七夕の悲劇単語

タナバタノヒゲキ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

七夕の悲劇とは、以下のことを表す。

  1. 1998年7月7日千葉ロッテマリーンズプロ野球史上初の17連敗を喫した時の黒木知宏投手エピソード。本記事で解説
  2. 2017年7月7日東京ヤクルトスワローズに訪れた劇的な逆転劇のこと。→「七夕の悲劇2017」を参照。
  3. THE IDOLM@STER Live For You!765Comm@ndが発覚したために、これまで費やされてきた抜き作業の苦労が一にして泡に帰してしまった悲劇のこと。→「七夕革命」を参照。

概要

ぺーぺーで、毎日必死だったなあ。あの時は何やっても勝てなくてね。
打ったら、もっと点を取られるし、投手が抑えたら向こうがもっと抑えて。
野球って難しいね。勝つ時は、あっさり勝つのに

――2017年7月8日 日刊スポーツ『あれから19年ロッテ犠飛「七夕の悲劇」の』より、福浦和也

当時ここ10年間は1995年2位で終えた以外は最下位と5位を行き来していたロッテ。この年は優勝補にも挙げられるほど戦が充実していた。

前評判通り、千葉ロッテマリーンズは開幕から好調だった。4月を終えた時点では首位。5月に入りやや調子を落としたものの、序盤戦を20勝21敗とほぼ5割の成績で乗り切り、ここから再び首位を狙っていく、はずであった。

6月13日、対オリックス・ブルーウェーブ12回戦。先発小宮山悟が5回途中5失点と大乱調。試合も逆転負けを喫する。ここからが長いトンネルの始まりだった。

連敗トンネル

そこからは投打のかみ合わない試合が続いた。

18安打を放ちながら勝てず・・・
9回に逆転するも勝てず・・・

背景には、抑え不在による終盤の不安定さがあった。“ダブルストッパー”成本年秀、河本育之の故障に加え、補強したスコット・デービソンも5月に故障。その為近藤昭仁監督は窮余の策として、連敗の前日好投していた先発投手黒木知宏を配置転換。5連敗中の日本ハム戦で抑えとして登板させた。
しかし、コレも裏先発黒木リリーフに適応できず、2試合で立て続けに炎上。更にそれから2試合後の近鉄戦、延長11回に登板するも、ここでも打ちこまれ決勝点を与えてしまう。実に救援失敗を3度も繰り返し、チーム20年ぶりの10連敗を喫したところで、近藤監督ストッパー黒木を諦めた。

一方で先発は、小宮山悟防御率リーグトップになりながらも勝てず、薮田安彦に至っては12安打を浴びて炎上して負けがつく一方、投しても対戦相手の西武西口完封を喰らい負けるなど、ツキもなかった。実際抑え不在を除けば、チームのどこかが明らかに不振に陥っている訳ではなかった。
打線福浦和也フリオ・フランコ初芝清(とマーク・キャリオンの上位打線それなりの威を発揮してはいたが、投手の継投や打線の援護は恐ろしいほど噛み合わず、野手は打ちながらも拙攻が続いた。逆に乱打戦となれば、投手は崩壊した。

そういう試合を繰り返し、マスコミが徐々に注をし出す中、気付けばチームは最下位にっ逆さま。連敗中、投手コーチは更迭され、球団社長は謝罪した。

パ・リーグの連敗タイ記録15がかかるホームゲームの試合では、試合前に前代未聞のお祓いが行われたが
その試合も9回裏土壇場で追いつくも、その後ダイエー井口の2ランで息の根を止められ、またしても延長戦で敗戦。
気がつけば15連敗。次負ければ、パ・リーグ新記録&日本タイ記録という状況にまでなってしまっていた。

1998年7月5日 対福岡ダイエーホークス12回戦

連日の連敗記録はスポーツニュースで盛んに取り上げられるようになり、記録がかかったこの日のマリンスタジアムには2万人の観客が集まった。

しかし試合はダイエー城島健司井口資仁ホームランなど21安打の猛攻。対するロッテは2度の満塁機を含む3併殺などで相変わらず打線が噛み合わず、10-3で敗戦。ヤクルトアトムズ1970年に作ったNPB記録に、とうとう並んでしまった。7日に先発予定の黒木知宏ロッカルームでモニター観戦していたが、10点をとられた7回で見るのをやめたという。

「16連敗に怒ったファンが、暴動を起こすのではないか…」

なぜなら1996年ダイエーの選手らが乗るバスファンが取り囲み、生卵を投げつける事件があった。それを思い出して恐ろしくなった黒木は、試合途中で球場から逃げ出してしまったのだ。

だが、自宅でスポーツニュースを見た黒木は、愕然とする。黒木が恐れたとおり、試合終了後のスタジアム正面には、500人ものマリーンズファンが集まっていた。

しかし…

俺達の誇り、千葉マリーンズ
どんなときも、俺達がついてるぜ!
突っ走れ、勝利の為に!
さあ行こうぜ!千葉マリーンズ!ラララララ......

16連敗を喫したマリーンズを「俺達の誇り」と歌い続けるファンの姿が、そこにあった。黒木ファンを恐れ、逃げだした己を恥じた。そして誓った。

これからはファンの為に投げよう。懸命に投げよう
次は最初から一杯行く。腕が千切れたって構わない!

1998年7月7日 対オリックスブルーウェーブ13回戦

そして七夕悲劇の幕は開いた。

ロッテ先発エース黒木知宏、対するオリックス先発木田優夫であった。パ・リーグで、かつ5位と6位の試合。しかも平日のナイター。にも関わらず、グリーンスタジアム神戸には2万人をえる観客が詰めかけた。さらに、テレビの全中継まで入っていた。

試合はロッテ福浦和也フリオ・フランコ犠牲フライマーク・キャリオンHRで3点を取り試合を優勢に進める。黒木は4回に暴投で1点を与えたものの、イチロー擁するオリックス打線を8回2安打に抑え、打線の援護に応えた。この間、黒木は全く覚えていないという。
に初回から飛ばし過ぎたツケで、体は途中から脱症状を起こしていた。どんなにを飲んでも体調は戻らず、球威も徐々に落ちていった。

ところが9回、黒木の球威は突然復活した。黒木く「ゾーンに入った状態」だったという。先頭のイチロー空振三振にきって取る。1アウト。次打者トロイ・ニールはヒットで1アウト1塁。続く谷佳知三振で2アウト1塁。そしてバッターは今日安打のハービー・プリアム。

勝てる・・・勝てるんだ・・・!

カウントは2-1、あと1ストライクで勝てる・・・!

だが、黒木が投じたこの試合の139福澤洋一の構えたミットではなく…情にも、マリーンズファンが集まるレフトスタンドに吸い込まれていった。

リアムの同点HR

その場に崩折れた黒木は、立ち上がることができなかった…

その後、試合は延長12回にオリックス代打、広永益代打満塁サヨナラHRを放ちオリックス勝利
この間、ロッテ17連敗が確定し、連敗の日本記録を更新した。を使い果たした黒木は脱症状からくる全身の痙攣に襲われ、一時は命を落とす危険性すらあったという。

その後

結局翌日の試合も負け、連敗記録は18まで伸びたが、翌々日は連敗の始まりとなった試合の敗戦投手である小宮山投(9回140球6失点)し勝利黒木139球は報われ、晴れて連敗は止まったのであった。

にもこの敗戦によって人気を得た黒木はその後、初めてオールスターに選出された。そしてこの年、投手三冠まであと一歩(最多勝、最高勝率防御率2位)という素晴らしい成績を残すことになる。

この黒木の活躍に加え、河本の復帰や6月に獲得していた新助っ人ブライアン・ウォーレンフィットによるリリーフの安定、初芝フランコ、盗塁王いた小坂誠ら打撃の活躍もあり、連敗脱出以降のロッテは打って変わって好調を維持。18連敗のツケはあまりに重く最下位脱出こそならなかったものの、20まで膨れ上がっていた借を10まで減らし、最終的には優勝した西武にわずか9.5ゲーム差の6171敗3分け(勝率.462)という、最下位チームとしてはかなり高い勝率シーズンを終えた。チーム打率.271リーグ1位チーム防御率3.70リーグ2位であり、当時「史上最強の最下位」とまで呼ばれたほどである。しかし最下位であることには変わりがなく、シーズン終了後の1998年10月8日近藤昭仁監督は辞任を発表した。近藤監督は辞任の際に「もっと強いチームでやりたかった」と発言したとしてロッテファンから批判を浴びたが、これについてはのちの取材で「再建期のチーム97年の就任時点で前年12勝の良部、14勝のヒルマンって移籍したことで投手が手薄になっていた)で勝利すことは難しく、それでも2年連続最下位になってしまった以上『来年も続ける』とは言えなかった」という意味での発言だったと述べている。皮にもこの日は近藤がかつて率いていた横浜ベイスターズが38年ぶりのリーグ優勝を決めた日であった。

