ロスチャイルド単語

ロスチャイルド

ロスチャイルド(Rothschild)とは、イギリス融業を中心に活動している、世界最大のユダヤ融一族の姓である。また、海外ではとてつもなくリッチな人の代名詞としても使われている。

ニコニコ的に分かりやすく言うなら、リアル三千院家ハヤテのごとく!』もしくはリアル西澤家ケロロ軍曹』といったところだろう。

概要

ロスチャイルドは英語読みで、元の中高ドイツ語ロートシルトは「」を意味する。ドイツ語圏ではごくありふれた姓の一つであり、大半のロートシルトさんはこの一族とは関係である。

余談だが『BLOOD+』に登場する組織「」の元ネタである。

訓は「協和、廉潔、精励」(CONCORDIA INTEGRITAS INDUSTRIA)らしい。

ちなみに戦争ビジネスを稼いでいたことが多かった(後述)ので、蔑称で「戦争屋」「死の商人」などと呼ばれる。仕方ないね

紋章

言葉で説明するには少し難しい複雑な家紋coat of arms)を持つ一族である(具体的な画像はウィキペディア等を参照のこと)。

まず大まかにサポーター持ち)として左に獅子、右に一角獣。中央にある五形のエスカッシャン)の下側にはリボン状のモットーが配され、中に先述の訓(ラテン語)が書かれている。

の上側にはクラウン(宝冠)を被ったヘルメット(兜)が3つ並び、左は六芒を囲む2本の長いを、ん中は鷲(男爵位を授けたハプスブルク徴)を、右は羽根クレスト(頭飾り)をそれぞれ戴いている。

の中は5つのクオーターに分割され、左上(第1クオーター。以下同様)にハプスブルク鷲、右上と左下(第2および第3)には五本の矢をもつ向かい合わせの腕、右下(第4)には立ちあがったライオン、そしてん中に名を現わすがありその中央に突起のある丸いのチャージ(文様)が入っている。

五本の矢はロスチャイルド一家世界融一族へと発展させたマイアー・アムシェル・ロートシルト(Mayer Amschel Rothschild)の五人の息子を表し、一族の団結徴しているといわれている。
それらを束ねる腕は『旧約聖書』の「編」第127[1]に基づいている。

ちなみに皇室の旧い紋章(と呼ばれているもの)とイギリス王室の紋章に似ているとよく言われており、陰謀論者の定番ネタとなっている。まあ獅子と一角獣はいずれも紋章ではよく見られる動物幻獣であるし(ちなみにイギリス王室の場合、それぞれイングランドスコットランド徴)、の中身やその他の部分に至ってはかなり違いがある。皇室の旧い々の方は出所も不確かなので、[2]あんまり深く考えてもしょうがないかもしれない。その他の陰謀論についてはまた後ほど。

 

ロスチャイルド家の歴史

彼らの歴史ヨーロッパ融の歴史と言っても過言ではない。
それほどまでにこの一族は凄まじいのである。

 

ロスチャイルド家誕生

一族の初代[3]マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは、古銭集めという共通の趣味から、ドイツの名門貴族ヘッセンヴィルヘルム9世と知り合い、やがて一緒にビジネスを始めるようになります。

時は18世紀後半の戦乱の時代。この時、高利貸しと呼ばれる融業に身を投じたマイヤーは、戦乱のヨーロッパ大陸を死の商人として駆け回り、大な自己資を得ることに成功します。その後、マイヤーの5人の息子たちがヨーロッパへと散っていきます。

張ったよお父さん

さてここからがこの一族の凄いところである。

皇帝ナポレオン率いるフランス軍と、イギリスオランダプロイセン連合軍が戦った“ワーテルローの戦い”が起こりました。この戦争は、仮にイギリスフランスに負ければ、大陸パワーバランスが崩れ、イギリス大陸における利権が一気に失われかねないということで、非常に大きな意味を持っていました。

この時、イギリス国債を発行することによって対ナポレオン戦争の軍資を調達していました。イギリスが負けることになれば、当然、イギリス国債は大暴落してしまいます。投資たちは、皆、戦争行方を固唾をんで見守っていました。

