三枝未希単語

ヘイセイゴジラノカオ

三枝未希(さえぐさ みき)とは、平成ゴジラVSシリーズに登場する超能力である。演じたのは全ての作品で小高恵美

書かれているだけ、この概要

初登場は『ゴジラvsビオランテ』の9分30あたり(DVD)。
ゴジラシリーズではないもののよく似た設定の少女東宝特撮竹取物語』にも登場する(ひょっとしたら先祖?)。
ちなみに、小高デビュー作がその作品である。

科学開発センターなる恐らく機関と思われる組織で最も強い超能力を持つ少女として登場。
超能力者、という説明だけで具体的にどのような者なのかについては最後まできちんとした説明はなかったものの、劇中に確認できるとしては、第6感的に通常の人間では感知できない波長や精感応を感知できるゴジラビオランテといった怪獣のある程度の意思を読み取る(特にビオランテは元々人間細胞が入っているため、かなり深部の心を読むことができていた)、コスモスといった同じような感応をもつ者との交信、メカゴジラ乗組員として発揮した透視、物体を動かしたり、操ったりする念動怪獣の行動コントロールなどが見られた。 

初登場当時は、演じた小高自身も10代だったこともあってか、また「ちゃん付け」 で呼ばれていたり、何処かつかみどころのない、不思議な魅を持ち合わせた少女、といった描き方であり、この後まさかVSシリーズ全作に登場する重要人物になる、などとは本人、監督含めも予想していなかった。

ゴジラVSビオランテ

研究所で「バラが聴きたい」という博士の要望から科学開発センターから派遣されたシーンが初登場場面。

実はこのバラ博士の亡き英理加の細胞移植されたものであったが、当初は未希に何もることなくただ黙るままであった。しかし、親友明日香の姿を見た際に何かをりかけたようであった。

その後、このバラ三原山噴火で瀕死となり、ゴジラ細胞移植された後に怪獣ビオランテとなってしまう。

同じ頃にゴジラ復活の兆未希は感じ取っており、精科学開発センター子供たちも皆、夢でハッキリとゴジラの復活を予知、それを絵にして書いて見せていた(ちなみに、この中のひとつに大口ゴジラが映っているが、これを書いたのがYATで有名な漫画家西川氏)。

一方、には巨大化したビオランテが出現。ビオランテから「助けて」というメッセージを感じた未希はこの怪獣に英理加が入っていることを確信する(名前を知っていることから、ひょっとしたら生前に面識があったのかもしれない)。その後、ビオランテの意識から英理加が消えたこと、そしてその意識は分身ともいえる存在の復活したゴジラに向けられていることを伝えると、その言葉通りに両者は引き寄せられ対決。しかし、植物であるビオランテゴジラの熱線になすすべも炎上

その後、ゴジラ大阪に向けて侵攻を開始、少しでも大阪上陸を遅らせるために「彼女々のチームの一員である」の考えから黒木特佐より、「時間稼ぎ」として関西空港建設予定地で初めてゴジラとの直接対決を行う。
エネルギーを集中してゴジラを退けんとしたものの、一時的な足止めこそできたものの、未希はそのショックで倒れてしまう。だが、ゴジラ彼女から何かを感じ取ったのか、そのまま殺すこともせず大阪に向かって立ち去っている。 

病院で暫く睡状態にあったが、意識を回復した後、パソコンペイントソフトで大きなバラの絵を描きはじめ、「ビオランテがまだ生きており、ゴジラと再戦する」ことを黒木らに告げる。

若狭原発前での攻防で原発侵攻は避けられぬ事態となりかけたその時に未希はビオランテの復活を察知し、直後に進化し、より怪獣的フォルムになった強化ビオランテゴジラの前に現れた。
抗核エネルギーバクテリアで弱体化していたとはいえ、熱線攻撃にも耐え、ゴジラから煙を立ち上らせるなど徐々にゴジラを追い詰めたビオランテであったが、体内を熱線で爆破され、致命傷を負う。

しかし、バクテリアが効を発揮したゴジラもまた戦意を喪失、ビオランテは最後に英理加の心を取り戻し、未希に「ありがとう」のメッセージを残し、沢口靖子の顔と共にの粒となってに舞い、何処かに消えていった。 

全作品通して一「未希ちゃん」とちゃん付けで呼ばれる場面が存在する。そのちゃん付けで呼んでいた精科学開発センター大河内明日香とはかなり親しげであったが、以降の作品ではまったく登場しない(演じた田中好子自身は別の役で『ゴジラvsモスラ』に出演している)映画ラストから察するにと結ばれて疎遠になってしまったのだろうか?

