ロッキー (映画)単語

エイドリアーン
2.2千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ロッキーとは、ボクシング映画である。

概要

演、脚本のシルヴェスター・スタローン監督ジョン・G・アヴィルドセンを一気に世界的なスターダムにのし上げた映画史に残る傑作のひとつ。

もはやあらすじは有名すぎるぐらいに有名だが、一応未見の人のために書いておくと、フィラルフィアの三流ボクサーロッキーバルボアが、ある日世界王者のアポロクリードに「名選手に挑戦権を与える」という話題性重視の業の相手に抜され、周囲の人々の協を経て人生を賭けた試合に臨む、というもの。つか、気になったら観てみた方がい。今だとDVDも安いし、動画サイトで配信されてるし、大体どこのレンタルビデオ屋にも置いてあるし、2時間ぐらいで割と面いのでオススメである。

この映画開されるまで、スタローンはまさしく劇中のロッキーそのものの暮らしをしており、ある日モハメド・アリVSチャック・ウェプナーの試合を観て、「たとえ無敵チャンピオンに挑んでその結果が得られなかったとしても、その王者を極限まで追い詰めた男であれば、リングの上で永遠に称えられる」という、その試合から得られたアイデアを基に脚本を執筆、いくつかのプロダクションに持ち込んで、自分が演することと、低予算で撮る事を条件に撮が開始された。

低予算ゆえに、映画と思われていなかったことも多々あったらしく、ロードワークシーンではスタローンを本物のボクサーと勘違いしてリンゴを渡す店などがそのまま映っている。また、エキストラフライドチキンを配布するというチラシで募集したが、統制がなかなか取れず、チキンを食い終わって帰ろうとする人が多々現れたため、必死に引き止めたという(このため、予定していたラストロッキーを称えて観客が担ぎ上げ胴上げするというシーンが撮れなかった。結果、印的なラストにはなったわけだが・・・)

このほか、映画テーマ曲も世界的に有名になり、何かのスポーツ番組やバラエティで気合を入れようというここぞという場面でよく使われるおなじみの音楽となった。当然、実際のボクシングにおいても入場曲に使う選手が後を絶たない。

ロッキーシリーズのその後

本作の大ヒットで、それまで俳優だったスタローンはこの映画ロッキーと同じようにアクション俳優分けとして大ブレイクする。さらに82年には『ランボーシリーズも大当たりし、21世紀になっても続編が作られている。この後に『ロッキーシリーズの続編も5本作られたが、シリーズが進むにつれて、この作品の本来のテーマである「たとえ名でも人々の記憶に残り続けるボクサー」という部分が希薄になっていったのは残念な次第である(このあたりは、戦争体験による兵士被害というテーマが薄れていった『ランボーシリーズにも共通しているのだが・・・ スタローン映画ならしょうがない)。

と言う評価がすっかりにつき、懐かしの老筋肉俳優として余生を過ごすのかと思われていたスタローンだったが…。 2000年代中期からの「ロッキー・ザ・ファイナルRockyBalboa)」、「ランボー 最後の戦場Rambo)」では、現実感に乏しいヒーロー路線はを潜め、衰退し二極化するアメリカや、際協調と平和義が謳われるで繰り返される過酷な虐殺現実社会さに、実な映画人として深く摯に向き合った作品内容となっている。その過酷な現実に、スタローン自身の衰えた心や体を重ねつつも、敢えて立ち向かう男の勇気とあり方を見事に描ききり、 シリーズの原点に立ち返るに留まらず、より強固なメッセージを加える事に成功した。

そして次世代へ

ザ・ファイナルから9年後、ボクシングから離れたロッキー物語は続いていく。「ブラックパンサー」に先駆けること3年、この作品でスターダムにのし上がったマイケル・B・ジョーダンダブル演となった「クリード チャンプを継ぐ男」でロッキーライバルであるアポロクリードの非嫡男子、アドニス・”ドニージョンソンとの師関係が誕生。同作にてコーチとしてのキャリアが始まり、次回作の「クリード 炎の宿敵」では第4作で死闘を繰り広げたイワンドラコ息子であるヴィクタードニーという、”息子”同士の対決を見届けることになる。