そして、戦争終結から数日後、イギリス国債は大暴落しました。その理由となったのは、ネイサン・ロスチャイルドでした。
その日のロンドン取引所の持ち場にいたネイサンは、ざめ、疲れきった顔をして、急に国債を売り始めたといわれています。ネイサンは、イギリスに対して大な投資を行っており、また独自の情報ネットワーク情報を素く手に入れるための手段(個人の快速船など)を有していることが知られていました。
そのため、ロンドン市場関係者たちは、「ロスチャイルドが債権を売っているということはイギリスが負けたのだ」と考え、われ先にと債権を売り始め、最終的に国債は大暴落したのです。

 

しかしながら実際はナポレオンイギリス敗北!!

  (反ロスチャイルド同盟-なぜ反ロスチャイルドなのか(5)-ロスチャイルドについて-三男ネイサンの大活躍の項より引用

ΩΩΩな、なんだってー!

イギリス勝利・・・だと・・・?市場関係者たちの心

当然、戦勝であるイギリス国債は、大暴落した次の日には、イギリス勝利情報とともに暴騰しました。しかし、その時はネイサンがイギリス国債を大量に買い漁った後だったのです。よりもく、そして密かにイギリス勝利の確かな情報を手に入れていたネイサンは、イギリス国債を売りまくり、イギリス敗北を偽装するかたわら、秘密の代理店を使って、同然の値段となった国債を買いまくっていたのでした。

(反ロスチャイルド同盟-なぜ反ロスチャイルドなのか(5)-ロスチャイルドについて-三男ネイサンの大活躍の項より引用

 

※とある市場関係者Pさんのお話  
                
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『ロスチャイルドの旦那イギリス国債を売りまくってて、イギ
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        リスが負けたのが分かってたちも売りまくったんだんだ
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |        がフランスが負けてイギリス国債が暴騰してるじゃねぇか』
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ       おれもなんでこんなことになってるのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \     用意周到だとかだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/` /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

 

この出来事により、多くの投資と、ほぼ全ての名門の系が破産し、対してネイサンは約100万ポンドの利益を得たといわれています。
これは、当時のお金の価値では天文学的な数字で、この日のけで彼の財産は2500倍まで膨れ上がったともいわれています。このことはのちに「連合ワーテルローの戦いに勝ったが、実際に勝ったのはロスチャイルドだった」というとなって残っているそうです。

(反ロスチャイルド同盟-なぜ反ロスチャイルドなのか(5)-ロスチャイルドについて-三男ネイサンの大活躍の項より引用

破産した人たちの心情だ、これはだ!ロスチャイルドの野郎がたちを陥れるために仕組んだだ!)

 大きくなりましたよ、お父さん。

 この後さらにこの一族は巨大になっていく。

1822年、兄弟5人がってハプスブルグオーストリア皇帝から男爵位を授与。。(べ、別にお金が欲しくて爵位を上げたんじゃないんだからね!)当時のユダヤ人差別されまくってたので異例中の異例。このあとヨーロッパ中の王室や貴族、投資めロスチャイルドを頼り始める。これにより総資産がありえないくらい増加。

1815年 (ワーテルロー時点) 333フラン 

↓3年後

4200万フラン

↓10年後

1億1840万フラン

 

世界の富を支配していく一族

その後、ロスチャイルド世界経済、ひいては世界史に対して、密かに大きな影を与えていくことになる。 

アメリカに代理人をよこし、モリガンロックフェラなどの巨大財閥育成。代理人の一人はペリー結婚し、20年間民主党の党首に。

ネイサンの息子イオネルの時代にロンドンの方は18カの債券16ポンド(ほぼ10兆円)を扱う。

パリジェームズの死去した時の総資産は6億フラン以上で、6億フランは、フランス内の他のすべての融業者の資産総額より1億5000万フランも多いらしい。

1875年 スエズ運河のを出してくれと頼んだイギリス首相に、「はいよ」と大を渡す。

19世紀の100年間でロスチャイルド一族が得た富は、4億ポンド(800億円)をえるらしいが、大英帝国歴史上、最大の富はヴィクトリア女王だったが、それでも500ポンド。ロスチャイルドは、全員がヴィクトリア女王の何倍かを所有していた。

