ヴァン・ヘイレン単語

ヴァンヘイレン

ヴァン・ヘイレン(Van Halen)とは、アメリカカリフォルニア州で結成されたHR/MMバンドである。

概要

アレックス・ヴァン・ヘイレン(ドラム/)とエディ・ヴァン・ヘイレンギター/)の二人の兄弟を中心に結成されたバンド。その後のHR/HMに計り知れないほどの影を与えた。

で5,650万枚以上、世界累計で8,000万枚以上を売り上げたスタジアム・ロックバンドである。

ヴァン・ヘイレン兄弟以外のメンバーは交代があり、2019年の本記事初版作成現在は、エディギター)、アレックスドラマー)、ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン(ベース)、ディヴィッド・リー・ロス(ボーカル)となっている。

来歴

マイケルアンソニーベース/バックボーカル)、デイヴ・リー・ロス(リードボーカル)の体制でバンドを組んだのは1974年のことであった。

78年1月キンクスのカバー曲『ユー・リアリー・ガット・ミー』をシングルカットしてデビュー。同年2月には『Van Halen(炎の導火線)』を発表。このアルバムロックで最も商業的に成功した作品の一つとなり、ビルボードポップチャートで19位、150万枚を売り上げプラチナディスクとなった。このアルバム今日までの累計売上枚数は1000万枚えている。バンドブラック・サバスの前座など、ほぼ1年間ツアーを続け、結成半年にして同年6月日本演を行った。

当時その驚異的なギターサウンドに、ギターではなくシンセサイザーなのではないのか?と誤解したリスナーも多くいたといわれるほどの革新的で新しいサウンドであった。

1979年4月セカンドアルバム『Van Halen II伝説爆撃機)』を発表。ビルボード最高位6位。再びプラチナディスクを獲得。シングルカットされた『Dance The Night Away』が全15位、『Beautiful Girls』が全84位と初のヒットシングルとなった。9月には再来日演。

1980年3月サードアルバム『Women and Children First(暗の掟)』を発表。カバー曲を含まないオリジナル曲のみで、それまでの明るい曲調は抑えられダークシリアスアルバムとなった。

1981年5月、4枚アルバムFair Warning)』をリリース。このアルバムからキーボードが導入された。

1982年4月、5枚アルバム『Diver Down(ダイヴァーダウン)』をリリース。全最高3位。ロイ・オービソンのカバー曲『プリティー・ウーマン』が先行カットされ、全12位ヒット

1983年ロサンゼルス近郊で開催されたUS Festivalに参加した際は、90分で150万ドルという高額の出演料を得、出演料のギネス記録を更新した。

バンドの結成から10年となる1984年1月、6枚アルバム1984リリース。このアルバム爆発的反を得てヴァン・ヘイレンの第一次黄金期となった。全最高2位今日までの累計売上数は1000万枚ダイアモンドディスクとなっている。

シングルカットされた『ジャンプ』は全5週連続1位、『パナマ』などヴァン・ヘイレンの定番となったヒット曲も多数生まれた名盤である。

ところがシンセサイザーの本格導入をするエディと、従来の路線の維持をするディヴが衝突。1985年デイヴィッド・リー・ロスが脱退してソロ活動を表明。かわりにハードロックバンド、モントローズでアメリカと称賛されていたサミー・ヘイガーを迎えることになった。

1986年3月、7枚アルバム5150リリース。全最高1位を記録する。シングル『ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラブ』が全第3位。サミー・ヘイガーの参入により楽曲の質が明らかに向上し、ディヴィッド・リー・ロスが得意としていたパーティーロックバンド的なコミカルさはど陰を潜め、バラードなどに名曲が多数生まれるようになった。第二次黄金期ともいえるサミー・ヘイガー期の始まりであった。

1987年開の映画オーバー・ザ・トップ』に、サミー・ヘイガーはエディとの連名による楽曲「Winner Takes It All提供

1988年5月、8枚アルバム『OU812』リリース。全最高1位を記録。前2作と同様にエディによるシンセサイザーの多用が見られる。シングル『ホエン・イッツ・ラヴ』は全5位。クラシック・ロックラジオ局では定番の1曲となり。ビルボードメインストリームロック・チャートでは1位という大ヒットとなった。
1989年1月、10年ぶりとなる来日演を行う。東京東京ドーム大阪名古屋京都で6演を行う。後日東京で追加演を行った。東京ドーム演はTV収録されて特別番組が放送された。
1991年6月、9枚アルバム『For Unlawful Carnal Knowledge』をリリース。全初登場1位を記録する。再びギター中心の作曲となった。
1993年2月、初のライヴアルバムLive:Right Here, Right Now』をリリース。全最高5位。
1995年1月、10枚アルバムバランス』をリリース。全初登場1位を記録する。人間心理の二面性をテーマとした作品でオリジナルジャケットは結合双生児を模した画像だが、日本盤は自主規制により同じモデルが一人で写っているものに差し替えられている。ツアーのチケットはく間に売し、当時のオルタナティブ・ロックの流行にも全く屈しない強さを見せつけた。

ところがサミーエディーの二人はこの頃から次第に心が離れていったという。

1995年10月11月、6年ぶりとなる来日演を行う。東京大阪福岡で7演を行った。

1996年6月サミー・ヘイガーの脱退。ベストアルバムBest Of Volume 1』用の新曲のために11年ぶりにディヴィッド・リー・ロスが招聘され、復帰が噂されたが、3代ボーカリストは、エクストリームフロントマンであったゲイリー・シェローンとなった。

1998年3月、11枚アルバム『ヴァン・ヘイレンIIIリリース。全最高4位。シングルファイヤーイン・ザ・ホール』は、映画『リーサル・ウェポン4』の劇中曲となった。

1998年10月11月、3年ぶりとなる来日演を行う。

1999年アルバムレコーディング中にゲイリー・シェローンが友好的なかたちで脱退。その後、エディの手術などの影で、バンドは休止状態となる。

2002年にはマイケルアンソニーが、サミー・ヘイガーとデイヴィッド・リー・ロスによるカップリングツアーにヘイガーのバックバンドメンバーとして参加したことを理由に解雇された。

2004年サミー・ヘイガーが復帰してバンドは復活ツアーを行うも途中でエディサミーは仲違いしてしまう。2枚組ベストアルバム『The Best Of Both Worlds』の新曲2曲に参加のあと脱退してしまう。

マイケルアンソニーも復帰したが正式なメンバーではなく雇われミュージシャンの待遇であった。ツアー後、新ベーシストエディ息子ウルフギャング・ヴァン・ヘイレンの加入が発表された。

2007年バンドは再始動をはじめ、1月ロック殿堂入りボーカルにディヴィッド・リー・ロスが復帰し、アメリカツアーが行われた。

2012年2月7日、12枚アルバム『ア・ディファレントカインド・オブトゥルース』をリリース。全ビルボード2位、全ロックアルバム&ハードロックアルバム1位、全英6位、オリコンチャート3位を記録。

2013年6月、15年振りの来日演を行う。東京大阪演は写真ビデオ撮影が許可されショーの様子はYouTube等で観ることが出来る。

2015年3月31日2013年東京ドーム演を収録したライヴアルバムTokyo Dome Live in Concertライヴインジャパン)』をリリース

脱退したメンバーのその後

ヴァン・ヘイレンから脱退したサミーイガーとマイケルアンソニーは、ギタリストにヴィック・ジョンソンレッド・ツェッペリンジョン・ボーナム息子ジェイソン・ボーナムをドラマーに迎えたスーパーグループ「The Circle(ザ・サークル)」を結成し2019年現在、絶賛活躍中である。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヴァン・ヘイレン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ヴァン・ヘイレンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/21(水)09時更新