編集  

ロスト事件単語

ロストジケン
注意 この記事は、内容が不足しています。 加筆、訂正などをして下さる協者をめています。
注意 この記事は、放送中の作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

ロスト事件とは、遊☆戯☆王VRAINSにおける事件である。

概要

 10年前、6人の子どもがとある間に拉致され、VRゴーグル以外何もない個室にそれぞれ監禁されたの多い事件。現在、6人中4人が作中で明かされている。

 監禁部屋ではVRゴーグルを装着することで、デュエルを開始することしかできない。初めの内はデュエルに勝たなくても食事を与えられたが、次第に勝たないと食事を得ることができなくなり、負ければ強電気ショックが待っていた。半年後、6人全員が突如救出されるが、被害者の1人草薙仁は心を閉ざした廃人状態となっていた。

 事件後知り合った遊作と草薙翔一(仁の)は、調の結果この事件が「ハノイプロジェクト」と呼称されていたことを突き止める。彼らはネットワークに出没するハッカー集団「ハノイの騎士」が事件に関連すると推測し、復讐の為「ハノイの騎士」を追い続けた。
 やがて遊作たちが辿り着いた「ハノイプロジェクト」の相とは、SOLテクノロジー社に属する研究者・鴻上聖博士による「意志を持つAIの構築」であった。鴻上博士は人類の未来を懸念し、ヒトサポートする高性AIが必要だと考えた。鴻上博士らはこの的のため子ども拉致監禁し、デュエルを通じて思考パターンなどをAIに学習させた。最終的に実験は成功し、被害者一人一人に対応した計6体の「意志を持つAIイグニス」が完成した。
 イグニスの独占により、SOL社は大な利益を上げた。しかし本来の的である「イグニスによる人類のサポート」について鴻上博士がシミュレートした結果、破滅の未来しか試算出来なかった。鴻上博士イグニス抹消SOL社上層部に訴えたが、利益を手放すことになるためこれを拒否。さらに事件の相が世間に伝わることを恐れたSOL社上層部は鴻上博士に電ウイルスを仕込み植物状態同然にしてしまった(SOL社報告書では死亡扱い)。

 ところが鴻上博士息子鴻上了見によって電世界を再現されり、鴻上了見 / リボルバーハノイの三騎士とともに「イグニス抹消」を的に行動していた。これがサイバーテロ組織「ハノイの騎士」の起原となる。

 終盤、ハノイネットワーク社会もろともイグニスを消し去る「ハノイの塔」を発動するが、途中で鴻上博士は息を引き取り、真実を知った藤木遊作 / Playmakerリボルバーを下し「ハノイの塔」を止めたことでハノイの騎士は消滅した。またハノイの騎士くなったことで、「ロスト事件」を発端とする遊作らの復讐も一旦の幕引きとなった。

 しかし3か後、の存在に草薙仁が襲撃され、意識を奪われたことから新たな物語が始まる。

ロスト事件の年表

十年前

SOLテクノロジー社(以下『SOL社』)所属の研究者:鴻上聖が独断でハノイプロジェクトを立案実行。 (ロスト事件

6人の子どもたちが拉致監禁され、意志を持つAIイグニス』開発のための被験者にされる。現場に来ていた鴻上博士息子鴻上了見が、幼いながらも事件に暗いものを感じ、せめてと囚われた藤木遊作を励ます。   

被害者の1人、穂村尊の両親が息子の捜索中に事故死。

半年後、内部告発により事件がSOL社に発覚。囚われていた6人の子どもたちが突如救出・保護される。
国家のSランク保護プログラムより子どもたちの身元は伏せられる。     

SOL社、イグニスを独占するために鴻上聖を監禁。 その後、は電ウイルスを仕込まれ睡状態に陥る。(数年後自宅に帰される)

事件当時のSOL社役員達は全員退職。その後全員消息不明に。(ロスト事件的は不明のまま)

七年前 鴻上聖死亡報告書が提出される。(実際はまだ生存している)
???  鴻上了見、電ウイルスを除去し父親ネットワーク上に再現することに成功する。
五年前 サイバーテロ組織ハノイの騎士リーダーリボルバー(=鴻上了見)、サイバース世界を襲撃するもイグニスの内の一体:IGN006によって阻止される。
一年前 ハッカーPlaymaker(=藤木遊作)が出現。ハノイの騎士狩り始める。  
劇中 鴻上聖が了見と共に、電テロハノイの塔」でネットワークごとイグニスを葬ろうと画策。
作戦の最中、鴻上聖が息を引き取る
同時に遊作が鴻上に突入し、ロスト事件における全ての真実を知り、リボルバーデュエルの末これを下し、「ハノイの塔」は停止。
これを以て、「ハノイの騎士」が解散となる。