 

日露戦争とロスチャイルド

日露戦争の戦費を出してくれたのがこのロスチャイルド

ロスチャイルドワーテルローの戦いの時のように、日本国債を買いまくりボロけ。

このことから日露戦争の勝者はロスチャイルドともいわれる。

 

リアル三千院家、リアル西澤家となった現在

三千院西澤を知っているだろうか?三千院ハヤテのごとく西澤ケロロ軍曹という漫画にでてくるアホみたいなの使い方ばかりする大富豪庭である。
現在これにもっとも近い、もしくはこれそのものがロスチャイルドである。
もちろん彼らはアホみたいなの使い方はしない。
しかし現在世界経済の3分の1~半分が彼らの影下にあると言われている。
それはつまり世界の財政界を操ってるといえる。
これまでの凄まじい歴史からみてではないだろう。
事実ヨーロッパ経済は彼らに支配されてるのだから。
いずれにしろ世界に大きな影を与えているのは間違いない。

「ロスチャイルド一族は戦争を始めることも防ぐこと出来る。彼らの言葉は帝国を築くことも破壊することもできる。」1923年12月3日シカゴイブニング

 

陰謀論について

ロスチャイルド話題になると、ハッピーセットおもちゃみたいに必ず付いてくるのが陰謀論である。
本稿ではよくある話を書くが、真実なのかなのかはわからない。

イルミナティについて

天使と悪魔により有名になったイルミナティだが、ロスチャイルドが彼らのリーダーもしくは歴代幹部を務めているという内容。偽は不明だが根拠として次のものがある。

ヒトラーについて

ヒトラーユダヤ人説というものを知ってるだろうか?

実はヒトラーおばあちゃんはロスチャイルドのもとでメイドをしていたという噂があり、そこでコウノトリさんがヒトラーを運んでくれたという説。しかし信ぴょう性は低い。(記録がない)

しかしそのロスチャイルドは奥さんとメチャクチャ仲が悪かったらしく、若い女に手を出してたそうだからありえそうな話である。

スターリンについて

実はスターリンがロスチャイルドの隠し子という説がある。

これはロシア仕事に来ていたロスチャイルドが現地の女との間で関係を持ってしまい、それとの子どもスターリンだという。

現にイギリスの新聞社が「スターリン父親がエドマンド・ロスチャイルドであったという疑惑があり、そこでロスチャイルド社に現ロスチャイルド伯爵髪の毛提供するようにめている。スターリン髪の毛DNA鑑定をするつもり」ということがあった。

ロックフェラーについて

ロスチャイルドロックフェラは仲が悪いらしい。

ロスチャイルドがロックフェラーを作ったまではよかったものの、ロックフェラーが大きくなりすぎて、ロスチャイルドに対抗できるようになったのが原因らしい。

皇室について

ロスチャイルドは年に数回天陛下と会っているという噂。

が変わったら必ず天皇陛下挨拶に行かなければいけないという噂もある。

 

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *【都に上る歌。ソロモン。】
    御自身が建ててくださるのでなければ/を建てる人の労苦はむなしい。御自身が守ってくださるのでなければ/町を守る人が覚めているのもむなしい。
    く起き、おそく休み/焦慮してパンを食べる人よ/それは、むなしいことではないか/する者に眠りをお与えになるのだから。
    見よ、子らはからいただく嗣業。胎の実りは報い。
    若くて生んだ子らは、勇士の手の中の矢。
    いかに幸いなことか/矢筒をこの矢で満たす人は。町の門で敵と論争するときも/恥をこうむることはない。
    (新共同訳)
  2. *明治初期に商用で12年間日本に滞在したというスコットランド人・日猶同祖論ノーマン・マクレオド(Norman McLeod)のものとされる著作(およびその孫引き)以外に出典が皆無に等しく、加えてマクレオド(マクロード)についてはスコットランド側にも資料が乏しい(複数人物説もあるほど)。
  3. *マイヤー誕生のか以前から一家はロスチャイルド姓を名乗っているので、ここで言う「初代」とはロスチャイルドの初代という意味ではなく、世界融一族の元祖という意味だろう。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロスチャイルド

