ロボコップ(1987年の映画)単語

ロボコップカッコセンキュウヒャクハチジュウナナネンノエイガトジカッコ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ロボコップ』(RoboCop)とは、とは、1987年アメリカ製作開されたSFアクション映画であり、劇中に登場したサイボーグ警官の名称である。ロボコップシリーズにおける記念すべき第一作である。

物語

未来アメリカオムニ・コンシューマー・プロダクツOCP日本では一貫してオムニ社と通称される)によって全体が支配下に置かれたデトロイト。デトロイトは犯罪都市としての側面も持ち合わせていた・・・。

トロイト警察DPD)の警官アレックスマーフィー巡査アンルイスと共に指名手配中のクラレンス一味を追い、クラレンスのアジトを発見するも・・・・マーフィークラレンス一味によって惨殺されてしまう。

マーフィーOCPが推し進めていた「警官をロボット化する計画」の元、”ロボコップ”として甦る。

ロボコップが投入される事により、デトロイトの治安は徐々に回復していった。そんな折、ロボコップことマーフィー改造される以前の記憶を取り戻し”ロボット人間との狭間”で苦悩する・・・・。

概要

監督 ポール・バーホーベン 製作 アーン・L・シュミット 脚本 エドワードニューマイヤー
マイケルマイナー
製作 ジョン・ディビソン 配給会社 オライオンピクチャーズ
日:ワーナー・ブラザーズ
60回(1987年アカデミー賞
  • 編集賞、音響賞ノミネートにノミネート。特別業績賞(音響編集)を受賞。

低予算ながら、行収入が5300万ドルも越えたSF映画

本作におけるロボコップの設定等が当時の視点から見て秀逸であると大きな話題を呼んだ。ヒーローものらしからぬ、余りにもしい残虐・暴力描写でR指定を受けた事でも有名。

ロボコップの特殊メイクED-209ロボコップ2号機(続編2に登場)の迫あるストップモーション・アニメーションも見所の一つ。

尚、ロボコップの外見デザインにおいては日本特撮宇宙刑事ギャバン』に大きな影を受けている事でも知られている。

ポール・バーホーベン監督が直接バンダイ許可める手紙を送り、バンダイ側は許諾した。

2014年リメイク版が開された。

キャスト

ロボコップ

殉職したアレックスジェイムズマーフィー巡査OCPのプロジェクトによりサイボーグ化されて甦った姿。マーフィーの顔(顔面皮膚)、、臓器、生体組織等がメカと一体化している。正式名称は「OCPクライム・プリヴェンション・ユニット001」(OCP Crime Prevention Unit 001、「OCP犯罪防止ユニット001」の意)。

その能力

特殊金属、防弾ゴムによる強固で頑丈なボディは並みの銃火器によるダメージを受け付けない。怪力マシンガン身を捻じ曲げてしまう程のパワーを誇る。高性センサーにより犯罪者を直接視認しないで、狙撃するという離れ技も見せている。

ロボコップが見聞きした情報は保存され、いつでも再生出来る様になっており、紋を分析したりする等、一種のポリグラフ(発見器)のような機も備えられており、ロボコップにをついても通用しない。

でさえ強固なボディに、消えたマーフィー巡査の記憶が甦る事で、生前の優れたと相成って犯罪撲滅に高い効果を上げた。

現場に向かう際には基本的にはパトカーに乗るが、2では麻薬ケインを追跡する際にハーレーに乗り、運転した事があった。

※他にも3では普通乗用車を運転する姿も見せている。

弱点

ロボコップの弱点として挙げられる物としては複数有り・・・

まずはその鈍重なボディがとなり、機動は高くない点である。重火器で狙撃されたり、3での忍者ロボットオートモに手数で圧倒されたシーン等で伺える。

もう一つは、ロボットとしての宿命なのか「組み込まれたプログラムには逆らえない点」である。

例を挙げると、OCP幹部をある容疑で逮捕しようとした際、予め組み込まれたプログラムによって行動に制限を掛けられ、動作不可能になった事があった。(終盤、ある人物の機転によりしている。)

更に、2にて犯罪者一味にバラバラに破壊された後、復元されたのだが、OCPの意向でプログラムを書き換えられて、マーフィーとしての人格を封印されてしまった事があったが、ロボコップはを自らに高圧電流を流す事で強引に電子回路部分を狂わせて、解除してしまった。

