三冠馬単語

サンカンバ

 三冠馬とは、競馬において特定の3競走に勝ったのことである。
 3競走の定義は、地域、競走条件等で多々分類されているが、一般的には日本中央競馬JRA)のサラブレッド系3歳2000年までは「4歳」と呼称)限定の「クラシック競走」におけるものをす。

中央競馬クラシック三冠

 日本中央競馬サラブレッド系3歳限定「クラシック競走」である、
 皐月賞 】【 東京優駿日本ダービー) 】【 菊花賞
 の3レースす。これらの競走に出走できるのはサラブレッド系3歳(旧:4歳)だけなので、競走馬にとって挑戦するチャンスは一生に一度しかない。(ただし2000年までは「日本国内の生産」のみ出走でき、外日本以外ので生まれてから日本に輸入された)の出走はできない、などの制限事項があった。また、セン去勢した)の出走は現在不可能である)
 2018年現在、7頭が三冠を達成している。このうち、シンボリルドルフディープインパクト三冠を達成するまで、すなわち菊花賞を勝つまで敗であったので、敗(不敗)の三冠馬」と称されることがある。
 セントライトの時代は、まだ現在のようなレース体系が確立しておらず、セントライトが達成した三冠レース名も現在とは違って横浜賞典四歳呼」「東京優駿競走」「京都賞典四歳呼であった。

成年 達成時戦績 生涯成績
昭和16年
(1941年)
セントライト 12戦9勝
 (小西喜蔵)
12戦9勝
昭和39年
1964年
シンザン 11戦8勝
 (栗田勝)
19戦15勝
 (天皇賞 有馬記念
昭和58年
1983年
ミスターシービー 9戦7勝
 (吉永正人)
15戦8勝
 (天皇賞
昭和59年
1984年
シンボリルドルフ 8戦8勝
 (岡部幸雄
16戦13勝(うち海外1戦0勝)
 (天皇賞 ジャパンカップ 有馬記念2回)
平成6年
1994年
ナリタブライアン 13戦9勝
 (南井
21戦12勝
 (有馬記念 朝日杯3歳ステークス
平成17年
2005年
ディープインパクト 7戦7勝
 (武豊
14戦12勝(うち海外1戦0勝)
 (天皇賞 ジャパンカップ 有馬記念 宝塚記念
平成23年
2011年
オルフェーヴル 10戦6勝
 (池添謙一
21戦12勝(うち海外4戦2勝)
 (有馬記念2回 宝塚記念

中央競馬牝馬三冠

 日本中央競馬サラブレッド系3歳の限定競走である
 桜花賞 】【 優駿牝馬オークス) 】【 秋華賞(旧:エリザベス女王杯) 】
の3レースの事をす。これらの競走に出走できるのはサラブレッド系3歳(旧:4歳)だけなので、挑戦するチャンスは一生に一度しかない。
 2018年現在、5頭が牝馬三冠を達成している。

成年 達成時戦績 生涯成績
昭和61年
1986年
メジロラモーヌ 11戦9勝
 (河内洋)
12戦9勝
平成15年
2003年
スティルインラブ 7戦5勝
 (幸英明
16戦5勝
平成22年
2010年
アパパネ 9戦6勝
 (蛯名正義
19戦7勝(うち海外1戦0勝)
ヴィクトリアマイル 阪神ジュベナイルフィリーズ
平成24年
2012年
ジェンティルドンナ 8戦6勝
 (岩田康誠
19戦10勝(うち海外2戦1勝)
ジャパンカップ2回 ドバイシーマクラシック 有馬記念
平成30
2018年
アーモンドアイ 6戦5勝
 (クリストフ・ルメール
※現役

変則三冠

 皐月賞ダービー菊花賞桜花賞オークスの五大クラシック競走のうち、桜花賞オークス限定競走のため、は前者3レースにしか出走できないが、は全5レースに出走可であり、理屈の上ではが「五冠」を達成することも可である(もやるはずいが)。
 しかし現在のようなレース体系がとられていなかった時代、例えばオークス(当時は「阪神優駿牝馬」)は5月下旬ではなく10月上旬に開催されていたため、今とは異なる変則的な三冠に挑むこともできた。1943年のクリフジが、その一の例である。

