ロガエスの書単語

ロガエスノショ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ロガエスの書(Liber Loagaeth; MS. Sloane 3189)とは、16世紀に書かれた未解読の文書である。大英図書館スローン文庫所蔵

概要

本書は霊視者エドワード・ケリーEdward Kelleyと占術師ジョン・ディーJohn Deeの共著で、エノクと呼ばれる非自然(人工言語かは定かではない)によって書かれている。著者であるディーらはこの言葉を「天使」や「」などと称していた。

65枚のフォリオからなり、101の複雑な格子状魔法陣が記されている。内9649×49の格子で、残り5は36×72の格子で構成されている。

◆別名『エノク書』(The Book of Enoch)と呼ばれるが旧約偽典に数えられる(エチオピア正教会では正典)エノク書とは別物である。

エノク魔術

本書はエノク魔術Enochian Magicと呼ばれる一連の魔術体系と深い関わりがあると言われる。それは著者であるディーがエノク魔術の創始者に他ならないからであり、彼自ら本書に書かれているエノク天使人間のために記録した言葉であると明言していた。ディーはまた本書の内容について"々の創造の秘、数多の歳る時代、そして世界の結末"(The Mysterie of our Creation, The Age of many years, and the conclusion of the World)について記されていると述べている。
く本書をした天使の正体はウリエルで、それと交信する事に成功したケリーの発言などを書き留める形で記されたという。

エノク魔術はディーの死後息を潜めるが、19世紀以降魔術師マグレガー・メイザースとアレイスター・クロウリーによって再び世に出る事になる。クロウリーはロガエスの書を元にした校訂本Liber LXXXIV Vel Chanokh(こちらも『エノク書』と呼ばれることがある)を出版し、その内容についてクロウリーは'A brief abstract of the Symbolic representation of the Universe derived by Dr. John Dee through the Scrying of Sir Edward Kelly.'と説明している。

エノク魔術については『高等エノク魔術実践教本』に詳しく、日本語で読めるものとしてはこれがほぼ二のテキストであると考えられる。同書ではエノク魔術について次のように説明している。

エノクと呼ばれる魔術の分野は、近代においては、ジョン・ディー博士(1527~1608)によって明らかにされた。ディーは、数学、航学、天文学、そして学の権威だった。そして、またエリザベスⅠ世お抱えの占術師でもあった。彼の魔術パートナーであったエドワードタルボットは(のちにケリーという名に変わる)4つの《物見の》と30の《アィテール》として知られる精妙な区域の記述の際に、彼を手伝った。これらの内容は、これらを支配する々(deities)と共に、現在エノク魔術として知られる強魔術体系の中核を形成するものであった。

◆エノキアン・タロットと呼ばれるエノク魔術を元にしたタロットの流が存在し、大アルカナに相当するカード30枚と地、、火、の四つのスートの小アルカナ56枚の全部で86枚のカードが用いられる。

またメイザースが創立した魔術師団体「明け団」がディーの魔術をどのように理解していたかについては次のように記述する。

ディーの霊的研究は、19世紀の終わり頃にあるオカルティストと魔術師グループがその《魔術》を取り上げるまで、ほとんど表には出てこなかった。《明け団》が、ディーのエノク魔術儀式や文献から言葉や言い回しを借りて使用したのだ。しかし魔術師がアデプタス・マイヤーの位階に上がるまでは、この魔術体系の鍵は与えられなかった。《霊の幻視》のスクライング(魔術の過程では時々アストラル旅行と呼ばれている)のためのエノクの召喚がそれらの魔術作業の一部になっていた。しかし、ディーは何千年も前に不幸な運命をたどったアトランティスの人々に知られていた古代の体系を再発見したに過ぎない、と《明け団》では教えていた。エノクアルファベットアトランティスで使用されていたものに直接由来すると言われていたのだ。


このように「明け団」ではエノクを先史文明の時代から伝わる文字が用いられた言であると解し、またそうした趣旨の教育を行っていた事がえる。

天使の鍵

ロガエスの書はディーらによって書かれた一のエノク資料ではなく、「天使の鍵」(Claves Angelicae)と呼ばれる48節からなる英訳付きのテキスト今日に伝わっている。

この「天使の鍵」を元に構築したエノク辞典も出版されており、そのカバーする範囲は基本彙に留まってはいるが、その内容が正のものであればロガエスの書を読み解く上で重要な手掛かりとなる事が期待出来る。

◆参考まで、以下に英語-エノク辞典サイトによる単の一部を掲載する(エノク文字文字コードに含まれていないためラテン・アルファベットに転記したもので代用)。

sun= ror

flower= lorslq

covenant= sibsi

hand= ozien, zien, ozol

power= lonsa

honour= iaiadix

heaven= madriax, madriiax, peripsax, peripsol, piripsol, piripson, piripson

god= ascha, iabes, iad, mad, oiad, piad

I (myself) = ol, ole

house= salman

in his justice= baltan

millstones= avini

out of him= geta

ソイヤの書

ディーはソイヤの書(Book of Soyga; Aldaraia)と呼ばれるラテン語で書かれた魔術書を所持していた。こちらはエノクによる記述ではないが暗号が用いられていると考えられている。大英図書館(Sloane MS. 8)およびボドリアン図書館(Bodley MS. 908)に所蔵されている。
Soygaとはギリシャ語でholyを意味するagiosを逆順にしたアナグラムであると考えられており、同書中には他にも同様の手順でアナグラムとして生成した単が多く見られる傾向にあるという(Lapis→Sipalなど)。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9B%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロガエスの書

1 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 22:31:04 ID: rsUuliNm0d
よく解らんけど、ホモに関する話かな?
2 ななしのよっしん
2020/02/16(日) 14:19:20 ID: LyNJrbBVUn
>>2
なんでそうなんねん

急上昇ワード