ロメル・ルカク単語

ロメルルカク
7.4千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ロメル・ルカクRomelu Menama Lukaku, 1993年5月13日 - )とは、ベルギーサッカー選手である。イングランドプレミアリーグチェルシーFC所属。

ポジションはFW。190cm104kg。利き足は左足。

概要

ベルギー北部のアントウェルペンで生まれ、コンゴ民主共和国(旧ザイール)にルーツを持っている。恵まれた体格を活かした圧倒的なフィジカルと中戦の強さ、スピードを活かした突進、そして左足での強シュートによって10代の頃から注されたベルギーを代表するストライカーである。

ベルギー代表にも17歳の頃から選ばれており、FIFAワールドカップに2回、EUROに1回出場。2018 FIFAワールドカップではチーム最多の4ゴールを記録し、ベルギーの3位入賞に貢献。エデン・アザールケヴィン・デ・ブライネらと共にベルギー世代の中心選手となっており、同代表の最多得点記録保持者でもある。

ちなみに、のジョルダン・ルカクもベルギー代表としてプレーしているプロサッカー選手であり、W杯ロシア大会には兄弟って出場している。また、父親ロジェ・ルカクもザイールプロサッカー選手としてプレーした経験がある。

経歴

生い立ち

父親の影サッカーを見るようになり、5歳の頃に地元のチームであるルペル・ボームFCサッカーを始める。ここで4年間プレーした後にスカウトに見い出され、2004年からはリールセSKでプレーするようになる。

幼い頃のルカクは同年代の子とべても体が大きく、13歳のときには大人審をぐほどの体格にまで成長しており、母親は試合に出場するために出生明書を持っていく必要があったほど。その影もあってか、リールセでプレーしていた2年間で68試合121ゴールというとんでもない成績を残し、この頃から怪物として注を集めるようになっていた。

一方で少年時代のルカク母親牛乳を混ぜることで量を増やすほど貧しい庭だった。また、移民出身なこともあって黒人コミュニティに属していたため、当時から人種差別被害に遭っていた。

アンデルレヒト

2006年にRSCアンデルレヒトの下部組織に入団し、2009年5月24日に当時16歳という若さトップチームデビューを果たす。

実質プロ1年2009-2010シーズンには、として活躍するようになり、チーム得点となる。2009年12月17日UEFAヨーロッパリーグアヤックス戦で2ゴールを決め、UEFA催の大会における史上3番に若い年齢でのゴールを記録。プロ舞台でも怪物ぶりを発揮したルカクは、最終的に33試合15得点を記録し、16歳10かという史上最年少でジュピラ―リーグ得点王にき、アンデルレヒトリーグ優勝に貢献。童ルカクの名は欧州中に知れ渡ることになり、ビッグクラブからも注を集める。

2010-2011シーズンアンデルレヒトエースとしてゴールを量産。2シーズン連続での得点王こそ逃したものの、37試合16得点という前年を上回る成績を残す。もはやベルギー内に留まっておく存在ではなくなっていた。

チェルシー

18歳となった2011年8月11日イングランドプレミアリーグチェルシーFCへ移籍。ルカクは熱狂的なチェルシーサポーターとして知られており、憧れのクラブへの入団となった。加入1年には憧れのディディエ・ドログバチームメイトになったが、そのドログバフェルナンド・トーレスなどからポジションを奪取することはできず、公式戦でわずか12試合しか出場機会が与えられなかった。後に当時監督だったアンドレ・ビラス・ボアスから信頼を得られず、確執があったことを明らかにしている。

WBA

2012年8月10日、出場機会をめてウェスト・ブロムウィッチアルオンFCレンタル移籍することが決定する。移籍からわずか1週間後の8月18日プレミアリーグ開幕戦FCリヴァプール戦でプレミアリーグゴールを決め、新地での幸先の良いスタートを切る。その後はチェルシー時代と違って監督の信頼を掴み、ゴールを量産。2012-2013シーズンの最終節となったマンチェスター・ユナイテッド戦ではハットトリックの活躍を見せる。最終的にキャリアハイとなるリーグ戦17得点叩き出し、クラブ史上最高順位となる8位でのフィニッシュに貢献することとなった。

