ロバート・ローズ単語

ロバートローズ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ロバート・ローズ(Robert Rose1967年3月15日-)とは、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手内野手)である。日本球界では横浜ベイスターズ千葉ロッテマリーンズに所属した。

ロバート」の称「ボビー」と呼ばれることがある。また、タフィ・ローズと混同されることが多いため、R.ローズと表記されることもある。しかし、こちらの方のりは“ROSE”である(タフィの方は“RHODES”)。

概要

1985年MLBドラフト5巡カリフォルニア・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス)に入団。

1989年メジャー初昇格し、14試合に出場。

1992年に移動中の交通事故折したためにマイナーに降格し、同年オフ横浜ベイスターズに入団。

横浜時代

当初は守備が期待されての入団で、打撃はそこまで期待されていなかった。同じく1993年に入団したグレンブラッグスの方が期待度が高かったが、いざ蓋を開けてみると、予想以上の活躍で、来日1年から打率.325、19本塁打94打点を挙げ打点王にく。また、長年チームレギュラー二塁手だった高木豊から全にポジションを奪い、同年オフに戦外に至らしめた(ただ、実際のところは、駒田徳広獲得のために資調達のためだったといわれている)。

1995年5月2日中日ドラゴンズ戦、1997年4月29日ヤクルトスワローズ戦、1999年6月30日広島東洋カープ戦と3度サイクルヒットを達成しているが、現時点でサイクルヒットを3回達成しているのはローズのみである。


1997年からは横浜不動の4番に座る。


1998年、3番鈴木尚典(同年首位打者)、5番駒田徳広(勝負強い満塁男)との強クリーンナップで横浜リーグ優勝日本一に導いた(同年の打撃成績は打率.325、19本塁打96打点)。


1999年、一度引退宣言をしたが後に撤回する。同年は開幕から例年以上にハイペースで打ちまくり、6月30日広島戦で自身三度サイクルヒットを達成する。7月22日ヤクルト戦ではセ・リーグタイ記録となる1試合10打点を挙げ、史上初めて前半戦(81試合)で100打点を達成する。7月25日オールスターゲーム第2戦(甲子園)で1試合6打点オールスタータイ記録を挙げMVPいた。
終わってみれば、打率.36937本塁打153打点(歴代2位)を挙げ、首位打者打点最多安打タイトルを獲得、特に打率.3692008年内川聖一に抜かれるまで右打者最高打率打点1950年に161打点を挙げた小鶴誠松竹ロビンス)に次ぐ2位、192安打2005年青木宣親更新するまでセ・リーグ記録だった。これだけの活躍をしたにもかかわらず、同年のMVP優勝した中日野口だった(同年の横浜は3位)。


2000年にも168安打を放ち最多安打タイトルを獲得するも、そのオフアメリカでの生活を家族が望んだことや、高額となった年俸・複数年契約希望など、球団との条件面での折り合いがつかなくなったことから、横浜を退団・帰した。


2002年千葉ロッテマリーンズに入団。しかし、キャンプ中の紅白戦で8打数安打と極度の不振に陥り、そのままキャンプ途中に記者会見を開き、「野球に対する情熱と野球に関するすべてのものがなくなった」と発言、プレーすることなく開幕前に退団、引退となった。そのためか、千葉ロッテマリーンズに在籍したことはあまり知られていない。

現在横浜チャンステーマに自身の応援歌が使われるなど、横浜史上最強の助っ人との呼びが高い。

引退後

アメリカに帰り高校コーチなどをしていた。

2013年からテキサス・レンジャーズ1Aの打撃コーチに就任。

2018年からはボルチモア・オリオールズ1Aの打撃コーチを務める。

成績

通算打撃成績

通算:12年 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
MLB:4年 73 223 200 24 19 11 3 5 23 1 3 2 15 3 33 5 .245 .305
NPB:8年 1039 4525 3929 574 1275 238 36 167 808 16 1 50 488 57 566 144 .325 .402

