ロックマンワールド5単語

ロックマンワールドファイブ

ロックマンワールド5とは、ロックマンワールドシリーズの第5作である。1994年7月22日発売。現在ニンテンドー3DSバーチャルコンソール2013年11月6日より配信中である。

概要

今までのワールドシリーズではファミコン作品を2つずつ素材として制作されたが、本作はボスキャラクター音楽まで全て全新作として作られている。ロックマンワールドシリーズの中では最も制作に時間が掛った作品である。
タンゴやロックンアームなど今作独自の要素や『ワイリーラスボスではない』特徴もある。

ストーリー

Dr.ワイリーが消息を断ち、人々が彼の存在を忘れた頃。突如として現れた戦闘ロボットアース」の攻撃を受け、ロックマンは倒れてしまう。その数時間後、世界中のが、宇宙から飛来したという「スペースルーラーズ」に支配されていった。Dr.ライトによって一命を取り留めたロックマンは、新兵器ロックンアーム」を装備し、新たな敵に立ち向かう。

スペースルーラーズ

SRN001 アース

地球をするべくスペースルーラーズを引き連れ地球に飛来したロボット。ボディーは地球外の物質によって作られており、ロックマンスーパーロックバスターを全く受け付けない。自分以外のロボットはすべて汚いと考えており、相手に近づかれることを嫌い、自らも遠距離攻撃を好む。相手の動きを停止する効果を持つの弾を撃ち出す他、特殊武器「スパークチェイサー」で戦う。追跡機を持つレーザーで、発射されるとロックマンに向かって少しずつ接近してくる。4体のSRNが破壊されるとロックマンの前に現れ、ダークムーンを差し向けて撃退を試みるが、敢えく失敗。その後、SRNがすべて破壊されると再び現れ、「あの方に会わせる顔がい」と嘆き自らがロックマンと戦うも、破壊されてしまった。好きなものは「シャンプー」。嫌いなものは「帽子ヘルメット」。ロックマンが奪取した「スパークチェイサー」は、アースが使用するものより追跡速度が強化されている。弱点武器は「ディープディガー」。

SRN002 マーキュリー

液体金属のボディーを持つ戦闘ロボット。自らを液体状に変化することができ、分裂して襲いかかる戦法を得意とする。武器の「スナッチバスター」は、相手のエネルギーを奪い自分のものにすることができる。体だけでなく、PチップやEチップまで盗まれてしまうので、E缶を所持している時は注意しよう。スペースルーラーズの中ではプルートとは仲が悪い。弱点武器は「ブラックホール」。

SRN003 ビーナス

泡を使って相手の動きを封じる戦法を得意とするモチーフにした戦闘ロボット。性格は奇麗好きな半面、攻撃的な性格である。のように横歩きしかできず、正面を向いて歩くことできないことを悩んでいる。武器は「バブルボム」。泡爆弾を使用する。ビーナスが使用するバブルボムは大小2種類あり、小は発射するとロックマンに向かってゆっくり飛んでゆき、爆発い。大の方は追尾性く、発射された後しばらくすると爆発する。ロックマンが奪取したものは発射すると左右に揺れながらゆっくりと上昇し、敵に当たるか、しばらくすると爆発する。弱点武器は「フォトンミサイル」。

SRN009 ネプチューン

魚人のような貌の陸両用戦闘ロボット。両手から発射する「ソルトウォーター」はあらゆる金属を錆つかせるである。また、地震を起こし天井からを滴らせる攻撃も得意とする。実は塩分の取りすぎを気にしていたり、足が水虫なのが悩みであったりと矛盾の多いロボットである。武器の「ソルトウォーター」は地面やに着弾すると炸裂し、小さな滴となる。弱点武器は「スパークチェイサー」だが、初戦ではロックバスターで戦うことを余儀なくされる。

SRN004 マース

ナパームマンの様な全身を武器で構成された戦闘ロボット。別名「歩く兵器倉庫」。手加減を嫌い、どんな相手にも全を出して戦う性格。実は地雷垂れ流しが辞められなくて悩んでいる。地雷を設置したり、連射のある弾を発射するなどして攻撃してくる。一番の武器は「フォトンミサイル」で、強ミサイルを高速で撃ち出す。弱点武器は「ソルトウォーター」。