成年 生涯成績
昭和18年
1943年)
クリフジ 11戦11勝 (前田長吉)
 東京優駿競走 / 阪神優駿牝馬京都賞典四歳呼

JRA秋古馬三冠、春古馬三冠

三冠の古王道路線である
天皇賞(秋)】【ジャパンカップ】【有馬記念
の3競走のことをす、この3競走をJRA三冠と正式に呼称してはいないが、競馬関係のマスコミ等の間では2000年から同一年に3競走を制覇した競走馬にはJRAから褒賞(内は2億円、外は1億円)が贈られることから、クラシック三冠と区別するために使用されることがある。

三冠大阪杯がGⅠとなった2017年に定義された新たな三冠の古王道路線である
大阪杯】【天皇賞(春)】【宝塚記念
の3競走をす、こちらもJRAが正式に呼称している三冠ではないが、三冠同様、同一年に3競走を制覇した競走馬に褒賞三冠の褒賞と同額)が送られることから競馬関係のマスコミ等で使用されることがある。

他の三冠との大きな違いは「複数回チャンスがある」という点である、しかしクラシック三冠は"世代最強"を決める競走であるのに対し、古三冠は"現役最強"を決める競走であるため、複数回チャンスがあるからと言って達成が容易であるわけではない。事実2018年現在三冠を達成した競走馬は2頭しかおらず、三冠に至っては定義づけがされる前も含め対競走をすべて同一年に勝利したはただの1頭もいないという事実がそれを然と物語っている。

秋古馬三冠の達成馬

成年 達成時戦績 生涯戦績
平成12年
(2000年)
テイエムオペラオー 19戦12勝
 (和田竜二) 
26戦14勝
(皐月賞天皇賞(春)連覇、宝塚記念天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念)
平成16年
 (2004年) 
ゼンノロブロイ 15戦7勝
(O・ペリエ) 
20戦7勝
(天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念) 

南関東競馬三冠

大井競馬場で開催される3歳限定戦
羽田盃】【東京ダービー】【ジャパンダートダービー
の3競走のことをす、2001年東京王冠賞が止されるまでは東京王冠賞がからに移動したり、各レース距離短縮を行ったりもあったりしたが羽田盃】【東京ダービー】【東京王冠賞】の3競走が旧三冠競走であり。三冠馬も2018年現在、この3競走が三冠競走であったときにしか出ていない。また、羽田盃、東京ダービー地方限定競走である為、当然、地方所属場でないと南関東三冠は得られない。

成年 達成時戦績 生涯戦績
昭和42年(1967年) ヒカルタカイ 17戦11勝
()
31戦15勝(うち中央11戦3勝)
昭和50年(1975年) ゴールデンリボー 11戦6勝
(赤間)
13戦6勝(うち中央3戦0勝)
昭和53年(1978年) ハツシバオー 13戦10勝
(宮正行)
17戦11勝(うち中央1戦0勝)
昭和58年(1983年) サンオーイ 12戦8勝
(高橋三郎)
29戦13勝(うち中央7戦1勝)
昭和61年(1986年) ハナキオ 12戦9勝
(千亜)
13戦9勝
平成元年(1989年) ロジータ 12戦8勝
(野崎)
15戦10勝(うち中央2戦0勝)
平成13年(2001年) トーシンブリザード 7戦7勝
(石崎之)
30戦9勝(うち中央3戦0勝)

イギリス競馬クラシック競走三冠

 そもそも「クラシック競走」とは、近代サラブレッド競馬発祥の地・イギリスにおいて古くから開催されていた Classic古典的・格式のある)なレースのことである。日本クラシック競走も、これを模範としてレースが作られた。

レース 施行距離 創設年 相当する日本レース
セントレジャーステークス 1マイル6ハロン115ヤード
(約2921m)
1776年 菊花賞
3000m)
オークスステークス
限定)
1マイル4ハロン6ヤード
(約2420m)
1779 優駿牝馬
2400m)
ダービーステークス 1マイル4ハロン6ヤード
(約2420m)
1780年 東京優駿
2400m)
2000ギニーステークス 1マイル
(約1609m)
1809年 皐月賞
2000m)
1000ギニーステークス
限定)
1マイル
(約1609m)
1814年 桜花賞
1600m)

