道のいすみ200形のみである。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レールバス

1 ななしのよっしん
2012/10/02(火) 19:02:15 ID: EX1PIl7gQL
DMVアンビアンバスが出る前にバス改造して(タイヤ鉄道輪に変えた)鉄道車両にする例が山鹿温泉鉄道であった。
2 ななしのよっしん
2014/01/05(日) 11:37:23 ID: EX1PIl7gQL
なんと山鹿温泉鉄道より多少高度な例がエクアドルに存在していたことが判明。
↓参考資料
http://www.youtube.com/watch?v=pgmp_pL17FQexit
http://www.youtube.com/watch?v=KhBXRWpvEkwexit
バスレールバス→レールトラック?に改造された例
http://www.bahnbilder.de/1024/ein-alter-autoferro-ecuadorianischen-eisenbahn-498709.jpgexit
3 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 23:44:20 ID: Fzh7geYJzn
きかんしゃやえもんでやえもんのかわりとか言ってたこいつらももうどいなくなってしまったんだよな…