SRN006 サターン

時間と間を操ることができる戦闘ロボットフラフープのような輪を身に付ける。時を止めてから小さな弾を広範囲に発射したり、輪を中に投げながらスライディング攻撃を仕掛けてくる。実はこの輪はブラックホールのようなを持ち、何でも吸い寄せることができる恐ろしいものである。ブラックホールの発生中、ロックンアームを放ってしまうとブラックホールに吸い込まれてしまい、弾が撃てなくなってしまうので注意しよう。弱点武器は「エレクトリックショック」。ロックマンが奪取した「ブラックホール」は、頭上にブラックホールを発生させて敵を飲み込み破壊した後、エネルギー弾を回転しながら撃ち出す。

SRN005 ジュピター

飛行に長けた戦闘ロボットジェット噴射により長時間を飛ぶことができ、上からロックマンに襲いかかる。高出・高威の「エレクトリックショック」を頭上から放つ。ダメージ量も多く、すべての武器を弾き飛ばすので注意が必要。発射後は小さな弾を4発同時発射してくる。弱点武器は「バブルボム」。常に中にいるので当てやすいが、床が凍っているので滑って相手の攻撃を受けないよう、しっかり狙いを定めたい。ロックマンが奪取した「エレクトリックショック」は、ロックマンの手から電気の帯を発生させる。攻撃ボタンを押してる間は発生し続ける。攻撃範囲は狭く、接近戦用の武器だが、威は非常に優秀。

SRN008 プルート

ジャングルでの運用を想定して作られた戦闘ロボットのようなデザインをしており、登場モーションではロックマンに向かって威嚇するような雄叫びを上げる。機動に長けており、素い動きで体当たり攻撃を仕掛け、り付き追尾を持つ燃える弾を放つ。その他、からは撃を発射する。実は『ロックマン7』に登場するスラッシュマンの原となったロボットで、寒さに弱いところなどが共通している。弱点武器は「スナッチバスター」。当然、マーキュリーとは仲が悪い。奪取できる武器は「ブレイクダッシュ」で、チャージすることで強な体当たり攻撃ができ、特殊なブロックを破壊することができる。

SRN007 ウラノス

パワーに長け、SRN中では最高の怪力を持った闘モチーフにしている戦闘ロボット。所謂「体育会系」で頭が血が上りやすく、気が荒い性格。卓袱台返しが好きなど変なところもある。地面を持ち上げ、投げつける「ディープディガー」が武器。体重もかなりのもので、ジャンプ地震を起こし、ロックマンをよろめかせる。それだけでく、その地震天井をも崩落させてしまい、巻き込まれるとロックマンは一撃で破壊されてしまうので注意したい。装甲も硬く、ロックンアームのダメージ量もロックバスターと同じ1ダメージしか与えられない。弱点武器は「ブレイクダッシュ」。奪取した武器「ディープディガー」は、特定ブロックを持ち上げて投げることができる(持ち上げられるブロックの上に立つとブロックの色が変わる)。

その他のボス

ダークムーン

ネプチューンマーキュリー、マース、ビーナスの4体を倒した後、アース地球基地で戦うことになる。軍団の特攻隊長らしい。位置付けとしては、過去作のイエローデビル系列の大戦闘ロボットで、体を小さなパーツに分裂させて襲ってくる。さらに過去モデルで課題であった「歩行」を身につけ、からは3発の弾を発射する。分裂した体のパーツは、位置が低いものは直線で移動し、高いものは落下して地面でバウンドするパターンがある(初回のみすべて直線で移動)。すべて画面外へと飛んで行き、そこで合体して再び画面内へと姿を現す。を見開いた時にのみダメージを与えられないので注意。弱点武器は「フォトンミサイル」。

スカル・ブレーザー

ワイリースターへの侵入者を防ぐイオン台。時めるほどのパワーを持つ。ドクロ発射口から放つレーザーキャノンが脅威。その威は絶大であるが、発射までにはかなりの猶予があるので回避するのは容易である。この脅威の発射口だが、同時にここが弱点でもあるので、レーザーを発射した直後に開いている発射口にバスターを撃ち込むことでダメージを与えることができる。上部からはミサイルを発射してくるが、これはバスターで破壊が可なので、とにかく弾幕って破壊してしまおう。下部からは大砲を発射する。弾の速度はなかなかのものだが、ブーストを駆使すれば回避しやすい。発射口を破壊すると、ワイリースター内部への侵入口が開ける。

