ワールドプレミア単語

ワールドプレミア
4.9千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避

ワールドプレミア(英:World Premiere)とは、以下のことを意味する。

  1. 映画演劇・楽曲などの世界規模での初めての披露、初演。
  2. 転じて、自動車バイクなどの新製品を世界規模で初めて発表するイベント
  3. 日本競走馬。本記事で解説

ワールドプレミアとは、2016年生まれの日本競走馬である。黒鹿毛

町・ノーザンファーム生産、東・友康夫厩舎所属
馬主大塚一(他にクロコスミア等を所有)。
な勝ち
2019年菊花賞(GⅠ)
2021年天皇賞(春)(GⅠ)

名前は「世界規模での上映会して」(JRA競走馬情報より)。
なお同名の2006年生まれのワールドプレミア「世界規模での映画の初回上映会」もいた。こちらはこちらでアグネスタキオンポイテッドパスで、半ネオユニヴァースがいる良血だったが、通算5戦1勝で引退している。

概要

ディープインパクト*マンデラAcatenangoという血統。

2005年三冠馬で、種牡馬入り後は非常に高いアベレージを誇りリーディンサイアーを突っ走る大種牡馬。詳しくは個別記事へ。ドイツ生まれで現役時代3勝、ドイツオークス3着アカナンゴはドイツの大レースを総なめにし、種牡馬としてもジャパンカップLando他多数の活躍を出したドイツ優駿の……とたどっていくと6代まで「M」から始まる名前ドイツ系である。
皐月賞2着マイラーズCを制したワールドエース叔父Monsun産駒で欧州マイル路線で活躍したManduroがいる。まず良血と言って差し支えない。

サンデーレーシングの一口になったワールドエースと違い、2016年の当歳(0歳)セレクトセールに出されると税別2億4000万円(当歳2番の高値)で大塚オーナーに落札される。この大塚オーナー、元騎手を持ちながら競馬学校に落ち、その後馬主となった人物で、90年オグリキャップ有馬記念を見て競馬武豊ファンになったとの事。後に本戦として武豊を据えられたのはオーナー利であろう。……と、この頃は暖かく見られていたのだが。

競走生活

2歳~3歳春

東の友康夫厩舎へ入厩し、2018年10月21日デビュー戦を迎える。上には武豊
京都1800で行われた新馬戦を1番人気で迎え、出負けするものの中団につけ、直線で強く抜け出してデビュー勝ちを果たす。なおこ新馬戦では後の弥生賞メイショウテンゲン(2着)や重賞対馬エスポワール(3着)やタガノディアマンテ(4着)がいた。

続く京都2歳Sは出負けの上大外を回されて伸びきれず離された3着に敗れたものの、続く自己条件のつばき賞では叩き合う内のに抜け出して勝利。更にリステッド競走若葉Sに挑むが、若駒Sを勝ってきたヴェロックスに突き放され2着。

次走に青葉賞を予定していたが、ソエ(過負荷がかかった事による未成熟のの炎症、端的に言えば成長痛)が出たためレースを回避し、最終的にシーズンの全休が発表された。

3歳秋

シーズンの復帰戦に神戸新聞杯を選択。ここでは皐月賞サートゥルナーリアクラシックで善戦したヴェロックスに次いで3番人気に推された。レースでは押し出されたように逃げシフルマンが非常に緩いペース逃げ、極めて落ち着いた展開となる。直線では一気に追い込んだものの前を捉えられず、3着に敗れる。しかし菊花賞の優先出走権を確保した。この時、武豊は「体や走りは良くなったけど気性の成長がえない」と辛口ながらも「ラストはいい脚だった」とそのを評価した。

続く菊花賞皐月賞ダービーも、セントライト記念勝ちもいない状況で本は3番人気に支持される。1番人気から好走が続くヴェロックス、続く2番人気はルメールに乗り替わったニシノデイジー
パドックでも首を振って若干イレ込む仕を見せるなど相変わらず気性の幼い面を見せたが、発は上手く決まり、インに入って先団を見る位置につける。先頭カウディーリョが逃げ、前半1000m通過が624とここだけ見ればスローに見えるが、その後12ペースが続いて中弛みすることく淡々と進む。こうなると最後は消耗戦、スタミナ勝負となる。
坂の下りから後続が殺到するが、武豊は仕掛けを遅らせての坂をゆっくりと下り、4コーナー出口から群が横に大きく広がる中、ぽっかりといた内スペースへワールドプレミアを導き、一気に抜け出す。京都外回りは直線に入るとインく、そのセオリー武豊が知らないはずはい。ワールドプレミアは先頭に立ってなお脚を伸ばし、追いすがるヴェロックスを従え、外から伸びるサトノルークスをクビ差抑えて勝利。初の重賞GⅠタイトルとなった。
この勝利により武豊昭和平成令和の3元号GⅠを制覇(他に可性があるのは熊沢重文のみ)、史上最多の菊花賞5勝、最年長菊花賞勝利、また7月に急逝したかつての相棒にしてワールドプレミアのディープインパクト勝利となった。

