ン・ダグバ・ゼバ単語

ンダグバゼバ

ン・ダグバ・ゼバとは、特撮テレビドラマ仮面ライダークウガ』のラスボスである。

演:井健治 / 浩(第1話のみ)

作中の一般市民警察関係者からは「未確認生命体第0号(もしくは省略して第0号)」と呼ばれる。

どうしたの?概要を書いて、もっと僕を笑顔にしてよ。

隕石から作り出した武器によって怪人変身するを得たグロンギ族の長にして最強戦士。また、グロンギの行うゲゲルは最終的にダグバへの挑戦権を賭けて行われるため、多くのグロンギ族にとっての標でもある。

「ン」はグロンギの頂点に立つ最強の存在を意味し、「ゼ」は全や特別という意味を持つ。

クウガと同じくクワガタモチーフにした姿をしており、クウガアルティメットフォームとは対照的に、を基調とした姿をしている。ンの持つベルトのバックルは色で、他のグロンギとは違う色である。

ラスボスの名にふさわしく最強を秘めており、身体スペッククウガアルティメットフォームと互(パンチ80t,キック100t)。また、原子操作によるプラズマ発火(自然発火とも)をはじめとして、瞬間移動操作をしているとも取れる描写がある。やはりアルティメットフォームと同じく数々の強な特殊を持つ。

全態でありながらも弱小グロンギ200人を整理と称して粛清する、彼のベルトの破片を取り込んだ下級怪人が通常フォームのクウガを圧倒するまでにパワーアップするなど、その実グロンギの中でも圧倒的で、ン族以外では最強グロンギであると思われたゴ・ガドル・バを圧倒したアメイジンマイティフォームをも全く寄せ付けなかった。極めつけに、ペガサスフォームダグバの存在を感じ取ったクウガを、プレッシャーだけで強制的に変身解除・衰弱させるという凄まじい威圧感を持つ。

グロンギ全体に言えることだが、彼はその中でも極めて残かつ冷酷な性格をしており、戦う事を心の底から楽しんでいる。

略歴

作中では古代においてクウガとの戦いに敗北し、配下のグロンギ族とともに封印されていた。しかし封印していた遺跡を現代の調隊が暴いてしまったことにより復活、変身アイテムであるベルトが損傷していたため不全な状態ながらも、調隊を皆殺しにしグロンギ族をらせて現代での殺戮ゲームを開始した。

第一話から既に登場し途中で名前も出ていたものの、本格的に姿を表したのは40話以降で、人間体をまとった物静かな青年であった。しかし終盤に近づくにつれ次第にその姿を現していった。

ダグバのであるベルトは当初バラバラに砕けていた。そこでズ・ゴオマ・グを使い走りにして長野・九郎ヶ岳から破片を回収させ、東京にいるヌ・ザジオ・レが修復。ベルトの修理が終わるとザジオを殺し、ベルトを手にするが破片の一つをゴオマがくすねていたため不全だった。ゴオマはベルトの破片を取り込んで究極体となり、ダグバの整理から逃れるためダグバを殺そうとするが、不全体の実でもゴオマ究極体をあっさり殺。破片を取り戻し、ついに最強を持った全体へと覚醒した。

しかし、一見そうに見えるその外見とは裏に、ファイナルゲーム「究極の闇」にて、ついに人々を虐殺し始める。その方法は原子操作による発火で、次々と人間を火達磨にしていった。これを阻止するべく五代雄介はアメイジンマイティフォーム変身してダグバに挑んだが、発火で苦しめられアークルに裂を入れられるなどきにまで叩きめされる。そして敗北した雄介の前でダグバは3万人以上を殺する。しかし強敵との戦いを望んでいたダグバは満身創痍雄介トドメを刺さず、彼が「究極の」を持つまで待った。の前で3万人以上を殺された雄介は絶対に変身するまいと誓っていたアルティメットフォームへの変身を決意した。

ちなみにダグバが3万人を虐殺するシーンは曖昧ながらも描写されており、発火して炎上するや苦しみにもがく人の姿が見られる。の8時とは思えないほどの恐怖である。この後普通おジャ魔女どれみをやっていた。