RKN001 エンカー(量産機)

ロックマンワールド1』に登場したロックマンキラー1号ワイリースター内で大量に量産されているうちの一体と戦うことになる。初代にべるとフェイントくなり、挙動が読みやすくなっているなど大幅に弱体化している。しかしロックバスター以外の武器は何一つ受け付けないところは変わっていない。倒しても「ミラーバスター」は取得することはできない。

?????? クイント(量産機)

ロックマンワールド2』に登場したクイントDr.ワイリー改造した未来ロックマン)の設計図を基に作られた量産機ワイリースター内で大量に量産されているうちの一体と戦うことになる。攻撃パターンは『ワールド2』のものから変更されておらず、較的楽に倒せるだろう。弱点武器は「フォトンミサイル」だが、ロックバスターでも問題なく戦える。倒しても「サクガーン」を取得することはできない。

RKN002 パンク(量産機)

ロックマンワールド3』に登場したロックマンキラー2号ワイリースター内で大量に量産されているうちの一体と戦うことになる。スクリュークラッシャーの攻撃が減少し、突進攻撃も見切りやすく、スピードも低下している。弱点武器は「バブルボム」だが、非常に当てづらいのでロックバスターで戦うのが難である。倒しても「スクリュークラッシャー」を取得することはできない。

RKN003 バラード(量産機)

ロックマンワールド4』に登場したロックマンキラー3号ワイリースター内で大量に量産されているうちの一体と戦うことになる。第2形態ではなく第1形態の姿で登場。攻撃はパターン化され回避も容易になってはいるが、バラードクラッカーの威は侮れない。弱点武器は「ブレイクダッシュ」だが、ロックバスターで戦った方が効率がいいかも知れない。倒しても「バラードクラッカー」を取得することはできない。

エル・ナックル / アール・ナックル

ワイリースターに取り付ける予定であったの腕メカロックマンの頭上から狙いを定め、勢いよく拳を振り降ろす。この直後に露出するが弱点。攻撃パターンとしてはこれを延々と繰り返すので、スライディングで回避しながら攻撃を重ねよう。「エルナックル」を倒すと、直後に「アールナックル」との戦いになる。攻撃パターンはほとんど同じだが、移動速度が上がっており、拳を振り降ろした後に誘導ミサイルを発射しつつ、ロックマンを掴もうとしてくるパターンが追加。掴まれただけではダメージいが、誘導ミサイルに当たってしまうので注意。予めミサイルを破壊している場合でも安心はできず、解放した直後に再び拳を振り降ろすので着地直後にスライディングで回避しよう。弱点武器は「ソルトウォーター」、「スナッチバスター」。これは左手右手どちらも共通している。

ブレーン・クラッシャー

所謂「ワイリーマシン」。ワイリーロボット生産を管理する高性コンピュータで、「ワイリースターの頭」と言われる。強な防御シールドっており、ロックマンの武器を何一つ受け付けない。攻撃パターンは、ミサイル(×3)射出→ピカシュー射出→アラベル射出を繰り返す。ミサイルは射出されるとしばらく回転しながら滞在し、ロックマン掛けて飛んでくるのでスライディングで避けたり、バブルボムを使って破壊しよう。次に「ピカシュー」と呼ばれる重力コントロールするロボットを射出する。ステージ天井には針があり、重力を弱めて天井の針に接触させようとするので、ピカシューを攻撃してこれを阻止しよう。ピカシューを倒すと、次に「アラベル」と呼ばれる目覚まし時計を模した時限爆弾が射出される。タイマーの数字が0になると爆発するので、うまくタイミングを合わせてブレーンクラッシャーに爆を浴びせることでダメージが与えられる。これを倒すと第2形態との戦いになる。上部のドーム状の装甲が破壊され、ワイリーが顔を出し、マシンの下半分が失われる。それと同時に天井が低い位置になるので、大ジャンプ事実上の封印を余儀なくされる。天井の針は即死ではなく単なるダメージなので安心していいが、ブレーンクラッシャーからは地を這う電撃が次々に発射されるのでジャンプで回避するしかなく、プレイヤーの小ジャンプ技術が試される。第2形態の弱点は「ソルトウォーター」、「フォトンミサイル」、「スパークチェイサー」と多いので、使いやすいものを選ぶと良い。