ゴジラVSキングギドラ

僅か2年の間にかなり出世したらしく、国立科学研究センターゴジラチームメンバーとしてゴジラ対策の本格的な会議に参加している。

ビオランテとの戦いで日本海に追われたゴジラを監視していたが、この2年は抗核バクテリアの効もあり、特に動きは見られなかったという。

しかし、この作品での大きな活躍は本編主人公寺沢と共に日本を代表するタイムトラベル要員としてエミーカノーら23世紀人らに選定されたことである。理由は「同じ時代に二人の人間を存在させることができないため」で、当時のゴジラチームジジイばっか太平洋戦争時に存命だった人物が多数を占めていたことも選ばれた理由である。

タイムマシンKIDSの中では未来人ペットドラットを「かわいい」と気に入っているなど、この頃はまだ少女らしい一面が描かれた。そして、ワープした先1944年世界ゴジラ誕生前を撃、ラゴス恐竜の生き残り(ゴジラザウルス)が後のゴジラであることを確信する。そして、アメリカ軍の攻撃で瀕死の状態となったゴジラザウルスがベーリングワープさせられるのを見届ける。だが、この時代に未来人は意図的に遺伝子を組み替えたドラットを放置、後のキングギドラ誕生へと計画を進めることになる。ドラットがいなくなったことには未希だけが気付いたが、そのままエミー視して現代へのタイムワープを開始している。(その時に超能力で居場所わかんねえのか?とか言わないように)

現代ではゴジラの存在は抹消されたことが確認され、日本海レーダーからも掻き消えた。しかし、代わりにキングギドラ未来人計画通りに誕生、日本を恐怖に陥れた。だが、消え去ったはずのゴジラはベーリングでなおも新たに誕生しており、さらに日本企業原子力潜水艦エネルギーを吸収してより強大に、パワーアップしていた。

このゴジラ復活は三原山での復活と同じように未希に察知され、その言葉通りにゴジラ北海道に出現。未希も「前に見たときよりずっと大きい」とゴジラがより手強い存在になったことを認識したのだった。(タイムパラドックスが起きてる世界で何で記憶が元通りなんだ?とか言わないように)

キングギドラを難なく倒したゴジラは再び首都東京す。この危機をうけて未希と寺沢の進言により、エミー中に没したキングギドラ未来サイボーグ化して現代のゴジラに最終決戦を挑む。

結果、エミーの活躍で辛くも首都壊滅は何とか食い止め、寺沢は自分も知らない未来の子孫に、そして未希は二度と会うことのない友人に、そしてエミーも自分の時代に希望を教えてくれた祖先と日本人たちに、それぞれ別れと感謝の言葉を送るのであった。

ゴジラVSモスラ

またも配属先が代わり、今度は国家環境計画局Gルーム所属となって登場。
飛ばされている、というよりはいろいろな意味でのそのの高さ故に重要ポストに引く手あまたであるのだろう。

この作品では男女家族夫婦復縁がテーマであったこともあり、VSシリーズの中では一番影が薄かった。
しかし、さらわれた(というか盗まれた)コスモスを探知を用いて見事探し当て、暴れまわるモスラの侵攻阻止に貢献した。

過去作からこの作品を見る限り、を使うにはある程度精を集中する必要があるらしく、ラジオを切って静かにしてほしいとの要望を伝えるシーンがある。 

ラストバトルモスラバトラが何かを相談している様子に気がついたものの、その内容まではわからなかった。内容はコスモスの二人から聞いて初めて理解したところをみると、コスモスの二人のように怪獣の言葉までは理解するを持っていないようである。

ゴジラVSメカゴジラ

冒頭からいきなり登場する。所属先は国連G対策センターで、ついに公務員を通り越して国連職員になった。
国立科学研究センターが発展解消して国連G対策センター編されたという設定らしい。 

青木がくすねた古代植物から特殊な波動を感じ取り、かつての自分のとも言える精科学開発センター子供たちに歌を付けさせている。この歌はこの作品のキーとなり、アドノアから持ち帰ったがこの歌と共に孵り、未希は超能力でその幼生の正体がゴジラザウルスであることを見抜いた。