自らと同じ究極の闇に染まり、強大なを手にしたクウガとの戦いを望んでおり、最終決戦となる48話では吹雪の中、アルティメットフォームに変身したクウガと、悦びを持って戦う。しかし、五代は優しい心をついに失わないままアルティメットフォームへの変身を遂げていた。当初は発火を用いて戦うが、互いの超能力が全く拮抗していると判明してからは、ひたすら肉弾戦を繰り広げ、やがて互いのバックルが破損して、人間体同士での戦いになる。

を奮うことに悲しみを感じ涙を流し続ける五代に対して、喜びを感じ笑みを浮かべるダグバの姿は全く対照的なものだった。しかし、最後には五代に一歩及ばず、殴り合いの末に神経断裂によって倒、死亡した。 

買ったんだね。究極の力を持つものを。

今度は僕と同じ項目になれるのかな?

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ン・ダグバ・ゼバ

397 ななしのよっしん
2018/09/29(土) 18:51:44 ID: ItzAVGssf7
>>391
でも大人になった今じゃむしろダグバの精性が羨ましく感じるときがある
ここまで自分にも他人にもなく自分の楽しみのためだけに生きられればどれだけ楽だったか
他人の痛みに共感出来ることが余計な苦しみも背負うことに繋がるということを知った今ではそう思う時がある
398 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 00:41:42 ID: G1bcPVEJde
勝っても負けても的を達成するラスボスは択さんいるがその的のハードルダグバほど低い圧倒的なラスボスも中々いない
ようは自分に匹敵かそれ以上の敵と戦いたいだけ
ギリギリの勝負になれば勝とうが負けようが喜び
逆に中々いないが自分より強い相手に圧倒されても「こんな強いと戦えるとかうれしー!」になり
自分より弱い相手は暇潰しに殺して面がり
自分よりギリ弱い相手は生かして再戦させる

酷い怖い
399 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 19:27:17 ID: dAsufV4blB
デザイン的には疑似ライダー感ある
今やったら味方とかになりそう
設定的にはグロンギ自体がダークライダーみたいな物
ドーパント仮面ライダーWの関係に近い
400 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 01:28:05 ID: 3AGrvJ0Eos
クウガ以降の平成ライダーだとダグバを倒せるのは何人いるのだろう
401 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 01:33:12 ID: Qwxvp4PH2T
であろうとも仮面ライダーは必ず戦い、勝つ。一部を除いてな
402 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 01:43:02 ID: znsBargR/2
ダグバはまずプラズマ発火を耐えるかかわせないと話にならないからなぁ
本編後の死なない剣、先手を打てるカブトとりあえずディケイド、反実体化できるゴーストくそばマン辺りか

サブ入れるならエボルとかは確実にいける
403 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 23:50:27 ID: +e1QIzdOA5
仮にエボルとぶつかったら地球がやばい事になるな…
味方側のチートライダーは人を守る側多いけど、基本地球人が玩具エボルなら
その辺の配慮なんかしないだろうし(玩具が壊されそうになったら条件次第で守るだろうが)


あと何気にこいつるそばの元祖だなw

404 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 05:16:43 ID: dUofUvhz3z
強さ議論キャラ不等号ではヨーイドン速さと威と防御が重視されるから
予備動作の大きい 防御に難あり描写があるらは設定がどうあろうと案外扱いが低くなる
ダグバは上位感覚と、最大描写で手をかざす、あるいは知覚すれば発動する実質即死の原子操作のアドがあるから上の方になる
405 ななしのよっしん
2019/02/26(火) 20:35:22 ID: d0Gw0+e8TW
>>394
「濁覇」というのはどうかな?
406 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 16:43:50 ID: t4r8OR72K+
>>402
トライアルシリーズアルビノジョーカーみたいに、あまりに強な攻撃を食らうと
アンデットといえど耐えれないケースもあるしどうかな>ジョーカー剣崎
再生プラズマ発火の消失分を下回ればそのままにされちゃうし
それか普通人間よりは耐久ある分燃え尽きる前に倒すという手もあるけど。
ロイストをゲブロンに直撃させればダグバといえど効くだろう(倒せるとは言っていない

急上昇ワード