サンゴッド

今作のラスボスワイリーによって古代遺跡より復活させられた戦闘ロボット。攻撃パターンは非常に多く、サンゴッドの残りHPによって変化する。開始直後は「チャージレーザー→突進→地を這うビーム→床を破壊する火炎弾」という流れである。地を這うビームロックマンの居る位置までくると上へ飛びあがるので注意。下のフロアに着くと、「大の高速弾、小ジャンプで迫るなどが追加され、さらに下のフロアへ降りると、「チャージからのボディーカッターアタックトードマンの「レインフラッシュ」を想わせるバウンドする電気弾」などを使う。攻撃をする前に中に昇るので、その時に攻撃をすると攻撃を中止させることができる。かつてない強敵ではあるが、この戦いには実は制限時間があり、倒すのに時間をかけすぎると最終的には1ミスとなるので注意したい。彼との戦闘BGMはXシリーズの楽曲を思わせるハードロック調となっている。弱点武器という訳ではないが、「スパークチェイサー」を使えばかなり楽に戦うことができる。

彼との戦闘を終えると……?

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%895

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロックマンワールド5

34 ななしのよっしん
2017/01/27(金) 05:45:27 ID: FcCNavERaJ
>>30
海外だとゴットってのがダメなんだと思う
ゴットガンダム海外じゃバーニングガンダムになってるし
35 ななしのよっしん
2017/04/19(水) 22:50:24 ID: Nc8S8kT9Wj
ワールドシリーズを1から地プレイして、やっと5をクリア
どれも面かったわ。

今までワールドシリーズだけは子供の頃プレイする機会に恵まれなかったので、夢中になってやったわ。

あと、サンゴッド戦のBGMやばすぎ! あんな曲の中でラスボスと戦うなんて、テンションが最高にハイにならざるるを得ない!
36 ななしのよっしん
2018/07/12(木) 00:29:35 ID: GepDR1x8bJ
個人的には、ポップな印を持っていた本家に、
ロックマンXシリーズシリアス世界観を上手く合わせていると思う。
本家シリーズポップな印はそのままで、
ボスからBGMまで全ての要素がオリジナルであり、
ロックマンXシリーズのようなBGMは、どれもカッコよくてGBとは思えない程。
しかも他の本家シリーズ較すると、一味違うシリアスな雰囲気。
まさに、本家ロックマンロックマンX融合とも言える良作。
37 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 02:14:00 ID: Dlaj1fu8kh
>>32
ジャイロマンの武器がウェーブマンの弱点武器になるんですねわかります
38 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 09:51:21 ID: WE/V4bvh55
サンゴット戦のBGMシリーズの中でも3本に入るぐらいには好き
39 ななしのよっしん
2018/09/26(水) 00:25:42 ID: Dlaj1fu8kh
後半のボスから入手出来る武器が弱点のボスが居る都合上そのボスだけ簡単に倒せる、今になって考えてみると初心者ブランクのあるプレイヤーにも親切な仕様だったな
後半のボスも前半のステージで入手した武器が弱点になっているボスが2体存在、現在仕様リメイクしたら後半のステージをどうしてもクリア出来ない人はジュピターステージから挑めば弱点武器でハメながら後半の4体を倒せる
そりゃワールドシリーズで2番に簡単なのも頷ける
40 ななしのよっしん
2019/01/19(土) 19:07:04 ID: CVQJluTDut
関連商品
>>azB00OT5UUR0exit_nicoichiba
41 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 21:24:51 ID: oHOihL+duj
RushJet1という人がロックマンワールド5BGMを編集でリメイクした物に差し替えてプレイする動画投稿したけどマジ神曲祭だった。本当にこの人最高すぎる・・・

https://www.youtube.com/watch?v=85NJxc_kPn4exit
42 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 15:05:40 ID: LDAg06/KTm
>>41
かなりええな、アレンジとして聞いてると大満足
43 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 02:47:18 ID: /k3MPZI46s
久々に聞いたけど、やっぱサンゴットの曲好きだなぁと再確認
ワイリー倒してエンディング気分で眺めてたらなんか出てくるわ、出てきたと思ったらなんかワイリー退場するわ…と頭が追いついてない状況でこの曲たたきつけられて、初戦闘時はテンションかなりやばかったなぁ