ヴィンテージ単語

ヴィンテージ

ヴィンテージとは、以下の意味を持つ。

  1. ブドウの収穫期
  2. 1から転じて、年代ものの、という意味
  3. 2から転じて、マジック:ザ・ギャザリングにおいて、ほぼすべてのカードが使えるフォーマットのこと

本稿では、3の意味で説明する。

概要

ジョークキスパンションやホリデーギフトカードを除くほぼありとあらゆるカードが使える。この環境で使えない禁止カード2016年12月現在以下の37枚である。

  1. アンティ賭けカード)に関するカード9枚
  2. ドラフト(その場でパックを開封して遊ぶフォーマット)専用カードである「策略」カード25
  3. カード物理的に投げるカード2枚
  4. ゲーム中に(そのゲームの決着を「横にとり置いて」)新たなゲームを始めるカードShahrazad

別のゲーム用の策略を除けばゲームの成立、進行に致命的な影を与えるカードばかりであり、逆を言えばゲーム進行さえ妨しなければ「こんなん使えれば勝てるに決まってんだろ」ってレベルカードですら禁止になっていない。どれほど歴史に名を(あるいは悪名を)刻んできたカードであっても使用可なのである。

当然だが、このままでは環境バランスもへったくれもないので、その手の強カードは禁止ではないものの1枚しか使用できない「制限カード」とすることで環境を制約している。2016年12月現在、制限カードは43枚存在する。

環境

一言でいうなら「Magic:the Gatheringの失敗の歴史のぶつけ合い」。

最強ゲーム加速手段であるパワー9を1枚づつとはいえ使用可一のフォーマット。そのため、環境は1手から大量にクリーチャーを並べてみたり、相手の動きを全に封じたり、あるいはそのまま1ターンキルに持ち込んだりといった高速の駆け引きの応酬である。他のゲームはおろか、他のMTGフォーマットですら中々起きないような事が然と横行するTCG界の魔であり、参入障も併せて「行きつくところまでたどり着いてしまったプレイヤー」のためのフォーマットといえる。

こんなところにまで使われるカードというのは当然ながら常軌を逸したパワーカードであったり、序盤から終盤まで隙がい汎用性を持つカードであったりする。また、「ストーム」や「発掘」、「アーティファクト単」といったようにデッキ全体が統一されたコンセプトで組まれている場合、それはおおむね環境を滅に破壊するほど強すぎた失敗コンセプトであり、かつて様々な時代で猛威を振るったデッキ同士がもし最強の状態で競い合ったらどうなるか?という子供じみた疑問に答えるための隔離病棟ドリームマッチ的な側面を持ったフォーマットである。

なお、それらを除去、妨するためのカードやそれを手に入れるためのドローカードもまた低コスト、広範囲、高汎用性をもつ史上最高クラスのものが用いられるため、一で決着がつかなかった場合、どのフォーマットよりも底的に長引く。この両極端な二面性もまた特徴の一つ。

金額

言うまでもないが、高い。

上記の通り過フォーマットではあるが、実際は「安価に組んだデッキ」を持ち込んでも環境把握さえしっかりしていればちゃんと勝つことはできる。ただ、そのようなデッキパワー9、特にBlack LotusMoxシリーズを入れると「安価に組んだデッキ上位互換」となってしまう。これがパワー9の恐ろしいところであり、パワー9の、ひいてはヴィンテージのデッキが高価な理由である。

稀な例として、特殊なカードを用いてパワー9を使わせないことに特化、自分にもかかる影を排するためにあえてパワー9を使わない構築も見られる場合があるが、その「パワー9を使わせないためのカード」をよりく使うための最良の方法はパワー9を使うことである。他環境にもまして一手の遅れが致命傷となるヴィンテージにおいて、カードをよりく使えるほうが強いというのは言及するまでもないことだろう。

一応他の例としては、「発掘」という特殊なデッキパワー9を用いない(用いても強くならない)較的安価デッキとして知られる。なお、実際のデッキレシピこちらexitから参照できるが、その値段は(2016年末の相場において)35万程度とのことである。十分高いわ。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヴィンテージ

1 ななしのよっしん
2016/07/09(土) 00:40:34 ID: tcaVn+aza6
>だいたいの場合、どの環境よりも素く決着するが、コントロールでがちがちになったりどちらももたつくと時間がかかる。
く決着つくイメージがあるかもしれないが大抵はミステップあったりするから実際はどの環境よりももたつくことの方が多い(コントロールの使用率的に)
だいたい決着くつくのはブラックロータスからのジェイス→負けましたとかそんな感じ
2 ななしのよっしん
2016/07/09(土) 00:52:51 ID: tcaVn+aza6
連続投稿になってしまって申し訳ないが>>1のようにもたつく原因としてキチガイじみたドロー呪文が使えることによって打ち消しが手札に入りやすいということもある。
ヴィンテはリアルでもやってみたいけどマジで10年後ぐらいになりそう・・・
3 ななしのよっしん
2017/08/20(日) 19:34:40 ID: veydombYOh
ヴィンテージは参入障が高いが故にプレイしたくても相手がいないという現が起きてしまうのが困りもの。
安いデッキでも楽しいよって勧めは出来るけど、周りの友達もやっぱりやるなら制限カードをいっぱい使う「らしい」デッキを使いたいって言ってたし。
あとこの環境は対戦すると勝っても負けても不思議と笑っちゃう魅がある。他じゃ味わえない手さとか快さがある意味ではあるね。
4 青島
2017/09/04(月) 07:35:17 ID: 6YBlmEJcVr
Workshopは制限されましたか…?(小)

は1枚しか持ってないです…おいKENく制限にしてくれよな~(他力本願)
5 ななしのよっしん
2017/09/24(日) 01:42:09 ID: KVck3+ga+n
まさに世紀末
6 ななしのよっしん
2017/11/10(金) 00:02:35 ID: rjWFdLmxDz
実際にやるとしたらMagic Onlineかなぁ
そっちだとBlack Lotusですら54,5ドルあたりが相場らしいし