ロールプレイングゲーム単語

ロールプレイングゲーム

ロールプレイングゲーム英:Role-playing game)とは、プレイヤー自身がゲーム内の登場人物となって進行するアナログゲームビデオゲームの総称。略称は「RPG」。

ロールプレイング(役割を演じる)という言葉から「キャラクターになりきる」といったような解釈がされることもあるが、実際には「プレイヤー自身の判断で行動する」といった程度が適切だろう。(論、TRPGでのプレイヤー同士の会話や、キャラクターへの感情移入的な楽しみ方もある)

元は「テーブルトークRPG」と呼ばれる卓上ゲームす言葉であったが、ビデオゲームによる「コンピュータRPG」が登場してからは後者してRPGと呼ばれることも多くなった。内では単にRPGと言った場合は後者コンピュータRPGして呼ばれていることがほぼ一般的と言えるだろう。

テーブルトークRPG

http://tn-skr.smilevideo.jp/smile?i=8751414世界で最初のロールプレイングゲームは、1974年に発売された「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」である。このゲームペンと机を使い数人で集まって遊ぶもので、D&Dプレイヤー1人ずつが「戦士」や「魔法使い」などのファンタジー世界の登場人物の役割を担当し、ダンジョン迷宮)を探検するという卓上ゲームである。ゲームの管理・裁定は、ダンジョンマスター(DM)を担当する参加者が行う。

D&Dの発売後、同様のシステムゲームが数多く登場し、ロールプレイングゲームというゲームジャンルとして定着した。

複数人数が必要なRPGを1人で遊ぶことができるコンピューターRPGが登場して以降は、ビデオゲームの流行と共に、次第にRPGといえばコンピューターRPGすようになり、本来のRPGは「テーブルトップRPG」や「ペンシルアンド・ペーパーRPG」、特に日本では「テーブルトークRPG(TRPG)」と呼ばれるようになる。

詳しくは「テーブルトークRPG」の記事を参照

コンピューターRPG

http://tn-skr1.smilevideo.jp/smile?i=5062560コンピューターRPGとは、パソコンゲーム機を利用したビデオゲームによるロールプレイングゲームである。1980年代初頭に登場した「ウィザードリィ」「ウルティマ」「ローグ」というゲームが代表作として挙げられる。

日本では1986年に「ドラゴンクエスト」が発売され社会なるほどヒットをした。ドラゴンクエストはそれまで複雑であったRPGでも遊びやすいように独自にアレンジしたもので、システムの簡易化だけではなくストーリー演出もより豊かで、の人との会話」「解き」に重点を置いた点も評価された。それまでの内における従来のRPGに対するイメージを塗り替えた。タイトルにおける「コマンド方式RPG」の元祖でもあり、後のタイトルRPGドラゴンクエストの影を受けたとも言えるだろう。

近年、特にタイトルではキャラクター描写やストーリー演出を重視した独自の設計を持つRPGも多く登場している。一方で本来のロールプレイという設計から逸脱しているという意見もあり、従来のRPGと区別され「JRPG」とも呼ばれている。

詳しくは「コンピュータRPG」の記事を参照

原点回帰

インターネットの普及や、ゲームハード進化によって、コンピュータを用いてTRPGに順ずるような自由度(あるいは世界樹の迷宮のような、往年のダンジョンゲームっぽい先祖がえり)を含むゲームソフトが近年ゲームユーザーの支持を集めている。キャラメイクや友人とのチャットなど、自分の好みやコミュニケーションを楽しむなどの方向性が広がりが感じられる。また、TRPGインターネット回線やボイスチャットを利用したオンラインセッションなどで敷居を下げており、今後の発展が期待できそうである。

オンラインRPG

オンラインRPGとはコンピューターネットワークを利用したコンピュータRPGのことである。インターネットを利用し、他のプレイヤーと共に世界を共有してプレイができるゲームである。日本中または世界中の人間と一緒に遊ぶことができるのが最大の特徴だろう。従来のゲームにおけるクエストクリアという的だけではなく、コミュニティや仮想社会として利用されている一面もある。

