ヴェルナー・ゾンバルド単語

ヴェルナーゾンバルド

ヴェルナー・ゾンバルド(Werner Sombart、1863〜1941)とは、ドイツ経済学者である。

概要

ゾンバルドの思想

  1. ゾンバルドの資本主義への試みは、1911年にM・ウェーバーが出版した「プロテスタンティズムの倫理資本主義の精」に対抗して始まったものであった。
  2. 更にゾンバルドはケインズと同じく、需要から見た不況を分析した。

1、資本主義とユダヤ人の役割

ゾンバルドは、ウェーバープロスタントに注したのに対抗して、ユダヤ人を資本主義役とした。そのことをゾンバルドは「ファウスト(近代国家の君)はメフェストフェレスユダヤ人)しでは考えられない」と表現する。

実際に歴史の中でユダヤ人と資本主義は大きく関わってきたのはのは確かだ。例えば、近代以降スペインポルトガルユダヤ人を追放してから衰退し、ユダヤ人が移住したオランダイギリス経済の中心になった。ユダヤ人はカネを支配し、有価券(債券)を開発し、資本主義と言う名前のマネーゲームを作っていったのだ。

ウェーバー資本主義の担い手としてプロスタントを取り上げたのだが、ゾンバルドに言わせればウェーバーした究極のプロスタントの姿がユダヤ人であった。合理的な生活、禁欲的な性生活(子づくり以外のセックスの禁止)、宗教経済融合けを善とする思想。彼にとってピューリタニズムはユダ義であったのだ。

2、恋愛と戦争と資本主義

ゾンバルドによれば、資本主義を発展させるためには贅沢が必要である。ゾンバルドの生きた時代、社会は需要の不足(デフレ)によって苦しめられていた。需要を増やす最高の方法は(倫理的にはともかく)恋愛戦争。はっきり言ってしまえば「エロスと殺し合いが資本主義を発展させる」した。

ゾンバルドは「恋愛と贅沢と資本主義」において、女性は贅沢を好みおを沢山使う。男も女性に大量のお金を湯のように使い、需要を生み出し社会を好況に導くとした。

加えて「戦争資本主義」では戦争が起きれば、武器などの軍需産業でお金が回るようになる。よって社会全体が好気になると述べている。

関連動画

ユダヤ人と資本主義

ユダヤ人は確かに融において大きな影を誇るが、全てのユダヤ人と考えるのは明らかに間違いである。にもかかわらず融の悪影かれる時、ユダヤ人がスケープゴートにされてしまう事が多々ある。

恋愛は無駄遣い?

恋愛結婚は確かにお金がかかる。だが同時にそこに、他では得難いものもあるのは確かだ。

死の商人?

戦争を起こし軍需産業先導の気回復を図ろうとするのはアメリカの十八番である。そしてその勝ちに乗っているのは日本である。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヴェルナー・ゾンバルド

1 ななしのよっしん
2013/05/15(水) 21:11:19 ID: FLkeEFx4nE

勝ち
負け犬間違いでわ!
2 ななしのよっしん
2013/05/28(火) 20:05:44 ID: Cu68spM2Pz
>>1
アメリカ戦争してアメリカが大嫌いになったへ、日本が援助という形で関わり
日本オトモダチが増える構図は半世紀近く続いてるよね
3 ななしのよっしん
2017/01/06(金) 09:29:11 ID: NNWLgxd8RY
今更だが、ゾンバルドじゃなくてゾンバルトだな。