エヴァートン

シーズンに飛躍を遂げたものの、保有元のチェルシーでは出場機会を見込めず、2013年9月2日イングランドプレミアリーグエヴァートンレンタル移籍。スペイン人のロベルトマルティネス監督からは突破を見込まれてウイングとして起用されることも多かったが、前半戦は戦術へのフィットに苦戦し、ノーゴールに終わっていた。しかし、1月以降の後半戦では打って変わって大爆発し、後半戦だけで15ゴールを記録してしまう。クラブは創設以来最多となる勝ち点72を稼ぎ、5位でシーズンを終了。5年ぶりとなるEL出場権を獲得した。

2014年7月10日にはエヴァートン全移籍を結び、移籍クラブ史上最高額となる2800万ポンドとなった。すっかりエースとしての地位を確立させたルカクは、9月27日リヴァプール戦においてマージーサイド・ダービーでの初ゴールを記録する。しかし、ELとの過密日程に苦しんだチームは安定感を欠いた戦いぶりが続き、そのELでもラウンド16で姿を消すことになる。ルカク自身もマークが厳しくなったことやチームの低調ぶりで孤立することが増え、10ゴールと言う不本意な成績に終わる。

2015-2016シーズンも、自身は孤軍奮闘したもののチーム状態は下降線を辿っており、プレミアリーグでは4シーズン連続での二桁ゴールとなり、自己のキャリアハイとなるリーグ戦18ゴールを記録するが、チームは上位に食い込むことができないまま、前年と同じ11位に終わる。

2016-2017シーズンは、この年から監督に就任したロナルドクーマンからCFに固定されたうえに、与えられるタスクの量が減ったこともあって前のシーズンを上回るペースゴールを量産。2016年9月12日サンダーランド戦ではプレミアリーグでは自身2度となるハットトリックを記録する。この頃はすでにプレミアリーグにおいても手をつけられない存在となっており、最終的に前のシーズンの記録を大幅に上回る24ゴールを記録。得点王こそハリー・ケインに譲ったものの、得点ランク2位という活躍が認められてプレミアリーグの年間ベストイレブンに選出。自らの価値をさらに高めたシーズンとなった。

マンチェスター・ユナイテッド

2017年7月10日マンチェスター・ユナイテッドFCと5年契約を結び、再びビッグクラブに挑戦することとなる。8月13日、新地でのデビューとなったプレミアリーグ開幕戦のウェストハム戦で2ゴールを決めて勝利に貢献。フィジカルタイプのFWを好むジョゼ・モウリーニョ監督からも重宝され、初出場となったUEFAチャンピオンズリーグでも8試合で5得点という成績を残す。2018年3月31日プレミアリーグ第32節スウォンジー戦でゴールを決め、ベルギー人初となるプレミアリーグ通算100ゴールを達成。最終的にリーグ戦16ゴールを記録したが、マンチェスター・シティの独走を許して2位に終わり、冠に終わったこともあってルカクの活躍はそれほど大きく評価されていなかった。

2018-2019シーズンチームは不振を極め、大事な試合で不発に終わることが多かったルカクに対する批判が強まるようになる。特にBIG6と呼ばれるライバルチームとの直接対決ではモウリーニョが極端な守備的な戦術を採用したこともあってを挙げることができず、この試合で結果を残せなかったルカクをタイトル争いから遠ざかった戦犯に挙げるも多かった。2018年12月モウリーニョが解任となり、クラブOBのオレ・グンナー・スールシャールが監督に就任すると、若いアントニー・マルシャルやマーカス・ラッシュフォードが重宝され、ルカクの立場は揺らいでいった。ユナテッド時代のルカクは、2シーズン公式戦96試合42得点13アシストと数字の上ではなかなかの成績を残しているが、ビッグマッチで結果を残せなかったことでサポーターメディアからの心が悪かった。一方、戦術理解の低いマルシャルやラッシュフォードの分までチームプレーしていたと援護する識者もいる。

インテル

2019年8月8日、新監督に就任したアントニオ・コンテの要望もあり、イタリアセリエAインテル・ミラノへの全移籍が発表される。移籍は8000万ユーロとされており、インテル史上最高額での移籍となった。背番号は「9」。高額な移籍での加入に懐疑的なもあったが、セリエAでのデビュー戦となったレッチェ戦でゴールを決めると、9月21日の第4節宿敵ACミランとのミラノ・ダービーで決勝ゴールを決め、サポーターハートを掴む。以降、インテルの新たなエースとして君臨し、ラウタロ・マルティネスとの息の合った2トップゴールを量産。同時にボールの収めどころとして戦術の核となり、コンテ監督の起用法と食生活の善によるコンディションの維持によってポテンシャルフルに発揮できるようになった。また、ELでは決勝のセビージャ戦でゴールを決め、11試合連続ゴールという記録を作り出す。結局チーム冠に終わったものの、公式戦通算34ゴールという怪物ロナウドに並ぶチームの歴代年間最多ゴール数に並ぶ記録を生み出した。

