三津田信三単語

ミツダシンゾウ

三津田信三(みつだ しんぞう)とは、日本の推理作家ホラー作家である。

概要

舎での編集者業を経て(同舎での同僚に作家柴田よしきがいる)、2001年に三津田信三自身がり手となるメタフィクションホラーホラー作家の棲む』で講談社ノベルスから作家デビュー

2006年に刊行した言耶シリーズの第1作『厭魅の如き憑くもの』が本格ミステリプロパーの間で高い評価を集め、それ以降はコンスタントに作品を発表、特に言耶シリーズミステリで新刊が出るごとに話題になり、各種ランキングの上位常連になっている。2010年、『の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞を受賞。2016年には『のぞきめ』が映画化された。「本格ミステリベスト10 2017年版」の企画《本格ミステリベストオブベスト1997-2016》では『首の如き祟るもの』が1位に選出されている。

本格ミステリホラー融合させたがその最大の特徴。代表作である言耶シリーズは、戦後すぐの時代、田舎閉鎖的な共同体舞台に、おどろおどろしい伝承を背景にした連続殺人が起こる――と書けばまるっきり横溝正史だが、三津田信三作品では合理的に説明のつく本格ミステリ的なと、合理的に説明のつかない怪異然と共存し怪異と思われた現が合理的に解決されることもあれば、合理的にを解いた先に得体の知れない怪異が姿を現すということもある。すなわち、最後まで読まないと本格ミステリとして落ちるのホラーとして落ちるのか解らないというのが言耶シリーズの最大の特徴。また探偵役である言耶の、次々と推理を提示してはそれを自ら否定していくという、名探偵らしからぬ七転八倒のひとり多重解決読みどころ。本人く、あまり細かいことを決めずに書きながら相を考えているらしい。

言耶シリーズ以外の作品は基本的にはホラー寄りだが、長編の多くは大なり小なりホラーの中にもミステリ的な解きや仕掛けが含まれる。死相学探偵シリーズはややライトミステリ寄りでホラー色は他にべると薄め。作家三部作はのちの言耶シリーズに通じる本格ミステリ×ホラーホラー寄りで、非常に怖い。ノンシリーズの短編集は、作者自身がり手になる実話怪談の作品が中心(作家三部作とは関係ないようだ)。

初めて読む人は、言耶シリーズから入り、作家三部作に戻るというルート難だろう。それ以外の作品はお好みで。言耶シリーズの厚さに込みする人は、ライト読みやすい死相学探偵や、『赫眼』『ついてくるもの』あたりの短篇集で様子を見るのもいいだろう。少なくとも『シェルター』や『スラッシャー』から入るのはオススメしない。あと作家三部作は刊行順に、少なくとも『葬』と『堂』は2冊でセットなので必ず順番通りに読もう。

怪奇小説ホラー映画への深い造詣は作品にもしばしば反映され、作中でマニアックホラー談義が繰り広げられることも少なくない。奈良県羅(あんら)町や々櫛(かがぐし)村などの地名や、一部の登場人物などの固有名詞がシリーズをまたいで登場し、またある作品内の事件がさりげなく別の作品でも言及されるといった作品間のリンクも多く、ほぼ全作品が同一の世界観の中にあるのも特徴。奈良羅(NARA→ANRA)、武蔵小金井武蔵名護池(KOGANEI→NAGOIKE)のように、登場する架の地名は現実の地名のアナグラムであることが多いので、元ネタを推測してみるのもいいかもしれない。

作品リスト

関連動画

関連商品

三津田信三シリーズ

刀城言耶シリーズ

家シリーズ

死相学探偵シリーズ

その他

関連項目

脚注

  1. *死相学探偵の短編も1本収録されている。
  2. *ノンシリーズ短編集だが、講談社ノベルス版では言耶シリーズの短編「椅人の如き座るもの」が収録されている。講談社文庫版では外され、代わりにノンシリーズ短編「物語憑き」を収録。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E6%B4%A5%E7%94%B0%E4%BF%A1%E4%B8%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三津田信三

1 ななしのよっしん
2014/06/23(月) 23:46:31 ID: aqv5f5cTNe
記事あったんだ嬉しい~
読んですごいと思ったよ 
登場人物が多すぎて名前の覚え辛かったが
すごい綿密に構成されててれたね
2 ななしのよっしん
2014/07/01(火) 23:06:37 ID: x0rGKB6iC2
は、ホラーミステリーの配分が絶妙で一番好きだ
全部が全部理屈で片付かない、その片付かなさが絶妙

あたりから片付かなさがダメだ
3 ななしのよっしん
2014/07/02(水) 00:15:47 ID: PGkMNGR5dY
やっぱり首が最高傑作だよなあ
堂も好きだな、あのページマジ心臓止まるかと思った

どうでもいいけど三津田信三って名前、
横書きだと「」と「信」がん中の「田」に向かって移動してるように見える
4 ななしのよっしん
2014/08/05(火) 23:11:27 ID: JpgH5mf5xs
傑作
ただ個人的には女が好き
5 ななしのよっしん
2015/03/13(金) 10:04:54 ID: fuNnTEDE53
記事があるけ!
6 ななしのよっしん
2017/05/16(火) 03:43:59 ID: 6IM474kxJI
津田先生、何が何でも毎回どんでん返ししないと気が済まないようなとこがあるから義務的などんでんを感じる事も
7 ななしのよっしん
2017/06/04(日) 12:30:50 ID: 89m7rM7GJh
読み慣れてくるとオチが読めちゃうことはたまにあるよね
面とか結構序盤に最後のオチまで予想出来ちゃったし