ローブシン単語

ローブシン
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

ローブシンとは、ポケットモンスターに登場するNo.534のポケモンである。初登場はブラック・ホワイト

基礎データ
名前 ローブシン タイプ
英語 Conkeldurr 高さ/重さ 1.4m / 87.0kg
分類 きんこつ 特性 こんじょう
図鑑 #534 ちからずく
ジョウト # 夢特性 てつのこぶし
ホウエン # グループ ひとがた
シンオウ # 孵化歩数 5120歩
イッシュ #040(BW)
#075(BW2)
性別 87.5%
12.5%
カロス #95(マウンテン) 世代 第五世代
アローラ # 努力値 攻撃+3
進化 ドッコラードテッコツ(Lv25) → ローブシン(通信交換)
No.534 ローブシン
きんこつポケモン
たかさ  1.4m
おもさ  87.0kg

かくとうタイプ
コンクリートを つくる ぎじゅつは
2000ねんまえに ローブシンから
おそわったと かんがえられている。
種族値 合計505
H
P





105 140 95 55 65 45

図鑑説明

ポケットモンスターブラック
コンクリートを つくる ぎじゅつは 2000ねんまえに ローブシンから おそわったと かんがえられている。
ポケットモンスターホワイト
つえ がわりの コンクリートの はしらを きんりょくを つかわず じざいに ふりまわす わざを もつ。
ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
ちからに たよらず えんしんりょくを うまく いかして コンクリートを ふりまわす わざを つかいこなせる。

概要

対戦

特性について

ローブシンは夢特性を合わせて3つの特性があるが、どれも使いでのある強特性

  • こんじょう
    通常特性その1。何かの状態異常になると攻撃が1.5倍になる。また、火傷になっても「攻撃半減」と言う効果を視できる。
    そのままでも物理アタッカーを封じるためによく飛んでくるおにびを苦にしないで済むため、相手に強く警させられる。かえんだまを持たせて動的に火傷していく場合、やけどと重複しない他の状態異常に対して擬似的に耐性を持っているものとして、キノガッサ等に繰り出して行く事も可になるなど、攻防両面でる。
    難点としては、やけどの「攻撃半減」は視できてもスリップダメージ視できないため、他のべると長生きできない点。また、倍率の高さと適用範囲の広さ(攻撃そのものが上がるので物理技全てで恩恵が得られる)にが行きがちだが、かえんだまを持たせない場合はこんじょうが発動しないこともままあるが、かえんだまを持たせる場合、他の強化アイテムを持てないので、他の特性の強化アイテム持ちと火力に意外と差がなくなってしまう。
    スリップダメージや持ち物の制限と引き換えてでも、状態異常を防げる事を重視する場合に役立つ。
  • ちからずく
    通常特性その2。プラス追加効果がある技を、追加効果を発生させなくする代わりに威を1.3倍にする。ローブシンでこれに該当する技は三色パンチの他、じならし、いわなだれなど。ローキックはちからずく補正のいドレインパンチと大差い。
    こんじょうにい利点としては、スリップダメージい事、1ターンから火力を発揮でききる事。
    メインウェポンであるかくとう技が何も強化されないために、いのちのたまを持たせた場合の火力倍率(1.69倍)の数字ほどゴリ押しいが、サブウェポンである三色パンチの強化幅が最も大きいため、カイリューのような弱点を突かれても死なないようなタフなポケモンを強引に沈めることが可になる。
    持ち物がいのちのたま固定になるのは当然、「いのちのたまを持ってちからずく適用技を使った場合、技の追加効果と共に珠の反動も発生しなくなる」と言う仕様のためだが、上記の通り適用外の技も結構あるので、バトル中に反動があったりかったりでちからずくである事を看破される可性が低くない。そうなると速攻で火が飛んできて機停止に追い込まれかねないのが難点。
  • てつのこぶし
    夢特性。「拳」を使う技の威を1.2倍にする。
    適用範囲は一番狭いかと思いきや、タイプ一致のかくとう技は「ばかぢから」を除いてほぼ全て適用される。三色パンチも当然適用対なので、有用な技で適用外なのはストーンエッジとしっぺがえし、地震程度。適用技だけでも十分やっていける。
    火力の面でも一番低く見えるが、ドレインパンチマッハパンチと言ったメインウェポンを強化できるのはちからずくにはい利点であり、ちからずくと同じく1ターンからノーリスク火力を強化できるのはこんじょうにはい利点。格闘技に限っては、かえんだまを持たせていくこんじょうべた場合、「こぶしのプレート」を持たせれば1.44倍とかなり近い火力が出せるため、火力の低さも悩むほどではない場合が多い。

