一挙配信単語

イッキョハイシン
1.7千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

一挙配信とは、

  1. 文字通り一挙に何かを配信する事
  2. ニコニコ生放送においてアニメドラマなどをある程度の話数めて配信する事
  3. サブスクリプションサービスでのコンテンツの配信方法

である。
この記事ではに3.について解説する。

3.概要

に、NetflixAmazon prime videoなど海外資本動画サービスで行われている配信方式。

新作動画作品を1シーズン(10~12話)ごとに一挙配信する為、1シーズンだけの作品は配信したその日に新作の全話が視聴可になるという配信方式。

後述するデメリットもあり、しばしそれを行っているサイト独占配信と共に物議を醸し易い。

こういった方式が使われているのは、アメリカ動画視聴環境が、土が広く電波による送受信=地上波よりもケーブルテレビ文化が根付き特に郊外ではどの庭が入っており、ケーブルテレビは局数が多く日本ほど”同じ時間にみんなが同じ番組を見る”という文化があまり根付いていなかった事もしていると考えられている。

メリット/デメリット

視聴者が自分のペースで見れる
毎週待つ必要は休日などで最新作を一気に見る。この視聴スタイルは”ビンジウオッチン”と呼ばれている
  
一ヶ分の入会費で済む
一挙配信なら見たい作品が配信されただけサービスに加入して起までに退会すればよい。毎週配信はリアルタイムで追うなら1クール3ヶ分の料が必要なので費用は1/3である
ネトフリはしばしサブスク解約の簡単さが話題になる
  
配信日には大きな盛り上がりを見せる
その日のうちに全話が配信される為、大きな話題になり特に大作はSNSレン世界一位になる事も。
 
話題が持続しにくい
配信したその日だけは盛り上がるがそれ以降話題になる事は難しい。毎週配信方式のように1クール=3ヶ間は視聴者間で話題が持続するので視聴者間での盛り上がりを見た浮動層が参入する機会が少なくなる。
また、熱も冷めやすいのでグッズイベントなどを宣伝する…という方式の効果も薄くなる。
配信日の盛り上がりを逃した潜在層に情報がいきわたらない為「もう配信してる事を知らなかった」という層も作りがちである。
ちょっとあれな作品の場合クレームが入る前に完走できたり炎上も持続しないというメリット?もある
 
話題に出しづらい
どの場合直ぐに全話見た人orまだ見てい人になる為、他ユーザーの楽しみ奪うまいと考える視聴者ネタバレ防止の為話題に出すことがくなる。
逆にネタバレを気にせず発信するユーザーが現れると視聴予定の層が自衛の為、話題から外れていく事となる。
その為、考察などが盛り上がる事もく(特にそういう楽しみの強いオリジナルアニメとは相性が悪い)、ファンアートなど二次創作が描かれる事も少ない。
対して毎週配信の場合はSNSコミュニティ間のネタバレの範囲はそもそも実況くので存在しなかったり、「最新話ぐらいはネタせ気味に喋る」などの狭い範囲での暗黙のルールもやりやすい。

この方式を問題視しているのは日本だけという訳ではく、ドラマザ・ボーイズ』はシーズン2、3から「最初数話一挙→毎週配信」という方式を取っている。
これは本作のショーランナー[1]「一挙配信は盛り上がりすぎる」「次(の話に)進む前に(その回の面かったシーンを)振り返ってファンの間で話し合うなどしっかり浸れる時間を取って欲しい」という考えで採用されている。

海外作品では他にも『マンダロリアン』『ピースメイカー』など毎週配信の方式を取る物も存在する。

逆に日本でもアニメ推しの子』は初回90分、『BanG Dream! It's MyGO!!!!!』『葬送のフリーレン』は初回数話をめて放送。のといったように一挙配信のメリットを取り込む姿勢も見られている。

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *脚本家上がりのプロデューサー

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

結月ゆかり (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: ゲスト
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

一挙配信

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 一挙配信についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!