ロト(旧約聖書)単語

ロト
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ロトとは、ユダヤ教キリスト教イスラム教といった「アブラハムの宗教」の典に登場する人物である。

概要

ユダヤ教において非常に重要な預言者アブラハム」の甥である。堕落した都市ソドムゴモラ」がY・H・V・H・)に滅ぼされる際、天使によって脱出させてもらったエピソードがよく知られている。

元々はユダヤ教典に登場する人物である。ユダヤ教から生した宗教であるキリスト教でもユダヤ教典は「旧約聖書」として受け継がれた。そのため彼はキリスト教においても尊ばれており、キリスト教独自の典「新約聖書」でも彼の事を引用している箇所がある。ユダヤキリスト教から生したイスラム教においても典「クルアーン」に登場し、敬されている。

名前をヘブライ語で書くと「לוט」。意味は「覆い」「ベール」「隠された」といった感じらしい。

現在日本においてはユダヤ教典より、キリスト教の「旧約聖書」の方が広く出回っており参照しやすい。そのため、下記の内容は旧約聖書の記述に基づく。

創世記第11章~14章:アブラハムの甥

創世記11章~14章では、彼自身のエピソードからと言うよりも、から啓示を受けた最初の預言者アブラハム」の甥として脇役的にちょこっとだけ描写されている。

最終的にはヒーローに助けられる囚われのヒロインポジションになる。

創世記第11章

ノアの方舟の大洪水の後、バベルの塔の建設がによって停められて更に後の時代。ウルという土地に住んでいたテラという男が、カナンの地をしてを始めた。

テラはそのに、息子アブラム(後のアブラハム)、アブラムの妻のサライ(後のサラ)、孫のロトを連れていく。ロトアブラムであるハランの息子、つまりアブラムの甥にあたる。彼ら4人はカナンへのの途中である土地に一時定住し、テラはそこで死ぬ。

創世記第12章

だがアブラムに「いろいろすごいことしたるから、こんなところに居らんとカナンに行け(要約)」と告げる。これに応じてアブラムサライは再びカナンに向けて出発し、ロトもそれについて行く。

カナンに着いた後、一行は飢饉のせいでエジプトに行ったり、美人だったサライがエジプトファラオを付けられてNTRされかけたりなんやかんやあるが、ロトには関係ないので省略する。

創世記第13章

の助けによりエジプトでのNTR展開から辛くも逃れてカナンの地に戻ったアブラムサライ、ロト

みんなで裕福になったが、アブラムの使用人とロトの使用人が争い始めた。アブラムは争いを避けるため、ロトに別れを提案する。ロトはこれを受け入れて、ソドムというに移住した。

ところがこのソドムと言うの住民たちは、すごく悪いらだったんだ。どう悪かったのかは後で出てくる。

創世記第14章

いろんな同士の戦争が起きて、ロトの住むソドムも敵軍からの略奪にあう。そしてロトも敵軍に捕えられてしまった。

それを知ったアブラム颯爽と配下を連れてロトを助けに行き、敵軍を破ってロト事救出する。

創世記第19章:踏んだり蹴ったり

創世記19章でのロトは、これまでとは打って変わって役級の扱いである。

だが、は失うわ、妻はの柱になって死ぬわ、実のたちにレイプされるわ、とにかくひどいにあう。

創世記第19章

ソドムゴモラは滅ぼされることになった。なんでそうなったかって?ロトに関係ないから省略した第15章~第18章の間に、がそう決めたのだ。ちなみにゴモラの名前だ。

ソドムに二人の天使を遣わした。ソドムの門で彼らを見つけたロトは、彼らをの使いと察してひれ伏し、彼らを自分のに招き入れて歓待した。しかしになると、ソドムのあらゆるところから老いも若きも住民の男たちがぞろぞろ出てきて、ロトを取り囲む。戸口に出てきたロトソドムの男たちは言った。

「今お前んとこに来たあの野郎共、出して俺らに会わせろや。そしたら俺ら、あの野郎共を知る(意味深)からよ」

これにロトはこう返した。

「私には、まだ男を知らない(意味深)が二人おります。たちをあなた方に差し出しますので、どうかあの方々には何もしないでください」

だがソドムの男達は女よりも男の方が好みだったのか、「よそ者のくせに生意気なんだよ!」とロトの申し出を断ってロトを破ろうとした。

だが、二人の天使はあっさりロトを救出しソドムの男達を撃退。そして、ロトに「これからソドム滅ぼすんで。身内とか居るなら一緒に逃げた方がいいよ?」と告げた。これを聞いてロトは、たちをめとる婿たちに一緒に逃げるように誘いに行った。しかし、彼らはロトの言葉を信じなかった。

になって天使たちは、「逃げないとお前たちも巻き込まれるよ」と急かすが、ロトはまごついている。仕方なく天使たちは、ロト、その妻、二人のの手を引いてソドムから逃げ出させた。その時天使は「振り返って見てはならない」と言った。

そしては、ソドムゴモラ硫黄と火のを降らせ、これらのの全ての建物、住民を滅ぼした。

ロトと二人のは助かった。だが、ロトの妻は天使の忠告を守らずにそのを振り返って見てしまい、の柱と化してしまった。

ロトは小さな町に逃げ込んだのだが、その町に住むことを恐れるようになり(何が怖かったのかは聖書にも記されていない)、町から出て二人のとともに洞窟に住むようになった。

その洞窟での生活の中で、ある日二人のの内のにこう言った。

「この洞窟にはお父さんしか居ません。こんな洞窟には他の男が訪ねてくることはありません。じゃあ仕方がないからお父さんを酔い潰して、それからお父さんと寝ましょう。そうすればお父さんの種(意味深)を授かるでしょう」

二人はこの恐ろしい計画を実行。一晩の時にも、二晩の時にも、ロト全に意識を失っており気付かなかった。そして二人の父親息子み、出産した。

クルアーン

イスラム教においても重要な人物と考えられており、クルアーンではロトルート)は預言者の一人として扱われている。悪徳に染まったの教えを告げるために遣わされたとされる。

史跡(あるいは単なる観光名所)

ロトが住んでいたソドムの跡地、ロトの妻が変化した柱、ロト2人が住んでいた洞窟は、現在イスラエルヨルダン開されている。

ただし信憑性は不明。

ロトの妻」は「の柱」になったはずだからそんなもんが数千年も残るか?と言う気もするが、である死の近くにあり、いわゆる「岩」でできた岩柱らしい。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%88%28%E6%97%A7%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロト(旧約聖書)

1 ななしのよっしん
2015/08/26(水) 21:29:38 ID: F/duo6MWqE
> ロト
> イスラエル民族の族長アブラハムアブラム)の甥(おい)。
> 彼は2人の近親相姦(そうかん)によって2人の子供をもうけ、モアブ人とアンモン人の先祖となる(19章)。
https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%88-153146#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29exit
2 ななしのよっしん
2015/10/20(火) 04:09:10 ID: LMf2LbePGr
ロトの妻のの柱の話一つだけで、
いかにユダヤ教キリスト教イスラム教科学宗教歴史政治経済が間違っているのかが如実に分かるよ。
3 ななしのよっしん
2015/10/20(火) 04:25:38 ID: BFs46tKtQq
マルチポストやめーや
4 ななしのよっしん
2018/06/13(水) 23:52:32 ID: 03xkoowFRN
創世記』の微妙な扱いからして、元々ロトモアブ人かアンモン人の神話の人で、後でヘブライ人の神話と合流した(旧神話はそのまま散逸)臭いんだよな…
に交わされた話も八丈島のタナ婆伝説男女逆みたいなだったんじゃないかと。