 上記のように、イギリスには日本秋華賞(旧:エリザベス女王杯)に相当するレースが存在しないため、イギリスにおける「牝馬三冠」とは【 1000ギニー・オークスセントレジャー 】のこととなる。
 2011年現在三冠は15頭、牝馬三冠は9頭いる。また、1840年にクルシフィックスが1000ギニー・2000ギニー・オークスの「変則三冠」を達成している。

 ※イギリスにおいて現在、【三冠】の価値は急速に低下してしまっている。バーラム三冠1935年)から1970年まで、2000ギニー・ダービーの二冠を制したが4頭(49年ニンバス57年クレペロ・67ロイヤルパレス68年サーアイヴァー39ブルーピーターは、第二次世界大戦勃発の影セントレジャーが中止)いながら、その全てがセントレジャーを回避するなど、セントレジャーの地位低下は始まっていた。
 1970年敗で三冠を達成したニジンスキーが、三冠直後に挑んだ凱旋門賞で2着に敗れた原因がセントレジャー出走による疲労という憶測が広まったことで「三冠忌避」の流れは加速し、1987年ダービーセントレジャー二冠となったリファレンポイントを最後に、2000ギニー優勝ダービー優勝の出走自体が途絶えてしまっていた。
 2012年敗で二冠を達成したキャメロット(競走馬)ニジンスキー以来42年ぶりとなる三冠達成へ挑戦したが、直線の猛追及ばず惜しくも2着に敗れる結果となった。

イギリス三冠馬

成年 成年
1853年 ウェストオーストラリア 900年 ダイヤモンドジュビリー
1865年 ラディアトゥール 903年 ロックサンド
1866年 ロードリヨン 915年 ポマーン
1886年 オーモンド 917年 ゲイクルセイダー
1891年 コモン 918年 ゲインズバラ
1893年 アイシングラス 1935年 バーラム
1897年 ガルティモア 1970年 ニジンスキー
1899年 フライングフォックス

イギリス牝馬三冠馬

成年 成年
1868年 フォルモサ 904年 プリティーポリー
1871年 ハン 942年 サンチャリオット
1874年 アポロジー 1955年 メル
1892年 ラフレッシュ 1985年 オーソーシャープ
902年 セプター

変則三冠馬

成年 戦績
1840年 クルシフィックス 1000ギニー / 2000ギニー / オークス

アメリカ合衆国競馬クラシック競走三冠

 米国競馬ヨーロッパ日本とちがって芝ではなくダート競走が体であり、レース体系も大きく異なる。
 三冠5月から6月にかけてのわずか5週間に施行される、
 ケンタッキーダービー 】【 プリークネスステークス 】【 ベルモントステークス
の3レースす。1978年アファームド以降13頭のケンタッキーダービープリークネスステークス二冠が出たが、全て三冠ベルモントステークスで敗れたか、故障による不出走という結果に終わった。そのためもはや現れないではとも言われていたが、37年ぶりにアメリカンファラオが達成した。
 ・セン全て出走可だが、三冠達成はいずれもである。

成年 成年
1919 サーバートン 948年 サイテーション
1930年 ギャラントフォックス 1973年 セクレタリアト
1935年 オマハ 1977年 シアトルスルー
1937年 ウォーアドミラル 1978年 アファームド
941年 ワーラウェイ 2015年 アメリカンファラオ
1943 カウントフリート 201 ジャスティファイ
946年 アソールト

ニューヨーク牝馬三冠(トリプルティアラ)

エイコーンステークス】、【コーチングクラブアメリカオークスCCAオークス)】、【アラバマステークス】の3つの三歳限定競走のことをし、これをすべての競走がニューヨーク州の競馬場で行われる事からニューヨーク牝馬三冠、又はトリプルティアラと呼ばれている。(エイコーンステークスはベルモントパーク競馬場CCAオークス、アラバマステークスはサラトガ競馬場で開催されている)限定の三冠であるためか、アメリカ三冠とは違い過酷なローテーションにはなっていない。

