ロードス島戦記単語

969件
ロードストウセンキ
6.1千文字の記事
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

ロードス島戦記とは、水野良原案の架空幻世界フォーセリア」(ロードス島戦記のほか、クリスタニアソード・ワールド舞台である)に存在する、戦乱の絶えない“呪われたロードスを舞台としたハイファンタジー作品である。

概要

最初期はその世界観やストーリーテーブルトークRPG(以下TRPGとする)である「クラシック・ダンジョンズ&ドラゴンズ」のルールを使ったリプレイ集としてコンプティーク誌上で連載されていたが、そこでかなりの人気を得たため、後に小説化、ドラマCD化、コミック化、アニメ化コンピューターゲーム化と幅広いマルチメディア展開が続けられた。

基本的には角川スニーカー文庫で出版されているライトノベル「ロードス島戦記」シリーズのことをすが、その元となったTRPGしていることもある。

発表当初こそ「ヒロイン人気で保っているだけの作品で、ファンタジーとは言えない」などという批判もあったが、ファミリーコンピューター(通称ファミコン)のコンピュータRPGドラゴンクエスト」の人気爆発した以降はそれ以上に“軽い”亜種ファンタジー内では流になってしまったため、今となってはロードス島戦記も重なハイファンタジー作品になっている。

世界観は今の時代では王道えてありきたりになってしまった「古代の偉大な魔法文明が滅びたあとの世界魔法ファンタジー」であり、ストーリーの大まかな流れも「ひとり騎士平和ロードスをして歴史で操る魔女を打倒する英雄物語」と言えるので、ファンタジー作品であふれかえる現在では“昔人気があった典的なヒロイックサーガ作品”の一言で片付けられてしまいがちである。

しかしながら、ロードス島戦記は常に主人公を上回る英雄が周りにいる状況を作り出しているので、決して主人公独りよがりなストーリーにはならず、敵対する者にも大抵は集団対集団の「戦争」という形で決着をつけているため、その硬な一連の流れを評価し続ける者は多い。

さらに言えば、この作品は元がTRPGであるため、物語としての大きな流れは主人公である自由騎士パーン軸になっているが、各巻ごとに役となっている人物はそれぞれ異なり、ロードス島戦記が決して一人の英雄のみによって紡がれる物語ではないことを示している。後半部分などは特にその面が色濃く表れており、初期パーティーであるパーンとその他一行はあまり登場していない。

また、この作品の世界観やキャラクターを受けた作品は多く、後年のファンタジー作品にはロードス島戦記の面を残すキャラクターや設定部分が数多く見受けられる。

なお、本家となる「ロードス島戦記」の他にも、戦記の前の時代に六英雄が活躍した魔神戦争を描く「ロード伝説」と、戦記後半の主人公であったスパークが王になる続編の「新ロードス島戦記」がライトノベルとして存在し、同一の「フォーセリア世界である「ソードワールド」や「クリスタニア」なども関連作品としてあげられる。

2019年8月1日に新作「ロードス島戦記 誓約の宝冠」が刊行された。

主な登場人物

パーン

アラニア騎士だったの形見のを着て戦う人間男性
友のエトを誘って行ったゴブリン退治から様々な人々と出会い、伝説られるロードスの自由騎士へと成長していく。
TRPGリプレイでは「理・謀」の三義を掲げる暴走戦士だった。

ディードリット

帰らずの森ハイエルフの女性。精霊の扱いに長ける他直接戦闘もこなせる魔法戦士な実の持
人間世界への興味から故郷のを飛び出した後にパーンらに合流。冒険を続ける中でパーン相思相愛の仲となり、エトやスレインらと分かれた後もパーン行動を共にした。
和製エルフスタンダードとなった金髪貧乳細身の美女で長いが特徴。

エト

人間男性で至高ファリス官。
パーンと同じザクソンの出身で幼馴染でもある。パーンに誘われてゴブリン退治に出た結果、美人結婚し、ヴァリス国王になる。

スレイン

アラニアにある賢者の学院出身の魔術師人間男性
スターシーカー自称してザクソンで隠遁していたが、パーンに同行した事で様々な戦いや陰謀を経験した結果、探しめたレイリアを娶り、砂漠の国フレイムの宮廷魔術師となった。
TRPGリプレイでは、のんびり屋のうんちキャラ

ウッドチャック

アラニア出身の人間男性盗賊長身に大きなキズがある。
若い頃のつまらない盗みで捕まった結果、22年のも長い間収監されていた。
王子誕生の恩赦で出所した際にパーン一行と出会い、盗賊としてパーティーに参加した。

