三神怜子単語

ミカミレイコ

 

ネタバレ注意

この項は、小説アニメAnother
ネタバレ成分を含んでいます。
ここから下は自己責任スクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三神怜子(みかみ れいこ)とは、小説アニメAnother」の登場人物である。

担当声優榊原奈緒子。映画俳優加藤あい。

概要

山北中学3年3組の副担任にして、榊原恒一叔母。そして1998年度の“死者”である。

実は1年半前、3年3組の担任を務めていた時に、災厄によってに落ちて死亡した。原作漫画版での死因は不明だが、アニメ版では通り魔に刺し殺された設定となっている(アニメ版ではこの年度次に、生徒の一人だった赤沢泉美従兄・和死亡している)。この年は、当初は死者が出なかったが、“いないもの”となっていた生徒の佐久間が孤独に耐えきれず、“いないもの”の役割を放棄して発狂。途中から災厄が起こるという1983年度・1998年度とは逆の事例が起きてしまい、彼女もまた災厄に巻き込まれてしまったのである(佐久間本人も、後に自殺)。

恒一は怜子葬式のために、実は1年半前にも見山を訪れており、アニメ版では土手で赤沢さんと出会っている。記憶の竄によって恒一は忘れてしまっていたが、赤沢さんの想いはそれを上回り、かすかに覚えていただけでく、死の間際には記憶の書き換えがまだあったにも関わらず、はっきりと当時のことを思い出した(しかし、それもあまりに遅すぎたのだが・・・)。また、見山から遠く離れたインドにいた恒一の・陽介や、理子と怜子の二重の死のショック認知症(当時の呼び名は痴呆症)を患っていた怜子は、記憶の竄を受けていなかった。

三神先生と宮牧美沙代の正体

視聴者には、怜子三神先生が同一人物とは気づかせない演出がとられていたが、劇中の登場人物は、怜子三神先生であることが初めから周知の事実であった。怜子自身、恒一が転校する前に、プライベートでは「怜子さん」、学校では「三神先生」と呼び方などを使い分けるように諭している。この伏線の代表例が、三神先生学校に来ないことを、彼女を慕う望月優矢がその安否を恒一に尋ねていることである。また、アニメ版では浴に遊びに来た時、恒一と勅使河原直哉ゴムボートに乗っていた怜子を落としたシーンなども大きなヒントになっている(なにげに、この水着回は重要な場面が多い)。Another最大のトリックは、いかに読者視聴者怜子三神先生だとわからせないようにするかという点にあり、怜子が3年3組とその関係者ではない“はず”というミスリードとなっている。

いかに別人と思わせるかという演出で、漫画アニメ版では髪型眼鏡の有で区別が付けられている(アニメ版で眼鏡を掛けていたのは怜子の時だが、漫画版では三神先生モードの時に眼鏡を掛けている)。また、アニメでは髪の色も異なるが(怜子は薄色、三神先生は焦げ色)、の当たり方などでなんとかごまかせる範囲であろう。

問題はである。そこで、三神先生役は榊原奈緒子が“宮牧美沙代”という別名義でをあてて、あたかも二人の声優が別々に演じているように見せる手法が採られた。その演出も底しており、プロダクション・エースHPには、榊原奈緒子とは別に宮牧美沙代の紹介ページが新設された(顔写真論、榊原奈緒子の変装)。まず、宮牧美沙代(みやまきみさよ)をアナグラムすると、見山岬(よみやまみさき、現が起こる原因となった26年前の死者)となる。さらに、な出演作品に挙げられた出演作は全て、日本では開されていない海外ホラー映画となっているが、その頭文字を並び替えるとMISAKI(岬、見崎、未咲)となる。
12話でその正体が判明すると、このページそのものが跡形もく消えてしまった。そう、宮牧美沙代という人物が死者であったかのように・・・(この記事は消える前に、解析班によって保存されている宮牧美沙代の紹介ページexit)。

どの媒体においても、死者である怜子断腸の思いで死に還す場面が物語クライマックスである。しかし、アニメ版、実写映画版はそれぞれ以下の変更がされており、これに関しては様々な意見がある。