過去に何度か三冠の体系が変化しており、2002年まではエイコーンステークス、マザーグースステークス(現在GⅡ)、CCAオークスの3競走が三冠競走であり、2018年現在、すべての三冠馬はこの体系の時に三冠を達成している。その後、2003年から三冠競走からエイコーンステークスが除かれ、アラバマステークスが新たに三冠競走に加えられるも、この体系の三冠競走は2006年までというわずかな期間で終了し元の体系に戻される。そして2010年マザーグースステークスを三冠競走から除外し、2003年に一度三冠競走となったアラバマステークスを再び三冠競走に設定し今の三冠の体系となった。

成年 成年
1968年 ダークミラージュ 1989年 オープンマイン
1969年 シュヴィー 1993年 スカイビューティ
1974年 クリスエヴァート
1975年 ラフィアン
1979年 デヴォナデール
1985年 モムズコマンド

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E5%86%A0%E9%A6%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三冠馬

26 ななしのよっしん
2015/11/04(水) 01:44:32 ID: 2t+eJbzBEu
アメリカ三冠馬のうちワーラウェイはミッドサマーダービーことトラヴァーズSも勝ってるので
四冠とも言えたりする
27 ななしのよっしん
2018/06/10(日) 12:52:47 ID: oz2yCWxkY8
ジャスティファイシアトルスルー以来の敗の三冠馬に…すげぇ…
28 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 02:10:42 ID: ilozuN9BJb
三冠はもういらんのじゃないか
勝てばJC回避で有馬に行くし、JC勝てば有馬回避が当たり前になった
3戦全てに出走するってキセキみたいにJCも負けたから有馬にもってくらい
ノーザンファームみたいにレースを割り振って有を直接対決させない営も出てきたし
29 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 07:05:11 ID: nKfJbXdXdK
もういらないってはどういう意味なん
呼称をなくせってことなのか、条件を変えろってことなのか
三冠レースを使わないという状況なら、クラシック三冠も菊回避とか結構あるし三冠も狙わない営がほとんどだよな
30 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 16:19:59 ID: eTNR7ktAKD
制度は変えたほうがいいんじゃないかな(報奨の増額とか

そもそも際招待で盛り上がるべきジャパンカップ日本が勝って当たり前という考え方がいかがなものか(それでJCダートは失墜したよね
31 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 01:07:13 ID: rMZCaROL/D
言うて際競争はレベルが上がればどのも地元有利は当たり前だからなぁ・・・欧州にせよ香港にせよドバイにせよ外様が楽に勝てるレースなんてくなった とはいえドバイみたいにパトロンが勝てなくなって寄り付かなくなったからAW辞めてダートに戻したもあるし日本もそろそろ東京開催辞めるか東京芝の見直ししたほうがいいのかなぁとは思う
32 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 01:18:53 ID: rMZCaROL/D
>>20 
11年 ヴィクトリアM 1着 アパパネ >クビ> 2着 ブエナビスタ
も忘れないで
を倒したはどれだけ戦で強いよりも格上って潮ある(代表例がエアグルーヴメジロドーベル)けどこの勝負は二冠ながらもを負かしまくってアパパネより格上評価だったブエナビスタを制したアパパネ強しを印付けたレースだった
33 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 01:33:54 ID: rMZCaROL/D
>>10 セントライトレースを見る限りゆるゆる逃げておきながら最後の直線でスパートをかけ数身ちぎるというセクレタリアトよろしくな逃げ戦法だった 下手したら一番イカれてるかもしれない
34 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 00:46:07 ID: rMZCaROL/D
そう考えると日本戦後三冠って基本好位差しと追い込み捲りばっかなんだなぁ ルドルフ一先行もやるよって位か(自在先行だからマークによっては好位差しも時々やる)
逃げ先行で余裕で三冠達成したセントライトって凄いんだな
35 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 05:17:10 ID: rMZCaROL/D
二冠って二冠と皐月菊二冠はいくらでもいるのにダービー菊の二冠って極端に少ないよなぁ・・・現在ステイヤー軽視で中距離ばかりだからダービーに流れるってのもあるだろうけどそれにしても歴代でダービー菊の二冠クリフジタケホープだけというのはなぜなんだろう