前作までは、「ゴジラを倒すことに貢献することが自分が持ちえたを人類の為に活かす術である」という考えであったが、ベビーゴジラとの出会い、そしてそのベビーを命を懸けて守ろうとするラドンゴジラという怪獣の行動により大きく考えが変わり、五条との出会い、彼女の「ゴジラベビーも生まれる時代が違っていただけではないのか?」という考えも、その心の変化に大きな影を与えている。

しかし、ベビーの生態を解析した結果から得られたゴジラの弱点『第2の』の発見と、それを攻撃するメカゴジラの切り札「Gクラッシャー」の開発により、未希はゴジラの第2の超能力で探り破壊するという皮な役を担う羽になった。しかし、ゴジラ常識は最人知を越しており、ラドン融合したゴジラはその攻撃すらも跳ね返し、メカゴジラ全なスクラップにしてしまう。

最終的にベビーゴジラ代わりとなっていたゴジラに理解を示し、仲間の所へ送ってほしいと未希に要請、テレパシー古代植物メロディベビーに送り野性に覚めたベビーは生き残った一の同族ゴジラと共にへ帰っていく。

ゴジラVSスペースゴジラ

ついにメインヒロインに昇格。所属は前作と同じ国連G対策センターだが、新設部署のサイキックセンター主任になっており、役柄の上でもまたも昇進している。

VSモスラ宇宙に飛び去ったモスラから発せられたフェアリーモスラの「宇宙怪獣スペースゴジラゴジラを倒して地球を征しようとしている」というメッセージを受け取る。

その頃、地球でのゴジラ対策はメカゴジラの強化発展であるMOGERAを用いたMプロジェクト未希のを使いゴジラコントロールするTプロジェクトの二面作戦が計画されていた。
Tプロジェクトゴジラと成長したベビーゴジラリトルの安住の地となっていた絶バースで行わた。当初、未希はこの計画に反対していたが、先述のメッセージを受け取ったことで参加を決意。一定の成功をみたものの、スペースゴジラの結晶体によって装置が故障、その影未希が意識を失ったことで失敗。

また、この作品では、ヒロインらしく悪人にさらわれる、主人公男性との恋愛模様が描かれるといった活躍があったほか、超能力も大幅にパワーアップしており、vsビオランテではゴジラとの直接対峙で気絶していたのがウソのようにゴジラを増幅装置で操っていたり、さらにテレキネシスで物体を浮かせるまで見せた。

Tプロジェクトマフィアに乗っ取られた挙句、未希自身が協を拒否したこともあり全に消滅、Mプロジェクトに移行かと思われたが、スペースゴジラの打倒が急務となったことで、図らずもMOGERAは倒すべき相手だったはずのゴジラとの共同戦線をることになる。そしてMOGERAスパイラルグレネードミサイルスペースゴジラの弱点である肩の結晶体を破壊、分離形態での福岡タワー倒壊作戦の成功により、形勢が逆転し、最終的に未希のテレパシーによりMOGERA乗組員も救助され、ゴジラトドメのバーンスパイラル熱線で地球危機は去った。

最後に未希はこっそりゴジラコントロール装置を念で取り除いたほか、この戦いを通じて惹かれあった新城リトルゴジラの成長を見せるところで映画は終了する。

ちなみに、この作品だけ髪型ショートヘアーになっている。
他の作品だと、結っているか、もしくはセミロングぐらいの長さなので、この作品だけかなり印が違う。 

なお、恋愛模様が描かれる日本映画としてはしく、キスシーン濡れ場はもちろん、腕組みや手をつなぐことさえない、かなりプラトニック純愛模様が描かれている。が、演じた橋爪小高両氏は「ゴジラの存在が大きすぎる」「多分別れた」とっている。

ゴジラVSデストロイア

もうほとんど映画役を食っているくらいの存在。
一応、この作品で彼女の姿は見納めである。
所属、階級共に前作と同じ国連G対策センターサイキックセンター主任のままで、昇進ストーリーもここで打ち止めになったが、初にして一の後輩小沢芽留が登場した(厳密には、精科学センターに多数の後輩らしき人物が描かれているほか、芽留自身もvsメカゴジラにも登場していたとの説あり)。