ロスト事件、6人の被害者

藤木遊作

 本作の主人公。監禁された状態で半年間過ごしたが、当時の記憶は失われてしまっている。失った記憶を取り戻すため、ハノイの騎士を追っている。また、監禁中「3つ考えることを忘れないで」と遊作を応援し続けていた(『アイツ』)に恩を感じており、彼がまだハノイに囚われているなら救出したいと考えている。

 最終的にアイツ鴻上了見に辿りつき、真実を知った遊作は、自身が前に進むための「復讐」に区切りをつけた。

草薙仁

 草薙翔一。事件後、心を閉ざした状態となった。遊作く、「草薙さんのは暗闇の中にいる」とのこと。

 遊作が真実を暴いてからは快方に向かっていたが、突如現れたの存在に襲撃され、意識を奪われる。

スペクター

 ハノイの騎士の一人で、リボルバーに忠を誓う側近。生まれた直後に親に捨てられ児童養護施設で育つ。他人と接することに頓着であり、コミュニケ-ションが低いことを自覚している。一の心の支えは生まれた時から傍にある大であった。突然ロスト事件被害者となるのだが、彼はそれを楽しんでいた。理由はかが自分を試していて、必要としているから。彼にとってロスト事件は孤独感を癒すものとなっていた。

 「ハノイの塔」を止めんとする遊作に立ち塞がるが敗北した。事件後は再びリボルバー及びハノイの三騎士とともに行動している模様。

穂村尊

 事件後、祖に引き取られるが、両親が誘拐された自分を探しまわっている最中に交通事故に遭い亡くなったと聞かされ、の状態となった。
 ハノイの騎士壊滅後に不霊夢と出会い、自分の身に起きた事を知り、自分の人生に立ち向かう為に立ちあがる。同じ事件の被害者という遇を持ちながらも強く生きる遊作に憧れを持ち、またPlaymakerと共にハノイの騎士に立ち向かい、LINK VRAINSを救ったGO鬼塚ブルーエンジェルも憧れの存在である。

???

不明。

???

不明。

イグニス

ハノイプロジェクトによって造られたのは全6体、それぞれ被害者の子どもたちに対応している。
ちなみに、全員イグニスとしての名前もあるらしいが、人間には発音できない。

闇のイグニス / Ai(アイ)

藤木遊作 / Playmakerと共にいるお調子者のイグニス
元になっているのは藤木遊作
5年前にリボルバーからサイバース世界を隠した後、玉だけになって逃げまわっていたところを遊作に捕まった。「AI」「玉だけ」の二点から便宜上Aiアイ)と名付けられたが割と気に入っている。
ハノイの騎士の一件が片付いたことで一度遊作から離れるも、サイバース世界の現状を見たAiは遊作を頼って戻ってきた。

炎のイグニス / 不霊夢(フレイム)

穂村尊 / Soulburnerと共に行動する、作中二体イグニス
元になっているのは穂村尊
アツいのか抜けているのかよくわからない性格。サイバース世界の襲撃から逃げ延び、尊の元にやってきた。「不霊夢」という名は自分で決めたもの。

「不屈の霊(たましい)、夢にあらずと書いて不霊夢と名乗る。

風のイグニス / ウィンディ

エコーという人工知能を従えて単独行動する、作中三体イグニス
データから作られたかは不明。
人間を信用していない節があり、元になった子供を探す気はないらしい。
同じイグニスAi不霊夢には「また一緒にサイバース世界を作り直そう」という提案をもちかけている。

地のイグニス / アース

ごつごつしい形で、堅物な性格の作中四体イグニス
元になっているのは(おそらく)スペクター
人間とイグニスが共存すべきか否かでイグニス同士が分裂するだろう、というイグニスの言葉を聞き、人間がどのようなものであるか見極めるため、PlaymakerAiコンビに接触した。
仕様デッキは「Gゴーレム」。イグニスから貰った《Gゴーレムクリスタルハート》を徹底して守る戦術をとる。

水のイグニス / アクア

女性的なフォルムでの作中五体イグニス
データから作られたかは不明。
真実を見抜くがあり、アースイグニス同士の分裂について話した。
回想のみの登場で、現在どこにいるかは不明。

