ワンダープロジェクトJ単語

ワンダープロジェクトジェイ

ワンダープロジェクトJ 機械少年ピーノとは、1994年12月9日エニックス(現スクウェア・エニックス)から発売された、スーパーファミコン育成シミュレーションゲームである。

概要

プレイヤー妖精ロボットティンカーを操作し、人間に作られた機械、ギジンのピーノを成長させていく。

マウス操作の要領で具や行き先などを選択し、反応(行動、使い方)の善し悪しを矯正(鉄拳制裁)して覚えさせる。 覚えさせた内容(技術・)はイベントに反映される。
例えば、作業用ジン苛められているイベントにおいて、ボールの投げ方を知らない場合は見当外れな行動をして終わるだけだが、 ボールの投げ方を知っていると、足元のボールを投げ、苛められているギジンを助けることができ、物語を進められる。

プレイヤーはこの「提示・反応矯正・実践」を繰り返し、ピーノを成長させるのが基本となる。

続編

本作発売から2年後の1996年11月22日に、NINTENDO64にて続編「ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット」が発売された。本作のEDから十数年後の世界舞台にしている。詳細は当該記事を参照。

関連動画

ニコニコ動画では「ワンダープロジェクトJexit_nicovideo」のタグが使われる。

プレイ動画

TAS

CM・PV

音楽

手描き

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88j

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ワンダープロジェクトJ

13 ななしのよっしん
2012/02/01(水) 22:04:01 ID: S+fBcM7W76
もう4~5年前だけど、の個人ブログにJ&J2についての記事を書いたら、
それを見た作者米田さんからなんと書き込みが。

J3はジェペット博士の幼少期の話、の構想があった」
というコメントもらって、感したことがある。

たいつか続編と出会える日が来るといいなあ。
14 ななしのよっしん
2012/06/21(木) 21:02:43 ID: 7Wb2U5DQO1
このゲーム小学生の頃クラスメイトが何人もやったけど皆1,2面で詰まってたな
当時は意味が解らなかった
確か小屋みたいなところを出て詰んだ記憶がある
15 ななしのよっしん
2012/08/26(日) 00:04:59 ID: ZOC0nJxtGo
たぶんを蹴飛ばしたり種をぶん投げたりしたんだな
16 ななしのよっしん
2013/02/20(水) 23:02:07 ID: ecv6Vdas5P
同じく小学生時にやったが
vジャンプクロノトリガーと一緒になってるふろく冊子オンリーでもクリアできたがね
17 ななしのよっしん
2014/06/09(月) 16:57:09 ID: IozyKSjFoU
財宝をしての船で航するシーン
グラフィックBGMがすごく綺麗で印に残ってるな
18 ななしのよっしん
2014/11/20(木) 01:33:34 ID: aX0dyb2gWh
20年か…
https://twitter.com/hiranobuncho2/status/534521647999377409exit
19 ななしのよっしん
2015/07/27(月) 16:37:11 ID: OOIfzl5H9g
タッチ操作と相性もよさそうだし、性の上がった分色々と動作も増えるだろうし、今の携帯機で同コンセプトの作品が出てもよさそうなものなんだがなぁ。
コンセプト自体は今でも通用しそうだよね、この作品
20 ななしのよっしん
2015/09/03(木) 20:10:26 ID: rDxiW87/ts
ゲーム性がしっかりしてるから仮にそのまんま3DSとかWiiU移植したとしても通用するゲーム(さすがにお値段は低めだろうけど)
ゲームオーバーになったときのティンカーが悲痛すぎて何かに覚めかけた
21 ななしのよっしん
2017/07/10(月) 14:23:06 ID: 1o7LHetBdu
スマホアプリとかで出ないかね、相性抜群だと思うんだけどな。
22 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 00:36:03 ID: hAuhiCouhj
昨今は何かとうるさい人もいるのでハンマーでブン殴る教育ってのはネックになるのかもねぇ
具へのリアクションを変えるためにワザと殴って正しい使い方を一旦忘れさせるなんて事もあったと思うし

急上昇ワード