アニメ版の変更点

アニメでは11話~12話前半のバトル・ロワイアル的な展開に時間を占めた結果、恒一と怜子に関する場面の多くが端折られており、二人の心情に重点を置いて欲しかったという意見も多い。

また、恒一が怜子を手に掛けるのをためらった際、見崎鳴の「信じて」という台詞で覚悟を決めるのだが、アニメでは鳴が「三神先生が通り魔に殺されるのを見た」と説明している。原作漫画では「鳴を信じる」だったのが、アニメでは「鳴の“言”を信じる」という筋書きになった為、恒一と鳴の信頼感が原作漫画べて薄れてしまった、というもある。

実写映画版の変更点

実写では叙述トリック再現するのが困難だったためか、はじめから怜子さん=三神先生というネタバレをしており、原作最大の見どころを潰したと否定的な意見も多い。

クライマックス若干異なり、鳴にツルハシで死に還されそうになった時、千曳先生阻止されて詰問される。しかし、鳴の人形からは、彼女千曳先生を死に取り込もうとする姿が見え、燃えさかる炎の中に投げ出されて千曳先生焼死怜子自身は恒一に間一救われたが、自分が恒一も死に取り込もうとするのに気づき、自らその手を離して炎の中に身を投げるという結末を迎えた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E7%A5%9E%E6%80%9C%E5%AD%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三神怜子

7 ななしのよっしん
2014/08/13(水) 07:18:55 ID: YYpecLGkhN
文章が下手で読みにくい
8 ななしのよっしん
2014/11/05(水) 03:11:36 ID: 7BVHHnatpX
アニメ終盤の変を嫌うのは分かるとして何から何まで噛み付くのはどうよ
三神先生の部分はアニメでもしっかりと描かれてたと思うがな
9 ななしのよっしん
2015/08/12(水) 14:06:21 ID: KwwFXpSw8j
GS美神主人公のことには触れないのは察しろってことなんすかねぇ・・・
10 ななしのよっしん
2016/04/16(土) 03:18:15 ID: DneKcM7Dke
とりあえず記事主アニメ嫌いなのはよくわかった。
アニメ三神先生好きなだけに残念だわ。
11 ななしのよっしん
2016/05/05(木) 12:43:51 ID: wt+/XxstsD
今更アニメ見終わったんだけどクラスメイトは副担任3組しかいないって時点で気づけよ対策係無能すぎやろ
12 削除しました
削除しました ID: FP2Ag3euQK
削除しました
13 ななしのよっしん
2016/06/22(水) 18:37:34 ID: IiOHX+uYLw
アニメの問題点”の記述、全部消しちゃったのか。
個人的には必要だったと思うんだけどなぁ。
原作漫画版を読んでいるとよく分かるんだが、アニメ版では怜子さんは恒一を実の息子の様に思っていた事とか、もし陽介が酷い父親だったら怜子さんが引き取って育てるつもりだった事とかが、全てカットされているんだよな。
Another』という物語における最も重要なシーンクライマックスにおける恒一と怜子さんのシーンなだけに、描写不足と某アニメオリジナル設定の導入は酷かった。
最終回の放送直後はネット掲示板でもよく摘されていた問題点だったしな。
14 ななしのよっしん
2016/07/05(火) 11:35:05 ID: bB+6cHa2ia
※9
オマージュなのかね? 丸かぶりだったら検索して気づくだろうし
15 ななしのよっしん
2016/08/18(木) 20:18:39 ID: R92yvGu+qi
> 副担任3組しかいない

大変なクラスだし、特別に副担任を置くというのはありえる話。
16 ななしのよっしん
2017/08/17(木) 19:23:10 ID: KzsqKs3PzO
視聴者に、三年生の他のクラスに副担任がいない描写をどこかしら挟んでおかないとフェアじゃないよね
視聴者の地域や時代によって、副担任がいる/いないは違うわけだし

アニメ版は本格のフェアプレーを感じたから、この摘は枝葉末節だろうけど