インテルでの2シーズンとなった2020-2021シーズンも開幕2試合で3ゴールを奪う好スタートを切り、前年の好調を維持する。規格外のフィジカルを駆使した圧倒的なスケールの大きさはセリエAのDFたちの脅威となり、ボローニャの冨安健洋もルカクとのマッチアップでは手も足も出ずに敗している。CLでも5試合で4ゴールチームを牽引していたが、チームはまさかのグループ最下位に終わり、期敗退を余儀なくされている。だが、年明け以降のインテルチームが一段階アップするようになり、ミランから首位の座を奪ってそのまま走り続ける。2021年1月25日コッパ・イタリアの準々決勝ミラン戦では、ズラタン・イブラヒモビッチと一触即発の睨み合いとなり、2人のあまりの威圧感と迫世界中が震撼した。2月14日セリエA第22節ラツィオ戦でゴールを決め、キャリア通算300ゴールを達成する。2月23日、首位攻防戦となったミランとのミラノ・ダービーでは1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献。この勝利によってインテルは首位を独走し、5月2日に11シーズンぶりのスクデット獲得が決定。36試合で24得点11アシストという成績を残し、ユナテッド時代は大事な試合で決められないことを批判された男がエースとしての仕事を全うし、タイトルをもたらすこととなった。

チェルシー(第二次)

インテルオーナーであるグループが経営危機に陥っていたこともあり、2021年8月12日イングランドプレミアリーグチェルシーFCに7年ぶりに復帰することが発表される。移籍チェルシー史上最高額である9750万ポンドとされている。背番号は「9」
2021-2022シーズンプレミアリーグ第2節アーセナル戦でチェルシーでの再デビューを果たすと、速先制ゴールを決め、チーム勝利に貢献する。

ベルギー代表

くから童として注されていたこともあり、2010年3月3日クロアチアとの善試合において16歳という若さベルギーフル代表にデビュー11月17日ロシアとの善試合では代表初ゴールを含む2ゴールの活躍を見せる。

その後、プレミアリーグで結果を残していたクリスティアン・ベンテケとのポジション争いを制し、エデン・アザールケビンデ・ブライネティボ・クルトワと共に世代の一人として代表の軸を担うようになっていく。2013年10月11日おこなわれた2014W杯欧州予選クロアチア戦では、2ゴールの活躍によってベルギーの3大会ぶりとなるワールドカップ本大会出場権獲得に貢献する。

21歳で迎えた2014 FIFAワールドカップブラジル大会でもFWのファーストチョイスとして出場するが、グループステージの最初の2試合で精を欠き、いずれもい時間帯で交代させられることとなる。ラウンド16のアメリカ戦ではディオリック・オリジにスタメンを奪われることになるが、延長戦から投入されると、延長前半終了間際に自身のW杯ゴールとなる値千の決勝ゴールを決め、28年ぶりのベスト8進出の立役者となる。

ブラジルW杯後のEURO予選では、所属するエヴァートンで不調だった時期と重なり、結果を残すことができず、予選を通じて5試合0得点という不本意な出来に終わる。だが、2016年に入って調子を取り戻し、2016年6月フランスで開催されたEURO2016メンバーにも選出される。グループステージ初戦のイタリア戦ではイタリアの老獪な守備の前に完封され途中交代となるが、続くアイルランド戦では2ゴールの活躍を見せ、2位での決勝トーナメント進出に貢献。その後チームベスト8まで進出したが、チーム戦術が整理されていないこともあって周りと噛み合わず、不本意な大会となってしまった。

代表監督ロベルトマルティネスに代わった最初の試合となった2018W杯欧州予選開幕戦のサンマリノ戦で2ゴールの活躍を見せ、勝利に貢献。長らく代表では結果を残せず、批判的なもあがっていたが、今予選ではエースストライカーとしてゴールを量産。2017年8月31日ジブラルタル戦では、自身代表では初となるハットトリックの活躍を見せる。結局今予選では8試合に出場して11ゴールという驚異的な活躍を見せ、ベルギーの2大会連続となるワールドカップ出場に大きく貢献する。2017年11月16日おこなわれた日本との善試合で代表通算31ゴールを決め、ベルギー代表の歴代最多得点記録保持者となる。

