ワギャンパラダイス単語

ワギャンパラダイス

ワギャンパラダイスとは、ファミリーコンピュータから続くワギャンシリーズの第6作品である。

1994年12月16日スーパーファミコンソフトとして登場した。

概要

これまでのワギャンシリーズから、デザインや設定を一新した作品。
とはいえ、内容としては初期のワギャンが活躍した数世代後の作品となっており、世界観の基礎は同じ。

こどもワギャンである「タクト」と「カリン」が、世界の異変のに挑むというストーリー

デザインが全体的に丸みを帯びた、そしてよりデフォルメされたものに変わったことや、収録ミニゲームの一新されたことが大きな変更点としてあげられる。
それまでのワギャンシリーズに収録されていた有名ミニゲーム、「しりとり」が外されたことなどが影してか、ワギャンファンからの評価が特に分かれる異色作である。

アクションパートも、「一度でも食らったらアウト」という伝統は相変わらず引き継がれているが、難易度は全体的にやさしめに調整されている。
といってもそれはあくまでもワギャン的な意味であって、普通に考えれば相変わらずのオワタ式ゲームなので、決して気の抜けないゲームという感じはそのままではある。
特に、これまでも採用されてきた「音波を使用しない移動のみのステージ」は今回も一筋縄ではいかないステージが多く、しかもバリエーションが豊かである。
例えば冒険ライティに乗って進むステージは、敵に当たるよりもに当たって死ぬほうが多かったのではないだろうか?

ちなみに、本作品ではワギャンという種族の過去が少しだけ明らかになる(もっとも、これが従来のワギャンの設定にも反映されているかは微妙だが)。

スーパーワギャンランド2などと同じく2P対戦モードがあり、すごろく形式のバトルミニゲーム対決方式となっている。

このゲームが発売されたのは、スーパーファミコン時代の終焉が始まる少し前くらいのことであり、知名度はワギャンシリーズ中では低めな部類である。
ワギャンシリーズ自体がマンネリ化していたことも関係していた(それ故の大装でもある)が、本作を持ってワギャンシリーズは長い休眠期間に入ることとなる。

バーチャルコンソールなどではまだ配信されていないため、実機でプレイする他ない。

ワギャンパラダイスの仕様

ワギャンパラダイスならではの新要素

年齢設定で難易度が変化

かんたん、ふつうの2種類の難易度の他に、今回は年齢別の難易度調整も施されている。

3歳から99歳まで設定でき、おおむね20代30代前半くらいまでが高難易度になる。
ただし、これはボス戦の難易度が変わるだけで、かつての「ワギャンランドシリーズの「KAMISAMAモード」のように、ステージ自体がに見えて鬼畜になる訳ではない。

しかしミニゲーム難易度があがる=それなりの知められるため、勉強が死ぬほど苦手なプレイヤーには地味厄介であった。楽に楽しみたければ初期設定の3歳+かんたんモードプレイしよう。

二種類のワギャンが登場

タクトカリンワギャン兄妹2名がプレイキャラとして設定された。男女関係なくプレイ出来るようにした新要素だが、実はこの2体には少しだけ差がある。
おおまかに言うと、従来のワギャンの外見をしたタクトは、足はいが滑りやすく、女ワギャンであるカリンは、足の速さこそ普通だが音波で敵を硬直させられる時間が伸びている、という仕様

ぶっちゃけカリン女の子向けというより初心者向け。つまり当時の男の子達は、染み深い外見+自分と同じ性別のタクトを選んだことで、知らないうちにちょいハードモードに片足を突っ込んでいたことになる。

ボスとのミニゲームが一新

これまでボス戦で採用されてきたミニゲームは全て撤され、知育的なものを意識したミニゲームに全変更となった。前述のように人気ミニゲームである「しりとり」が撤されたことや、ボスと競い合うという方向性でなくなったことは、ワギャンファンの間でかなり物議を醸した。