ギム

ドワーフ族の男性で細工師の腕前でも知られる歴戦の戦士
行方不明になった友人を捜していた時にパーンらと出会う。
宿敵カーラとの最終決戦において戦死。

オルソン

人間男性戦士にしてシーリス行動を共にする傭兵
を惨殺された事から怒りの精霊に取り憑かれており狂戦士化する。
TRPGリプレイ第二部に登場したプレイヤーキャラで、どこかで聞いたような雄叫びをあげながらを振るうもダイス運がさに泣かされる。元祖「不幸」の代名詞。
ダイス運のさは、リプレイ最終回から数話前の最終決戦であっさり死んだ結果、GMからのお情けで蘇生魔法奇跡の魔法を行使されるという蘇生チャンスを2度与えられたにもかかわらずどちらも失敗する程。なおリプレイ第三部ではしれっと復活してNPCとして登場した。

シーリス

衣装が特徴の人間の女戦士
実家カノン近衛騎士隊長という貴族出身だが、カノン滅亡後オルソンと共に傭兵生活を送っていた。
火竜山の戦いの後にハイランド国王レドリック結婚ドラゴンライダーとしてを駆る戦う王妃となった。

フォー

男子だが女性嫌いな人間男性盗賊兼吟遊詩人
自由都市ライデン盗賊ギルドマスターの養子だったが、義を殺した犯人ギルドをのっとられた上に義殺しの犯人にされてしまった為、偽名を名乗ってフレイム傭兵をしていた時にパーンらと知り合う。
後に義を殺した犯人を倒してライデン盗賊ギルドマスターとなり、盗賊シーフ)という呼び名をスカウトにめた。
TRPGリプレイでもカリスマの高さから美男子キャラロールプレイしていたが、実際のカリスマ値は最大値の18ではなく16。しかもマールの方は17だったりする。

セシル

女性に間違われるほどの美しい見たをした人間魔術師
短気で直情的な性格なうえに、女性的な見たを気にしてか意図的に男性的な強気口調で話し、ダガー片手に接近戦を挑む。一人だけカプコンD&Dをやっているような
スレインの押しかけて子として共に行動した後、ザクソン自治領の相談役となった。
TRPGリプレイ第二部に登場。魔法使いだがHPを与える頑健さが最大値の18だった為レベル4スタート時点で戦士オルソンHPが同じで、オルソンの攻撃があまりにヒットしない為、代わりに接近戦に参加してダイスロールでクリティカルを出すという前衛魔法使いの先駆けとなった。

マール

アレクラスト大陸出身のグラスランナー男性。吟遊詩人だが種族特性盗賊の素養が高い。
グラスランナーの例に漏れず好奇心旺盛で、大陸最強剣士を追ってロードへと渡ってきた。
パーンディードリット一行と巡り合い、パーンに新たな英雄伝説を見届ける為にに同行。カノン解放運動に参加した。
TRPGリプレイではハーフリング。「降勧告のバラード」などの持ち歌を数曲もっている。

スパーク

ロードス島戦記後半およびリプレイ第三部の主人公人間の見習い騎士男性
邪神復活させる「水晶球」奪還のにでて経験を積み、邪神戦争後に正式な騎士となり、後にマーモの初代国王になった。
TRPGリプレイ3部では、ライトングを駆る新米騎士として登場。毎度運のさに見舞われる二代不幸」の代名詞。リーフからは「スパークくん不幸」とよく言われていた。

ギャラック

屈強な体格をした人間男性フレイム傭兵
スパークくんの「水晶球」奪還のに同行し、バグナードとの戦いで戦死するもマーファの奇跡った。
TRPGリプレイでは、「フレイム白色彗星」をなのって頼れる戦士を演じていたが、肝心のバグナードとの最終決戦で一人だけファイアボール抵抗に失敗して戦死。蘇生魔法にも失敗して二代オルソンになりかけたが、水晶球の復活した。

ライナ

が隠れた髪型人間女盗賊ボンデージを着てムチを操る。アイヴィー
スパークくんの「水晶球」奪還のに同行。ギャラックと良い仲となり後に結婚した。
TRPGリプレイでは、スパークくんの財布を掏る事に成功した上、スパークくんの方も判定に失敗して気づかない結果になった事が、スパーク不幸伝説のはじまりとなった。