以上のように3者3様でメリットデメリットも様々であり、「この流だ」と決められないために初見では読みにくいのもローブシンの強みである。

関連項目

注釈

  1. 「普請」単体だと「ふしん」と読み、土木工事全般のことをす(>>16)。ここに「安」がくっつくと「安普請(やすぶしん)」となり、「安い粗悪な材料で普請をすること。またはそうして作られた質の低い建物そのもののこと。姉歯。」と、急に否定的意味合いの強いとなる。 が、図鑑の説明文からし手抜きに繋がる要素は一切見受けられない他、そもそもコンクリートの製造法を教わっておきながら師を安普請呼ばわりはいくら何でも恩をで返し過ぎだろう…ということで、言葉遊び以上の意味は含まれていないと考えられている。この辺の流れは記事掲示板>>4-23辺りを参照されたい

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%B7%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ローブシン

876 ななしのよっしん
2020/06/16(火) 21:50:57 ID: cmhk9WlHEK
キョダイマックスローブシン!?
http://img.pokemon-matome.net/poke/200615/1220557-1591085398_1.gifexit
877 ななしのよっしん
2020/06/26(金) 16:19:10 ID: GShSidy0ML
>>876
キモい…そして駄に手が込んでる…
878 ななしのよっしん
2020/08/22(土) 22:48:18 ID: qQu2IYO7v3
ローブシンに限った話じゃないけど通信交換進化する連中は野生でどうやって進化してるんだろうか
879 ななしのよっしん
2020/08/31(月) 09:47:31 ID: 5o1xVTvUu7
飼育下で進化するには通信という電子的な方法を介する必要があるけど
野生下でも何かしらの要因(例えば人間が付き合えないような過酷な環境に身をおく)で進化なんじゃね
イワークだって100年生きて地中で圧縮されるとハガネールなるみたいだし
880 ななしのよっしん
2020/09/19(土) 11:20:31 ID: EJjvOaPUKM
いちファン考察で「ゲームで表現されてるポケモンの育成や進化の方法はあくまでプレイヤーの手で再現してるものであり二の方法ではない」みたいなのを見たことがあるなぁ
野生の個体には野生の個体なりの、プレイヤーが知覚できない進化方法が存在するんじゃないかな
881 ななしのよっしん
2020/12/18(金) 23:09:32 ID: swqsrew4br
第五世代の頃は単タイプ限界みたいな扱いだったっけ
とんでもスペックゴリラブリザポスいる今じゃ全くそんな事は言えないけど
882 ななしのよっしん
2020/12/24(木) 13:40:22 ID: ApVhUnh4Eh
タイプの壊れなら次の6世代で歴代最強クラスメガガルーラが出てるし、初代のケンタロス2世代のカビゴンも壊れ
シンシングルダブル問わずかなり高い採用されてたけどここら辺には一歩劣るかな
883 ななしのよっしん
2021/01/04(月) 08:24:14 ID: wclGN6zGCB
タイプ限界という表現自体がガラル御三家うち2匹の壊れた性して急に使われるようになっただけで
昔から「基本的には複合の方が強いけど単タイプでも強いは強い」とはよく言われてたからな
出た当時の時点でローブシン自体単タイプライコウと組んでたし
884 ななしのよっしん
2021/06/06(日) 16:40:11 ID: zeme17ezpx
技や特性ステータスが没収されたり弱体化されたわけでもなく
むしろ強化点が増えたのに一線から退かされたのは今思えば上手い調整の仕方だったなって
885 ななしのよっしん
2021/06/22(火) 21:54:54 ID: ueAI5wKxf8
ダダリンのはがねつかいがあるから
ローブシンもいわつかいって特性にならんかなー

過去のオススメ記事