ヴィクトル・スタルヒン単語

ヴィクトルスタルヒン

ヴィクトル・スタルヒン(1916/05/01 - 1957/01/12)は、戦前戦後日本プロ野球明期に活躍した投手である。ロシア・ニージニータギール生まれ、北海道旭川市育ち。日本プロ野球初の外国生まれの選手であった。

概要

幼少期にロシアから一家総出で日本に亡命。その生い立ちと、後に父親殺人罪で逮捕されたことなどから、野球選手として々しい成績を挙げつつもその人生は苦難の連続であった。世したこともあり、「悲運の名投手」の呼びが高い。

ロシア人の名前としてはよくあることであるが、フルネームは大変長い(ヴィクトル・コンスタンチノヴィチ・フョードルヴィチ・スタルヒン)。日本では「スタルヒン」ないし「ヴィクトル(ビクトル)・スタルヒン」の表記が一般的である。

来歴

1歳のときにロシア革命が起き、王党派がいた一族は共産政権から迫を受ける。9歳で日本に亡命、旭川に移り住んだが、生活苦であったこともあり帰化申請は受理してもらえず、結局生涯籍であった。

旧制旭川中学に通い中学野球現在高校野球)で剛腕投手として話題になる。甲子園出場を夢見ていたが、チームでは他校にいま一歩及ばず2年連続予選決勝敗退。そして3年生の人生の転機が訪れる。
当時日本では野球といえば学生野球で、プロ野球はまだ存在していなかった。しかし日米野球のために日本代表チームを作らねばならず(文部大学生の出場を禁じたため)、読売新聞社長太郎が中心となって大学生以外の選手を集めていた。これが後に巨人軍となるわけだが、スタルヒンは5年制中学の3年生にしてこのプロ集団のスカウトを受けたのである。
プロになるということは中学野球と別れを告げることであり、彼は当初断るつもりであった。しかしスカウトに「入団しなければ一家まとめてロシアに強制送還することだってできるんだぞ」と脅されたために涙をのんで受諾した、という逸話はよく知られている。

そして東京巨人軍の発足メンバーとなり、徴兵されて故障した沢村栄治に代わってエースとして活躍、MVPにも2回選ばれるなどチームの6連覇を支えた。1939年に記録したシーズン42勝は、後に稲尾和久に並ばれたものの現在も歴代1位タイ記録である(ただし、そのうちの2勝は本来先発中尾輝三につくべきものだった。も、当時の記録を尊重すべきという理由で42勝は認められてはいるが)。

しかし次第に戦時色が濃くなっていくにつれて、亡命者たるスタルヒンの立場は次第に厳しいものとなっていった。1940年から、日本の対露感情悪化に伴い、登録名を須田博(すだ・ひろし)」に変更することを余儀なくされた事実は、戦時下の悲話として今もり継がれる。1944年戦争化のためプロ野球35試合しか行われず、スタルヒン自身も軟禁状態に置かれるなど混乱を極め、登板数は1ケタに留まり、シーズン終了後は球界追放処分の憂きに遭う(こんな状況ではあったが投球内容は冴え渡っており、登板7試合ながら投球イニング66、6勝0敗で防御率0.68という異次元の記録を残している)。

戦後巨人軍は球界追放処分を解いてスタルヒンにチームに戻るよう勧誘するが、彼は断り、パシフィック(太陽ロビンス)→金星スターズ高橋ユニオンズトンボユニオンズ)と弱小球団を転々としてはエースとして活躍するという選手生活を送った。ユニオンズに在籍していた1955年にはプロ野球史上初の300投手となり、この年に引退して20年の選手生活に幕を下ろした。通算成績は586試合、303176敗、350投、83完封防御率2.09。

その後は第二の人生を送るはずであったが、引退後1年あまりで交通事故を起こし帰らぬ人となった。事故にはいくつか不可解な点があり自殺説もある。なお、その急死が報じられた際、新聞記事では300勝の偉業には一切触れられなかったという。

記録と評価

シーズン42勝は歴代1位タイ、通算303勝は金田正一らに抜かれたものの現在も歴代6位の記録である。先発投手を酷使しなくなった現在野球を考えれば、これらの記録は今後も不動のものと思われる。また、83完封は稲尾や金田も届かなかった最高記録であり、これも破られることはないだろう。