3戦有馬記念を選択。この有馬記念ではGⅠ11頭が集結し、一番の玉とされていたのが香港遠征を熱発で取りやめた後、有馬記念に参戦を表明したアーモンドアイである。単勝1.5倍の全に一本かぶりの人気であり、続いて豪州遠征帰りのリスグラシューサートゥルナーリア。そして本ワールドプレミアは4番人気(単勝13.4倍)に支持された。
レース本番、スタート若干立ち後れたワールドプレミアは最後方につけて脚を溜めるだけ溜める決め打ち作戦に出る。ハナを奪って逃げアエロリットは前半1000m585、その後もペースを緩める事く進み、更に先行勢は逃げアエロリットを4コーナー前から捕まえにかかる。こうなると前は総崩れとなる。
最後方から大外へ持ち出して直線に入り、一気に脚を伸ばす。直線で10頭以上をごぼう抜きするも先に抜け出したサートゥルナーリア、またそのか先のリスグラシューには届かぬも3着を確保。いつも辛口な武豊も「来年が楽しみ」と期待を寄せ、営も初の関東輸送クリアと好内容を前に、来年の写真を描いていた。

4歳

明け4歳となり天皇賞(春)への出走が想定されていたが、疲労が抜けきれないという事で結局シーズンは全休することとなった。

も深くなった頃、ジャパンカップより復帰。ここでは芝GⅠ8勝を挙げたアーモンドアイに、1個下の三冠馬コントレイルデアリングタクトの三つ決戦の様相を呈し、本は11ヶぶりという事もあり15頭立て7番人気となった。レースではスタートから少し下げて中団の10番手を追走。直線に入って脚を伸ばしたが上位5頭の争いには加わる事は出来ず、0.8差の6着となった。

続いて有馬記念へ出走。本をはじめGⅠ8頭を含むフルゲート16頭立ての中、5番人気となった。レースでは内の好位を追走し、残り4ハロンからペースが上がるが、追い出しを待って群へ入り脚を伸ばしたものの、カレンブーケドールと同着の5着となった。

5歳春

明けて5歳営の大標はもちろん前年出走がかなわなかった春天制覇である。

かしこ、ワールドプレミアの周囲はと全く関係ないことで騒がしくなる。
2月初旬、騎手調教師・厩務員ら中央競馬関係者160人以上が、本来は受給するべきではない新型コロナウイルス対策持続化給付金を不適切に受け取っていたというスキャンダルが発覚。彼らに不正受給の手口を南・旋していたいわば犯格が、税理士を本業とするワールドプレミアの馬主大塚オーナーだったのである。
……厳密にいうと彼らは受給条件『自体』は満たしていたため不正受給ではない。が、新型コロナウイルスど受けていない中央競馬関係者が受給するのは制度の趣旨に明らかに反している。また、大塚オーナーも成功報酬として給付金の一部を受け取っており、善意行動であったとは到底言い難い。
大塚オーナー馬主団体の各役職辞任、受給旋により得た報酬の返還などを行ったが、明確な違法行為を行っていなかったため、JRAからは特に何の処分も下されなかったこともあって批判は加熱。当然ながらには何の罪もないものの、馬主には稀代のヒールイメージがついてしまった。

更におり悪く、初戦・日経賞前週の3月20日に、騎手武豊折により長期休養。日経賞はもちろん春天に間に合うかどうかも危うい状態となってしまった。迎えた日経賞石橋脩を上に迎え2番人気に推されたが、最後の伸びを欠き、ウインマリリンカレンブーケドール2頭にちぎられ3着。流れが悪い……。