リーフ

パーンディードリット行動を共にするハーフエルフ少女
ロードにおけるハーフエルフの通例とは逆に父親エルフ母親人間で、両されて育った事が帰らずの森を開く事になった。
スパークくんの精霊使いとして参加。マーモにてエルフダークエルフの調停者となった。
TRPGリプレイでは、スパークくんの出の悪さや運の悪さが出たり、締めの言葉として「スパークくん不幸」とツッコむ役を担当している。
探していた母親役として読者投稿キャラが採用された。

アルド・ノーバ

モアイの様な厳つい顔と巨体を誇る人間男性フレイムの宮廷魔術師
温厚で臆病な性格ゆえ巨体と怪力を活かした戦士に進まず、魔法使いスレイン子となった。
スパークくんのに同行。邪神戦争後はマーモの宮廷魔術師になった。

グリーバス

マイリー官のドワーフ男性フレイムの宮廷祭。
スパークくんのに同行後、マーモのマイリー殿長に就任した。
TRPGリプレイでは、「マイリーの白色」をなのってボケまくり、ギムが築き上げたドワーフイメージを破壊するようなロールプレイをしていた。

アシュラ

ベルド率いるマーモ帝国の暗黒騎士団を率いる「衣の将軍」。
ベルド戦死後は、邪神戦争を経てクリスタニアにたどり着く。

ピロテース

OV版から登場したOVAオリジナルキャラダークエルフ女性アシュラムの配下。
ディードリットと同じ長いだが、胸は巨乳肌色褐色で、ダークエルフといえば肌ではなく褐色肌を印づけたキャラクターと言われている。
原作逆輸入された後、クリスタニアにも登場した。

TRPGリプレイ連載

第1部(ダンジョンズ&ドラゴンズ
連載期間:コンプティーク 1986年9月号~1987年4月

パーティー パーン ギム ディードリット スレイン エト ウッドチャック
キャラクター 戦士 ドワーフ エルフ 魔術師 僧侶 シー
HP 6 6 3 4 4 4
強さ(STR) 14 18 13 8 10 7
教養(INT) 10 9 12 13 10 12
知恵(WIZ) 8 10 9 8 13 10
敏捷性(DEX 9 10 15 12 14 16
さ(CON) 11 11 8 10 5 6
(CHA) 11 11 11 13 15 5

第2部(ダンジョンズ&ドラゴンズ
連載期間:コンプティーク 1987年6月号~1988年7月

パーティー オルソン マール シーリス フォー セシル
キャラクター 戦士 ハーフリング 戦士 シー 魔法使い
HP 24 24 19 17 24
強さ(STR) 14 11 16 10 8
教養(INT) 9 9 12 12 14
知恵(WIZ) 7 7 9 10 11
敏捷性(DEX 14 16 16 18 9
さ(CON) 12 13 7 12 18
(CHA) 14 17 13 16 10

3部オリジナルゲームシステム ※後のロードス島戦記コンパニオンと思われる)
連載期間:コンプティーク 1988年9月号~1989年9月
パーティメンバースパーク、ギャラック、グリーバスアルド・ノーバリーフ、ライア、

コンプティーク誌でのキャラクターシート

アニメ

OVA「ロードス島戦記」 1990~1991年

原作小説が連載中であった19901991年制作・販売された全13話のOVA作品であり、割愛されたエピソード原作とは異なる結末が描かれている。

オープニングテーマ

「Adèsso e Fortuna ~炎と永遠~」

作詞作曲新居昭乃 / 歌:Sherry加藤いづみ) / 編曲:荻田

エンディングテーマ

ファンタジア

作詞作曲伊藤 / 歌:Sherry加藤いづみ) / 編曲:荻田

TVアニメ「ロードス島戦記 ~英雄騎士伝~」 1998年

原作完結した5年後の1998年に放映されたTVアニメ作品であり、シリーズ前半はパーン達をとした火竜山までのエピソードシリーズ後半はスパーク達をとした原作最後までのエピソードとなっている。

オープニングテーマ

奇跡

作詞岩里祐穂 / 作曲編曲菅野よう子 / 歌:坂本真綾

エンディングテーマ

のすあし」

作詞作曲新居昭乃 / 編曲:保刈久明 / 歌:石橋千恵

ゲーム

関連動画

元がTRPG小説などの文章を媒体にした作品であるので、ニコニコ動画での関連動画は数が少ない。以前はロードス島戦記のOVAなども投稿されていたが、権利者によって全動画削除されている。