武装・メカニック

オート9(Auto-9)
ロボコップの標準装備である9mm全自動拳銃マシンピストル)。ベレッタM93Rベースとなっている。右大腿部分に収納されており、使用の際は自動的に右大腿部分が開き、取り出される。機械制御による精密射撃とマーフィーの腕との相乗効果により脅威の命中を誇る。ロボコップはオート9を収納する際、生前と同じく、西部劇の様に拳銃をスピンさせる癖を見せた(劇中での架ヒーロー「T.J. Lazer」の真似)。
データスパイクData Spike
ロボコップが情報端末にアクセスする際、右腕部分から飛び出すスパイク状の接続端子。これを端末に刺す事により、コンピューターアクセスしている。戦闘においても、敵に突き刺すといった攻撃方法が取られる事も。
コブラアサルトキャノンCobra Assault Cannon)
厳密にはロボコップの装備品ではく、元々はクラレンス一味が使用していた対物狙撃ライフル。単にコブラキャノンとも。バレットM82A1ベースとなっている。ロボコップはこれを奪取し、OCPの警備に当たっていたED-209の撃破に役立てた。
『ロボコップ2』ではコブラキャノンと似た対物狙撃ライフルが登場し、暴走したロボコップ2号機への狙撃に使用している。
強化アタッチメント
『ロボコップ3』で登場した新装備。ウェポン・アームガン・アームとも呼ばれる。左腕を外してこのアタッチメントを装着する事で9mm機関銃火炎放射器、小ミサイルランチャーの使用が可となる。
フライトパック(Flightpack
強化アタッチメント同様、『ロボコップ3』にて登場した新装備。ジェットパックとも。この装備により、ロボコップは飛行可となり、機動が飛躍的に向上した。エネルギーが切れた際の非常用バッテリーrecharging station)としての機も兼ねている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%97%281987%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロボコップ(1987年の映画)

141 ななしのよっしん
2018/09/08(土) 10:45:34 ID: oos7BenW6t
新しい方は初代の悪趣味な展開が存在しないので普通な作品になってる
142 ななしのよっしん
2018/09/29(土) 01:18:57 ID: j4eVfAUuCG
リメイク版は旧作マーフィーが少しずつ取り戻していった人間性を、今度は逆に少しずつ奪っていくってアプローチは上手くやってたんだよ
ただ結果としてロボコップを作る過程が長かったり、オムニコープに重が置かれちゃってて全体として堅苦しい作りになった感は否めないのは残念だった
143 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 23:23:28 ID: qkjqkCEjt3
モートンファーストネームロバートじゃなくてボブボブモートンだぞ。ウィキペディアでもなぜかロバートモートンになってた。編集者の方記事の修正お願いします。
144 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 06:24:55 ID: rt3wPJEjUt
>>143
ボブロバート称だダカタレ。修正お願いしますとかアホかよ
145 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 22:27:27 ID: qkjqkCEjt3
>>144
あ、そうだったのかw てっきボブモートンまでロバートモートンになっててED209並みの失態をやらかしてしまうところだったよ(大汗)
146 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 22:30:20 ID: qkjqkCEjt3
>>145
間違えた、リチャード・ジョーンズだった。誤作動なんてレベルじゃないな(大汗)
147 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 10:51:39 ID: PrOFDArSf8
リメイクは何かと酷評されてるけど
正直旧シリーズも『1』以外はクソじゃないか?
『2』は投げっぱなしEND意味不明だし
『3』に至っては安っぽい子供騙し
に言わせりゃ『2』『3』よりリメイクの方がマシだし
シリーズの新作と言われても正直期待できない
148 ななしのよっしん
2019/11/10(日) 20:48:27 ID: 1P8GBxRXcZ
確かに3は擁護不能なほどヒドかったな
でも2はまあ楽しめたよ
149 ななしのよっしん
2020/01/23(木) 18:24:20 ID: PqK+NdmKUG
リメイク版よりは2と3の方がまだマシ
150 ななしのよっしん
2020/02/10(月) 07:56:24 ID: 7KZORtYvL+
ロボコップシリーズの肝は資本主義社会への皮アンチテーゼとか、あの時代のジャパンバッシング空気日本によって追い詰められて荒していくデトロイトの市民生活と産業)
利益至上義の企業経済が極端に行きすぎて社会市民生活を侵食した結果、人権や人命が驚くほど軽視されていくディストピア(人の命はより安い、企業人間なら企業を持つ)、という未来予想図で成り立ってる世界観だから
そういう社会風刺要素、ブラックユーモア要素を抜いちゃったらロボコップじゃないんだよな

それとターミネーターもだけど、現代はロボット進化して生物的でなめらかな動きになってきてると言っても、やっぱり観客に『機械の役』だと納得させるには
記号的でもわざとらしいほど分かりやすい『機械っぽい動き』を役者パントマイムでやらすのが重要
それがないと、結局ただの着ぐるみ着た人間にしか見えない
役者は実際にただの生身の人間だからね

リメイクロボコップのダメだった点はやっぱり、ロボコップアイアンマンバットマンみたいなスーツを着た
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)