主任止まりなのは、恐らくバースでのゴジラリトルの監視任務を継続するため、現場のポストにこだわって昇進を拒んだのではないかと推測される。

しかし、映画冒頭でバースの消滅を確認。直後にゴジラが生きた核爆弾と化したことを知る。
何とか核爆発危機は脱したものの、今度はゴジラ自身の耐熱限界が迫りメルトダウンの危険性が発覚する。
なお、これらの危機についての的確な作戦を立案したのは、奇しくも三枝未希のファンというだけでゴジラ対策に参加した山根博士の末裔(正確には新吉少年の子孫)、山根健吉だった。平成VSシリーズラストにして、ゴジラによって人生を変えられた一族同士の邂逅が描かれている。なお、健吉の部屋には何故か「短期間しか見られなかった」はずであるショートカットの、しかもどう見ても内勤時の未希の写真が飾られている。入手ルートが実に怪しいところだが気にしたら負け。

さらに、オキシジェン・デストロイヤーが使用された東京湾の汚泥からデストロイアが誕生し、東京滅亡の危機となっていた。
未希は行方不明となったリトルゴジラを懸命に捜索するが、自身のが衰えたのか、一向に見つけることができず、落ち込む姿を見せた。

事、成長したリトル、いやゴジラジュニアを確認できたものの、ゴジラメルトダウンを防ぐ可性がある怪獣デストロイアゴジラを倒させる作戦のため、ジュニア東京へ呼ぶ役割を担い、そのゆえにまたもするゴジラ一族を戦いに巻き込む皮な役を任されることとなる。 

人類に対する敵意を持っていないジュニア未希への恩義からか、全な成長段階にあったデストロイアから未希たちを守り、初陣にして大金星を上げ、首都に現れたゴジラとの再会を果たすが、直後に火力発電所のエネルギーゴジラジュニアDNAを吸収して全体に進化したデストロイアに首を折られ、強化されたオキシジェン・デストロイヤー線で瀕死となる。
未希の呼びかけになんとかジュニアも応えようとしたものの、息も絶え絶えとなりついに動かなくなる。

そして未希は涙ながらに、この戦いがゴジラの最期の戦いになることを悟る。

ジュニアを殺されたゴジラはその不安定ながらも圧倒的なパワーでかつて同族を殺したオキシジェン・デストロイヤーをも粉砕。ついには背鰭を溶かしながらもそのパワーで何度復活してもデストロイアをものともせず、ついにデストロイア自身が勝ちいことを悟って逃亡を図り、人類の手で呆気なく撃墜されてしまった。 

だが、最ゴジラメルトダウンを食い止める術は存在せず、苦しみの熱線を放つと、ついに都心ん中でゴジラメルトダウンを引き起こしてしまう。

スーパーXIII率いる冷凍兵器部隊により、被害は最小限に食い止められたが、ゴジラはどんな怪獣兵器にも耐えてきたその体が崩壊し、ついには最期の断末魔を叫び、その身をかつての初代ゴジラのそれと同じくとして崩れ去った。
その様子を一部始終見ていた未希は涙ながらに自分の役割が終わったとつぶやく。

しかし、放射能が徐々に晴れていき、線量の数値が急に下がり始めたことに人々は気付く。
そして、芽留も何かを感じ取り、あの巨大な影が動く様がの中から映し出され、このシリーズは終焉となる。

番外編 怪獣プラネット ゴジラ

平成VSシリーズ番外編にあたる『サンリオピューロランド』のアトラクション映像として作られた短編映画
ちなみに、ゴジラ映画初の3D作品でもある。 メカゴジラスペースゴジラの間に作られ、特技監督川北紘一と、パラレルワールドではあるものの、平成VSシリーズスタッフが一番ノッていた時期に撮られた紛れもない作のゴジラである。

未希の活躍は、観客のナビゲーター役で、映画とのつながりはく、特に超能力を使う場面はい。演じているのはもちろん小高恵美
しかし、衣装はこの作品のみのオリジナルで、ヘアスタイル較的セミロング寄りのイメージとなっている。サンリオアトラクションとあって、ハローキティとも共演した。