2度の出場となった2018 FIFAワールドカップロシア大会では、グループステージ初戦のパナマ戦で2ゴールの活躍を見せると、続くチュニジア戦でも2ゴールを決め、1986年大会のディエゴ・マラドーナ以来となるW杯での2試合連続2ゴールを達成する。決勝トーナメントに入ってからはゴールを奪うことはできなかったが、持ち前の高さとフィジカルによって前線の基準点として機し続け、ベルギー史上最高成績となる3位入賞の立役者となった。

2019年からおこなわれたEURO2020予選では、10戦全勝を記録し首位通過したベルギーの中で5試合に出場し7ゴールを決めている。2019年10月10日サンマリノ戦ではベルギー代表史上初の代表通算50ゴールを記録している。

2021年6月にはEURO2020に出場。初戦となったロシア戦では、2ゴールの活躍で初戦の勝利に貢献し、MOMに選ばれる。ゴールの際、直前の試合で試合中に心肺停止突然倒れたインテルの同僚であるクリスティアン・エリクセンに対してカメラ越しにメッセージを送っている。第3戦のフィンランド戦でもゴールを決め、準々決勝のイタリア戦では一矢を報いるPKを決めるが、チームは敗れている。それでも大会通算4ゴールを決め、準々決勝で敗れたチームからは一大会のベストイレブンに選出されている。

2021年9月5日2022 FIFAワールドカップ欧州予選チェコ戦でベルギー代表での通算100試合の出場を果たし、前半8分に代表通算68ゴールとなる先制ゴールを決め、勝利に貢献している。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2008-09 アンデルレヒト ジュピラーリーグ 1 0
2009-10 アンデルレヒト ジュピラ―リーグ 33 15
2010-11 アンデルレヒト ジュピラーリーグ 37 16
2011-12 アンデルレヒト ジュピラーリーグ 2 2
チェルシー プレミアリーグ 8 0
2012-13 WBA(loan) プレミアリーグ 36 17
2013-14 チェルシー プレミアリーグ 2 0
エヴァートンloan) プレミアリーグ 31 15
2014-15 エヴァートン プレミアリーグ 36 10
2015-16 エヴァートン プレミアリーグ 37 18
2016-17 エヴァートン プレミアリーグ 36 24
2017-18 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ 34 16
2018-19 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ 32 12
2019-20 インテル セリエA 33 21
2020-21 インテル セリエA 36 24
2021-22 チェルシー プレミアリーグ

プレースタイル

見たそのままの規格外のフィジカルを活かしたプレーが得意で、プレミアリーグセリエAの屈強なDFにマークされてもそれを圧倒的なパワーによって跳ね返してしまう。ストライカーとしてだけではなく、ポストプレイヤーとしても世界トップクラスで、手で体を掴まれてもしっかりとボールキープすることができる。足元の技術も高いため、そう簡単にボールを失わない。タメを作りながら2列の選手を生かすこともできれば、自ら前を向いてドリブルで強引に突破することもできる。そのため、ラウタロ・マルティネスのようなセカンドストライカータイプとの相性がいい。

常人離れしたパワーに加え、スピードも兼ね備えており、爆発的なダッシュによってDFを置き去りにし、そのまま独走してゴールを奪うこともできる。1試合均のドリブル成功数、ドリブル成功率共に高く、オープンスペースで前を向かれるとまず手がつけられない。

弱点は試合がスピーディーな展開になったときにプレー判断が著しく低下することと、フリーランニングの質がそこまで高くないこと。ただし、後者についてはインテル加入後、善されつつある。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロメル・ルカク

1 ななしのよっしん
2018/07/21(土) 23:31:18 ID: 5g6cUeCEcW
ルカク「こ、こんなくだらねーこと!畜生、操作していたのはベルギー女子代表選手ではなく、お前か、ウイイレマスター!!」
2 ななしのよっしん
2019/09/04(水) 07:37:50 ID: VK68rZv0h2
ええやん、なんぼなん

人種差別被害ルカクサッカー界の団結める
https://www.afpbb.com/articles/-/3242674exit

急上昇ワード改