ロングソード単語

ロングソード
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ロングソードとは、ヨーロッパで使われたの一種である。ここでは原になったアーミングソードも記述する。

概要

原型

ロングソードはアーミングソードの発展形である。このアーミングソードというのは中世騎士のベルトに差していた一般的なの総称であり、較的軽量で片手で扱いもう片方の手にを持つ。を失った場合だけでなく、乱戦や閉所などで使用し、補助的な武器であったがとともに重要視されていたようである。
なお、当時このアーミングソード以外、とみなされてなかったのか、ただ単に英:sword)とも呼ばれた。
形状は、低い冶技術のため六角形または断面の幅広な身を持ち、シンプルな十字鍔を備えている。更に部分には重量軽減などを的とした溝が掘ってある場合も少なくない。流はノルマン人やヴァイキングなどが用いていた長であるといわれる。普及したのは11世紀~12世紀だが非常に高価であったため騎士以外には普及せず身分明書的な側面も強かった(一般的な歩兵スカラマサクスと呼ばれる大、こん棒などをつかった。)。

ロングソードの出現と使用法の変化

ロングソードが出現したのは14世紀後半である。
これまで騎士の身に着ける最上は鎖帷子だったがや長フレイルと呼ばれる殻竿武器に対して、従来の鎖帷子はぜい弱であり、その対策のため徐々にで覆うようになっていき15世紀前までにはおおよその部分はで覆われたプレーメイルに変化したといわれる。(これは富裕層の騎士の場合であり、実際は鎖帷子の上に片を縫いつけた防護をつけるのが流だった。)
このようなに対応するために生まれたのがロングソードであり、冶技術の向上も手伝ってかアーミングソードべ長く鋭くなり、やや重くなったが、重心が手元よりになったことで汎用性は変わらず、さらに用法も鎖帷子を任せに断ち切るような単純なものから、の脆弱部を突くため、複雑で精密な刺突を中心とする、剣術と呼べるような技術に変わり発展していった。またが発達したことによりが形骸化したことで片手だけでなく両手でも使うようになった。長は85110cm、全長は100cm120cm均的な重量は、14世紀後半のもので約1.4kg前後である。

分類と定義

ちなみに、英語圏でのロングソードはバスタードソードハーフアンドアハーフなどの片手でも両手でも扱うことができる片手半に分類(とう言うより同義)とされる事が多い。しかし、書籍によっては先述のアーミングソードをロングソード前期、その発展形をロングソード後期とし片手半とは別物とされる場合や、片手半はロングソード後期バリエーションの一つとして分類されることもあり、ロングソードの定義は曖昧である。またロングソードに限ったことではないが実用されていた当時はロングソードという名称はなく後世の学者が区分わけしやすいように後付された名称という摘もある。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロングソード

1 ななしのよっしん
2015/12/06(日) 11:40:04 ID: g3dh6m3ADg
横2マスを攻撃出来そう
2 ななしのよっしん
2015/12/06(日) 14:21:20 ID: 9flhrAJb/h
お前にはロングソード
3 ななしのよっしん
2015/12/06(日) 19:17:33 ID: ukC2Yk4nXM
生+15でも充分使えそう
4 ななしのよっしん
2017/04/14(金) 20:40:27 ID: DjG4JHTA48
英語圏でもやっぱり呼称の混同(混乱)があるみたいね
つべからだけど下の動画の解説はなんとなくしっくりきた
https://www.youtube.com/watch?v=pWuJQ2QkG04exit
5 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 12:08:16 ID: /jhv255H8l
つべの「Adorea longsword fight duel」はオススメ。
西洋剣ではあまり見つからないスパーリングでも試合でもない殺だし
西洋剣術独特の搦め手や格闘もちゃんと取り入れられてる