なお、TVアニメ版ロードス島戦記のOPとそのアニメソング奇跡」は、その作画や演出、歌詞、曲調共が非常に優れていたため、ロードス島戦記を知らない層にも人気を博し、「歌ってみた動画や「初音ミク」などのボーカロイドを扱った動画制作されている。

関連静画

関連生放送

関連チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロードス島戦記

259 ななしのよっしん
2022/07/29(金) 13:06:46 ID: 93Z4gSD/gh
👍
高評価
0
👎
低評価
0
260 ななしのよっしん
2022/10/01(土) 19:12:18 ID: iC0BfuhNcV
最初に見た子供のころはカーラが悪でパーン達が正義って感じの印だったけど、
大人になってから思い返すと一時の感情で排除したらだめな存在だったんだなって
私情は挟まず寿命も問題にならず本人は意図してないとはいえ終末対策にもなってたなんて調停者として完璧すぎる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
261 ななしのよっしん
2023/04/22(土) 15:43:48 ID: z8RhLPIcLF
テレビアニメ版はOP詐欺だのOPが本編だのOPだけは良かっただの言われてるけど、アニメ本編の何がダメだったんだ?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
262 ななしのよっしん
2023/04/30(日) 09:04:23 ID: BLCVzGKX2+
>>261
小ニースの髪の色
👍
高評価
0
👎
低評価
0
263 ななしのよっしん
2023/09/23(土) 15:46:17 ID: IWRTkrUsrf

>>lv342483422exit_nicolive
👍
高評価
0
👎
低評価
0
264 ななしのよっしん
2023/11/11(土) 22:56:54 ID: OT3UGaTE5b
誓約の宝冠の第1巻発売から4年経ったけど、いまだ2巻の音沙汰なし
昔、新ロードスで途中3年くらい新刊発売が止まってた事あったけど、記念すべき最初の第1巻から4年も止まってた例なんて、さすがの水野良先生でもないんだよね…これってもしかして打ち切りっぽい?

てか、打ち切り前提で話すけど、誓約の宝冠はどうオチをつけるつもりだったんだろうね?
敢えて過去ヒロインディードを登場させて、本作でもヒロインの位置につけたってことは、やはりパーンが何らかの形で復活する予定だったんだろうか?転生したニースを出したのが、暗にそれを示してる気がするんだけど、どうなんだろうね。
あと、フレイム新王のディアスと第二王子パヤートって、「もしもカシューとパーンが同じ王兄弟として生まれたら?」を想定したような配置に見えるんだけど…やっぱディアスを止めに入るのはパヤートだったんだろうかね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
265 ななしのよっしん
2024/01/15(月) 12:30:01 ID: UXrYGgl4kB
KADOKAWAの方から「いまは転生ものじゃないとファンタジーは売れないんで、何とかなりませんか?」みたいにねじ込まれた、ってのは流石にないか。
水野さんも社外取締役だか何だかになって、そっちの仕事が忙しいというか、消耗してるんじゃないかな。

あと、誓約の宝冠は「世界危機」が介在せず、フレイムも「全な悪の帝国」というわけでもない、純に王亡という展開だし、落とし所が難しい。
場合によっては、
ディアス王率いるフレイム軍がロードスの騎士たちの対抗をも蹴散らし、大ロードス統一帝国を築きました」
ってオチにしても良いし、あるいは、
フレイム帝国に一度は征されたロードの民が、再び対抗の狼煙を上げる。彼らを率いる者たちは、自らをロードスの騎士と名乗った」
という展開にしても良い、と踏ん切りをつければ心理的な負担は減るんだろうけど。
後者なんかは項羽劉邦ノリにできそうだし。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
266 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 15:49:42 ID: PKYlsiLYF7
>>265
いずれにせよ最後は
・戦乱から逃れた人々がクリスタニアへ向かう
・その人々の中にディードリットはいない
って条件を満たすことがめられるので、その制約が強すぎるってのはあるのかもな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
267 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 15:53:56 ID: zp0yfbNIXf
>>265
ファンタジーものは転生はなくそ世界の人の頑りで解決してほしいって考えはもう古いのかな
十二国記とか好きだけどさ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
268 ななしのよっしん
2024/03/21(木) 22:45:03 ID: UXrYGgl4kB
古いっていうか、「うちの読者転生もの以外のジャンルを買うかどうかわからない」って思い込みというか怯えが、KADOKAWAに限らず業界に強まってるんじゃないかな。
実際にはダンジョン飯みたいに非転生ものでもヒット作はあるんだけど。
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改