1997年に登場した『ディアブロ』『ウルティマオンライン』が代表的な例として挙げられる。

詳しくは「ネトゲ」「MMO」の記事を参照

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロールプレイングゲーム

828 ななしのよっしん
2018/08/29(水) 07:15:18 ID: 00lYiUjaMI
CRPGではなくこの記事でそんな話をしても、
マジック・ザ・ギャザリングとかいうカードゲームのせいで
RPGの時代になってボドボドだ!!(ゆき)、」等と言われるだけかと
あの頃はSNEでも、風雲ミラルゴ編とか、メックウォーリアRPGとかで、
カードゲームカードを使ってマップを作るみたいなのがあったな
それより遡れば、『モンスターメーカー』が
カードキャラを表現しつつRPGルールで遊べた最初期のコンテンツかな
829 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 12:03:59 ID: dgUtfvCZl2
メインキャラとされた登場人物はメインシナリオ無双のごとく活躍しなければならない
また未熟な故のやらかしは絶対にしてはいけない、でもなろうタイプの活躍やキャラ性は駄
みたいな感じをめられやすいジャンルな気がする
3以降のペルソナとかテイルズとか軌跡シリーズとか特にそんな感じでネットで感想見るのしんどい
830 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 14:01:57 ID: Vw/5oSaaig
それはジャンルじゃなくてジュブナイルというか子供向けシナリオの傾向じゃないの
831 ななしのよっしん
2018/10/26(金) 20:12:42 ID: 00lYiUjaMI
無双しろ、やらかしダメと言い出すのはTSUEE
なろう系は駄リアルにやれと言い出すのか硬派厨
どちらからもかれないってのは、わりと難な設定というだけかと
832 ななしのよっしん
2018/10/30(火) 23:25:48 ID: h8T4i541iN
>>823
確かにそうだな、ポケモンとか次々と新しい要素を詰め込み過ぎて今じゃブランクのあるプレイヤーがついて来れないゲームと化している
アクションゲームプレイヤーの腕前に合った難易度プレイ出来る作品が多いのにRPGでそれが出来ないっておかしいわ
例えばポケモンなら最低難易度ゲームを始めた場合
初期の所持ノーマルモードの5倍
ペレーターがタイプの相性や特性の効果について説明してくれる(相手のポケモンは特性のふゆうじめんタイプの技が効かないよみたいな感じでアドバイスをくれる)
バトルに敗けても所持が減らない
みたいな特典を受けられるとか
833 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 00:21:16 ID: 3BSEVDKYj1
>>832
タイプの相性や特性の効果について説明
戦闘中移動中ともにいつでも確認できるじゃん。
特性の効果、技と相手の相性、攻撃や防御が何段階変化してるかとかなら
コマンド選択中にいつでも見られるぞ。
技と相手の相性に関しては過去に一度遭遇してないと見れないけど。
834 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 22:50:07 ID: RudtHeaipf
『ナゾのミニゲーム』なんかは1VS1でコマンドも少ないから戦闘はシンプルだけど、その分サクサク戦えるし好き。
835 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 02:07:02 ID: h8T4i541iN
RPG一本道に限るってユーザーターン制じゃない方が面いってユーザーが多いけど、そう言うユーザーに限ってターン制RPGやらせると通常攻撃だけでクリアしようとするんだよね
としては同人ゲームでも構わないからアクションゲームで言う所のロックマンみたいな作品をプレイしてみたい
初期装備&戦闘メンバーでは厳しいボスも他のステージボスを倒して仲間にしたりボスからドロップした装備を使用する事で簡単に倒せるようになる
ステージによって中の雑魚敵が強い割にボスが弱かったり逆に中の雑魚敵は全体攻撃で簡単に一掃出来るがボスの強さがトラウマ級だったり
プレイヤーの腕前に合った難易度が用意されているが最低難易度でも通常攻撃だけでクリアしようとするプレイヤーは想定していない
とにかくターン制RPGが上手くなりたいプレイヤー向けの作品があったらプレイしたい
836 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 23:17:15 ID: N0KIV2VRHq
RPGパーティーメンバーは多い方がいい?それとも少ない方がいい?
自分は少ない方がいいかな。なんというか,人数が少ない方が一人一人の存在意義を感じやすいというか。ストーリー全体でも,少数のメンバーにスポットライトを当てている序盤の方が往々にして好きだったりする。
RPGを最初期のメンバー物語として見る傾向が強いんだろうなあ。
837 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 03:11:08 ID: h8T4i541iN
戦闘メンバーは3人か4人が一番やり易い、戦略性を重視するなら主人公を戦闘メンバーから外せる仕様にするべき、攻撃特化とか女子だけの編成とか出来た方がやってて楽しい
PTメンバーは多過ぎると特定ボスにしか出番がない仲間が居る状態になってしまうから多くても10人前後だな