タイトル・表彰・記録

タイトル
NPB 打点 2回 1993年1999年
最高出塁率 1回 1997年
首位打者 1回 1999年
最多安打 2回 1999年2000ねん
NPB ベストナイン 6回 1993年1995年1997年-2000年
MVP 3回 1995年7月1998年9月1999年6月
ゴールデングラブ賞 1回 1998年
オールスターゲームMVP 1回 1999年第2戦
その他
NPB サイクルヒット 3回 1995年5月2日1997年4月29日1999年6月30日

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロバート・ローズ

11 ななしのよっしん
2012/11/24(土) 08:52:14 ID: J826Nui2Oc
>>6
外人ベストナインはスタメン確定
NPBベストナインでも二塁落合っていうのに違和感を感じる人の選出は大いに考えられるレベル
12 ななしのよっしん
2014/04/17(木) 16:30:35 ID: 5OH6mc1h/w
マートン上位互換みたいなもんだからな
13 ななしのよっしん
2014/04/18(金) 21:39:28 ID: I8uSIxrmU/
>>10
おう、わかるぞ
あのころは5.6点くらいまけけて8回なんていう条件でも
まだいける、まだいけるぞって思ってたわ
14 ななしのよっしん
2014/04/21(月) 09:29:30 ID: xBthQN8V0g
応援テーマ曲が「きんぎょ注意報!」のOP「わぴこ元気予報!」に似てた
15 ななしのよっしん
2014/05/17(土) 09:19:39 ID: vIKvw/lFWI
>>5
当時野球見てた人間ならある程度は知ってるかもね。てか昭和末期生まれぐらいまでの野球ファンならローズ知ってるだろ。ダルビッシュ世代のバース知ってる感覚なぐらいレジェンドクラス

ロッテの件に関してはめて残念やな。バース家族関係考慮した結果の揉めた上での退団劇だったそうだし・・・。首都近郊とは言え田舎千葉且つ低迷期のロッテだったのが士気上がらない上に家族染めずダメだったのかもな。それこそまだ全盛期だったヤクルトジャイアンツとか都内住みで待遇抜群どうだっただろうか?
16 ななしのよっしん
2014/07/12(土) 00:02:30 ID: P/U5JVVVtd
あのローズが来る、という期待感凄かったなあ
今思えば2年間まるまる試合経験なしって時点で気付くべきだった
でも、めに帰ったおかげで3割30100打点の代役が来たと思えば…
まあその代役その年のオフ放出しちゃうんですけどね
17 ななしのよっしん
2015/05/31(日) 17:05:50 ID: thNAPot5I3
シューマッハの復帰再引退とか見てると、やっぱアスリートは
年食ってからブランクくと難しいだろうなあ。
18 ななしのよっしん
2015/10/08(木) 11:29:54 ID: 5O1zC2cs7b
横浜の新監督補に名前が出ててビックリした。
19 ななしのよっしん
2015/10/11(日) 16:18:55 ID: vIKvw/lFWI
>>17
F1とかモータースポーツ野球以上にかなり体いるからな。
一度引退して数年離れていたらそら勝つとか活躍は難しい世界
おまけにシューはバイクで首悪くしてたのと年齢的なのもあって、
復帰するって言われてた時点でwktkの半面通用しないって言われまくってた。
勝てはしなかったもののモナコで予選1位あったり往年のきは垣間見えたが

てか打撃なんてただでさえ常日頃から「打撃はもの」なんてぐらいだから、
年齢そこそこだったし2年ブランクで打つ(ミートポイント)感覚が衰えてたろうし、
やっぱそれ考えると家族の問題解決できていても横浜時代の活躍は理だったかも。
20 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 00:51:44 ID: fUKxEOiTJ4
今のロペスやソトも球団史に残る素晴らしい活躍をしてくれているけど、
この人は毎年3割15本80打点打てるセカンドだったから頼りになり過ぎてヤバかったなぁ。
昔は今より試合数が少ないのを考えると8年間の均が101打点なのは中々の打点乞食っぷりだった。

4番打者とセカンドレギュラーを同時に埋めたかったロッテ気の毒だったが、
普通に考えて30後半の人が2年間もブランクあったら戦にならないとく気付くべきだった。

急上昇ワード