ヴァナ・ディール単語

ヴァナディール

ヴァナ・ディールとは、オンラインゲームファイナルファンタジーXI」の舞台となる、架世界の名称である。

概要

英語表記は「Vana'diel」。略して「ヴァナ」と呼ばれることも。
ゲーム中の国家のひとつ、アトルガン皇国では「ウルグーム(Urhguum)」と呼ばれている。

名前の由来は「なる大地」。

2009年現在プレイヤーが行動可なのは、「中の」と呼ばれるクォン大陸・ミンダルシア大陸の諸とその周辺地域、そこから見て近東に位置するエラジア大陸西部アトルガン皇国周辺のみとなっている。それら以外にもいくつか大陸国家が設定上存在するが、現時点ではプレイヤーがそこへ行くことはできない。

生態

最も文明が発達しているのは、「人間」に分類される5種族。「獣人(蛮族)」に分類される種族たちもそれに匹敵する文明を築いている。
また、かつては人間とはまた違い、より高度な文明を持った古代人がいたとされる。

人間獣人は敵対関係にある場合が多い。

歴史

かつて中のにおいて、闇の王を名乗るものが多種族の獣人たちを率いて人間たちの諸宣戦布告。当初は獣人軍が圧倒していたが、それまでバラバラだった人間たちの諸が同盟を結び形勢が逆転。獣人軍に勝る人間たちの勝利となる。

そして20年後、同盟の間で冒険者制度が始まり、ヴァナ・ディールは「冒険者の時代」を迎える。

国家

サンドリア王国

長身長な種族「エルヴァーン」が人口の大半を占める、王政の国家
騎士と呼ばれるだけあって荘厳で勇壮な雰囲気を持っている。しかし一方で、伝統と格式を必要以上に重んじる潮のため、やや排他的な感がある。

バストゥーク共和国

最も現実人間に近い種族「ヒューム」が最も多く、それに次いで性別の概念を持たない大柄な種族「ガルカ」が多い。
ヒュームから選出される大統領を治める大統領制の国家
べて歴史は浅いが、その技術は随一。ガルカ族に対する人種差別が問題になっている。

ウィンダス連邦

要構成種族は大人になっても子供のような容姿を保ったままの「タルタル」と、のような尻尾を持った「ミスラ」。
魔法技術が非常に発達したである。
政治形態は、「神子」と呼ばれる者が託を受け、それを元に元老院が政治方針を決定するという独特のもの。獣人「ヤグード」と不等条約を結ばされており、弱外交と批判されることも。

ジュノ大公国

数十年前までは小さな漁村であったが、ある兄弟がもたらした様々な技術により一転して大仲間入りを果たす。その兄弟を治める、大公親政。
地理的に上記3ヶ中心に位置し、クォン大陸とミンダルシア大陸の間の峡にを構えているため、多くの冒険者が集う。
ヒュームの割合が多いが基本的に人間の全種族が暮らしており、また獣人までもがそこに店を構えている。

タブナジア侯国

もともとサンドリア王国の属で、現在でいうジュノと似たような発展の仕方をしていた。
20年前の戦争において獣人軍の総攻撃を受け、滅亡する。

アトルガン皇国

エラジア大陸西部をその領土とする国家。「皇」と呼ばれる者がを治める。しばしば蛮族たちの侵攻にさらされ、悩みの種となっている。
近年、中のから多くの冒険者を受け入れ、彼らを傭兵として徴用している。

ひんがしの国

エラジア大陸東部の国家忍者の発祥の地とされていることから、現実日本モデルと思われる。
現在プレイヤーがこのに足を踏み入れることはできない。一部のNPCがこのの出身とされる。
であるアトルガン皇国とは敵対関係にある。

関連動画

 

 

関連商品

  

関連コミュニティ

  

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヴァナ・ディール

1 ななしのよっしん
2013/07/11(木) 23:48:40 ID: WOCXPBH+/d
「ディール」って言葉は石井浩一さん考案なのかな?
奇しくも過去に関わっていた聖剣LOM世界の名前は「ファ・ディール」だったり。