なお、アトラクションそのものの仕掛けは「夢のタイムマシン」なる3D映像アトラクションマシンで「座席の可動、匂いが漂う」など、今で言うところの4D映画にも通ずるパビリオンだった。サンリオといえば、当然女児人気が高いのだが、この当時のゴジラ人気は男児に圧倒的だったこともあって、「男の子にも楽しめるアトラクションを」ということでサンリオ×ゴジラという信じられないコラボレーションが実現したのであった。当然ながら、この論見は大当たりし、「オリジナルゴジラが観られる」と大好評だったそうな。オリジナル映像では、ゴジラキティが同じスクリーンに現れるという二度といであろう組み合わせが楽しめたのだが、GODZILLA FINAL BOXの特典映像では残念ながらカットされてしまった。

ストーリー惑星艇プラネット号を救出するため観客がアース号なる宇宙船に乗り込み(観客席がアース号というよく遊園地である設定である)、救助には成功するがたどり着いた惑星には怪獣が生息しており、その3頭の怪獣ゴジララドン、成モスラ地球ワープして人類に迷惑な場外バトルを展開してしまう、というもの。よって、造こそ平成VSそのものであるものの、話としてはどのゴジラシリーズともまったく繋がらない(けど、Gフォース地球に存在するようで、メーサーも出てきたりと・・・こまけぇこたぁいいんだよ!!)。しかし、現時点でこの3匹が同時にスクリーンに登場する作品はこの作品だけである。また、ゴジラ東京駅を破壊するのもこの作品が今のところ一となっている。

平野俊弘版『ゴジラVSビオランテ』

基本的に映画版と同じだが、1985年回想シーン美希視点で描かれている点が特徴。
当時、東京にいた美希ゴジラの思念を感知して交信を試みようとしたが、その念が届く事はなかった。
更に美希を追って来た両親は熱線に巻き込まれて死亡し、涯孤独の身となってしまう。

坂井孝行版ゴジラでの活躍

別冊コロコロコミック上にて映画開前に集中連載されていたVSシリーズコミカライズ版での活躍は
一切存在しない。というか、存在自体い。

代わりに坂井氏が自ら「原理義者」とまで黒木特佐が全作品に登場し、言わば『ゴジラvsビオランテから生した別のVSシリーズ』とでも言うべきストーリーになっている。

しかし、映画漫画の双方が完結して12年後、坂井氏が本当に構想していた完結作を描きたい、との意向で始められた『特 ゴジラVSデストロイア』にてついに初登場となった。何?実際の小高恵美より美人かわいい?そんな事言ったら小高さんに怒られまっせ! 

本作ではヒロインとして冒頭から登場。1992年に発生したモスラ上陸事件(『ゴジラVSモスラ』)の際、黒木特佐の依頼でモスラをTCフィールドへ誘導した。(この際、バイト中だったのでアンナミラーズ制服を身にっている。実にかわいい)しかし、現地で死傷した人々の思念やモスラが発する強大なテレパシーを受信した事によって睡状態に陥ってしまう。約3年後、彼女全裸覚めたとき、東京にはデストロイア集合体とゴジラジュニアが上陸。一方、台湾ではバーニングゴジラ魔獣バガンが死闘を繰り広げていた。

本作の彼女はテレパシストとしての自分に思い悩んでおり、あえて普通女性として大学に通い、人の多く集まる場所でアルバイトをする事で人間の思念を受け止める訓練を行っている。そんな彼女が「テレパシストとして恋愛が出来るのか」も本作の見所のひとつであるらしい。しかし、彼女に一惚れした山根健吉はヤンデレ化しつつあるので不安である。

コロ時代にべてリアル寄りに格段に画力も向上していることもあって、今後の展開が気になるところだが、完結まであと何年かかるのか、現段階で全何話になるのか、作者もよくわかっていない。しかも同人誌形態なので、一般書店では扱っていない。うまくインターネット活用しよう。この特版が完結するか否かは読者のみんなの応援坂井先生の頑り次第であるので大いに期待しよう。

その他雑記的なモノ

ゴジラの生誕から死、そして再生を描ききったVSシリーズ皆勤賞で出演しているキャラクター
VSシリーズ三枝未希が少女から大人女性戦士へ、そして最終的にゴジラを見守るともいえる人物となっていった作品であるとも言える。また、意外と彼女初恋スクリーン女優という小学生男児も多かったとか。

後続の怪獣映画特撮ドラマにも少なからぬ影を与え、三枝未希のような超能力を持ったキャラクター平成金子ガメラ三部作の草薙のように怪獣人間とを繋ぐ巫女のような存在といった人物が彼女の登場以後多く登場するようになった。

なお、小高恵美三枝未希が登場するまで、ゴジラシリーズで『役名も設定も役者も同じキャラクターが連続出演』するという例は志村喬の山根博士(『ゴジラ(1954年)』『ゴジラの逆襲』)だけで、6作品も連続して同じ人物で登場したのは下のところ、彼女だけが持つ単独記録となっている。単純な役者としてのシリーズ最多出演記録は佐原健二の13回である(ちなみに、佐原氏はそのうちVSシリーズ瀬川長官役で3回出演している。それ以外は全部設定も役名も異なる別人の役)。

また、彼女の存在があることからわかるようにVSシリーズ昭和ゴジラと異なりストーリーの連続性、前作から続いている明確な続編シリーズである、という点を較的重視しており、中尾演ずる麻生官や小林昭二演ずる土橋室長のように昭和ゴジラかった『同じ人物の再登場』が数人存在している(逆に役者は同じだけど、別人という例もある)。なお、昭和ゴジラも『一応は』ゴジラ第一作から『メカゴジラの逆襲』までは1本のストーリーで明確にストーリーが続いている続編ではある。 

なお、このゴジラシリーズ以後の小高氏は古畑任三郎霊柩車などのサスペンスドラマに登場したことはあったものの、映画出演はくなってしまい、2000年ミュージカルを最後に女優業をほぼ引退している。

しかし、たまぁ~にイベントや書籍のインタビューに登場することがあるので、ファンのみんなは是非チェックしてみよう。

さようなら、関連動画、さようなら、ゴジラ

三枝未希に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品は、誰のものでもないわ!

これがゴジラの最後の関連コミュニティかもしれない・・・

三枝未希に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目の役目は終わった・・・

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E6%9E%9D%E6%9C%AA%E5%B8%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三枝未希

4 ななしのよっしん
2015/07/24(金) 02:57:07 ID: 4bdPKnO8UW
深いキャラとして、子供心に強く残ったなぁ~。
ゴジラにとっても最も深く関わった人間なのかもしれないな。
5 ななしのよっしん
2015/08/23(日) 22:03:12 ID: i+9EDGYWD/
>何?実際の小高恵美より美人かわいい?そんな事言ったら小高さんに怒られまっせ!
まずこれ書いたやつが謝れwww
あと読みwww
6 ななしのよっしん
2016/08/08(月) 21:47:48 ID: QaKiKouj6v
シン・ゴジラ22年ぶりに東京駅が破壊された
それよりバーニングゴジラVSバガンが気になる
>>3
初代はやっぱりすごい

7 ななしのよっしん
2016/08/14(日) 17:52:33 ID: dzAK/63RlS
現在宇賀神恵美
8 ななしのよっしん
2016/09/13(火) 22:11:11 ID: IeFnH45HBB
もしもシンゴジ世界にいたら

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=58742535exit
9 ななしのよっしん
2017/07/18(火) 21:38:24 ID: IeFnH45HBB
巨災対だと一番下っ端くらいかな?
何気に局長とか課長とか偉い人ばっかりだからな
10 ななしのよっしん
2018/07/22(日) 17:37:47 ID: XiIfsoE0+t
レジェゴジ2では美枝美紀少女が出てくるらしい。
11 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 11:02:49 ID: IeFnH45HBB
キングオブモンスターズチェン博士三枝未希にしか見えんかった
監督意図的に配役したんじゃあるまいなw
12 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 00:05:00 ID: ohoKr76rL2
ぶっちゃけこの人にまつわる設定や展開を好きになれるかでVSシリーズ全体への好みも分かれてくる気がする
これから初見って人の場合は特に

慣れてるとほぼ全く気にならないけど、見返すとシリーズが進むにつれて結構映画の尺取ってるんだよな(論それが好きな人もいるだろうから悪いとは断じて言わない)
個人的にはVSメカゴジラ辺りからどんどん便利屋さん的な側面が気になって少し微妙だった
13 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 00:37:43 ID: SV8wg44GDs
美少女、って感じで初登場した時は可愛い
その後も順調に美人さんに育って言った
ただ個人的に短めのは似合わない気がする