死後創設された野球殿堂には1960年に競技者表殿堂入り。競技者表はその年に始まったものであり、スタルヒンが初の選出者ということになる。

投手でありながら打撃も優れており、通算打率は.237である。1939年にはシーズン4サヨナラ打の日本記録を作ったが、この記録はその後30年間破られなかった。

第二の故郷・旭川市では現在も地元の英雄であり、旭川市球場は「スタルヒン球場」の公式称がある(人名をつけた球場日本でここが初めて)。球場の前には彼の像が飾られ、場内の蕎麦屋では「スタルヒンそば」が名物メニューとなっている。高校野球の北北海道地区大会は毎年この球場で決勝が行われるため、北の大地高校球児たちにとっては憧れの地である。また、2013年修によりプロ野球公式戦ナイトゲームの開催も可となり、年に数試合ファイターズホームゲームが行われている。

関連動画

関連商品

ナターシャ・スタルヒン女史は長女で、栄養士として健康関連の書籍が数多い。
枯葉の中のい炎」はスタルヒンの300勝を題材にとった短編小説川端康成文学賞受賞作。 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヴィクトル・スタルヒン

5 ななしのよっしん
2014/12/22(月) 13:39:17 ID: keD2P7jDRt
日本史の授業中、この人の話聞いて涙出そうになったわ
6 ななしのよっしん
2014/12/27(土) 21:36:59 ID: 68JJcI6tcX
旭川出身で名前はよく聞いていたが、こんな悲劇の人とは思わなかった。
新聞は対露感情の変化を警してスタルヒンの死を大げさにしなかったのかな。

スタルヒンの出身校は現在旭川東高校旭川一の名門である。
スタルヒン球場国道沿いの好立地で「旭川市球場」なんて名称は誰も知らないには積み上がったスキー練習ボブスレーができる。土地も余っているんだしもう少し広げて特徴的な球場にすればもうちょっと知名度が上がるかもしれんね。プロ野球では二軍の試合がたまにある程度。
試合自体はしょっちゅうやっているので、「地元球児たちの憧れ」という表現にはちょっとだけ違和感を感じてしまうなぁ
7 ななしのよっしん
2015/07/31(金) 01:36:01 ID: 6QcA04unpn
ジジイ
スタルヒン175km/h出してた」
沢村栄治160km/h出してた」
サチエル・ペイジは179m/h出してた」

> かつて実際に対戦したことのある青田昇(巨人阪急など)に依頼して、
> 「スタルヒンボールはこれだと思うものをいってほしい」とピッチングマシン
> 使って実験したことがあるそうだ。そのとき青田摘したボールは、なんと175キロぐらいだったという。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO70816220X00C14A5000000/?df=4exit

> ペイジとノーラン・ライアン両者の球を受けた捕手179km/h位ではないかとコメントしている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%82%B8exit
8 ななしのよっしん
2015/07/31(金) 01:43:36 ID: 6QcA04unpn
通算奪三振率4.22

175km/hの速球を打ちまくる
80年の野球選手すごすぎ
9 ななしのよっしん
2016/02/28(日) 21:36:21 ID: 0qL18l/o6y
こうゆう話見るたびに戦争は怖いなって思う
10 削除しました
削除しました ID: gAEXEFzNi9
削除しました
11 ななしのよっしん
2017/03/11(土) 21:33:27 ID: /69WF7c5G8
戦争もそうだが、何より正が怖い、流石あの時代の元政治家って感じ
確かに有能で、巨人、ひいてはプロ野球を盛り上げる豪腕を持ってたことは認める
長嶋なんかの大スター以前に、土台を作り上げたコイツがいなきゃ日本プロ野球はこんなに成功してなかったかもしれない
でもその悪辣さは同じ有能黒幕タイプナベツネなんかとべモノにならない
スタルヒンに対してロシア送りの脅しなんて実質殺すと言ってるようなもんだし、最後まで好き勝手扱ってた
スタルヒンだけじゃなく沢村栄治も正の犠牲者だからな
12 ななしのよっしん
2017/06/21(水) 15:12:36 ID: tJFy6YTExW
揚げ足取るようだけどプロ野球史上初の300投手じゃなくてNPB史上初の300投手じゃね?
13 ななしのよっしん
2017/11/25(土) 02:10:15 ID: FDa2rs47qA
菊池権藤さんはスタルヒンと投げあったことがあるんやで 聞いてみ」
鈴木誠也マジっすか!!!!!!!!」
14 ななしのよっしん
2018/05/25(金) 18:37:34 ID: f7QWKdY7Ll
>>8
打ちまくってはない
当てまくってただけ
当時は今と違って球も飛ばずバットもグラブも粗悪だった(グラブに関しては形からして違う)
だから全体的に当てにいくバッティングが普通だった
今みたいなまともに当たればホームランになるくらい振り切るスタイルが出てきたのは戦後大下弘から
だからスタルヒン175キロ投げてて奪三振率が4.22でも何もおかしくはない
実際に投げてたかは分からないがな