光のイグニス

詳細不明。

ハノイ・プロジェクト参加者

鴻上聖

イグニスを作成した人物でロスト事件の首謀者。元はSOL社の一員だったが、ハノイプロジェクトを立案。事件が発覚した後、SOL社は捜機関から表されぬよう全てを隠蔽するために、そして自社の収入を高めるイグニスを独占するために、電ウイルスを仕込まれ睡状態にさせられてしまった。
しかし、何年後か過ぎ、自身の息子父親である博士ネットワーク上に再現した。博士ハノイの騎士の一員にはなったが、SOLテクノロジー社に対して復讐は考えておらず、あくまでイグニス殺を考えている。博士イグニスは「あれは世界を導くはずのものだった。しかし、世界を破滅に導く怪物だった。」とのこと。

全ての元凶ともいえる存在だが、イグニスを葬るために全世界の電子ネットワークを破壊するテロハノイの塔」実行の最中、ネットワークに再現された彼のも生命活動を維持できなくなり、本当の意味で死亡した。

ハノイの三騎士

鴻上博士の協者である3名の研究者。
本名が判明しているは「バイラ」、それ以外にも苗字だけ「麻生」と判明している「ファウスト」、本名不明のDNA研究者「ドクター・ゲノム」がそれぞれハノイプロジェクトに関与していた。

プロジェクト隠匿後はハノイの騎士幹部として活動。

バイラは電ウイルスの事件後身柄が病院にあり、電ウイルス事件の犯人ともわかっていたためかアルカトラズ的な刑務所に収監された。しかし再集結したリボルバースペクターファウスト・ゲノムの4名により脱獄なんで戦隊モノみたいな演出してたんだろうね

事件関係者

鴻上了見

鴻上聖息子。彼の通報ロスト事件を収束に導くこととなった。
幼い彼でもの行為が悪いことだと感づいており、通報した上に被害者の遊作に対して勇気づける言葉をかけていた。しかしそのことで回り回って睡状態にされてしまった。その罪悪感に囚われてか、イグニス抹消というの意志を遂行すべくハノイの騎士リーダーとなる。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ページ番号: 5515292 リビジョン番号: 2624109
読み:ロストジケン
初版作成日: 18/01/17 22:54 ◆ 最終更新日: 18/09/12 19:16
編集内容についての説明/コメント: 全体的に文章を書きなおしたのと、最新情報を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロスト事件について語るスレ

21 : ななしのよっしん :2018/05/07(月) 13:19:10 ID: yJmIGFlMw/
被験者の名前が対応するイグニス属性や色に関係しているという考察があるね
藤木遊作(闇属性)
草薙仁…(属性)
穂村尊…穂村→焔(炎属性)

いでイグニスに対応する名前になってるけど
過去竄しないとが被験者の可性は低い
22 : ななしのよっしん :2018/05/10(木) 17:24:29 ID: BWj+F2aXIk
隠された七人被害者or被験者がいて他のイグニスも知らない属性イグニスが登場!
というのも有り得そうな予感
23 : ななしのよっしん :2018/05/10(木) 23:21:49 ID: a918D+4g3V
>>22
そういうパターンだったら寧ろこれから生まれそう
24 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 19:27:22 ID: euMA6G6+pj
プレミアム会員の方へ
半年後、〜の上に以下の文の挿入お願いします。

被害者の一人、穂村尊の両親が息子の捜索中に事故死
25 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 00:07:17 ID: Yiq8rA9K4l
>>18
お前原作遊戯王DEATH-Tとか王編とか見たら憤死しそうなほどしょーもないツッコミ入れてるな
26 : ななしのよっしん :2018/05/23(水) 15:29:01 ID: Y6qTMC3pBD
スペクターも事件の被害者なんだから、彼に対応したイグニスもいる訳で。
ソウルバーナーみたくイグニスと一緒に登場したりするのかしら。
27 : ななしのよっしん :2018/05/31(木) 14:51:49 ID: 8reat1x9vE
スペクター属性って使用カード的に地属性かな
の名前やハノイイメージ的にはかなって最初は思ったけど
28 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 06:35:13 ID: yJmIGFlMw/
遊作だけじゃなく仁もバックアップデータと入れ替わってるような気がする
今後被験者のバックアップデータが重要になりそう
29 : ななしのよっしん :2018/07/29(日) 04:51:08 ID: MZVD0GJRUq
記憶のバックアップデータがあるのならイグニスとは別に、本人の人格を独立させて、
ロスト事件被害者のクローンみたいなものが量産されそうではある
むしろ登場してからずっと記憶ブレッブレのボーマンがそのための実験体であるなら合点がいく
30 : ななしのよっしん :2018/09/26(水) 22:50:39 ID: MZVD0GJRUq
Ai藤木遊作(確定)
不霊夢穂村尊(確定)
ウィンディ→不明(死亡濃厚)
アーススペクター(推測)
ライトニング草薙仁(確定)
アクア→不明
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス