三内丸山遺跡単語

サンナイマルヤマイセキ

三内丸山遺跡とは、青森県青森市にある縄文時代の集落跡である。

概要

特徴・歴史

三内丸山遺跡は、今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡と見られており、日本最大級の縄文集落跡である。

古くは江戸時代から知られており、山崎の『永日記(館野越本)』、澄の『すみかの山』にも登場している。

2000年11月には特別史跡に定される。

見どころ

遺跡の入口に「縄文時遊館」があり、時遊トンネルをくぐるとまるで5,000年前にタイムスリップしたように遺跡に繋がっていて、展望テラスからは三内丸山遺跡が一望できます。また、遺跡をガイドに案内してもらうこともできる。

三内丸山遺跡から出土した重要文化財約500点を含む総数約1,700点の遺物を展示していたり、人形などを用いて、出土品から考えられる縄文人の生活を展示する「さんまミュージアム」がある。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E5%86%85%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E9%81%BA%E8%B7%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三内丸山遺跡

1 ななしのよっしん
2019/03/07(木) 20:31:35 ID: ns+dF8BJOP
関連動画
>>sm12855421exit_nicovideo

>>sm17223335exit_nicovideo
2 ななしのよっしん
2019/03/07(木) 20:55:04 ID: 0RG69yYkXh
県間違えてました。ごめんなさい。

急上昇ワード