126 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 07:27:40 ID: Q5d1l7vQxI
>>117
シフの系図によると15世紀のJakob Kohen Zedek Schiffからの流れをんでいるらしい。
Zedekというのは恐らくカナーンのツェデクに由来していてエルサレム王の称号でもあったらしい。つまりシフの方がフェニキアン・ジューの王統っぽい感じするんですけどもね
楯はようわからんがゴリアテ持ち兵か何かか?
127 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 21:37:25 ID: Q5d1l7vQxI
あっ何これナホム書2:3?ロスチャってメディア系なの?それか普通バビロン兵ですかね
128 ななしのよっしん
2019/07/05(金) 22:06:17 ID: bsem32ik0+
多分ロックフェラーのほうが強い。ロスチャイルドの方は王侯貴族様だしハプスブルクから爵位も貰っちゃってるから、そいつらに何だかんだ頭が上がらない。
一方のロックフェラーは、貴族制度もでわいて出たから端から名とやらにへーこらしない。実際ロスチャイルドに噛みついた。少なくとも、が知る限りでは3代が上皇陛下に頭下げたことがある以外は、自身以上の権威にかしずいてるのは見たことも聞いたこともない。
129 ななしのよっしん
2019/07/06(土) 13:00:05 ID: LyMoMCXGmT
ロスチャイルドグループって三菱グループ以下の規模なんだが?
そもそもイギリスフランススイス以外に拠点なんてないし
この3だけでそんな巨大企業になれるわけないし

この3内でもロスチャイルドグループよりも規模の多きい
企業がある始末
130 ななしのよっしん
2019/07/06(土) 13:08:22 ID: LyMoMCXGmT
現代のロスチャイルドグループ

ドモンド・ド・ロスチャイルド銀行スイス)資産140.2億スイスフラン
ザ・ロスチャイルドグループフランス)資産89.2億ユーロ
RITキャピタルパートナーズ(イギリス)資産22.1億ポン

しょっぼ、三菱グループ以下の資産じゃん
そもそもフランススイスイリスでもこれよりでかい企業あるし
131 ななしのよっしん
2019/07/06(土) 13:10:55 ID: LyMoMCXGmT
そもそも今のロスチャイルドグループって世襲してるの?
世襲なんて非効率な経営体制で世界経済を支配するような企業になれるとは思えんけどな

世襲大好きな日本人にはロスチャイルドグループは強大じゃないといけないって思いたいから
日本ロスチャイルドをやたら強大な企業みたいにしたがるんだろうけど
132 ななしのよっしん
2019/07/06(土) 13:12:45 ID: LyMoMCXGmT
ロスチャイルドグループと少しでも商取引する=ロスチャイルドグループ下だ!

多分こんな発想なんだろうな
133 ななしのよっしん
2019/07/11(木) 17:31:08 ID: Q5d1l7vQxI
>>128
David Rockefellerてなんか見てるとDOOMカコデーモンつう敵思い出すんだけどあのシリーズてあの一族がやってるとか噂の悪魔崇拝儀式に何か関係あんのかなあ?
134 ななしのよっしん
2019/07/13(土) 19:33:18 ID: u8D1KQMejC
>>131
ロスチャは知らないけど、同族会社で強い所はたくさんあるよ

TOYOTAもそうだしポルシェBMWウォルマートフィアットカーギルLGサムスン、(一応現在は)タタなんかもそうだね
同族経営はと経営が一体となってる場合が多いからを見ないで数年後や十数年後と言ったロングパンで経営判断できたりするからTOP有能なら案外普通式の会社より強かったりするんよ。もちろん逆を言えばTOPが間違った判断していても止めることが出来る人間が居ないからこけると大変なことになるってことでもある。ダイエーなんかはこれの典的なパターンだよね
135 ななしのよっしん
2019/09/17(火) 20:09:37 ID: sld9qJB9Vx
ロスチャイルド5000兆円非課税で寄付しろ

急上昇ワード