といっても、これらのゲームの一部はこれまでのシリーズミニゲームを意識しつつ変えたものも多い。

  • ネルサーチ
    「○モ○」など、抜けとなって表示されている単を見て、抜け部分を埋める答えとなるパネルを選ぶゲーム。実はしりとりの系譜を持っており、お染みの裏読み問題も出題される。抜け部分は徐々に埋められていくが、答えがわかるまで待っていると残り時間を大きく消費してしまう。
  • おなじえどのえ
    中央の絵と同じ絵を当てる。答えの補の絵はその方向がむちゃくちゃであり、頭を使って答えを導き出さなければならなくなる。反転かと思いきや微妙に違う絵などもあり、かなりややこしい。
  • かいてんクイズ
    むしメガネで拡大され、回転しているイラストの答えを選択し当てるゲームモザイクあての知育ゲーム版であるが、かつてのスーパーワギャンランドのような奇かつ理不尽な答えは出てこない。
  • ことばパズル
    バラバラに配置された言葉の順番を入れ替えて正しい単にするゲーム。例えば「ーテシィグュン」という問題があったら、それらを入れ替えて「シューティング」と直すとクリアになる。
  • がったいパズル
    ん中の欠けた図形に対応する図形を選んではめ込んでいくゲーム。答えはん中の図形の周囲を回転しており、答えだと思うものが上に来たらボタンを押す。答えていけばいくほど回転するスピードがあがるので、判断が問われる。
  • さんすうクイズ
    すうじあてに計算の要素を加えたもの。出される問題を計算して答えの数字を探すゲーム。計算に自信のないプレイヤーにとっては難儀なミニゲームだったことだろう。
  • どれみサーチ
    (ド)、(レ)、(ミ)のる順番を覚えて、その順番通りにY・B・Aボタンを押していく暗記ゲーム。一番簡単ではあるが例題は1回しか出ないうえ、難易度が高くなってくると覚える数も増えてくるので難しくなる。

また、今回はクリア成績に応じて、上記にも記したステージ上でも手に入るアイテムが寄与され、100個をえるとボーナスゲームが始まる。このゲームは2P対戦プレイでも登場する。
これはワギャンの残機を増やすための新要素であり、自分でやりたいボーナスゲームを選ぶことが可ミニゲームに自信がなければ1アップだけして終わりということも可。ちなみに隠しミニゲームも存在する

また、2P対戦専用のミニゲームもある。

プレイヤーキャラクター

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AF%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ワギャンパラダイス

1 ななしのよっしん
2012/08/28(火) 20:17:53 ID: /MsFY2oIEo
この作品は風のクロノアスタッフが関わってたりするな
グラフィックディレクタークロノアのあらゐよしひこ氏だったり、
音波が効かないワギャンシリーズ鉄球ポジションクロノアササルンだったり。
サウンドクロノア作曲やってた井村絵里子氏だったはず。
2 ななしのよっしん
2012/09/11(火) 02:11:17 ID: fAoa7j4Tiv
>>2
ちなみにキャラデザもこれまた田名網英樹(たなあみ ひでき)氏で、
クロノア初期作でキャラデザを担当している人なんだぜ・・・。
ささるんをクロノアに連れてきた本人でもあるがw

※ささるん移籍の経緯については下記のURLを参照のこと
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/klonoa/relay-essay/essay-08b.htmlexit

・・・カラルを見る度ワギャパラを思い出すのは、漏れくらいかね
3 ななしのよっしん
2017/02/25(土) 15:15:28 ID: 9Z5sc/8ZZG
ネルサーチがきっかけで一時期アナグラムにハマったのを思い出した
まくらのそうし」から「うらしまのくそ」が完成した時はと一緒に抱えて笑ったもんだ
4 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 21:36:56 ID: tX7kPZnwt7
基地潜入すき
>>sm6491125exit_nicovideo

>>sm6491211exit_nicovideo

>>sm6491284exit_nicovideo