一力遼単語

イチリキリョウ
1.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

一力遼(いちりき りょう)とは、日本棋院東京本院所属の囲碁界ではしい新聞記者囲碁棋士である。1997年6月10日生まれ。宮城県出身。復九段門下。早稲田大学社会科学部卒。

棋聖戦王座戦天元戦の最年少挑戦記録など、多数の最年少記録を保持している。

・祖・曽祖・高祖東北新聞社の社を歴任、叔父東北テレビ局社長という社長一家である。

令和三羽烏のひとり。

概要

2010年入段。2012年二段、2013年三段、2014年四段から同年規定により七段に飛び級昇段。

2014年 棋聖戦リーグ16歳若さリーグ入りする(史上最年少記録)。新人王戦優勝グロービス杯世界囲碁U-20で優勝

2016年4月早稲田大学社会科学部に入学竜星戦で優勝天元戦で挑戦。

2017年 王座戦天元戦挑戦。

2018年 棋聖戦挑戦。桐山杯初優勝王座戦挑戦

2020年早稲田大学社会科学卒業後、河北新報社東京支社編集部に入社。囲碁棋士新聞記者二足のわらじを履く。

2020年8月 初の七大タイトル碁聖を獲得。

人物

囲碁棋士中学卒がふつうというなか大学まで進んだ(七大タイトル経験者で高卒なのは小林覚九段と羽根直樹九段、大卒では坂井秀至八段くらい)。

何にでも一生懸命で、負けず嫌いな性格。韓国との場での交流戦で対抗戦も負けたあとサッカーリレー競走でも負けた。その時一は急に泣き出し「先生日本はどうすればいいのですか」と言ったという。

はまず場に来たら、3つあるすべての部屋をまわって挨拶をする。そこで遠方から勉強に来るなどたまにしか会えない先輩仲間を見つけると、をかけて対局や検討をお願いしたりする、気づかいのある子だったという。

VS.井山裕太十七番勝負

2017年王座戦天元戦の挑戦手合の権利を獲得。さらに続く2018年には棋聖戦の挑戦手合の権利も獲得。棋聖王座天元すべてタイトルホルダー井山裕太(当時七冠)だったため史上初の3棋戦連続同一カード七番挑戦手合が実現した。

結果はーー

井山

10連敗という大惨敗。井山の壁は厚かった。

ポスト井山

次々と最年少記録を打ち立てタイトル戦にも挑戦しポスト井山裕太最有と言われていた。

しかし同じ令和三羽烏許家元に先に七大タイトルを(井山を倒して)持っていかれ、

またしても同じ令和三羽烏芝野虎丸に二冠を取られ(これも井山を倒して)持っていかれている。

なかなか七大タイトルで結果がでなかったが2020年8月羽根直樹碁聖からついに念願の七大タイトルゲット。今後の一層の活躍が見込まれる。

関連生放送

第一回ゲスト

 

関連商品

一力遼に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

一力遼に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

一力遼

1 ななしのよっしん
2019/11/21(木) 10:49:18 ID: ar2jVcGYrg
最近女子キラーとなりつつある一さん
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2021/11/12(金) 11:51:57 ID: a7dFT9KfXY
>>1
今期十段戦最終予選で藤沢里菜五段に敗で本選入りならず・・・

このところ上半期の好調ぶりがのような苦戦ぶりが続いてるのが気がかりだ。天元戦五番勝負は新鋭の関七段に初戦敗れるし、26世本因坊にはフルセットに持ち込んでもタイトル防衛、奪取ならずなのがなあ・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0