このように、この年のロッテは決して「弱小チーム」ではなく、むしろ戦的にはかなり充実したチームだった。そんなチームが、まるで悪魔に魅入られたように一時期だけ全く勝てなくなったことも、この連敗が「悲劇」と形容される一つの理由であろう。

この日に球界で起こったその他よもやま

余談までに、1998年7月7日に球界で起きたその他の出来事を以下に記す。

19年ぶりの神戸

それから19年後の2017年シーズン、この七夕の悲劇以来となる神戸でのロッテオリックス戦が開催された。前回同様平日のナイトゲーム、ロッテ先発エース涌井秀章、対するオリックス先発ルーキー山岡泰輔だった。

オリックスは小刻みな安打で涌井を攻め、5回裏に小谷野栄一タイリーヒットで先制する。しかし7回表にジミー・パラデスソロホームランロッテが同点に追いつくと、両軍継投に入るが9回に登板したオリックスの守護平野佳寿が1死2,3塁のピンチを作ると、奇しくも19年前のロッテの選手一の生き残りである福浦和也代打で登場し犠牲フライを放ち1点、その後満塁となったところで、19年前はダイエーに所属し18連敗中のロッテを苦しめていた井口資仁押し出し四球を選び更に1点をとり2点の勝ち越しに成功する。

その後その裏を内竜也失点に抑えてこの試合を終え、ロッテ勝利ヒーローインタビューには福が選ばれた。しかもこの試合の3-1というスコアは、前述の黒木がプリアムを抑え勝利した場合のスコアである。

こうしてパリーグロッテ歴史に一つの終止符が付いたのであるが、一方同日、セリーグでは東京ヤクルトスワローズが新たな七夕の悲劇を生んだことも話題となった。詳細は「七夕の悲劇2017」を参照のこと。

関連動画

関連項目

関連商品

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%83%E5%A4%95%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

七夕の悲劇

83 ななしのよっしん
2020/02/02(日) 02:05:34 ID: iA7ssHGKEO
随分とハッスルしてるようだがヤクルトクソザコなのは事実だろ
普通チームがすごく運悪く負けて悲劇になってるのをクソザコスワローズのあたりまえの連敗と同列にるなって言ってるだけなのでは
84 ななしのよっしん
2020/03/25(水) 20:09:51 ID: EDBDc7Nlb2
>>74
そりゃ全放送した試合と、その前日の試合外の出来事だから差が出るのも必然かと
今と違って個人が気軽に動画撮影できるような時代じゃないし
85 ななしのよっしん
2020/04/23(木) 20:33:25 ID: l4lEjBl9yi
弱いチームが当たり前のように負けて作った連敗記録じゃなく、
むしろかなり強かったはずのチームがまるで呪われたような敗戦を繰り返して記録した連敗だから今なおり継がれてるんや……
というのをわかりやすくするためにちょっと加筆してみたよ
86 ななしのよっしん
2020/08/07(金) 20:36:33 ID: ZeUfWTH5eu
二度と破られちゃいけない記録だな
87 ななしのよっしん
2020/08/15(土) 23:56:50 ID: Mm9RhXc+HA
七夕の悲劇 代打三ツ間
88 ななしのよっしん
2020/11/12(木) 11:51:38 ID: 3JcxR/R0ft
この試合の何が酷いってロッテの15安打3得点という攻撃効率の悪さよ
しかも1点はソロホームランだし
対するオリックスは9回裏に同点に追い付いた時点で5安打3得点
ほんと呪われてるとしか思えないほどかみ合ってなかった
89 ななしのよっしん
2021/02/23(火) 11:51:13 ID: yqnvg1Cx09
最終的に借30以上するチームが10連敗以上するのは普通に実がないだけ
この年のロッテは借10で終わっているので本当に18連敗は悪魔に魅入られたと言うしかない
それに近いのは2017年巨人13連敗かもしれない(最終的に貯4で終わっている)
90 ななしのよっしん
2021/02/23(火) 12:08:09 ID: dBvWLq+ExO
前年までの負け癖がぶり返しただけでしょ
上げ下げはあってもそこに勢いがつくのは実のうち
91 ななしのよっしん
2021/03/08(月) 19:35:24 ID: Wh1Ab0PYeO
弱いチーム普通に連敗したならともかく投手、野手共に充実した戦なのにこれってのが奇跡だよな
個人成績見たらなんでこれで最下位なのかわからないほど良い
92 ななしのよっしん
2021/07/07(水) 21:55:26 ID: USdFviw5Qk
七夕の悲劇2021【オ5-6楽】
5-1の9回に5失点で敗北・・・(9回5失点は二日連続)

過去のオススメ記事