2019年で73歳を迎えるスタローンクリードで映し出されるロッキーの姿からは、今なおそのきを衰える事く放っている。

余談

2014年9月5日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ八重樫東対ローマン・ゴンザレスの試合は、プロアマ通じて120連勝以上を誇る無敵の挑戦者ロマゴンからのオファーを敢えて受けた八重樫の、その拳闘ぶりがこの映画に通ずるものがあり、実際に試合後のロマゴンもなかなか倒れない王者八重樫恐怖していたかのような表情を見せていたことから『リアルロッキー』などと評されていた(立場こそ王座の保有者が映画と逆だったものの、試合前から八重樫はすぐに倒されるという見方が大半だった)。

作品一覧

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%20%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロッキー (映画)

16 ななしのよっしん
2018/10/11(木) 20:40:23 ID: Bly65IoD0K
ロードワークシーンで勘違いした店が投げたのは、リンゴじゃなくてオレンジだぞ。まぁ別にいいのかもしれないけど
17 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 13:45:21 ID: CbP+BH0Ksp
第1作と2作を去年観た。長くなるので初代についてだけ書く。

やさぐれたロートルボクサーというところから始まり、再起を促すトレーナー親父に向かって「じゃあ何でもっと昔に言わなかったんだよ!」と悪態をついた所から、戻ってきてトレーニングを始めるところまでのシーンの見せ方が好き。

結末も、勝負の結果はともかく「たとえ勝負に負けても、人生と自分自身に打ち勝つ」、生きる為に大事な“意地”を取り戻したんだなと思った。

以降のシリーズで描かれるロッキーの成功より、自分自身のスピリットを取り戻したことが大きかった。これがなければ、負けてもともとの世の中ではやっていけない。すぐに心が折れてしまう。や成功よりも、欠いてはいけないものを勝ち取ったんだ。これがロッキーから得たものだな。
18 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 08:37:29 ID: xugMI0M1/7
クリード2見た
エリート街道を進んで家族からのに満ち溢れたクリードとハングリーも知らずにボクシングに打ち込むヴィクターの対エグかったよな
19 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 00:37:48 ID: dJglnuxZb2
ヴィクターは十分すぎるほどに強かった
判定負けしたとはいえ、一度はアドニスをボコボコにしたわけだしね
あの遇ならああいう戦い方になるのもよく分かる
ロシア勢の晩餐会シーンはしんみりしてしまったなあ…
20 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 19:56:23 ID: 0Tj5HT+BHw
初代のミッキーとの和解シーンが一番好きなシーンかも
ロングショットなのも、台詞いのも、いいタイミングで通る電車も全てが
21 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 01:10:51 ID: E7Rak46Arx
時代劇とか歌舞伎に近いものがある
22 nanasi
2021/03/26(金) 10:37:59 ID: il0udcVzlb
ロッキーバルボアので前向きだけど闘志は凄いってキャラクタードラゴンボール孫悟空大分を与えてるな。ロッキー4観ると特に分かりやすい。(ロッキー4は連載が始まって以降の作品だが)
23 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 20:15:50 ID: O0ULAL347z
クリードってもう続編いんだろうか
クリード2で
チャンピオンになる→2
敗北からの特訓してリベンジ→3
ドラゴとの因縁→4
ロッキー2~4の要素全部オマージュしちゃったが
後やれることといったらロッキーの死とそれを乗り越えるアドニスくらいか
24 ななしのよっしん
2021/05/26(水) 21:25:23 ID: 9rml5usNze
>>20
もあのシーンが好き。
胸に迫るミッキー独白、あのトイレしょうもない駆け引き、遠カット音楽…。
25 ななしのよっしん
2021/05/26(水) 21:42:42 ID: On5T63gED1
>>23
演のマイケル・B・ジョーダンの初監督作品として3の制作が決まってる。
あとスタローンロッキー役で出演予定がないことを本人が明かしてる。

急上昇ワード改