迎えた本番・天皇賞(春)。武の復帰が間に合うかどうかが不透明だったため、上には初タッグとなる福永祐一を迎えた(ちなみに武は前日の土曜日にギリギリで復帰し、春天では条件のディバイフォースに騎乗)。
オッズは前戦の阪神大賞典を圧勝したディープボンド3.6倍、前年菊花賞2着のアリストテレス3.8倍の4歳2頭にやや離され、5.2倍の3番人気。一見まあまあの人気に見えるが、この年の春天は前年三冠馬コントレイル々に回避したのをはじめ全体的にメンバーが小粒で、GⅠ優勝経験があるのはワールドプレミアと、2016年を最後に勝ちがない8歳マカヒキおじいちゃんだけ。1年半未勝利とはいえ、実績的には抜けた存在にもかかわらずこのオッズは、やはり外野の騒動が少なからずしていた面はあるだろう。

果たして、レース中を中団で組み立てながら最終直線でぶっちぎりの脚を見せ、逃げカレンブーケドールディープボンドらをまとめて差し切る圧勝。「菊花賞の意地だ! これが菊花賞だ! ワールドプレミア、これが菊花賞プライドだ!」という関テレ安アナの実況通り、GⅠの底、そして人間様の悪事などには何の関係もないことを下に示して見せた。
繰り返すが、競走馬悪役なんていないのである。かつて理由は違えど同じように春天ヒールとなじられた、同じ青鹿毛のステイヤーを持ち出すまでもなく。

5歳秋

春天ダメージ回復させるためにノーザンファームにて休養に充てる。友調教師によると「天皇賞のあとはガタッときたけど、今は迫が出てすごい体になっています」とり、に向けての英気を養っていたようだ。

復帰初戦となる天皇賞(秋)コントレイルグランアレグリアの他に3歳エフフォーリアが参戦。当然福永コントレイル騎乗だが、33年連続秋天出走の武豊がこの日阪神での騎乗となった結果、上は岩田康誠となった。結果はエフフォーリア以下前述の3頭が上位を独占し、ワールドプレミアは11着と大敗した。

選出された香港ヴァーズの招待を辞退し、次走はジャパンカップに出走する予定であった。しかしレース2週間前に体調不良のため回避が決定し、そのまま11月25日に現役引退が発表された。今後は優駿スタリオンステーション種牡馬入り予定とのことである。

血統表

ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
*マンデラ
2000 栗毛
FNo.3-d
Acatenango
1982 栗毛
Surumu Literat
Surama
Aggravate Aggressor
Ravan Locks
Mandellicht
1994 黒鹿毛
Be My Guest Northern Dancer
What a Treat
Mandelauge Elektrant
Mandriale

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ワールドプレミア

119 ななしのよっしん
2022/05/01(日) 19:45:36 ID: Pf3CoVK8aM
最強ステイヤー説を推そうと思ってたのに
ボンド全く大したことないやんけ
120 ななしのよっしん
2022/06/19(日) 01:39:25 ID: Pc1F31n7vt
極端な話たかが初年度50万のに負けたって事だ
121 削除しました
削除しました ID: ly4lw8J1XH
削除しました
122 削除しました
削除しました ID: Pc1F31n7vt
削除しました
123 ななしのよっしん
2022/08/01(月) 07:41:32 ID: RDBrApi/am
ウマ娘にはなれない
124 ななしのよっしん
2022/08/04(木) 15:59:28 ID: 1NI426jfAJ
>>123
こういうこそウマ娘で救ってほしいわ
神戸新聞杯から応援してきたのに後半になるにつれこいつは負けろみたいな雰囲気あって悲しかったわ
125 ななしのよっしん
2022/08/10(水) 08:01:53 ID: RDBrApi/am
ライスシャワーみたいなポジションかな?
126 ななしのよっしん
2022/09/28(水) 19:46:08 ID: l+36tsMViL
この子変顔バリエーションあって好きだな。
127 寺田正信
2022/10/06(木) 13:02:58 ID: Q6RjP5A3eo
ライスシャワーと言うよりは、トロットサンダーの方が近いイメージあるな
ケガの時期と名義貸し発覚が重なって、結局は何もないまま即引退したけど

不正受給南税理士は悪い事ではあるのに、謝るどころかむしろルールにはいのだから何が悪かったの?と煽り、堂々競馬界に居座り続けてる所だなと
なんなら牧場まで持ち始めてるしさ

あと、ボートには発表してないとは言え同じような経緯で井口を筆頭に該当した人間旋されていなかったのに、競馬界は何もかったのように過ぎていったからなー
128 ななしのよっしん
2022/11/09(水) 00:45:37 ID: Pc1F31n7vt
>>123
アドマイヤの事実上の後継だからその繋がりであり得そうなんだよなぁ